FC2ブログ
2019.03.14 09:24|アイルランドの自然
本の編集の仕事で缶詰めになることが多かった1月が、過ぎていきました。
慣れない作業にもかかわらず、少しもストレスを感じることなく、むしろ楽しんで本作りを進めることができました。これはひとえに理解ある編集者さんのおかげです。本を読んでくださった皆さんから、少しずつ感想が届いています。これがとても嬉しく、私の日々の糧になっています。何という幸運に恵まれたことでしょう。ありがとうございます。

ホッと一息つくことのできた2月のある週末に、気の合う女友だちと山登りをしてきました。
「明日ね、ちょっと山に登ってくる。Moylussa(モイロッサ)っていう山」と夫に話すと「えっ、モイロッサに登るの?大丈夫?モイロッサはクレア州で一番高い山だよ」

あら、そうなの?そういえば、我が家の裏庭から遠くに見える山のひとつが、そんな名前でしたっけ。冬になると頂上付近がよく雪で真っ白になっている、あの山かな。クレアで一番高い山は、ここ東クレアにあるのです。

誘ってくれた友人は特別な装備など口にしていなかったし、もしも大変だったら途中で下山してくればいいか。

登山当日は、見事な快晴です。サンドイッチを作って、小ぶりなリュックサックに詰めました。ビニールハウスの中で育つルッコラの葉っぱをたくさん摘んで、サンドイッチに入れました。それから、近所の農家で作られたチーズと我が家のニワトリの卵をゆでて自家製マヨネーズと一緒につぶしたものも。パンは私が焼いている自家製酵母の白パンです。

友人宅は村の反対側、山へ行く途上にあるので、ここで待ち合わせをして私の車はここに置かせてもらうことにしました。彼女の車に乗り込み、お互いの子どもの話をしたりしながら20分も行くと、山の入り口に到着です。
舗装の行き届いた道路から入るその脇道は、一方通行のまさに山道。左手に見えるダーグ湖の湖畔にはゆったりとした駐車場がありますが、友人は

「本当はここに車を停めて山のふもとから登るのがいいんだろうけどね、今日はちょっとずるをして山の中腹まで車で行っちゃおうと思うのよ、いい?」

ふふふ。私は初めて来た場所だし、何度か登ったことがあるという友人について行くことにします。「なーんでもいいよ、おまかせコースで!」

最後はあぜ道のようになってきた道路をしばらく走り、道の脇にあるスペースに駐車して、いよいよウォーキングの始まりです。
植林らしいエリアをしばらく行くと、いたるところから水が小川のように流れ落ちています。水のたまったところにはカエルの卵がたくさん産みつけられていました。

夫は「上級者向けの山なんじゃないか」なんて言ってたけど、大したことないじゃない?

と思っていたのはここまで。
ふと前方を眺めやると、とてつもない傾斜の坂道が目の前に迫っていました。

Moylussaハイキング2019 (2)

こ、これを登るの?
こんなに急こう配の坂は、私は初めて見たかもしれません。バランスを崩せば後ろにひっくり返ってしまいそうな角度の上り坂!息を切らしながら一気に登り切ると、お互いおしゃべりをする余裕もないほどです。

「急勾配はここだけじゃないよ、これからしばらく続くからね~」

よーし、ここまで来たら何としてでも頂上まで行こう!覚悟を決めて歩を進めます。
そんなに高くまで来た気はしないのに、眼下には息を呑むようなパノラマが広がっていました。

Moylussaハイキング2019 (15)

ダーグ湖はシャノン川に直結する細長い湖で、アイルランド島で3番目に大きいのだそうです。
息を深く吸い込むと、森の空気が体の中まで浄化してくれるよう。

Moylussaハイキング2019 (8)

こんなハードなウォーキングにもかかわらず、途中同じように頂上を目指す人々にずいぶん会いました。皆さん軽装です。犬を連れて歩く人、ジョギングをしながら下山してくる女性など、地元の人々にとってはお決まりのコースなのでしょう。私はふくらはぎがどうにかなってしまいそうです。ひいひい。

アイルランドの山は泥炭地であることが多いもの。ここもまた然りです。

Moylussaハイキング2019 (14)

思わず、少し掘り起こして持って帰ろうかしら?と考えてしまうほど。乾かせば最高のストーブ用燃料になります。

砂利道のコースはここまで。ここから頂上までの数百ヤードは木のデッキの上を歩きます。

Moylussaハイキング2019 (9)

それにしてもこのデッキ、幅が狭いな~。
辺りは濃い霧が立ち込め、私たちは完全に雲の中。視界が悪く、さっきまで見えていた下界の景色はどこへやら。

Moylussaハイキング2019 (10)

その上、ここまで来ると風が強く、細いデッキを注意して歩くのさえ大変なのに、強風にあおられ足を踏み外してしまいそうです。
泥炭地はぬかるんでいるので、足をつっ込みたくないなあ。疲労困憊の友人は「エリカ、私ここで待ってるから頂上まで行ってきなよ」と言うので、ここからは一人。気温もぐんと下がって寒い!ときどき小さな悲鳴をあげながら、なんとか無事に頂上までたどり着くことができました。

Moylussaハイキング2019 (12)

頂上にはそこら辺から転がしてきたような石が一つ、どーんと鎮座していました。お粗末なものでも、何かあるとそれなりの達成感がありますね。木のデッキもここで終わりです。

よく見ると、石に金属のプレートがついていました。

Moylussaハイキング2019 (11)

「Moylussa 1,748 ft」とあります。
頂上の標高は1748フィート。え、532メートルしかないの?

そう、いくらここがクレア州で最も標高の高い地点とは言え、ここはアイルランド。日本のような山や山脈は地形として存在しない国なのですね。それにしても532メートルって・・・ちょっと拍子抜けしてしまう高さです。

Moylussaハイキング2019 (6)

雲がだんだん下りてきたので見えにくいですが、クレア州とティペラリー州の間を流れるシャノン川にかかる、いつもの橋が遠くにうっすら見えました。うわー、きれい。

下山はさらに困難を極め、おかげで翌日は案の定ひどい筋肉痛に見舞われました。
私たちの暮らすエリアは木こそ多いものの丘陵地。山特有のしっとりとした空気の中、ふと立ち止まれば聞こえてくるのは風の音と鳥の鳴き声のみ。

心から深呼吸したい時に、また訪れたい場所です。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.04.13 00:29|アイルランドの自然
子どもの頃、水の中にカエルの卵を見つけて嬉しくなった思い出が皆さんにはありませんか?
カエルの種類によって卵の形も違いますが、日本だとチューブ状のものもあったりして楽しいですよね。

私の暮らす東クレア地方は水はけの悪い貧しい土地が多く、雨が降るとぬかるんで仕方ありません。
数年前にこの土質を利用してパットさんがショベルで穴を掘って、小さな池を敷地のあちこちに作りました。
すると、今度はここにカエルがやって来て卵を産むようになったのです。

カエルの卵

しばらくするとそれが羽化しておたまじゃくしになります。
音符のような形の真っ黒のおたまじゃくしが、懸命に尻尾を動かして四方八方に泳ぐ様子は大変微笑ましく、いつまでも眺めていたくなります。

おたまじゃくし (2)

春を告げるもの、というのはいろいろありますね。
クロッカスや水仙の開花、ツバメの到来、カッコウの鳴き声、ミツバチの羽音。日本ではもちろん何より桜が春の代名詞でしょうか。
おたまじゃくしの動画を作ってみました。アイルランド田舎生活2本目のYouTube動画です。



どこに住んでいてもどんなに忙しくても、ふと立ち止まって辺りを見回せば必ず見つかる、春を告げるもの。
私にとっては子どもの頃の自分と再会する瞬間でもあります。
皆さんの近くには、もう春が来ていますか?

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2016.05.27 22:21|アイルランドの自然
ここのところ安定したお天気の続くアイルランド西部。今日も眩しいほどの快晴、会う人会う人みんなご機嫌で気持ちまで晴れ晴れしてきます。
さて、春になると急に外での畑仕事が忙しくなる我が家ですが、この野良仕事を潤してくれる美しい音楽があります。
奏でてくれるのはこの方。

カッコー

カッコーです。
英語ではクックー(Cuckoo)と呼ばれますが、いずれもその鳴き声が由来しているのでしょうね。
5月にもなるとそれこそあちらこちらから聞こえるカッコーは、アイルランドの春を代表する渡り鳥の一種です。

外でハーリングの練習などをして遊んでいる子どもたちも、カッコーの声が聞こえると「しーっ!」と言っては耳を澄ませます。
「ママ、結構近くにいるよ!ピーターのオークの林のほうかな?」「飛びながら鳴いてるんじゃない?声がだんだん大きくなってきた!」

子ども心にもカッコーは春にだけ聞こえる貴重な鳥、ということは分かっているようです。
また、自分たちの巣を作らずにほかの鳥の巣を横取りして卵を産み、巣にもともとあった卵を落っことし、更にはその巣の親に子育てを頼むという話も子どもたちにとっては面白いのでしょう。

巣を作らないことで有名なカッコーですが、アイルランドの伝統音楽には「カッコーの巣(The Cuckoo's Nest)」という名の曲があったりして、アイルランドでは昔からその歌声が愛されています。
曲を検索してみたら、夫の友人で昔よく一緒に演奏をしていたアコーディオン奏者のチャーリーのビデオが出てきたのでこちらでご紹介します。



若いなあ、チャーリー。

ヨーロッパ全域では数が減少して保護の対象となっているようですが、私たちの住む地域では今のところその影響は見られません。

カッコーは渡り鳥と書きましたが、どこで冬を越しているか知っていますか?アフリカ中部、南部まで旅をするそうですよ。
アイルランドでは、6月初めまでカッコーの鳴き声が楽しめます。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2015.01.16 00:20|アイルランドの自然
おとといの夜、私の住むフィークル村には雪が降りました。
日中に霙(みぞれ)のようなものが落ちてきてはいたのですが、夜になると本降りに。
予報では積雪は3センチほどということだったので、「遊びに来ない?」と誘いを受けていた友人の家へフィドルを持って遊びに行った私・・・判断が甘かった!

夜の12時を過ぎて帰宅するのに外に出ると、そこはなんと銀世界!それも、積雪はゆうに10センチはあります。
それでもおおらかな女二人は「じゃあね~」なんてあいさつをして、さっそく私は車のエンジンをかけます。マニュアル車のギアーをファーストにしてアクセルを踏むにも・・・タイヤが空回りして車が動かない。地面の雪が邪魔をして、前進しないんですね。

「あれ?もしかして帰れない?」

我が家から車で5分のところに住む、いわばご近所圏内の友人宅に、なんと急きょ泊まらせてもらうことになってしまいました。そういえば、震災の時に日本で帰宅難民という言葉が生まれましたっけ。
歩いて帰ろうと思えば帰れたけれど、夜中の1時近くに暗い雪道を45分かけて歩いていくより「泊まってったら?」と言ってくれる友人の言葉に甘えることにしました。
「おかしくてたまんない!」と笑い続ける友人。そうだよねえ、まさか私が泊まるなんて、こんな機会以外に絶対にないよねえ。手早くベッドを用意して、湯たんぽまで作ってもらいました。ありがとう~。

翌朝、当然車は動かないので友人にハイキング用のブーツを借りて歩いて帰宅することに。
それにしても、こんなに雪が積もったのは何年ぶりでしょう!木の枝の一本一本までに雪が重そうに積もって、それはそれは美しい光景です。
友人も「せっかくだから私も途中まで散歩しようかな」と言うので、しんと静まり返った雪の上を一緒に歩きました。私は片手にフィドルケースを持って。なんて贅沢な散歩でしょう!

アイルランドにも雪が降る (9)
(自宅の庭の青いベンチにも雪が積もって絵になります)

帰宅してみると、子どもたちがワーッと迎えてくれました。学校には?「ダダが行かなくていいって言った!」ということ。「こういう日は思い切り外で遊ばせないといけない」という夫の教育方針(!)のおかげで、学校はおさぼりです。
「朝起きたらママがいなくてびっくりしたー」
そうだよね。

午後からは天候がかわって今度は雨が降るというので、子どもたちは雪のあるうちに外で雪遊びを楽しみました。
ちょっとユニークな顔の雪だるまも作って。

アイルランドにも雪が降る (1)

家の前で雪だるまを作っていると、次々にご近所さんに会います。みんな雪の中の散歩を楽しんでいるのです。
フィークルの村よりも標高の高いこの地域は、いつも余計に雪が降ります。電話してきた義母の話では、エニスは2~3センチほどの積雪だったとか。

アイルランドにも雪が降る (12)

アイルランドは、雪は降っても積もることはほとんどありません。冬季オリンピックにも、アイルランド人選手は数名しか出ていませんね。ウィンタースポーツのできない国だからです。
雪の降り方も日本のようにしんしんと降るのでなく、雨が雪に変わっただけ。つまり、雪が降ったりやんだり降ったりやんだりするのです。

今日は朝から雨模様のアイルランド。雪だるまのあとがほんの少し残るだけです。



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2014.07.06 08:48|アイルランドの自然
私たちの家が建っている場所は、この土地を買った頃は牧草地でした。
全部で3エーカーある私たちの土地のほぼ真ん中に、家があります。家の周りは砂利が敷いてあって、そのさらに周りは畑があったり木が植えてあったりします。

家の前は比較的平らなので、子どもが遊ぶかもしれないと芝生にしていました。家の裏も、見映えがいいだろうということで芝生でした。

芝生として管理するには、草が伸びると芝刈り機で定期的に刈り込まなければなりません。
とにかくスペースが広いので、刈るのに結構な時間がかかります。芝生は確かに小ざっぱりして見えるし、きれいです。

それが、去年ぐらいから夫と私の趣向が変わって、「芝を刈らないで、自然のままにしておこう」ということになりました。
更には「夏になって草丈が高くなったら、一度刈ろう」というプランも加わって、今年も6月の暑い日に夫の草刈りがありました。

ハンドツールで行こう

機械は使いません。
夫が使っているのは、大鎌。
英語ではScytheと呼ばれるハンドツールで、アイルランドでも昔から干し草や穀物を刈るのに使われてきた、伝統的な道具です。今では草刈りは大型のトラクターにとって代わっているので、大鎌を使う人はめっきり少なくなりました。夫が使っているのを見て、「私のお父さんも、昔は大鎌使いが得意だったのよ~」なんて懐かしそうに言う人がいます。

一見簡単そうに見える大鎌ですが、使い方に慣れるまでには時間がかかるのだそう。夫は長年使っているので大鎌の動きと体のタイミングがぴったりで、一日数時間使っていても腰や腕を痛めることなくリズミックに草を刈っていきます。
「芝刈り機より僕の方が速いかも」

wooden scythe

我が家の大鎌はハンドルの部分が木製です。
大鎌といえばすぐさま思い浮かべるのが死神、ですね。死神が片手に持っているのがこれです。

大鎌で刈る前の裏庭は、こんなでした。

メドーを作る2014 (1)

草ぼうぼう、と言われてしまえばそれまでなのですが、よく見ると実にさまざまな植物が入り乱れていて、きれいなのです。
「芝(Grass)」と一言でいっても、穂が立ってくると色や形の違う何種類もの芝があることに気づきます。

このような草地というのは面白くて、常に短く刈り込んでいる時は芝が旺盛に地面を這い、全体を占拠します。
でも私たちのように伸ばし放題にしておくと、今まで芝に負けて出てこられなかった野草が「待っていました!」とばかりに姿を現すのです。

こちらは定番のキンポウゲ。

メドーを作る2014 (6)

Ragged Robinという名のナデシコ科の野草も花をつけてとてもきれい。

メドーを作る2014 (3)

日本ではカッコウセンノウと呼ばれ、園芸用に販売もされているようですが、「ヨーロッパの湿った牧草地などに自生しているそうです」と紹介されていました。まさにその通り。

メドーを作る2014 (4)

機械やトラクターで草を刈る今の時代は、効率よくスピーディーに作業が進む分どんな草が生えているかということには疎くなります。
それに比べて、大鎌のようなハンドツールで草を刈っていた時代には、農夫たちも植物の知識が豊富であったといいます。すぐに手の届くところにあった植物を観察し、一つ一つの植物の名前や効用を知っていることは、農夫たちにとってごく当たり前のことだったのです。

草丈が伸びてくると、そこを住みかとする昆虫やカエルが増えます。すると今度はそれを獲物とする野鳥が多くやってくるようになりました。
あんなに苦労して、電気代もかけて(我が家の草刈り機は電動なのです)、騒音を出して芝を刈っていたのは、一体何だったのでしょう?こっちのほうが、ずっといいじゃないの!
芝生というものがいかに人工的なものであるかを、考えさせられる体験でした。

これからも、夏に一度の草刈り作業が恒例となるであろうオコナー家です。



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links