2018.05.11 23:50|食文化/食事情
アイルランドのソーセージはおいしいなと思います。
アイルランドに来た当初は、この国のソーセージに慣れるまで時間がかかりました。
似たような経験をされる日本の方は多いのではないでしょうか。
アイルランドのソーセージは、「パリッ」という歯ごたえがありません。ついでに言うと中が「ジューシー」というほどでもなく、どちらかというと皮は「モサッ」、中は「パサ」でしょうか。ええ~、これがソーセージなの?

更に驚いたのは、アイルランドのソーセージはつながっているということ。
スーパーで購入するパックに入ったものでも、つながっていることがほとんどです。
こちらはエニスのお肉屋さんで買ったトゥールーズ風ソーセージ。

ソーセージはつながっている (2)

やっぱりつながってる。
つながっているので、ソーセージとソーセージの間をナイフやハサミでちょきっと切らなければなりません。
それもそのはず、ソーセージってそもそも腸詰めですから、作る過程においてはつながっているのですよね。
日本にいた頃は考えもしませんでした。

ソーセージ

アイルランドに旅行でいらっしゃる皆さんは、アイリッシュブレイクファストとして朝食でいただく機会があるかと思います。
食感は日本人になじみのあるものとだいぶ異なるアイルランドのソーセージ。私が今まで食べた中で一番おいしかったソーセージは、友人が自宅で手作りしたソーセージです。それも、彼が自ら育てた豚のお肉で作ったソーセージ。あれはおいしかったなあ・・・。

ちょっと昔まで、アイルランドの人々は自宅でソーセージを作っていました。お肉だけでなく、ハーブやスパイスなども好みで入れて、その家のソーセージの味というのがきっとあったはずです。

アイルランドのソーセージ。皆さんもぜひ試してみてくださいね。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.04.30 07:36|食文化/食事情
今年も畑のルバーブが大きくなってきました。
オーガニックの肥料をご近所さんからたくさんもらったのでこれを与えたら、見る見るうちに大きくなってきたのです。

ルバーブ2018

大きい葉のついた茎を選んで何本か切り取って使っても、数日後にはまた同サイズの茎が何本も生えています。
これはどんどん使っていった方が良さそうだわね。
とりあえず、私の定番ルバーブタルトを焼くことにしました。

ルバーブの茎をきれいに洗ってナイフで切りはじめると、その柔らかさに驚きます。
そして、土中から出てきたばかりの若い茎は惚れ惚れするような香り。いつまでも嗅いでいたい、幸せな香りです。

春のルバーブタルト2018 (7)

おいしそうにできました!
(レシピはこちらの記事に載せています→畑のルバーブでタルトを作る

春のルバーブタルト2018 (5)

ルバーブはその酸味が特徴ですが、春のルバーブは酸っぱ過ぎず、砂糖の甘みを邪魔しません。
ちょっと感動的なお味です。

春のルバーブタルト2018 (3)

ルバーブタルトは多くのアイルランド人たちにとってふるさとの味。母の味。
ディナーのあとのティータイムに、おいしいアイルランドの紅茶と一緒にいただくルバーブタルトは格別です。

アイルランドの気候はルバーブ栽培に最適のようですが、暑さに弱い植物とは言え日本でも栽培が可能のようです。和名はショクヨウダイオウ(食用大黄)。地植えで、プランターで、ぜひ皆さんもお試しを。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2016.06.13 09:32|食文化/食事情
北コークの小さな村で、毎年開かれているイベントがあります。インターナショナルフードフェアと言って、世界各国の料理を楽しむことができる数時間のイベントです。(過去の記事はこちら→「フードフェアに参加する」)

Kildorrery food fair 2016 (3)

この村の近くに住む私の親友、丸田瑠香さんに「一緒にやらない?」と誘われて早5年。
恒例となったイベントに今年も参加してきました。

このフードフェアは村の出身のダニーという男性が発起人で、地域に暮らす外国人たちに声をかけて各国の料理を作ってもらい、入場者たちに振る舞うことで異文化に触れてもらおうというとても良い企画です。入場料を払うとお皿とフォークをもらえ、各国のブースを自由に訪ねて食べ歩くことができます。

今年はお天気にも恵まれ、大勢の地元の人たちの入場がありました。行列ができてる!

Kildorrery food fair 2016 (4)

中は既に大賑わいです!

Kildorrery food fair 2016 (1)

どんな国が参加しているかというと・・
こちらはハンガリーの女性陣。伝統的な衣装が素敵です。

Kildorrery food fair 2016 (5)

リトアニアは毎年ワイワイと元気がいい!

Kildorrery food fair 2016 (6)

もちろんアイルランドもいます・・・。

Kildorrery food fair 2016 (7)

私たちの隣はいつも韓国の女性。アイルランドの田舎では絶対に味わえないおいしい韓国料理をもてなしてくれます。

Kildorrery food fair 2016 (11)

Kildorrery food fair 2015 (18)

ほかにも、スペイン、ポルトガル、ドイツ、エクアドルやヴェネズエラといった国々の姿がありました。
さて、日本代表の私たちの献立は毎年こんな感じです。

Kildorrery food fair 2015 (28)

この年は「日本食=魚」という固定観念を払拭すべく、和風ミートボールを作りました。

Kildorrery food fair 2015 (29)

意外に好評なのが、アンパン。パンだからアイルランド人にもなじみやすく、しかも甘いので60個のアンパンはいつも完売(?)です。

さあ、ジャパニーズフードと言えば、これを作らないわけにはいきません。

Kildorrery food fair 2015 (32)

SUSHI!!!
別に日本人が毎日寿司を食べているわけではないんですが、お寿司がないと「どうしてないの?」と非常に残念がられるのですから仕方がない。
お米を6合炊いて、今年は2種類の巻き寿司を用意しました。

ほらほら、さっそくお客さんが現れましたよ。
「Sushi, please!」

Kildorrery food fair 2016 (8)

中にはアイルランド人の典型というのか、「スシって魚が入ってるんでしょ?だめだめ、そんなものは食べられないよ」という人もいますね。そんなアイルランド人の特徴を心得た在アイルランド数年の私たち。今年はそんなアイルランド人にも優しい、照り焼きチキン入りのり巻きなるものも作ってみました。
これが案の定、大好評。ほらね!ほらね!

Kildorrery food fair 2016 (2)

2時間半のフードフェアは、あっという間に幕を閉じました。イベントの下準備から食事の支度まで、皆さん頑張りました。
お疲れさま!

Kildorrery food fair 2016 (10)

日本代表、来年もSushiを作って皆さんのお越しをお待ちしております・・!

Kildorrery food fair 2016 (9)

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2016.04.15 13:40|食文化/食事情
自分のブログを読み返していると食生活、とりわけ「ジャガイモ」に関する記事が多いようで驚きました。
アイルランドのソウルフード、ジャガイモの話
ジャガイモとアイルランド人
アイルランドの大飢饉の原因、ブライト
今年は豊作のジャガイモ
シンプルでおいしい、ジャガイモと西洋ねぎのスープ

数年前にアイルランド人の配偶者のいる日本の方と話をしていた際、こんなトピックで盛り上がりました。

夕ご飯に、ご飯(白米)、みそ汁、おかず数品、そこにジャガイモの煮込みなどを作って出すと、「ご飯とジャガイモを一緒に食べるのはおかしい!」とアイリッシュの配偶者から抗議される。

分かる分かる!!!私もまったく同じ経験ある!!
日本人にとってジャガイモはニンジンとかブロッコリーとか、ほかの野菜と同様に野菜の一つですね。だからジャガイモでおかずを作るのは当たり前です。煮物の代表格でもあるジャガイモは、ポテトサラダ、きんぴらなどにしてもおいしくて、どれも立派な日本のおかずです。

しかし。
アイルランド人にとってジャガイモは日本人のご飯(お米)に代わる主食です。
だから、ジャガイモをおかずにしてお米を食べるのはおかしい!というわけなのです。

なるほど、確かにアイルランド人配偶者たちの言っていることは正しくて、ジャガイモはお米やパスタ、パンなどと同様に炭水化物が多く含まれる食物ですね。
日本に住んでいた頃は、ご飯と一緒にジャガイモを丸ごと蒸したのにバターしょうゆをかけて食べたりしていましたが、この光景はアイルランド人に言わせると「邪道!」「どっちが主食なんだ!はっきりせよ!」ということのようです。

アイルランドに暮らし始めて12年目の今年。
最近は私もいつの間にかこのアイルランド人的ジャガイモ論に感化されて、ジャガイモはあくまで主食として食べることが多くなりました。それに比例して、和食はあまり作らなくなったなあ・・・。

アイルランドに来て間もない頃は、成人してからどこに暮らそうと、人は生まれつき慣れ親しんで食したものがいつまでも舌に記憶されると思っていました。が、最近は「そうでもないかも」と感じることも多いのです。
私の場合「日本料理vsアイルランド料理」という対立論ではなくもっと原点に近いところで、この土地で育つもの、手に入るものをシンプルに食べればいいんじゃないか、と思うのです。
これも、アイルランド田舎生活から得た食の道なのかもしれません。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2015.06.09 06:38|食文化/食事情
アイルランドのビールといえばギネスでしょう!
というのは、もちろん間違いではないのですが。アイルランドにはギネスしかない、わけではありません・・!
それどころか、アイルランドのパブに行くとそのビールの種類の豊富さに驚いたり、また意外にもハイネケンなど普通のラガービールを飲む人も多くて一気に「アイルランドのビール=ギネス」という神話がガラガラガラガラ~、と音を立てて崩れていきます。

本日は、そんなアイルランドのビールのお話。それも、地ビールのお話です。

アメリカから遊びに来ている友人たちを囲んで、我が家でホームパーティーをすることになりました。
「ビールもあるといいかなと思って、買ってきた」という夫が持ち帰ったビールがこちら。

アイルランドの地ビール (5)

左から、アイルランド、カーロウ州の地ビール、コーク州のキンセール、そしてダブリンのギネス社が出しているポータービール。

アイルランドの地ビール (2)

イングランドとスコットランドのビールも試しに1本ずつ。
さあ、飲み物と食べ物が揃ったらパーティーの始まりです。

home party with Beanies 2015 (44)

偶然にも、ヴィンスが手土産に持ってきてくれたのもアイルランドの地ビールでした。

アイルランドの地ビール (6)

こちらはキルデア州のビール。甘みのある美味しい赤のエールでした。

home party with Beanies 2015 (40)

こんな昼間っからお酒なんか飲んで・・・ということではないんですよ・・!アイルランドはこの季節、日がとても長いのです。こんなに明るくて、夜の9時に近いかな。

home party with Beanies 2015 (41)

ビールもいいけど、この夜はワインもかなり出ました。一番飲んでいたのは・・我が夫。そして夜が更けると家主は酔いつぶれ・・あなたねえ、ホストでしょう、ホスト・・・!!

home party with Beanies 2015 (4)

さあさあ、デザートを食べ終わったら音楽の時間です。
フィドル、ティンホイッスル、ブズーキ、アコーディオン、コンサーティーナという楽器で、親しい音楽仲間と奏でるアイルランドの伝統音楽。こんなに楽しい時間はありません。

home party with Beanies 2015 (11)

最後のショットは、アコーディオン3台(アコーディオン奏者3名)勢揃いの図。あまり見ない光景ですねえ。

パーティーが終わったのは夜中の2時過ぎでしょうか。おいしいご飯とお酒、おしゃべり、そして音楽。これらすべてを友人らと共有したあとは、いつもホクホクのなんとも心地よい気持ちになります。
そして、酔っぱらいの夫は誰にあいさつをするまでもなく、いつの間にかベッドへ消えていたことは言うまでもありません。こらー!

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links