FC2ブログ
今日は10月31日、ハロウィーンの日です。
ハロウィーンというと、ときどき「アイルランドが起源よね」と言われますが、アイルランドに暮らしているとアイルランド人でも「ハロウィーンはアイルランドが起源?そうなの?」という人もよくいます。

調べてみると、ハロウィーンは必ずしもアイルランドが発祥とは言えないようです。
正しくは西ヨーロッパ、とりわけケルト圏の地域に起源を持つ民俗行事。
夏の終わりを告げる収穫祭、または死者の祭りに由来しており、その前夜である10月31日には死者の霊が家に戻ってきたり(日本のお盆と似ていますね)、この世と霊界の間の扉が開かれる夜とされました。霊界からは悪い精霊や妖精もやってくるため、これらから身を守るために行われていた風習が今でもいくつか残っているのです。

注意したいのは、ハロウィーンといって思い浮かべるイメージ、顔がくりぬかれたかぼちゃや仮装、子どもたちが家を回ってお菓子をもらう「トリックオアトリート(Trick or Treat 悪戯かお菓子か)」などはアメリカの大衆文化として19世紀後半になって広まったもので、アイルランドが発祥ではありません。

ハロウィーンかぼちゃ
義父が昔「何だあのオレンジ色の野菜は。食えるのか?」と言っていたかぼちゃ。アイルランド人には昔はなじみのない野菜でした。

今ではアイルランドでもこれを商業主義に乗っ取ってアメリカから逆輸入し、この時期にになると子ども用のコスチュームやらデコレーションなどが販売されています。子どもたちの「Trick or treat!」も町中などでは行われているようです。

ハロウィーン仮装
こんなコスチュームがアイルランドでも販売されます。

しかしながらアイルランド人の夫は「アメリカ人の真似してどうするの」と冷めた態度で、だから我が家ではハロウィーンになっても何をしたらいいのか・・私は未だに分かりません。

できるなら、アメリカ化されたハロウィーンではなくてアイルランド流のハロウィーンをやりたいものです。

では、アイルランドでは一体ハロウィーンに何をしているのでしょう。
時代と共に変遷はしてきているのでしょうが、夫の幼少時代の話を聞いてみるとまたずいぶん違って面白かったです。
まず、かぼちゃではなくて昔はカブ(TurnipかSwede)をくり抜いていたそうです。この中にろうそくを灯して家の外に置き、魔除けとしました。

ハロウィーンのかぶ
う~ん、確かにかぼちゃの方が見ばえはいいかもね・・。

他には近所の人たちで家の裏の空き地に集まって、大きな焚き火をしたのだそう。とにかく大きな焚き火で、でもこれで何を焼いて食べるわけでもなかったそうです。
古代ケルトのドルイド教もかつては10月31日にかがり火をし、人々はこの火を家に持ち帰ってこちらも魔除けとしたそうです。ここからこの風習が来ていることに間違いなさそうです。
今でも、ハロウィーンの日になると焚き火をする人がアイルランドにはたくさんいます。しかしながら日本と同じでこれは今や違法行為、風が強いと危険でもあるので毎年ニュースなどで国民に向けて警告が出ています。アイルランドの消防車が一番忙しい日だとか。

それから家ではりんごを紐にぶら下げて、日本のパン食い競争のようなゲームをしたり、たらいに水をためてここに硬貨を落として顔をつけてコインを口でとるゲームなどをしたそうです。
そして、ピーナッツなどのナッツ類を食べるのが慣習化しているのは今も変わりません。ハロウィーンの時期にはスーパーなどでナッツ詰めのバッグがたくさん並びます。

ハロウィーンはアイルランド人にとって季節の節目でもあり、ハロウィーン前の月曜日(今年は10月29日)は必ず祝日ですし、この月曜日から1週間はすべての学校が休みになります。

そういう意味では、アイルランドには今でもハロウィーンの風習が最も純粋な形で残っている、と言えそうです。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links