2010.08.27 08:31|アイルランドの音楽
先週末、今カヴァン(Co.Cavan)で行われているアイルランド音楽の全国大会で甥が所属するケーリーバンドがチャンピオンになったと夫の弟から大興奮の電話が入りました。
アイルランドでは伝統音楽が盛んで、このような全国大会で楽器や年齢別にコンテストが行われ、ここで優勝することはとても名誉なこととされています。ますます加熱する競技や、音楽を審査で決めることに関しては賛否両論ですが、全国チャンピオンの獲得はミュージシャンのキャリアにつながることは間違いなしです。

甥の所属するケーリーバンド(ダンスの伴奏をする専門のバンドのことです)は私たちの住む隣の町を基盤としていて、この前の火曜日にお祝いのパレードがあるというので夕飯を済ませてから行ってきました。

町のパイプバンド(バグバイプとドラムが一緒に演奏されます)が先頭に立って演奏しながら町のメイン通りを練り歩き、そのあとパブで打ち上げ(?!)がありました。
見慣れた顔の人々に混じって、子どもたちも音楽のお披露目のためにたくさん来ていて、グループに分かれて大人顔負けの演奏。一人ひとりメダルをもらって、先生にお花の授与、感謝の言葉と何だか学校のイベントみたい。それを見守る親や音楽関係の大人たちもとても嬉しそうで、みんながハッピーな夜でした。

息子のショーンは途中で眠気に勝てずねんね、リラも他の子供たちと遊びながらもぐったりの様子なので、名残惜しいけど帰ろうか・・と時計を見るともう12時!
こんな真夜中になってもパブには子どもたちがわんさか、走り回ったりお菓子を食べたり、奥の部屋で演奏に没頭する子たちもたくさんいます。まだ夏休みだし、パブのオーナーも今夜だけは子どもの立入りにも知らん顔。
何と言っても君たちが主役の夜だもの!

演奏はこんな感じです。おめでとう~。↓
タラジュニアケーリーバンド

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎをしているほか、アイルランド伝統音楽の魅力を紹介するプロジェクト「ブラックバードミュージック」を運営しています。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

facebook

Twitter

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク