FC2ブログ
2020.02.19 15:35|アイルランドの自然
私たち人間は、古木とか大木というものに特別な気持ちを抱くようです。ある種の畏敬の念のようなものでしょうか。人の一生とは比べものにならない気の遠くなるような年月を、もの言わずたたずむ一本の木。

私の暮らす東クレアにも、そんな木があります。
我が家からは車で30分ほど。やや入り組んだところにあるのと、サインも標識もないので地域の人たちですら知らなかったりします。
というのもこの木、実は私有地にひょっこり立っているのです。ある農場の牧草地の端っこにあり、初めて訪れた時はどうやったら木の近くまで行けるのか分からず、途方にくれたものです。

私有地だとしたら、ひょっとすると持ち主の方は赤の他人がうろうろするのを好まないかもしれない。
どうしよう。

と思っているところへ、たまたま農夫さんらしき男性があぜ道を歩いているのを見かけたので、おそるおそるですが尋ねてみることにしました。
「あの~、すみません。あのオークを見たいんですけど、どうやったら木の足元まで行けますか?」

すると農夫さん、「ああ、あの木だね?そしたら今歩いてきた道をちょっと戻って。注意して見てるとログが数本渡してあるのが分かるはずだよ。しばらく行ってないから、もしかするといばらで覆われてるところもあるかもしれないけど、一応歩けるようにしてあるんだよ。いやー、あのオークの木を見るためにいろんな人たちが来るもんだよ。どっかのお偉い学者さんとか教授さんとかもね、リサーチだとか言って。私にはさっぱり分からないけどねえ」
ものすごくきつい東クレア訛り、おまけに前歯が数本ない農夫さん。何を言っているのか聞き逃さないよう、私は一生懸命でした。

お礼を言い、何とか教えてもらったけもの道を見つけます。
足元に注意しながら、蔓やらとげとげのいばらをかき分けてようやっとたどり着くことができました。

Brian Boru Oak Tree (2)

この木だけが、ぽつんと一本だけ立っています。近くで見ると、やはり圧巻。
木肌に触れ、樹木を見上げていると何とも言えない異空間へ運んでくれます。

Brian Boru Oak Tree (1)

聞こえるのは鳥の声と、遠くを行くトラクターのエンジン音。目の前の牧草地には牛が数頭、のんびりと草を食んでいます。平和で穏やかな場所です。
1000年前に眺める景色は、きっと今とは全然違うものだったんだろうな。

話はやや横道にそれますが、アイルランド全国に無数に点在するちょっとした遺跡や古墳のようなものも、私有地のど真ん中にあったりします。小さなストーンヘンジの輪の周りに牛や羊が放牧されていたり、民家のわき道を通らないといけなかったり。
州や国が土地を買い取り、保存、観光化していくというのでなく、地元の人たちにゆだねられているような形です。最初はとても驚きましたが、代々その土地に暮らす人々ほど土地の歴史を知っているし理解しているので、たいていの場合行き届いた管理がされていて、地図を見ながら遺跡巡りをする個人観光客の人たちにも寛容に開放しています。それも、柵を立てたり門を作ったり、ましてや入場料をせびるようなあこぎな人はほぼ皆無。目立った看板も汚らしい旗もお土産屋もなく、ありのままの姿を見ることができるのはとてもいいなと思います。

今回ご紹介したオークの木は、地元では「ブライアン・ボルーのオークの木」という名で親しまれています。
ブライアン・ボルー(Brian Boru)とは、アイルランドの歴史に詳しい方ならご存知の人物かと思いますが、900年代半ばに生まれ、のちにアイルランドの王となった人です。ブライアン・ボルーはオークの木のあるエリアから遠くないクレアの出身であること、そしてこの木が推定樹齢1000年と言われ、ボルーとほぼ同じ時代から生きているということで、「Brian Boru's Oak Tree」と呼ばれるようになりました。

ブライアン・ボルー

でも、例えば日本に存在する古木の数々に比べると、樹齢1000年とは大したことがないように思いませんか?
お隣ブリテン島(イギリス)にある最古の木は、ウェールズにある樹齢5000年のイチイの木であると言われています。
なぜアイルランドにはこれに匹敵する木が存在しないのでしょうか。

アイルランドの風景と言えば、どこまでも広がる牧草地というのが一般的かもしれません。
しかしこれ、本当は人為的な手が加えられた景色なのです。大昔のアイルランドの多くの土地は森に覆われていたといいます。それも、アイルランドの原木オークの森林。さぞかし美しい原風景だったことでしょう。しかしイングランドの支配のもと、これらの美しい森は次々に伐採され、特にオークは高品質の船材木としてイングランドに運ばれ、利用されました。私の暮らす東クレアの材木もクオリティーがよく、ロンドンのかの有名なウェストミンスター寺院の建築にも使われているとか。

生きている木の年齢を測ることは難しいそうで、果たして本当に樹齢1000年なのかどうか、首をかしげる専門家も多いようです。今でも葉を伸ばし続ける木の下に座ると、そんな歴史をかいくぐって生き延びたこの木の運命が奇跡のように感じられ、木が見てきたであろう時の流れに思いを馳せます。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.10.09 23:05|アイルランドの自然
つい先週のことです。外でハーリングの練習をしていた息子のショーンが裏口から顔だけ出して、「マミー、サム(犬)がさっきからずっと鳴いてるの、聞こえるでしょう?裏庭の木に向かって吠えてるんだよ。木の上に猫がいるのかと思って見てみたんだけど何もいないんだよね。なんだろう?」
我が家の犬サムは、飼い猫たちと追いかけっこをするのが大好きです。一方的に追いかけまわしているのではなく、時には猫がサムを追いかけていることも。こうして家の周りの広い庭を遊びながら駆け回っているのです。夜は納屋に保管してある藁の中で一緒に寝ていたりして、仲良しこよしの犬猫たち。

しかしこの時ばかりは猫との追いかけっこではないようで、ショーンの言う通りサムが木の周りをうろうろしながら吠えているのが見えます。

「ちょっと見に行ってみよう」

それほど大きくはない木の枝のどこを見回しても、猫の気配はありません。

「サム~、何をそんなに吠えてるのよ~」と足元でしっぽを振るサムに話しかけた時、木の下の地面に何かが転がっているのが目に入りました。

「あっ!」

なんと、ハリネズミではありませんか。

ハリネズミ2019 (2)

しゃがみこんで、おそるおそる近づいてみます。一見ボール状のたわしのように見えるハリネズミは防御態勢に入っており、顔や手足は見えません。体に無数に生える茶色やグレイのトゲはいかにも鋭く、これではどんな天敵も寄せつけないことでしょう。

私がまじまじと観察している間、ハリネズミはピクリとも動きません。もしかして、死んでる?それにしては目立った外傷もありません。目を凝らして見ていると、呼吸をしているせいでほんのわずかですが体が上下に動いています。よかった、生きてる!

サムはハリネズミを攻撃する様子もむろんなく、「ね?すごいもの見つけたでしょう?」とでも言わんばかりの笑顔で私を見上げています。一度家に戻って家族全員に「あのね、やっぱり猫じゃなかった。別のもの。サムがハリネズミを発見したんだよ」と報告すると「ハリネズミ!どれどれ」と言ってパットも娘のリラもショーンもみんなわらわらと外に出てきます。
依然として同じ場所から動いていないハリネズミは、どうやらこの木の根元にパットが積んだ干し草の小山の中にいたようです。鼻のよいサムがこれを発見し、掘り起こしてしまったというわけ。

「うわー、本当だ。」
「あんまり大きいほうではないね」
「顔はどっちにあるんだろう?やっぱりこっち?」

などと言いながら、ハリネズミの周りにしゃがみこむ野次馬のごときオコナー家。
サムは自らの発見による私たちの反響に満足したようで、もう吠えません。

ハリネズミ2019 (1)

数分後にショーンがもう一度長靴をつっかけて見に行くと、ハリネズミの姿はもうそこにはありませんでした。取り巻きがいなくなり静かになったところで、より安全な場所へ移動していったのでしょう。

ハリネズミは夜行性の小動物で、英語ではヘッジホッグ(Hedgehog)と呼ばれます。Hedgeというのは「垣根」の意で、名前の通り石や低木で作られた垣根を棲み家にしていたり、森や牧草地にも好んで住みつくそうです。
この辺りでは決して珍しい動物ではないにしても、野生ですからそうひんぱんに見られるわけでもありません。
秋になると果物やベリーも食べるそうですが、ナメクジなど畑にとっての害虫も好んで食べることから、ガーデンにハリネズミが来ることはとてもいいこととされています。

我が家の庭でハリネズミを見たのは今回が初めて。

パットは「ハリネズミが来てくれた」と大喜びです。
確かに、3エーカーある我が家の土地で動物や虫が住みやすいようにとパットはいろいろなことを試しています。
少しずつ剪定をしてきれいにしている林では、この前初めてリスを見たそうです。
ショベルひとつで掘って作った小池には毎年カエルが卵を産みにやってきますし、そのほかの水生昆虫の姿も見かけるようになりました。今年の夏には色鮮やかな大小のトンボがやってきて、それは見事なものでした。
林の剪定で出た小枝の山はわざとそのままにしておきます。「ネズミやハリネズミが棲み家にするかもしれないからね」
落ちたりんごや梨も、放っておけば虫が食べたり、キツネなどの動物が夜間食しにやってきます。

人の手ですべての自然環境が整備できるとは思いません。でも、身近なところでできることはあります。我が家では除草剤も使わないので、その分ナメクジやいもむしに悩まされたりもしますが、虫が増えればそれを食べにくる小動物も増える。この循環は大事です。
そんな生物の多様性を家のすぐ外で感じられる私たちの暮らしは贅沢です。子どもたちにとってもいいことだし、私にとっては私たち人間の立ち位置を改めて確認させてもらえる機会のように感じています。

ハリネズミ、また来てね。
サムや猫たちに見つかったら・・・ちょっとやっかいですけどね。

ハリネズミ

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.03.14 09:24|アイルランドの自然
本の編集の仕事で缶詰めになることが多かった1月が、過ぎていきました。
慣れない作業にもかかわらず、少しもストレスを感じることなく、むしろ楽しんで本作りを進めることができました。これはひとえに理解ある編集者さんのおかげです。本を読んでくださった皆さんから、少しずつ感想が届いています。これがとても嬉しく、私の日々の糧になっています。何という幸運に恵まれたことでしょう。ありがとうございます。

ホッと一息つくことのできた2月のある週末に、気の合う女友だちと山登りをしてきました。
「明日ね、ちょっと山に登ってくる。Moylussa(モイロッサ)っていう山」と夫に話すと「えっ、モイロッサに登るの?大丈夫?モイロッサはクレア州で一番高い山だよ」

あら、そうなの?そういえば、我が家の裏庭から遠くに見える山のひとつが、そんな名前でしたっけ。冬になると頂上付近がよく雪で真っ白になっている、あの山かな。クレアで一番高い山は、ここ東クレアにあるのです。

誘ってくれた友人は特別な装備など口にしていなかったし、もしも大変だったら途中で下山してくればいいか。

登山当日は、見事な快晴です。サンドイッチを作って、小ぶりなリュックサックに詰めました。ビニールハウスの中で育つルッコラの葉っぱをたくさん摘んで、サンドイッチに入れました。それから、近所の農家で作られたチーズと我が家のニワトリの卵をゆでて自家製マヨネーズと一緒につぶしたものも。パンは私が焼いている自家製酵母の白パンです。

友人宅は村の反対側、山へ行く途上にあるので、ここで待ち合わせをして私の車はここに置かせてもらうことにしました。彼女の車に乗り込み、お互いの子どもの話をしたりしながら20分も行くと、山の入り口に到着です。
舗装の行き届いた道路から入るその脇道は、一方通行のまさに山道。左手に見えるダーグ湖の湖畔にはゆったりとした駐車場がありますが、友人は

「本当はここに車を停めて山のふもとから登るのがいいんだろうけどね、今日はちょっとずるをして山の中腹まで車で行っちゃおうと思うのよ、いい?」

ふふふ。私は初めて来た場所だし、何度か登ったことがあるという友人について行くことにします。「なーんでもいいよ、おまかせコースで!」

最後はあぜ道のようになってきた道路をしばらく走り、道の脇にあるスペースに駐車して、いよいよウォーキングの始まりです。
植林らしいエリアをしばらく行くと、いたるところから水が小川のように流れ落ちています。水のたまったところにはカエルの卵がたくさん産みつけられていました。

夫は「上級者向けの山なんじゃないか」なんて言ってたけど、大したことないじゃない?

と思っていたのはここまで。
ふと前方を眺めやると、とてつもない傾斜の坂道が目の前に迫っていました。

Moylussaハイキング2019 (2)

こ、これを登るの?
こんなに急こう配の坂は、私は初めて見たかもしれません。バランスを崩せば後ろにひっくり返ってしまいそうな角度の上り坂!息を切らしながら一気に登り切ると、お互いおしゃべりをする余裕もないほどです。

「急勾配はここだけじゃないよ、これからしばらく続くからね~」

よーし、ここまで来たら何としてでも頂上まで行こう!覚悟を決めて歩を進めます。
そんなに高くまで来た気はしないのに、眼下には息を呑むようなパノラマが広がっていました。

Moylussaハイキング2019 (15)

ダーグ湖はシャノン川に直結する細長い湖で、アイルランド島で3番目に大きいのだそうです。
息を深く吸い込むと、森の空気が体の中まで浄化してくれるよう。

Moylussaハイキング2019 (8)

こんなハードなウォーキングにもかかわらず、途中同じように頂上を目指す人々にずいぶん会いました。皆さん軽装です。犬を連れて歩く人、ジョギングをしながら下山してくる女性など、地元の人々にとってはお決まりのコースなのでしょう。私はふくらはぎがどうにかなってしまいそうです。ひいひい。

アイルランドの山は泥炭地であることが多いもの。ここもまた然りです。

Moylussaハイキング2019 (14)

思わず、少し掘り起こして持って帰ろうかしら?と考えてしまうほど。乾かせば最高のストーブ用燃料になります。

砂利道のコースはここまで。ここから頂上までの数百ヤードは木のデッキの上を歩きます。

Moylussaハイキング2019 (9)

それにしてもこのデッキ、幅が狭いな~。
辺りは濃い霧が立ち込め、私たちは完全に雲の中。視界が悪く、さっきまで見えていた下界の景色はどこへやら。

Moylussaハイキング2019 (10)

その上、ここまで来ると風が強く、細いデッキを注意して歩くのさえ大変なのに、強風にあおられ足を踏み外してしまいそうです。
泥炭地はぬかるんでいるので、足をつっ込みたくないなあ。疲労困憊の友人は「エリカ、私ここで待ってるから頂上まで行ってきなよ」と言うので、ここからは一人。気温もぐんと下がって寒い!ときどき小さな悲鳴をあげながら、なんとか無事に頂上までたどり着くことができました。

Moylussaハイキング2019 (12)

頂上にはそこら辺から転がしてきたような石が一つ、どーんと鎮座していました。お粗末なものでも、何かあるとそれなりの達成感がありますね。木のデッキもここで終わりです。

よく見ると、石に金属のプレートがついていました。

Moylussaハイキング2019 (11)

「Moylussa 1,748 ft」とあります。
頂上の標高は1748フィート。え、532メートルしかないの?

そう、いくらここがクレア州で最も標高の高い地点とは言え、ここはアイルランド。日本のような山や山脈は地形として存在しない国なのですね。それにしても532メートルって・・・ちょっと拍子抜けしてしまう高さです。

Moylussaハイキング2019 (6)

雲がだんだん下りてきたので見えにくいですが、クレア州とティペラリー州の間を流れるシャノン川にかかる、いつもの橋が遠くにうっすら見えました。うわー、きれい。

下山はさらに困難を極め、おかげで翌日は案の定ひどい筋肉痛に見舞われました。
私たちの暮らすエリアは木こそ多いものの丘陵地。山特有のしっとりとした空気の中、ふと立ち止まれば聞こえてくるのは風の音と鳥の鳴き声のみ。

心から深呼吸したい時に、また訪れたい場所です。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.04.13 00:29|アイルランドの自然
子どもの頃、水の中にカエルの卵を見つけて嬉しくなった思い出が皆さんにはありませんか?
カエルの種類によって卵の形も違いますが、日本だとチューブ状のものもあったりして楽しいですよね。

私の暮らす東クレア地方は水はけの悪い貧しい土地が多く、雨が降るとぬかるんで仕方ありません。
数年前にこの土質を利用してパットさんがショベルで穴を掘って、小さな池を敷地のあちこちに作りました。
すると、今度はここにカエルがやって来て卵を産むようになったのです。

カエルの卵

しばらくするとそれが羽化しておたまじゃくしになります。
音符のような形の真っ黒のおたまじゃくしが、懸命に尻尾を動かして四方八方に泳ぐ様子は大変微笑ましく、いつまでも眺めていたくなります。

おたまじゃくし (2)

春を告げるもの、というのはいろいろありますね。
クロッカスや水仙の開花、ツバメの到来、カッコウの鳴き声、ミツバチの羽音。日本ではもちろん何より桜が春の代名詞でしょうか。
おたまじゃくしの動画を作ってみました。アイルランド田舎生活2本目のYouTube動画です。



どこに住んでいてもどんなに忙しくても、ふと立ち止まって辺りを見回せば必ず見つかる、春を告げるもの。
私にとっては子どもの頃の自分と再会する瞬間でもあります。
皆さんの近くには、もう春が来ていますか?

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2016.05.27 22:21|アイルランドの自然
ここのところ安定したお天気の続くアイルランド西部。今日も眩しいほどの快晴、会う人会う人みんなご機嫌で気持ちまで晴れ晴れしてきます。
さて、春になると急に外での畑仕事が忙しくなる我が家ですが、この野良仕事を潤してくれる美しい音楽があります。
奏でてくれるのはこの方。

カッコー

カッコーです。
英語ではクックー(Cuckoo)と呼ばれますが、いずれもその鳴き声が由来しているのでしょうね。
5月にもなるとそれこそあちらこちらから聞こえるカッコーは、アイルランドの春を代表する渡り鳥の一種です。

外でハーリングの練習などをして遊んでいる子どもたちも、カッコーの声が聞こえると「しーっ!」と言っては耳を澄ませます。
「ママ、結構近くにいるよ!ピーターのオークの林のほうかな?」「飛びながら鳴いてるんじゃない?声がだんだん大きくなってきた!」

子ども心にもカッコーは春にだけ聞こえる貴重な鳥、ということは分かっているようです。
また、自分たちの巣を作らずにほかの鳥の巣を横取りして卵を産み、巣にもともとあった卵を落っことし、更にはその巣の親に子育てを頼むという話も子どもたちにとっては面白いのでしょう。

巣を作らないことで有名なカッコーですが、アイルランドの伝統音楽には「カッコーの巣(The Cuckoo's Nest)」という名の曲があったりして、アイルランドでは昔からその歌声が愛されています。
曲を検索してみたら、夫の友人で昔よく一緒に演奏をしていたアコーディオン奏者のチャーリーのビデオが出てきたのでこちらでご紹介します。



若いなあ、チャーリー。

ヨーロッパ全域では数が減少して保護の対象となっているようですが、私たちの住む地域では今のところその影響は見られません。

カッコーは渡り鳥と書きましたが、どこで冬を越しているか知っていますか?アフリカ中部、南部まで旅をするそうですよ。
アイルランドでは、6月初めまでカッコーの鳴き声が楽しめます。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links