FC2ブログ
2012.11.20 08:52|アイルランドの音楽
11月には毎年エニスの町で音楽フェスティバルが行われています。
フェスティバルの期間中の土曜日に、エニスの夫の実家に行ったついでに町をぶらぶらしました。

通りには多くの楽器を持った外国人(=アイルランド人でない)の姿を見かけます。パブにもセッションのスケジュールが貼られていたりして、フェスティバルの雰囲気が感じられました。

すると、パーネルストリートから入る石畳の小さな路地からアイルランド音楽が。何やら賑やかな一行を発見しました。

パット・パワーさん10

数々の人形が楽器を持って演奏している・・と見せかけて実際の音楽はCDで、しかも夫の友だちであるミュージシャンのソロアルバム・・・!彼女はきっとここで自分のCDが使われてること知らないんだろうなあ・・。
一度は通り過ぎたものの、夫が「あの人知ってる。ときどき見かけるよ」と言い出し、「エリカ、あの人形たちの写真撮らせてもらいなよ、日本語のブログに載せたら面白いよ!」、「僕が行って頼んであげる」と珍しく積極的なことを言います。

「な~んか怪しい人なんじゃないの~?大丈夫かな~」と私は内心思っていたのですが、この人形たちの支配人(!)は「そういうことならじゃんじゃん写真撮りなよ!そのためにあるようなもんなんだからさ!」と気前よく応じてくれました。
近寄ってよく見るとこの人形たち、すべて手作り風です。

パット・パワーさん12
(フィドルとコンサーティーナ。フィドルの弓はアイルランドの国旗で代用)

聞いてみると、なんとこの支配人がこしらえたのだそう。
フィドル、アコーディオン、ハープ、パイプス、ハーモニカ、コンサーティーナ・・とみなそれぞれ楽器を持っています。

あとで夫から聞いた話では、彼の名前はパット・パワーさんといってウォーターフォードの出身。音楽を演奏する家族のメンバーの一人で、兄弟に優れたパイパーがいるそうです。彼自身もこの日は人形に混じってバンジョーとフィドルを弾いていました。

パット・パワーさん9

道の片隅には大きな犬が悠々と寝そべっています。更にもう一匹、人形たちの合い間でこちらに背を向けて寝ている犬も。まさにパワーズご一行さま(人間は一人)。

写真では分かりませんが、パットさんの人形はすべて動いています。発電機が後ろにあって、電気で動いているのですが、人形には一人ずつ車のワイパーを設置しているのだそう。

パット・パワーさん13
(手だけでなく、顔もフリフリ動いています。手前の小柄な人形は、フィドルを背中に背負って自転車をこいでいます・・!)

夫とパットさんは何やらずっと話し込んでいて、最後には電話番号を交換していました。挙句の果てには「今はケリーに住んでるんだ、そう、海沿いの大きな家にね。いつでも遊びに来てよ!僕がいなくっても鍵を渡すから自由に家使っていいんだよ!」とご招待まで受けていました。
いやあ、濃いキャラクターだったなあ。

翌日になって友人の家でこのパットさんの話をすると、「あ、その人見たことあるよ、僕はリムリックの町中で見たな」、「私も知ってる!コークのフェスティバルで見かけたことあるわ」とどうやら有名人のようです。自分の人形たちと一緒にアイルランド全国を渡り歩いては、通りでバスキングをしているのでしょう。
こんなスタイルのバスキングをしている人はアイルランドにそう多くはいないはずだし、一度見たら忘れられないキャラクターです。

パット・パワーさん11
(きっと全国のフェスティバルを回っているのでしょう、パットさん!)

アイルランドでは、一風変わった人、我が道を行く人、型にはまらない人のことを「キャラクター Character」と呼びます。「変人」というよりは「個性的な人」というような、いい意味の言葉です。

このパット・パワーさんも、間違いなくアイルランドのキャラクターの一人に違いありません・・・!

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links