FC2ブログ
2019.02.14 00:14|食文化/食事情
アイルランド島には32の州があります。「県」と訳されることもあるので、都道府県のようなものと考えてよいでしょう。さらにはこれらを地域別に分ける呼称があり、これは関東とか関西、東北、北陸、四国地方と似たような意味合いで使われています。
私たちの暮らす州はクレア州(County Clare)で、クレア州はアイルランド南西部のマンスター地方に入ります。
首都のあるダブリン州のある島の反対側、アイルランド東部はレンスター地方と呼ばれます。このレンスター地方にカーロウ州(County Carlow)というとても小さな州があり、ここにパットさんの弟の一人が住んでいます。

カーロウ州

地元の女性と結婚し、この小さな村の小学校で校長先生をしている義弟のダンが、週末我が家に泊まっていきました。
亡き義父に似て大きなダンはよく食べるし、食生活もトラディショナル。夕方の時間に到着するということだったので、夕飯にはまだまだたくさんある我が家のジャガイモをオーブンでローストし、ダンが食べ慣れているであろうニンジンやかぶなどアイルランドの定番野菜を蒸すことにしました。そして、アイルランドのディナーといえばお肉がなければいけません。我が家は週に一度お肉を食べるか食べないかという食事で、しかもパットさんはお肉を食べませんからいつもお肉屋さんでは一食分、3人分のお肉を買い求めるのみです。
でも、今日は特別。隣町のお肉屋さんのリアムからポークを買い、これでシンプルにポークジンジャーを作ることにしました。

やや遅い時間に着いたダンは、エニス郊外に住むもう一人の弟家族を訪ねていたらしく、最初は「そっちでご飯食べたから大丈夫」と言います。断られても「そう言わずに、ほら!」と押すのがアイルランド流の礼儀で、パットさんも一緒になって「Ah go on. うちのジャガイモもおいしいし、ポークも焼いたんだよ」と促すと「ああ、じゃあちょっとだけ」

実際にはポークを丸ごと1枚とジャガイモを3~4つ、野菜もたっぷり盛って出すときれいに食べてくれました。
すると、ダンが「このポークすごくおいしいね、どうやって作ったの?」
「あ、それ?簡単。ショウガをすりおろしてそのジュースをかけたの。あとは塩とコショウだけだよ」と答えると

「え、何?ジン?なんて言ったの?」
「ショウガ。ジンジャーね。Ginger」
「え?ジンジャー?何それ?どういう綴り?」

「!!!」

最初は、ひょっとすると私の発音が悪いのかと思ったのですが、どうやらそうではなさそうです。
ダンは、ショウガが何であるかを知らないんだ。

ひょえー!
まだ半ば信じられない思いで「ほら、ショウガってスーパーとかでも売ってるじゃない?根っこの部分を香味料として使うのよ」と説明すると、ダンは大真面目に「ふーん。どんな形してるの?へー、で、皮はむくの?OK、じゃあ今度探してみよう」

わーー!
翌日ダンが帰ってから、「ダン、ショウガ知らないんだね・・」と苦笑いしてパットさんに話すと、「まあね、驚きはしなかったけど。ショウガなんてすごく異国のものだし」
ヨーロッパにはショウガを使ったお菓子やら、人の形をしたジンジャークッキー(Gingerbread Man)なんていうものもあります。でも、ダンのようにジンジャーが何であるかを知らない人たちが、アイルランドにはごまんといそうです。それどころか、ショウガなんて見たことも買ったこともない人のほうが一般的なのかもしれません。

パットさんは若かりし頃インドやタイ、スリランカなどを放浪し、今でもスパイスたっぷりのインド風カレーなどを作ります。ですから、我が家のキッチンにはショウガはもちろんのこと、聞いたこともないような香辛料が多数常備されています。ショウガは私もしょっちゅう使いますから、ショウガを切らすと「大変!」となるほど定番中の定番。そんな我が家は、きっとアイルランドでは珍しい家庭なのでしょうね。

そういえば、義父も限られた野菜しか口にしなかったなあ。(記事はこちら→トウモロコシを知らない義父

クリスマスに会わなかったせいもあるのでしょうか、ダンは抱えきれないほどの手土産を持ってきてくれました。自分の畑で穫れたかぶやパースニップ、ニンジン。ジェイムソンのウィスキー、赤ワイン、子どもたちにはお菓子を一袋ずつ、それにダンの奥さんエトナが焼いたフルーツケーキ。
子どもたちが寝たあとは、エトナのケーキと紅茶をいただきながら、エニスの地元の人々の話題や音楽、家族のことなどをわいわいと話し、楽しい時間を過ごしました。

義母が好きだった西洋ヒイラギの木がほしいと話していたダンのために、ネイティブの木を販売する友人から何本か買っておいたパットさん。これを遅ればせながらのクリスマスプレゼントにして帰り際のダンにあげていました。
数年後にはカーロウのダンの庭で、赤い実をつけているかもしれません。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.01.16 23:10|食文化/食事情
この前の秋に初めて仕込んでみた、りんごのお酒、サイダー(シードル)。
(その時の様子はこちらの記事→「自宅のりんごでサイダー(シードル)作り」)

サイダー作りは、ワインのように何か月もかかるわけではないのよね、数週間で飲めるのよね、ということはあらかじめ分かっていたのに、クリスマスが終わった頃にハッと「あれっ、そういえばサイダーどうなってる?!」

最初は心配になるほどの勢いで発酵し、ガスをぽこぽこぽこぽこ出していたサイダーは、数週間後にどうにか沈静し、その時に一度ラッキング(Racking)といって底にたまった澱を除いてうわずみの液体を抽出する作業をほどこしました。
それからはリビングからのびるサンルームにずっと置きっぱなしだったのです。

ワイン作り2018

発酵中のほかのワインたちと一緒にしておいたからいけなかったのかなあ。忘れてごめんね。
発酵もほとんど終わり、液体の色もきれいに澄んでいます。

アップルサイダー2019年1月 (1)

週末のディナーの際にパットと二人で試飲してみることにしました。1ガロンのデミジョンの瓶から、直接グラスに流し込みます。
若すぎる味はまったくなく、見事に完成しています。そして・・・うわ~、おいしい!!!

あんなに苦労して作った甲斐があったというものです。
下の写真は、仕込んだ直後のもの。同じ液体とは思えません。
最初はこんなにくすんだ色をしていたりんごジュースが、発酵のおかげでここまで透明になるのですから不思議です。

アップルサイダー作り2018 (4)

仕込みから3ヶ月以上経った本日、ぽかんと時間ができたのでサイダーを瓶詰めすることにしました。
使うのはこちらのグリーン色のガラス瓶です。

アップルサイダー2019年1月 (8)

友人からお土産にもらったコーク州で作られたアップルジュース、それに私の親しい友人が自分たちの果樹園で収穫したりんごで作ったジュースなどが入っていた瓶を、捨てずにとっておいたのです。
りんごの飲み物はなぜかこの瓶に入れたいな。よく洗って再利用。

自宅でワインやサイダーを作る際に必ず瓶の底にたまる沈殿物や澱と呼ばれるものは、発酵が進む過程で出るかすのようなもので、長時間放っておくとお酒の味に影響します。

アップルサイダー2019年1月 (7)

これを除去するために前述のラッキングという作業をするのですね。

アップルサイダー2019年1月 (2)

わーい!6本のアップルサイダー(シードル)が一気に完成です!
なんて美しい金色でしょうか。

アップルサイダー2019年1月 (4)

自分で作ったお酒、それも自分たちで育てたりんごで作ったお酒を味わう瞬間。何とも言えない充足感です。
幸せとは、満ち足りた気持ちのこと。もうこれ以上何も要らない、これで十分と思えること。

サイダーといえば発泡酒と思われがちですが、自家製のサイダーにはこのシュワシュワがありません。今回の私のサイダーのように時間を置いたものは特にそうで、これは発酵が終わっているためです。また、イースト菌によって糖分が食べつくされたということでもあるので、甘みもほとんどなくドライです。
仕込む際に砂糖を入れるレシピも多くありますが、私は使わず、りんごの持つ糖分のみで発酵させました。
シュワシュワ感がほしい場合は、瓶詰めの際に少量の砂糖を入れるとイーストが働き出して(=再発酵が始まり)、発泡酒のような喉ごしが楽しめるのだそうです。実験してみようかな。

アップルタルト、アップルクランブル、アップルジュース、アップルソースにアップルサイダー。りんごを使ったレシピは山ほどあります。
そんなりんごづくしのアイルランドから、お届けしました。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.10.25 16:48|食文化/食事情
アイルランド料理といえば何といってもジャガイモ。

アイルランド不定期便でも、ジャガイモに関する記事を過去にいろいろ書いています。
アイルランドのソウルフード、ジャガイモの話
ジャガイモとアイルランド人
アイルランドの大飢饉の原因、ブライト
今年は豊作のジャガイモ
シンプルでおいしい、ジャガイモと西洋ねぎのスープ
ジャガイモはおかずにならない?
毎年恒例、ジャガイモの収穫

うわー、ジャガイモだらけの不定期便・・・!

ジャガイモの国アイルランドには「National Potato Day じゃがいもの日」なるものがあり、今年も10月5日にさまざまなキャンペーンが行われていました。祝日ではありません・・念のため。

これにちなんで、メディアではじゃがいも掘りに挑戦した小学校の子どもたちを取り上げたり、家庭でできる世界のじゃがいもレシピを紹介したりしています。

potato-day.jpg

ある新聞を読んでいたら、じゃがいもの日にちなんで「あなたはどんなじゃがいも調理法が好きですか?」という読者アンケートを取ったのだそう。じゃがいもは日本でも幅広く使われる野菜の代表格ですね。さて、アイルランド人の一番好きなじゃがいもの調理法、結果やいかに?

「ま、驚くまでもない結果ですがね」という前置きと共に堂々の一位は・・・

マッシュドポテト!!!

マッシュポテト

日本語だと片仮名でマッシュポテトなんていう風に表記するのでしょうか。アイルランド人、本当にこのマッシュポテトが好きですね~。しかしこのマッシュポテト、ただじゃがいもを茹でて潰せばいいというものではないんですよ。
決して水っぽくならない程度にバターとミルクをたっぷり入れて、空気を取り込むようにマッシュしていくとふんわりとしたコクのあるマッシュポテトができます。
我が家でもときどきパットさんがディナーに作りますが、こだわりがあるようで私はまったくノータッチ。じゃがいも料理に関してはあんまり信用されてないなあ~。
アイルランドのレストランでも家庭でも、まさに定番のマッシュポテトですね。

アンケートの結果はご覧のとおり。

1位 マッシュ 27%
2位 ロースト 22%
3位 茹でる 20%
4位 揚げる(フライドポテト) 11%
5位 蒸す 10%

2位に入ってきたローストポテト、これもアイルランド人に出せば間違いなく喜ばれる料理の一つですね。

ローストポテト

各家庭に必ずオーブンがあるアイルランドならではのロースト料理は、じゃがいもだけでなく肉、魚、野菜などにもよく使われます。

面白いのはわずか1%と最下位だったじゃがいも調理法。一体何だと思います?

ポテトサラダ。です。

アイルランド人たちは「当然の結果だよね~」と苦笑い。
「家族の誕生日パーティーとかでも最後に絶対残りものになってるのが・・・ポテトサラダ!」ということで、悲しいほどに人気なし!

