FC2ブログ
2010.12.05 07:03|アイルランドの自然
11月の終わりから気温が下がり始めていたアイルランド、なんと去年に引き続き記録的な寒さに見舞われています。それまでのアイルランドの冬と言えば、日中の気温が6℃ぐらいになっただけでも「おお、今日は寒い~」という感じだったのに、去年からの冬の寒さと言ったらそれどころじゃないのです。
ここ数日も、日中の気温は上がって1~2℃、日によってはプラスに転じない日もあります・・ありえない・・。関東育ちなのでこんな寒さを経験したのは初めてかも、あ、でも福島のスキー場で子どもの頃体験した吹雪の時はこれぐらい寒かったのかしら。
とにかく、こんな日はコートなしでは外に数分出ることも恐ろしいほど空気が冷たいです。天気はよく晴れていて風もないのですが。

夜はもちろん凍えるような寒さで、この前エニスからの帰りの車に表示された気温はマイナス5℃でした。中部のどこかではマイナス16度にまで下がったようです。

雪も降りました。マンスター地方はそうでもありませんでしたが、東海岸沿いのダブリンや北部のドニゴールなどはずいぶん積もったようです。日中の気温が上がらないのでこれが夜に凍って道路が大変危険です。
スクールバスが回りきれなくて、リラの学校ももう2回も休校になっています。

なんか似たようなことを去年もこのブログに書いたような気がしますね。去年と違うのは、今年の寒さはあと2ヶ月続くだろうと言われていることです。それと今回は前々から予測がついていたので、みんな準備万端です。
雪の影響で道路も大変なら、空の便も乱れています。これからアイルランド旅行を予定されている方々、気をつけていらしてくださいね。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links