2012.04.22 01:20|豊かな暮らしを考える
我が家ではみんな靴を脱いで生活しています。アイルランドでは珍しいことかもしれませんが、夫も私に出会う前からそうしていたし、何よりも家の中が汚れないので素晴らしい習慣です。
我が家にやってくる客人も、気がついた人は靴を脱いでくれます。気がつかない人もいますが、この場合はアイルランドに住んでいるんだから強要はできないと思っているので私たちも何も言いません。

さて、靴を脱ぐとほとんどの人が靴下を履いています。が、ときどきこの靴下が右と左で違うのを履いている人がいるのです。最初見た時は新鮮で「どうして?」と思いましたが、誰一人として指摘する人はいません。当の本人も涼しい顔をしています。
そのうち私も靴下の底に穴が開いたりして、「そうかあ、こういう時に1足そのものを捨てないで、まだ履ける方の靴下をとっておくのね~」と納得するようになってしまいました。

靴下だけでなく、アイルランドの田舎に暮らしていると穴の開いたセーターを着ている人、ボタンが一つ取れたところに安全ピンをつけている人、穴が開いてしまったらしき部分に手縫いの刺繍がしてあるズボンをはいた人などもよく見かけます。お気に入りの服や着心地のよい服は手直しして着まわす、というのは一種の美徳だなあと思います。
都会では難しいと思いますが、田舎に住んでいれば誰も何にも言わないし、誰もじろじろ見ません。その飾らない着こなしが自由でいいなあと感じます。田舎ならではの贅沢(?!)なのかもしれません。

学生の頃、友だちから服装やメイクに関して「それやめたほうがいいんじゃない?」とか「それはいけてないな~」とコメントされるのが嫌で仕方がありませんでした。人がどんな服を着たって関係ないじゃないと思っていたし、いくら親しいとはいえ「失礼だな~」と感じていました。

今ここで生活しているとそんな暗黙の規準に従う必要もなく、誰に文句をつけられるでもなく、自分らしい格好を自由に楽しめます。
自分らしく生きる、自分でいる、ということは生活の基本なのではないかな~と思います。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながら、オーガニックな野菜作りと食生活、地域の農家さんからいただく羊毛を使った糸紡ぎをしています。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

フェイスブックのページ

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

アフィリエイト

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク