FC2ブログ
2013.09.17 19:59|アイルランドで子育て
先日、子どもたちが家の外で「おおっ!」とあるものを発見、騒いでいるので何事かと覗き込んでみると・・・

ショーン、何を持っているのかね?
6歳0か月ショーン(7)

こ、これって・・・

ヘアリーモリー (2)

もしかして・・・ぎゃー、ケムシじゃないの?!

ヘアリーモリー (1)

こちら、ヘアリーモリー(Hairy Molly)という名前の毛虫の一種で、夏の終わりによく見かけます。草原だけでなく、よく家の外壁やドアの辺りで這っていることもあり、私はいつも「いや~」と回避していたのでした。
訳すと毛むくじゃらのモリー(人の名前・・)!
アイルランドでは俗語としても使われたりします。眉毛の濃い人のことをこう呼んだりもするそうで(なんて失礼な・・!)、アイルランドの人々にとっては比較的親しみのある毛虫くんなのだそう。

どうやらこの毛虫がヘアリーモリーと呼ばれているのはアイルランドでだけ、のようです。先月我が家に遊びに来ていたアメリカ人の友人は、この名前を聞いて「ウソでしょう?!ほんとにそんな名前なの?バンドの名前か何かになりそうじゃないの~!」と大笑いしていました。

田舎生活をしていれば、思わぬ瞬間に虫に遭遇することは避けられません。「虫が苦手なんですよ~」なんて、そんな甘っちょろいことは言っておられん!と、偉そうなことを言いつつも・・・

あ、リラ!頼むから家の中には連れてこないでちょうだい!

7歳10か月リラ (3)

「ママも触ってごらんよ、フワフワしててかわいいよ」

「…いや、ママはいいです」

ちなみにこのヘアリーモリー、実はコヒオドシという名前の美しい蝶々になるそうです。

コヒオドシ

うん、ママは蝶々になった時のヘアリーモリーでいいわ。

私自身は虫がこわいとは言わないまでも、ナメクジやら毛虫やら、わざわざ触りたいとは思わない虫にはなるべく触らずに過ごしたいものだなあと思います。
でも、「そんな気持ち悪い虫、触ったらダメ!」なんて、子どもには絶対に言ってはいけないなと思います。
子どもたちにとっては、虫をはじめとした自然界での発見はまさに冒険なのですから。大人の先入観にとらわれず、どんどん好奇心を満たしていってほしいものです。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村


アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
スポンサーサイト



テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links