2009.12.26 07:44|アイルランドの自然
まだ12月だというのに、アイルランドは今週初めから記録的に冷え込みました。
月曜日の朝にかけて雪が降り、その後日中の気温がほぼ0度と一向に上がらず、おまけに怖いぐらい良い天気だったので夜は地域によってマイナス10度以下まで下がったようです。風もなく、どこまでも空気が澄み切っている感じで星はすごくきれいに見えましたが、1分でも外にいたくないほどのしんとした寒さ。

アイルランドは高い山がほとんどない地形と暖流などの影響もあってほとんど雪は降りません。冬季オリンピックで活躍するアイルランド人はほんの数人ですし、我が夫もスキー、スケート共に未経験です。
今回降った雪は粉雪で、雪玉を作ろうとしても手袋にくっつくだけで何の形にもなってくれず、子どもたちにとってはちょっと残念でした。
snow09.jpg

気温が上がらないのと、12月という日の短い時期のせいで積もった雪はほとんど溶けず、次の日もそのまた次の日もアイルランドは雪化粧をしたままでした。そこに霜が下りて、木の枝がまるでデコレーションのように白く覆われ、それは美しいものでした。
が、道路のコンディションは最悪です。特に私たちのように田舎に住んでいると深刻で、月曜日に夫が車で坂道を上りきれず、後退した挙句溝に突っ込んでからの2日間、家に缶詰状態になってしまいました。牛乳がなくなる、おむつがなくなる、というわけで3日目におそるおそる車を出し、ハラハラしながらやっとの思いで買い物を済ませることができました。途中、道路わきに棄てられた無人の車を何台も見かけました。
驚いたのは、アイルランドでは雪道用のタイヤチェーンはおろか、スタッドレスタイヤも法律上着用禁止なのだそうです。道路を傷めるからというのが理由らしいのですが、稀であってもこんなコンディションの際には何かしらの防備が必要です。

その上、我が家は水道管まで凍ってしまい、この5日間水がありません。まだ建って間もない家なので、水道管がところどころ露出したままだからです。自分たちの不備とは言え、洗濯物は山積み、お風呂、料理、食器洗い・・水が出ないと何もかも回らなくなります。そんな不便な生活も5年も住んでいればびくともしなくなりましたが、一刻も早く水が戻ってきて欲しいのは事実です。
これは先月の大雨に続く災難、と言ってもいいほどです。

今日明日と雨が降る予報で、気温もわずかですが上がります。道路の雪が溶けて、水も戻ってきたらホッと一息つけますが、アイルランドの冬はまだまだこれからなのです。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながら、オーガニックな野菜作りと食生活、地域の農家さんからいただく羊毛を使った糸紡ぎをしています。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

フェイスブックのページ

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

アフィリエイト

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク