FC2ブログ
2010.12.22 21:43|アイルランドの自然
今年のクリスマスも、アイルランドはあたり一面銀色の世界です。ダブリンや北部の方はかなりの積雪で大変そうですが、私たちの住むクレアは幸い雪もほとんど降らず、ただものすごく寒くて夜はマイナス10度以下にまで下がっているので、霜で芝も木々も覆われていてとてもきれいです。

日中もマイナスの気温のままなのでほとんど外出していませんが、そろそろクリスマスなので例年通りリースを作ろうと思い長靴を履いて外に出ました。
誰に教わったでもないリース作りですが、植物の形を見ながら挿していくのがフラワーアレンジメントに似ていて面白いのです。クリスマスリースは町に出れば売っていますが、せっかくなら本物の植物を使ったものがきれいだし、使われる植物は家の周りにいくらでもあるのでどうせなら自分で作ってしまおうというわけです。
柳の枝を切って紐で結びながらフレームになる輪をまず作って、モミの木の枝、ヒイラギ、赤い実をつけたサンザシ、アイビー、それに今年はハリエニシダがまだ黄色い花をつけていてきれいだったのでこれも切って次々と挿していきました。

wreath2010.jpg

ずいぶんワイルドな形のリースがどうにかできて、これを正面ドアに飾ります。娘のリラには「ママこれ丸い形してないよー」と注文を付けられましたが、とりあえずこれで完成としましょう。

クリスマスまであと3日、クリスマスプレゼントの買い物などまだやることがたまっています。いつになくせわしないクリスマス直前のアイルランドです。
スポンサーサイト



テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links