2008.12.19 23:49|アイルランドで子育て
1歳4ヶ月になる息子のショーンは、よちよち歩きもかなり達者になって、走りこそしませんが両手でバランスを取りながらずいぶん歩きます。
普段はどちらかと言うと寡黙で、一人で車の本を長いこと眺めていたりもできる子ですが、気分を害した時のリアクションが面白くていつも笑ってしまいます。急にゴロンと床に身を投げたかと思うと、体をよじって「ふんふん」言いながらアピールするのです。
ある時から、このリアクションが起こるたびに夫がショーンを「ロナウド」と呼ぶようになりました。ロナウドは、ポルトガル出身でマンチェスターユナイテッドで活躍するサッカー選手です。相手にタックルされると必要以上に派手に転んで、猛烈に「今のはファウルだ!」とアピールすることで有名な選手です。
最近では、フルネームの「ロナウド」から「ロニー」と愛称でショーンを呼び始めた夫、「ロニ~、どうしたんだ~い?」と話しかける様子がこれまた面白いのと、こんな風に普通の家庭で不本意に扱われているロナウド選手がかわいそうでもあり、つい吹き出してしまいます。

ちなみに、何か欲しい物がある時や思い通りにならない時に吠えるようにわめくのもショーン。家中に響き渡るほど大声なので、大人たちは会話を中断するしかありません。こんな時に、夫がいつも歌いだすのが「ライオンは眠っている」。ショーンの声はまさにライオンが吠えているみたいだから、ということらしいのですが、父親に「ライオン」と評されている息子ショーンが面白いのと、そのあどけない表情がかわいらしくて思わず顔がほころびます。そして、大人が子どもの行動や言動に対して、怒るのではなくこうして笑えるということは本当に豊かだなあと思うのでした。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎをしているほか、アイルランド伝統音楽の魅力を紹介するプロジェクト「ブラックバードミュージック」を運営しています。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

facebook

Twitter

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク