2012.06.26 14:46|ワイルドフード
前回の記事で酵母や発酵食品の話に触れました。自家製酵母パンで使う酵母液は舐めてみるとアルコールの味がして、ゴックンと飲めばちょっとフラフラ来るぐらい強力です。
あるサイトには「りんごジュースで酵母液を継げば、これがりんごサイダーになる」ともあって、自宅でお酒を作ることは思っていたより簡単なんだなあ、と気づきました。

そんなところに絶好の機会が。

ニワトコという木をご存知ですか。
英語ではエルダー(Elder)と呼ばれます。

エルダーの木

アイルランドではよく見かける木で、特にこれと言って利点のある木ではありませんが、春にだけ人気が急上昇する不思議な木です。この時期に次々と咲く白い花を使って数種類の飲み物を作ることができるからです。

ニワトコの花で作るコーディアルという飲み物は、お砂糖の入った濃縮果汁飲料で水で薄めていただきます。甘いジュースのようなものなので子どもも大好きです。

ニワトコの花でワインを作る人たちもいます。
ワインやビール、サイダーなどのアルコール飲料を自宅で作っている人は私の周りに結構いて、このエルダーフラワーワインもとてもおいしいそうなのですがワインを作るのはちょっと上級者向け、私にはまだ手が出せません。

つい先日近所を散歩していたら、近くに住むある女性に会ってしばらく一緒に歩きながら話しました。
「ニワトコの花を摘むのに探しながら歩いてるのよ~」と言うので「何を作るの?」と聞いてみると「シャンパン!去年初めて作ってみてすっごくおいしかったの!今年は10リットル分作る計画よ!」とのこと。

エルダーフラワーで作るシャンパン、なんておいしそうな響き!
さっそくインターネットで調べてみるとレシピがたくさんヒットしてきました。
作り方は簡単で、花の数もそれほど要らずに済みそう。これなら近所を回って花を集めればできるわ!子どもたちにも手伝ってもらって花を摘み、さっそくシャンパン作りに挑戦です。

エルダーシャンパン

ニワトコの花のシャンパン(Elderflower Champagne)レシピ
水 4.5リットル
ニワトコの花 (大きなヘッド)8つ分 太い茎から切り離して花の部分のみ使う
砂糖 750g
レモン 2個 (薄切りにする)
酢(できればサイダーヴィネガーか白ワインヴィネガー) 大さじ2

①大鍋を用意して、材料をすべて投入して蓋をしておく。

エルダーシャンパン (2)
(飲んべいになりそうな量?)

②そのまま3日間置く。
③モスリンなどで濾して花やレモンをきれいに取り除く。
④用意した瓶に詰める。瓶はワインボトルなどでもいいが、ペットボトルが理想的。

エルダーシャンパン (4)

⑤蓋はゆるめにしておく。風通しのよい涼しい場所に置く。
⑥3~4日ほど経つと小さな気泡が出てくる。ガスがたまっているようなら蓋を更にゆるめて放出してやる。(2日おきにこの作業をする、と書いてあるレシピもありました)

エルダーシャンパン (5)
(気泡が出てきています!すごいすごい)

⑦1~2週間で活発に出ていた気泡が落ち着いてきたら完成。

水の中で何が起こっているかというと、ニワトコの花についた自然酵母が砂糖と反応して発酵し、二酸化炭素を出しているのです。これがぷくぷくと上ってくる気泡の正体で、発酵が進んでいるのでアルコールが発生し、シャンパンとなるわけです。う~ん、面白い。

先週末に友人たちが遊びに来た際、ディナーの前に初めて試飲してみたら、糖分がやや多くまだ若い気はしましたがそれでもシュワシュワと気泡がグラスを満たし、ニワトコの花のリフレッシングな香りに包まれ、それはそれはおいしかったです。
まさに至福のひととき。

「エルダーフラワーのシャンパン」というのは実は俗称で、そもそもシャンパンはフランスのシャンパーニュ地方のぶどうを使って作る発泡酒のことのみを指すんですよね。シャンパン製造業の皆さんには失礼な話というわけです。

さて、夏にぴったりのさわやかな飲み物として人気のあるエルダーフラワーシャンパンですが、ガラスの瓶に入れて保存しているとときどきボトルの中のガスがたまって破裂、大惨事になるとか!特に若いうちはこまめに蓋をはずしてガスを逃がしてやる必要があります。
来週から3週間ほど家を空けますが、留守の間に爆発していませんように・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村


アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながら、オーガニックな野菜作りと食生活、地域の農家さんからいただく羊毛を使った糸紡ぎをしています。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

フェイスブックのページ

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

アフィリエイト

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク