FC2ブログ
2019.05.18 00:43|地域コミュニティー
隣人が数週間前に転んで足を骨折してしまいました。地域看護師さんがシャワーを手伝いに来てくれたりしているようですが、一人暮らしなのでちょっとしたことにも難儀するようです。私たちもひんぱんに彼女の家を出入りしては、手を貸しています。

「数日前からひどい頭痛なのよ」という隣人、「行きつけのお医者さんに薬を出してもらったのだけど、それを車で取りに行くなんてこと、エリカに頼んでもいい?」と電話があり、今朝ひとっ走りして隣町のスカリフまで行ってきました。

スカリフまでは車で20分ほど。
お医者さんに行くと受付の女性がすぐに小窓を開けて対応してくれました。
「あの、私の隣人のために来たんです。今朝ドクターに電話をして薬を処方してもらったそうなんですが、本人は取りに来られなくて」と事情を話すと「ああそうなのね、いいですよ。彼女の名前は?」
受付の女性も私の隣人の名前がすぐに分かって、「ああ彼女ね、はいはい、これが処方箋。ご苦労さま!」

アイルランドの公園 (8)
(スカリフに流れる川沿い)

処方箋を手に持って、歩いて数分の薬局へ。週末前だからでしょうか、今日はいつもより混んでいます。しばらくして順番がまわってくると、対応してくれたのはお互い顔見知りの薬剤師さん。彼女の娘さんはアイルランドの伝統的なステップダンスが上手で、数年前までよく村のパブにお披露目に来ていたのです。「こちらの薬、お願いします」「OK、ちょっと待っててね」

「娘さんは元気?」なんていう会話をしてもよかったのだけど、今日は時間がないので薬を受け取ってサインをし、「ありがとうございます」「ありがとう」とあいさつをしてから早々に店を出ました。さて、スカリフに来たついでにいつも通っているオーガニックショップへちらっと寄ろう。今日はあたたかいしお天気も良いせいか、お店のドアは全開。足を踏み入れると、リサがカウンターで働いています。今朝入ってきたらしい焼きたてのサワーブレッドを並べているところでした。「ハイ、リサ」「ハイ、エリカ」
彼女は私のご近所さんの妹さんで、よく遊びに来ています。彼女の子どもと我が子どもたちもよく遊び、仲がいいのです。「いいお天気よね」「本当に。気持ちがいいよね」こちらも、時間があればもっとおしゃべりしたかったけれど、今日は隣人に早く薬を届けたいし、また今度。
野菜を販売するコーナーを少し覗くと、ここにもお店のスタッフさんが在庫の整理をして働いていました。名前も知らない人ですが、「お元気?」「ええありがとう、そちらは?」「元気です」とあいさつ。
一人で買い物をしていても、口を開かずにできる買い物はありません。

買った商品を袋に入れないお店も多いアイルランド。近隣で手作りされているオーガニックの固形石鹸3個と、パットさんがいつも作っているムーズリに入れるオーガニックのスペルト麦のポップを片手で抱えるように持って、駐車した場所まで歩きます。地元の人らしき女性が、薬局の前で立ち話をしています。道路を渡ると路上に一時停止した車の窓が開いていて、そこに男性がよりかかるようにして運転手の男性とおしゃべりしています。それを歩道でのんびり眺める男性が、道すがら「Good morning」とあいさつをしてきたので、私もすかさず「お元気ですか」と返します。あいさつは、知らない人にもするのが当たり前。すれ違ったり、たまたま目があったりした時には「どうも」とお互い声をかけ合うのが、アイルランドの田舎の常識です。

隣人の家を軽くノックしてから、ガチャッと勝手にドアを開けます。名前を呼ぶと奥から声がして「エリカー?今バスルームにいるの、入ってて」
大事な薬を渡し、ついでに洗ったばかりのパジャマを外に干し、きれいなグラスをキッチンから持ってきて水を入れてあげます。おしゃべり好きの隣人なので、いつも去るタイミングを逃す私。そのうち、カッコーはちゃんと鳴いてるの?からはじまり、鳥の話を延々しました。「隣のアレックスにも訊いたんだけどね、『さあ、分かんないなあ。意識して聞いてないから』って言われてね。エリカとパットだったら絶対分かると思ったの」
「もう2週間以上前から鳴いてるよ。毎日聞こえるし、特に夕方はよく鳴くよね」

それから、隣人の納屋に巣を作ろうと入ってきているのはツバメだけではなく、種類の違う鳥も出入りしていて、ときどき外でけんかをしているのだそう。「あの鳥の名前なんて言うんだったっけ」と言って、彼女の箪笥の上に置いてあった野鳥の一覧表を二人で眺めました。「ああ、この鳥だわ、胸元が黄色いの。シジュウカラね」

地域に暮らすって、こういうことなんだよね。ただ家を借りたり買ったりして、そこに間借りしているわけじゃない。同じ土地に住む人とあいさつを交わし顔なじみになって、少しずつお互いを知るようになり、いつの間にか自然にゆるくつながっていく。
お互い困ったことになったら、できる範囲で手を差し伸べる。一人暮らしでも独りじゃない。こんなに静かで、人口も少なく家が点在するような場所でも、いつもみんなの息遣いは聞こえる。何かあったら駆けつけてくれる人たちがいる。

夕刻時になったら、カーテンを閉めにまた隣人の家に行きます。

望月えりか 初の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店で販売中
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.04.18 14:16|地域コミュニティー
夕飯を作っていると、真っ暗な中我が家の裏口ドアがガチャンと開いて、当時6歳の近所の女の子が懐中電灯を持って入ってきました。
「ハロー、エリカ。あのね、今ダディーがディナー作ってるんだけど、卵が足りないの。1個もらってもいい?」

「もちろんよ!ほら!1個でいいの?」

「うん。ありがとうー。バーイ」

ときどき、こんなことがあるのです。
ほかにも「小麦粉1カップちょうだい!」とか「2時間だけ子ども見ててもらえる?」など、ご近所さんならではのお願いがときどきあります。

迷惑とも失礼とも思いません。それどころか、気安くこうしたことを頼める関係を嬉しく思います。
困った時には私も彼らに頼めるという安心感もあります。いいこと尽くしです。
持ちつ持たれつ、お互いさま。

こんな時、アイルランドではもらった卵のお金を現金で払うなんて粗相をしてはいけません。
いちいち細かくお金の計算をしたり、些細な額のお金で人の親切を解決しようするのはまったくのタブー!ここはどんぶり勘定、大らかに寛容に、でも借りは忘れない、というのがアイルランド流です。

明らかに相手に負担を強いる無理なお願いをしたり、何度も一方的に頼んだり・・ということは絶対にないのですね。この判断は社会人であれば見当がつきますし、相手との距離をお互い把握していればトラブルになることもありません。

信頼関係があってこそ。
この人たちなら大丈夫。彼らは身勝手な行動をしたり私たちを都合のいい時だけ利用したりしない。
口に出さなくてもいい信頼がお互いあってこそ成り立つのが人間関係、近所づきあい、フレンドシップではないかなと思います。

Glendree Garden Party 2015 (5)

先日ある午後の時間に近所の奥さんからメッセージが来て、「今夜二人(夫婦)で外出することになったんだけど、ベビーシッターが見つからなくて困ってるの。エリカのところで二人の子どもお泊まりさせてもらうことはできる?」と頼まれました。
常日頃から我が家を出入りしている子どもたちだし、お泊まりも何度もしたことがある。特に何も用事のない夜だし「全然大丈夫だよ」と快諾すると「あ~、ほんっとに助かる!ありがとう!」と感謝されました。
数日後にこのお母さんが我が家にやって来て「これは先日のお礼。突然のお願いだったのにありがとう」と言っておいしいワインを1本届けてくれました。「こんなことしてくれなくても全然いいのに」と言うと「気持ちだから」とのこと。

卵一個もらっただけで「お礼に」とワインをあげてしまうと、今度は相手が私にお願いをする時に同じレベルのギフトを要求しているようにも思われてしまう。だからこそ些細なお願いは大らかに寛容に、がいいのですね。

日本では社会のモラルとして「人さまに迷惑のかからないように」ということを大切にしますね。
でも、もしこんなことを迷惑と呼ぶのだとしたら、私はお互いに少し迷惑をかけ合いながら生きていく方が好きです。そうした中で横のつながりができていくし、社会の一員としてどう振る舞うべきかを学んでいける気がするのです。
「そんなことで私たちに頼って来ないで下さいよ!卵なんて車でひとっ走りして自分で買ってきてください!」というのはあまりに冷たく貧しく、さびしい近所関係ではありませんか。

お互いさま。

失いたくない精神です。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.03.23 09:28|地域コミュニティー
エニスの町の出身の夫パットさんが、ある日こんなことを言います。
「肉屋のドンなんだけどさ、このところ商売があがったりみたいなんだよ。テスコの中に新しい肉屋ができて、そっちにお客を取られてるっていう噂でさ。ドンのところは僕のママも昔からひいきにしてる肉屋だし、だからサポートしてあげないといけない」

果物や野菜も扱うお肉屋さん。いつの間にかエニスに行くたびにドンのお店で買い物をするようになりました。

子どもたちの新学期になると、科目ごとにノートを用意しなければいけません。この時期には大手のスーパーでお得にまとめ買いができるようにパッケージされたノートが売られています。つい「あら、安いじゃない」と手に取ってしまいます。

すると、パットさんに注意されました。「ノートを買うんだったらスクエアのケイシーズに行って。あの家族は昔から文具の商売をしているし、家族経営のローカルビジネスを僕たちは支えてあげなくちゃいけないんだから」と念を押されます。

この姿勢。この精神。

パットさんだけでなく、この「地元の商店を支える」「地域のお店で買い物する」という精神は、アイルランドに暮らしていると肌で感じます。

地元で買い物をしよう (3)

安ければ安いほど、私のお財布にはやさしい。同じ商品を買うのに、わざわざ高いお店で買うなんて愚かだわ。と、自己を中心に買い物をしていた自分が、アイルランドに住み始めて変わってきました。
私たち消費者にとって、ものの値段は大切かもしれません。
でも、安いもの、安い店だけを追っていたら大型店の言いなりです。消費社会の大波に飲まれてしまう。
なじみの顔に会える商店街は当然姿を消していく。

お肉屋さんのお肉はおいしいです。スーパーの棚に並ぶパッキングされたお肉よりも、ずっとおいしいです。
八百屋さんの野菜はおいしいです。大型店の野菜よりもずっと新鮮で、オランダ産でもなくスペイン産でもない、地元の野菜です。

文房具屋ケイシーズに入ると、お店のお父さんがいつものように店番をしていました。お店の奥には80歳を過ぎた彼のお父さんの姿もあります。「やあやあどうも」というあいさつのあと「子どもの新学期に合わせてノートやら文具やらを一式揃えたいんだけど」と学校から配布されたリストを見ながら話すと「どれどれ」とお父さんが一緒にリストを見てくれます。それから、
「10分ぐらい時間をもらえれば、これ全部用意しておくよ」
「本当に?そしたらほかの買い物を済ませてからまた立ち寄れるけど」
「任せてよ」と頼りになる返事をもらい、持っていたリストをお父さんに託しました。
そして再びお店を訪れると、娘の分、息子の分とちゃんと袋で分けられた文房具が待っていたのです。

これをパットさんに話すと
「ね?個人経営のお店で買い物する価値は十分にあるでしょう?スーパーでは絶対にあり得ないサービスだよ!」と得意げに説くパットさん。でも本当に、その通り。

地域の個人商店を支えることは、巡り巡って町づくりに貢献し、回り回って地域コミュニティーを支えます。
安いものを求めるよりも、大切なことがある。自分のお財布から少し余分に出してでも、守りたい地域社会がある。この価値観は財産だなあと思うのです。

アクションを起こすのは私たち。
さあ、地元のお店でお買い物。今日からはじめませんか。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.03.06 09:59|地域コミュニティー
なんと、アイルランドに大雪が降りました。
大雪といっても日本の雪国に比べれば大したことはないのですよ。それでも普段積雪がほとんどない国、雪の備えはゼロに等しいところへ何十センチという雪が降ったのですから、それはそれは大変な事態となりました。

雪の日2018 (31)

うわー。家の回りが一面真っ白!
どれくらい積もったのかというと、これくらいです。

雪の日2018 (25)

長靴が見えなくなりそう。
こんなに積もった雪を最後に見たのはいつのことでしょうか。アイルランドでは1982年以来の記録的な大雪ということです。
普段見慣れている風景が、まるで異国のように様変わり。

雪の日2018 (21)

雪はこの後も降り続き、レンスター、マンスター地方の学校は木曜日金曜日と休校になりました。いえいえ、休校どころかこれでは車を出すことすらできません。あらかじめ雪の警報が出ていたおかげで、アイルランドの人々が真っ先に考えたのは食糧の確保です。
「家に缶詰めになる!買い物に行けなくなる!食べ物十分に買っておかないと!」というわけですね。

雪の日2018 (22)

まずスーパーの棚からパンが消え、続けて野菜、肉、冷凍食品といったあらゆるフードが完売。品だしが追いつかず、雪がやって来ると流通が遅れ、従業員も勤めに来られず、店は次々臨時休業に。こんな光景は初めて見ました。

雪の日2018 (9)

学校はお休み、仕事も休み。誰も身動きが取れないまま、雪はしんしんと降り続きました。

道路の視察も兼ねて家族で散歩に出ます。高齢で一人暮らしの女性宅に近づいたので「ちょっと彼女の様子見てこようかな」と言うと夫も「僕もちょうど考えてたところ。行ってあげなよ」。
ドアをノックするといつになくはつらつとした彼女が出てきました。「何も不便ない?大丈夫?」と訊くと「全然平気よ!むしろお天気がこうなってくれて嬉しいわ!だって今日ほどご近所さんが訪ねてきてくれた日ってないもの」と言います。

午後になると、外で遊んでいた子どもたちが家に駆けこんできて「今ジャッキーたちが来るよ!水がほしいんだって~」
これまた近くに住む3人の女性が、いくつもの大きなプラスチックのコンテナを持ってわらわらと我が家にやってきました。
「私たちの水道管凍っちゃって、水が出ないの。水もらってもいいかしら?」「もちろんもちろん、いくらでも持っていってよ」
我が家の台所の水道からせっせとコンテナを満タンにしていく元気な女性陣。

「せっかく来たんだから何か飲んでいったら?寒い冬はこれに限るよ」と言ってブランデーとポートを混ぜたお酒を夫が作り、みんなにふるまいます。
外は雪。ストーブの前でみんなでちょっと強いお酒を飲んでおしゃべりをして、午後の時間はあっという間に過ぎていきました。
不便な暮らしはこうして人をつなげていきます。

翌日の午後になると、今度は隣人から電話がかかってきました。
「今からデイヴィッドが車のタイヤにロープ巻いてタラの町まで行ってみるって言ってるんだけど、何か欲しいものない?」とのこと。
「私たちの食糧は十分あるけど、サムのドッグフードがなくなる!」と思っていた矢先だったので、これをお願いすることにしました。数日前から切れていたブロードバンドのクレジットも買ってきてもらえることに。なんてありがたいんでしょう。

夕方、お財布を持って立て替えてもらっていた分を払いに行くと、同じ道に住むカトリーナとキャシーもやってきました。「キャシーはストーブで燃やすピートが少なくなってたみたいよ」と隣人。我が家だけでなく、近所のすべての家々に呼びかけて買い物をしてあげていたのですね。

一人暮らしの高齢の女性の様子も、隣人と確認し合います。
「昨日は会って元気そうだったけど」「今日も彼女大丈夫だったよ。今朝様子見に行って来たから」
おせっかいでも余計なお世話でもなく、ごく自然に気遣える心が嬉しいのです。

さて、打って変わって子どもたちは初めて見る大雪に大はしゃぎ。ショーンはそりやらスキーやらを手作りして準備万端の様子。
ん?これは壁材?

雪の日2018 (11)

長い長いつららを発見しては根元を折って、棒アイスのように食べてしまう子どもたち。きれい。

雪の日2018 (19)

雪と一緒に嵐も来ていたので、途中こんな風に雪のたまる場所が多々ありました。

雪の日2018 (6)

ここに夫が両手を広げて顔面から倒れ込み、みんな大笑い。
子どもたちも次々倒れ込み、するとここにちょうど通りかかったご近所さんと雪合戦が始まり・・子どもも大人も年など関係なく遊びます。
一日の締めはそり。急勾配の斜面を見つけ、段ボールやプラスチックの袋を使って二家族で何時間も滑りました。

雪の日2018 (16)

こっちこっち!

近所づきあいと聞くと「面倒くさい」というネガティブな反応を示す人も多いかもしれません。
アイルランドにもいろいろな性格の人たちがいます。人付き合いが苦手な人、寡黙な人、面倒くさがりの人、恥ずかしがり屋の人・・・。
でも、どんな性格の人であっても、最低限の人への配慮や心遣いは誰しも持っているものです。
自然災害など困った事態に陥った時、こうした他人に対する心くばりに私たちは救われます。

たまには不便な暮らしもいい。
いえ、できることならわざと不便さを残していける暮らしがいい、と思います。

日中も気温はマイナスのまま。でも、おかげで心はポカポカです。
雪に閉じ込められた3日間は、穏やかに過ぎていきました。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.12.14 23:50|地域コミュニティー
実に悲しい出来事がありました。
私の暮らす地域のある女性が、不慮の事故で突然亡くなったのです。21歳。新卒で9月から仕事をはじめた矢先のことでした。

彼女には音楽を通して一度会っただけでしたが、ご両親のことは昔から比較的よく知っています。特に彼女のお母さんとは事故のつい数日前にメッセージのやりとりをしたばかり、私にとってもひどく衝撃的な知らせでした。

お葬式は週末とのことです。
アイルランドの田舎では、お葬式は通常2日間にわたって行われます。1日目は日本のお通夜に近いもので、これは地域の葬儀屋が営む施設を借りることもありますが、たいていはその遺族の個人宅で行われます。
そしてその翌日の午前中に教会にて司祭によるミサ、つまり葬儀が行われ、数々のお祈りが唱えられます。ミサのあとは墓地に移動し、ここで死者に永遠の別れを告げるのです。

地域コミュニティーの強いアイルランドでは、行かねばならないお葬式が実に多いです。
直接は知らない人であっても、知っている人の家族であれば「行かなきゃ」となります。
特に若い人の死や不慮の事故死の場合は、遺族に対するリスペクトとシンパシーを表しようと多くの人が訪れるため葬儀が大きくなります。
今回も悲劇的な若い女性の死であったため、「これは大きい葬式になるぞ」ということはみんな分かっていました。

夫と二人でお通夜に向かうと、彼らの自宅に折れる道にパトカーが停まっています。車の窓を開けると警察官と一緒にいた地元民らしき男性が「Tony Mac's(近くのパブ兼お店)が駐車場になってるから、そこから出るバスを利用してくれる?」と教えてくれました。
駐車場には、複数のこれまた地元の男性たちが小雨の中、車の誘導員として働いていました。

バスは東クレアが誇る非営利団体クレアバス。
通夜の行われる彼らの家の前には長い長い人の列ができています。
既に夕闇の迫りつつある湖畔の家。体が芯から冷えるさびしい夕暮れ。おしゃべりをする声も少なく、皆が下を向き少しずつ進みます。
棺と遺族のいるテントにたどり着くまで40分はあったのでしょうか。並んでいる間、もう5時になろうという時刻なのに足元が明るいことに気がつきました。見上げると屋外用の大型照明が設置されています。

Lough Graney 2

雨足が強くなってくると、傘を何本も持った男性が現れて人々に傘をオファーしています。
もう一つのテントでは遺族へのあいさつを終えた人々のためにコーヒーと紅茶があてがわれ、女性たちが忙しそうに立ち働いているのが見えます。

この日のお通夜のために働いていた多くの人々は、そう、すべて地域の人々。地元の人たちです。
あとから聞いた話では、遺族がフランスから戻ると同時に地元の人の呼びかけで葬儀のためのミーティングが開かれ、40人の地域住民が集まったのだそう。駐車場の確保、送迎バス、誘導員の配備、仮設テント、大型照明、屋外用ストーブ、仮設トイレ、客人へのコーヒー、紅茶、ビスケットの手配、雨が降った場合の傘といった細やかな配慮まで、地元住民による徹底したオーガナイズがされていたのでした。もちろん無償のボランティアです。

自治会でも役場でもなく、はたまた葬儀屋でもなく、地域コミュニティーが支えるアイルランドの田舎のお葬式。娘さんの死に直面し、絶望的な状況に置かれたこの家族を、地域コミュニティーの力がしっかりと包み込んでいる。そんな葬儀でした。
この日のお通夜は7時間以上人の列が途絶えることがなかったそうです。

いつになく悲しいお葬式で辛かったですが、同時に改めてこの国の底力を見た日でした。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links