FC2ブログ
2013.11.22 23:34|アイルランドで子育て
学校から帰ってきたショーンのリュックサックの中に、こんな絵が入っていました。

ショーンの絵

絵の中の男の子はショーン本人で、その上に「My name is Sean O Connor. I am special.(僕の名前はショーン・オコナー。僕はスペシャル)」と書いてあって、思わず笑ってしまいました。

本人が言いそうにもない言葉なので、「どうしてショーンは特別(スペシャル)なの?」と聞いてみると、「だって、先生が言ってたの。僕たちはみんな特別なんだって」とのこと。

そうか、担任の先生がまた「あなたたちは、とってもスペシャルなのよ」と言い聞かせて、子どもたちの自信を育てているのね。

アイルランドの小学校では、子どもに自信を持たせてやることにとても力を入れています。小学校に限ったことではなく、社会の中で「自信のある人」というのは評価される対象だからです。

学校からの成績表にも「生徒の発達」のカテゴリーの中に「学校での態度」や「理解力」などと共に「自信」という欄があり、5段階評価されます。

先日教師と親との二者面談があり、行ってきました。
娘のリラの担任教諭との面談では、「リラは去年よりも幾分自信が出てきたと思いますよ。でも、まだクラスのみんなの前で自分の話をするのは苦手みたいね」とのことでした。(私の幼い頃と同じだわ・・)

そんなわけで、アイルランドでは学校でも社会の中でも、自信のある人間であることは歓迎され、尊重されます。

夫はこうした学校の姿勢にはあまり感心しないようで「みんながみんなそういう人間にならなくてもいいんじゃない」と言います。それもまた、その通り。
でも、こうした教育をすることによって、「自分の考えを自分の言葉で言える子」が育っていくだろうことは確かです。
私にとって、この教育方針は新鮮でまぶしく映ります。

自信のある子どもたちを育てるために、何よりも大切なのはその子を褒めてあげる、認めてあげる周りの人間の存在です。

学校で誰かが何かで一番になった時や得意なことを発表した時、教師だけでなくほかの子どもたちが「すごいねえ」とか「よくやったね!」という風に褒めている風景をよく目にします。
「○○ちゃん、あの絵すごく上手だったよ!」とか「あんなに上手にフィドルが弾けるなんて知らなかったよ、すごいね!」という風に。
教師は、その生徒を教師として褒めるだけでなく、周りの子どもたちにも「褒めること」を教えているように思えます。

「自分はこれでいいんだ」と思えることで自信が出る。でも独りよがりになることなく、他人の長所も認められる人間。

「あの人、自分に自信があるみたいだから」というのは、日本ではまだまだマイナスのイメージで語られます。
しかし、考えてみれば人は誰しも自分のやることなすことに自信がなければ、何も成し遂げることはできません。「自信がある」ということは、何をするにあたっても人間の基本的な原動力ではないでしょうか。

そして、誰かが何かを成し遂げたら、周りはそれを認めてやる。
それは、お互いの違いを認め合うこと、他人の存在を尊重することであり、人間のさらなる成長につながるはずです。

日本ではせっかく有能な人物が出てきても、すぐにあらさがしをされて、たたかれる、こき下ろされる。なぜなのでしょう?とても情けない行為だし、心が狭いなあ、すごく嫌だな~と思います。
素直に褒めてあげればいいのに。更に激励してあげれば、もっとその人は伸びるかもしれないのに。残念だなあと思います。

まずは家庭で、学校で、こんな風に自信のある子どもたちを育てることができたら、社会ももう少し変わるのでしょうか。



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links