ポテトサラダは日本にも浸透していますが、アイルランド人にはおもてなししない方がいいかも・・しれません。

どんな風にじゃがいもを調理するにせよ、おいしいじゃがいもを使うのが一番です。
今年の夏は雨が極端に少なく、市場に出回るじゃがいもの高騰が続いているアイルランド。それに比べて、小規模農家さんや家庭菜園では例年以上の豊作でした。我が家も食べきれないほどのじゃがいもを収穫しました。
何事も、小さくやるのがいいみたいです。

うーん、ジャガイモのことを書いていたらお腹が空いてきたな~。よし、今夜はローストポテトにしよう!

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.05.11 23:50|食文化/食事情
アイルランドのソーセージはおいしいなと思います。
アイルランドに来た当初は、この国のソーセージに慣れるまで時間がかかりました。
似たような経験をされる日本の方は多いのではないでしょうか。
アイルランドのソーセージは、「パリッ」という歯ごたえがありません。ついでに言うと中が「ジューシー」というほどでもなく、どちらかというと皮は「モサッ」、中は「パサ」でしょうか。ええ~、これがソーセージなの?

更に驚いたのは、アイルランドのソーセージはつながっているということ。
スーパーで購入するパックに入ったものでも、つながっていることがほとんどです。
こちらはエニスのお肉屋さんで買ったトゥールーズ風ソーセージ。

ソーセージはつながっている (2)

やっぱりつながってる。
つながっているので、ソーセージとソーセージの間をナイフやハサミでちょきっと切らなければなりません。
それもそのはず、ソーセージってそもそも腸詰めですから、作る過程においてはつながっているのですよね。
日本にいた頃は考えもしませんでした。

ソーセージ

アイルランドに旅行でいらっしゃる皆さんは、アイリッシュブレイクファストとして朝食でいただく機会があるかと思います。
食感は日本人になじみのあるものとだいぶ異なるアイルランドのソーセージ。私が今まで食べた中で一番おいしかったソーセージは、友人が自宅で手作りしたソーセージです。それも、彼が自ら育てた豚のお肉で作ったソーセージ。あれはおいしかったなあ・・・。

ちょっと昔まで、アイルランドの人々は自宅でソーセージを作っていました。お肉だけでなく、ハーブやスパイスなども好みで入れて、その家のソーセージの味というのがきっとあったはずです。

アイルランドのソーセージ。皆さんもぜひ試してみてくださいね。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.04.30 07:36|食文化/食事情
今年も畑のルバーブが大きくなってきました。
オーガニックの肥料をご近所さんからたくさんもらったのでこれを与えたら、見る見るうちに大きくなってきたのです。

ルバーブ2018

大きい葉のついた茎を選んで何本か切り取って使っても、数日後にはまた同サイズの茎が何本も生えています。
これはどんどん使っていった方が良さそうだわね。
とりあえず、私の定番ルバーブタルトを焼くことにしました。

ルバーブの茎をきれいに洗ってナイフで切りはじめると、その柔らかさに驚きます。
そして、土中から出てきたばかりの若い茎は惚れ惚れするような香り。いつまでも嗅いでいたい、幸せな香りです。

春のルバーブタルト2018 (7)

おいしそうにできました!
(レシピはこちらの記事に載せています→畑のルバーブでタルトを作る

春のルバーブタルト2018 (5)

ルバーブはその酸味が特徴ですが、春のルバーブは酸っぱ過ぎず、砂糖の甘みを邪魔しません。
ちょっと感動的なお味です。

春のルバーブタルト2018 (3)

ルバーブタルトは多くのアイルランド人たちにとってふるさとの味。母の味。
ディナーのあとのティータイムに、おいしいアイルランドの紅茶と一緒にいただくルバーブタルトは格別です。

アイルランドの気候はルバーブ栽培に最適のようですが、暑さに弱い植物とは言え日本でも栽培が可能のようです。和名はショクヨウダイオウ(食用大黄)。地植えで、プランターで、ぜひ皆さんもお試しを。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links