FC2ブログ
2012.02.10 14:28|アイルランドで子育て
今年の9月から学校の始まる息子のショーンは現在4歳半。リラが学校、夫が仕事に行っている間、ショーンと二人で過ごすことが多い私です。
冬場は寒く、天気も悪いことが多いので自然と家の中で過ごすことが多いですが、お絵かき、レゴ、ミニカー、パズルなどなど、かなりの集中力で遊んでいます。

子どもを見ていて、思わず吹き出してしまうような面白い発見はよくありますが、最近はショーンの数え方に変化があって笑ってしまいました。
(英語で)10までは問題なく数えられます。上のリラが時計の読み方を習得しているせいか、11と12も問題なし。13も何とかなるのにその後が一気に「71」まで吹っ飛びます。

今日もカウントするのを聞き流していたらやっぱり13のあとは71・・・!71のあとは73になったり76からいきなり74に戻ったりとランダムに変化します。
リラがそろそろ20やら30やらの数字を理解して数えられるようになっているので、それを聞いているうちに混乱したのでしょう。

まだ4歳だし、今は親が躍起になって諭すよりもこの面白い間違いを楽しむほうがお互いにとってよいと思います。だから夫も私も陰で「ぷっ」と吹き出しながらも何も言いません。
一度だけ、「ねえ、本当に13のあとは71なの?違うんじゃない?」と言ったことがありますが、ショーンも「いいのいいの~」と言うのでそれでおしまいに。

「これは長~い電車なの」と説明して車両(?)の数をかぞえ始めるショーン。最近写真を撮る時はいつもこのふざけ顔。

ショーン4歳6ヶ月1

車両の数は79だったそうです。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links