2009.01.09 23:25|パン作り
我が家のブラウンブレッド

我が家では、夫がブラウンブレッドを焼くのが習慣になっています。夫は長年自分の家のレンジに薪をくべて、そのオーブンでブラウンブレッドを焼いています。新しい家に引越してからも、この習慣は変わっていません。

レンジ(Range)というのは、イギリスやアイルランドに古くからあるもので人によってはクッカー(Cooker)とも呼びます。最近ではオイルで熱くなるレンジもあるようですが、昔ながらのものは単純に火をおこして、その熱でオーブンで調理をしたり、レンジの上が熱くなるのでここに鍋を置いて料理をしたりすることができます。

range1.jpg

我が家のレンジは夫の弟が妻の叔母から譲り受けた1960年代のレイバーン(Rayburn)というイングランド製のレンジで、左のドアを開けてそこで火を起こし、右の扉を開くと二段式のオーブンがあるという作りです。煙は煙突を通って外に出て行きます。50年以上経った今でも何の支障もなく、アイルランドで一番おいしいブラウンブレッドが焼ける自慢のレンジです。

ブラウンブレッドとはその名の通り茶色いパンなのですが、アイルランドの定番のパンです。「ソーダブレッド」という名の方が浸透しているかもしれません。見た目はごつごつしていますが、食べてみると意外に柔らかくほのかな甘味のあるパンですが、日本のパン屋さんでは見たことがありません。

我が家のブラウンブレッドは、小麦粉、オートムギ、オリーブ油、塩、ブラウンシュガー、バターミルクを夫の長年の勘を頼りに目分量で順に混ぜて、一気に3つ焼き上げます。
バターミルクは、日本では見たことがなかった気がします。バターを精製する時に残るミルクで強い酸味があり、アイルランドではスーパーで普通に買えます。
こだわりがあるようで、小麦粉やオートムギはすべてオーガニックのものを使います。

brownbread1.jpg

出来上がったブラウンブレッドは、表面がこんがりと茶色に輝き、食欲をそそります。焼きたてのパンをスライスして、バターを塗っていただくのが最高においしいです。
朝は、このブラウンブレッドを焼き色がつくまでしっかりトーストして、バターがスライスの底から染み出てくるぐらいたっぷり塗って食べます。更に、ここに自家製のブラックベリージャムを塗って食べるブラウンブレッドは、まさに天下一品です。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎをしているほか、アイルランド伝統音楽の魅力を紹介するプロジェクト「ブラックバードミュージック」を運営しています。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

facebook

Twitter

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク