2014.08.31 06:45|動物と暮らす
近所に住むハリーと仲良くしています。
ハリーと私は親子ほどの年齢差がありますが、私にとっての友だちは年に関係なく、仲良く気が合えばもう友だちです。一緒にフィドルを弾いたり、彼の農場を見せてもらったり、何かとかわいがってもらっているのです。

ある朝ハリーから電話があって、「今から馬に蹄鉄を打つけど見に来ない?」とのこと。
あら、面白そう。

リラとショーンと近所の子ども二人も連れて、牧草地を突っ切ってハリーの農場へさっそく遊びに行ってきました。

「蹄鉄は、本当は自分でも打てるんだけどね。プロに頼んだ方が早く済むから」と話すハリー。
隣町から職人さんを呼んで仕事をしてもらっていました。

風を切って走る馬車2004 (3)

この仕事、高い技術を求められる仕事です。日本語では「装蹄師(そうていし)」と呼ばれるのだそうですね。
ハリーのところに来ていたこの彼も、いかにも職人さんという感じ。赤毛にそばかす、いかにもアイルランド人という風貌でしたが、この地域では一番の腕利きということで、慣れた手つきで4頭の馬に次々と蹄鉄を打っていきます。

素早く馬の爪を切り、やすりで形を整えます。膝には皮でできたエプロン、道具の入ったボックスは木製で、いかにも年季が入っています。腰を曲げて、難しい体勢で馬の足を持ち上げ、そのままの状態で蹄鉄に釘を打っていきます。「数か月前に、蹄鉄を打ってたら馬に蹴られてね。それ以来肩が痛いんだ」
大変な仕事ですが、なんて格好いいんでしょう!
蹄鉄に関する知識はもちろんのこと、馬のこともよく知っています。「この馬ね、左の後ろ足を上げたがらないから、ちょっと痛めてるところがあるんじゃないかな」、「こっちの牡馬だけど、年齢にしては痩せ過ぎだね。ちゃんと食べてるの?」
そうですよね、馬を相手にした仕事だものね。詳しいのは当たり前か。
小一時間ほど見学していただけなのに、彼の仕事と馬に対する情熱にすっかり感化されてしまったのでした。

そもそもなぜハリーが馬たちに蹄鉄を履かせたかというと、隣町のスカリフ(Scarriff)で毎年夏に行われる収穫祭で、お客さんを馬車に乗せて一日中働くからなのです。

そんなわけで、「試しに馬車を引かせたいから、一緒に乗る?」というまたまた嬉しいお誘いをハリーからいただきました。
乗るのはこれ。わーい。

風を切って走る馬車2004 (2)

ハリーと私が前、後部座席には子どもが4人。大型の農業用のハリーの馬2頭は私たちの体重なんて何のその、さっそうと走りはじめました。

近くの車道をパカパカと行きます。車よりは速度が遅いので、後ろから車がやって来ると減速して追い越してもらいました。対向車も、すれ違いさまには注意深く。40~50年前までは、車より馬車のほうが多かったアイルランド。そんなことが頭をよぎります。

それにしても、馬車に揺られながら風を切って走る!なんて気持ちがいいんでしょう!!

風を切って走る馬車2004 (1)

帰り道には手綱を持たせてもらって「もうちょっと左に寄って」「スピードあげて」とハリーにいろいろ教えてもらいながら走りました。た、楽しい~・・・!!

30分ほどの試し走行を終えた馬たちは、じっとりと汗をかいていました。体からは蒸気が立ち上り、牧草地に放すと地面をゴロゴロ転がって体を冷やします。

蹄鉄

さて、この蹄鉄。こんな形をしていますね。前述の装蹄師の彼の車の中も、この蹄鉄でいっぱいでした。
ヨーロッパでは大昔から使われている蹄鉄ですが、我が家にもいくつかあります。この蹄鉄は、確か畑を耕していたら土の中から出てきたものです。
昔は馬と共に生きていたアイルランド人たちの、生活の様子が思い浮かぶようです。

アイルランドでは、この蹄鉄を家のドアなどに打ちつけて飾る昔からの風習があります。
上の写真のように飾れば、幸運を呼び込み、ためこむことができるとされているのです。



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながら、オーガニックな野菜作りと食生活、地域の農家さんからいただく羊毛を使った糸紡ぎをしています。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

フェイスブックのページ

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

アフィリエイト

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク