本日12月26日はアイルランドでは聖スティーヴンの日(St. Stephen's Day)と呼ばれる祝日です。
25日のクリスマスの日は家族が家で過ごす日、つまり外出しない日なのに対して、翌日の聖スティーヴンの日は外に出て人を訪ねる日です。

アイルランドにはこの聖スティーヴンの日にちなんだ面白い行事があります。「Wren」(レンと発音するのが普通ですが、この行事に限ってはランと発音します)と呼ばれるもので、ワラをかぶったり女装をしたりした人たちが村を練り歩いたりパブを次々と周りながら伝統音楽を演奏し、お金を集めるのです。集まったお金はたいていチャリティーか地元の学校に寄付されるそうですが、この日ならではのかなり古い歴史を持つ行事です。

成り立ちにはいくつか説があるようですが、ケルト神話に基づいていることは確かなようです。Wrenとはミソサザイという小鳥の名で、この鳥は過ぎた年の象徴であり、これをいけにえとして翌年に備えるという慣わしがありました。この儀式を行った人たちをWrenboysと呼び、今では音楽を演奏して周る人たちを指しますが、男の子に限らず女の子もいれば大人も混ざっています。

もしかしたら都市部ではもう見られないのかもしれませんが、フィークルの村では毎年恒例の行事です。
Wrenboys、きっと今頃村のパブを梯子していることでしょう!

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

Twitter

facebook

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク