FC2ブログ
2018.02.14 02:21|レシピ
マヨネーズが好きです。
甘くて酸っぱくて何とでも相性が良くて、こんなに抜群の調味料もないわよね、と思います。

マヨネーズは、何も考えずスーパーで買ってしまうものですよね。
メーカーさんによって色も味も少しずつ違って、皆さんお好みのマヨネーズがあるのではないかなと思います。

我が家はいつもマヨネーズ業界の定番ヘルマンズ。子どもたちのランチに、ディナーのサラダにと活躍する場の多いマヨネーズは、切らしてはいけない台所の必需品です。

そんなマヨネーズが、実は自宅で簡単に、それも数分でできてしまうことをご存知ですか?

それも、市販のマヨネーズとは比べものにならないほど美味なマヨネーズができるんです。
これは試さない手はありません。
私のようにマヨネーズをよく使う、マヨネーズなしには生きられない!という方は、どんなに忙しい生活をされていても、わずか数分でできるこの自家製マヨネーズをぜひ暮らしの中に。

レシピです。

******自家製マヨネーズ 材料******
卵黄 2個分
サラダ油 200cc
マスタード 小さじ山盛り1
白ワインヴィネガー 大さじ1
塩 ひとつまみ

自家製マヨネーズ (1)

①室温の卵をボウルに割り、泡立て器を使ってよく溶きます。

自家製マヨネーズ (8)

マヨネーズ作りは卵が命。なるべくオーガニックの新鮮な卵を使いましょう。
我が家の卵はもちろん庭のニワトリたちが生んでくれた卵です。

自家製マヨネーズ (9)

②塩を投入します。塩加減は少なめにして、最後に味見をする時に調整しましょう。塩投入後もしっかり溶き続けます。

自家製マヨネーズ (6)

③サラダ油を足します。少しずつ流し入れるか、心配な方は数滴ずつ入れていってください。一気に投入すると分離してしまうことがあるので、焦らないことが肝心です。泡立て器で溶き続けることを忘れずに!しばらくこれを繰り返していくと、だんだん重くなってマヨネーズらしいクリーム状になってくるのが分かるはずです。この段階になれば足すサラダ油の量を多くしていっても大丈夫です。

自家製マヨネーズ (4)

④マスタードとヴィネガーを入れてしっかり混ぜ合わせます。すりおろしたニンニクやミックスハーブ、アンチョビのオイルを少し入れてもおいしいそうです。

⑤冷蔵庫で冷やしてできあがり!

自家製マヨネーズ (2)

今回のこのレシピでジャム瓶いっぱいのマヨネーズができました。
ヘルマンズのマヨネーズよりもずっと黄色い、コクがあっておいしいマヨネーズです。

自家製マヨネーズは市販のものほど日持ちがしません。
私が見ていたページでは少なくとも1週間は大丈夫、と書いてありました。

この量を1週間で使い切るのは大変かも・・という方は卵を1個にして、ほかの材料も半分にして作ってみるとちょうどよいかもしれませんね。
そうでなければ、週末にお友だちを呼んでディナーというのはいかがでしょう。同量のマヨネーズを作ってディップとして出せば、ちょっと贅沢なトッピングになりますよ。

マヨネーズのレシピはインターネットで調べるとたくさん出てきます。ぜひいろいろと試してお好みの自家製マヨネーズを見つけてみてくださいね。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.11.02 00:33|レシピ
昨日はハロウィーンでしたね。皆さんはどのように過ごされましたか?
本日11月1日はアイルランドでは諸聖人の日。今週いっぱいは子どもたちもハロウィーン休暇で学校がお休みです。

今年のハロウィーンでは、我が家は早々にカボチャをくり抜いて玄関先に飾り、毎晩ロウソクを入れて楽しみました。

ハロウィーン2017 (3)

ハロウィーンにはナッツを食べる習慣があるので、昨夜はピーナッツをオーブンで軽くローストして家族で食べ、子どもたちはコスチュームを着て近くの町村に友だちと出かけ、Trick or Treating。バッグにいっぱいのお菓子を持ち帰ってホクホクです。暗くなってからはパットさんが家の裏に焚き火をこしらえてくれたので、火の回りに座って近所の子どもたちと過ごしました。

さて、ハロウィーンと言えば不定期便でも以前ご紹介したことのあるバームブラック(Barm Brack)と呼ばれるフルーツケーキを食べるのが恒例です。(過去の記事→「ケーキの中の指輪」)

記事のタイトルにもある通り、このケーキには指輪を入れます。

バームブラック2017 (11)

ほら、スーパーで売られるバームブラックにも「メタルリング」の表示がありますよ。

今年もお店で買ったり、友人からの手土産でいただいたりしたバームブラックですが、今回初めて自分でこの贅沢なケーキを焼いてみよう!と思い立ちました。というわけで、今日はバームブラックのレシピをご紹介したいと思います。

******ハロウィーンの伝統菓子バーブブラック(Barm Brack) 材料******
レーズン、サルタナ、カレンツ 各100g(計300g)
紅茶(冷ましたもの) 200ml
ウィスキー 50ml
薄力粉 220g
ベーキングパウダー 小さじ2
ブラウンシュガー 120g
ミックススパイス 小さじ1
卵 1個
指輪(飾りのない安価なもの!)

①まずはケーキを焼く前日の夜、ドライフルーツをボウルに入れて冷めた紅茶とウィスキーを注ぎ入れます。こうして一晩漬けておきます。紅茶とウィスキーというところが、いかにもアイルランドらしいですね。紅茶はもちろん、アイルランドのバリーズティーで作りました。
バームブラック2017 (8)

②翌日。薄力粉、ベーキングパウダー、ブラウンシュガー、ミックススパイス、卵をすべてボウルに入れます。
バームブラック2017 (6)

③木べらなどで丁寧に混ぜます。ややドライな感じがしても心配無用、この後に入れるフルーツにたっぷり水分が含まれています。
バームブラック2017 (5)

④いよいよフルーツ投入です!生地が一気にベトッとしてきます。やや重いぐらいの生地が理想的です。
バームブラック2017 (4)

⑤どうしても水分が足りないと感じたら、フルーツを取り除いた後の紅茶とウィスキーのミックスを少し足してみてください。
バームブラック2017 (3)

⑥おっと、忘れるところでした。ちゃんと指輪も入れてくださいね!
バームブラック2017 (9)

⑦型に流し入れ、170℃のオーブンで1時間じっくり焼きます。
バームブラック2017 (2)

⑧完成です。しっとりモイストでどっしりとしたフルーツケーキ、バームブラックはティーブラック(Tea Brack)、ティーケーキ(Tea Cake)などとも呼ばれます。
バームブラック2017 (1)

市販のバームブラックに比べ、こちらはスパイスがたっぷり、フルーツがどっさり入っているので非常に贅沢な風味です。

バームブラック2017 (12)

あっ、リング見~つけた!見えるかな、スライスの底の部分にあります。

バームブラック2017 (15)

リングが当たったのは遊びに来ていた友人の息子ルーク。アメリカ育ちのルークは「で?指輪があたるとどんな意味があるの?」と素朴な疑問。パットさんに「一年以内に結婚するっていう意味だよ、おめでとう!」とからかわれていました。ちなみにルークは15歳です。

バームブラックはハロウィーンにまつわる焼き菓子ですが、季節を問わずおいしくいただける紅茶のお供です。スライスしてバターを塗って食べてもおいしいですよ。
皆さんもぜひ試してみてくださいね。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.07.25 08:49|レシピ
6月の大半を日本で過ごしたせいで、今年はあやうくニワトコの花(エルダーフラワー)の季節を逃してしまうところでした。
シャノン空港からの帰り道、花の咲き具合を無意識のうちに目で追っている私。ああ、やっぱりもう全部終わっちゃってるかなあ。

ところが、やや標高の高い我が家に戻ってくると、家の周囲にちらほらとまだエルダーの花が残っているではありませんか。
涼しいところに住んでいてよかった!
さっそくバスケットを手に花を摘みました。

エルダーフラワー2017 (1)

本日は、私が毎年作っているおいしいジャムの一つをご紹介します。
その名もRhubarb & Elderflower Jam

畑で元気に育つルバーブのジャムは定番ですが、ここに6月の花エルダーを加えることで、それはそれは美しい香りのおいしいジャムが完成します。一度作ってから虜となり、毎年数瓶必ず作っています。
ルバーブとエルダーフラワーが手に入る皆さんは、ぜひお試しあれ。

まずは家の裏の畑でルバーブを収穫します。

ルバーブ2017

******ルバーブ&ニワトコ(エルダー)の花のジャム 材料******
ルバーブ 500g
ニワトコ(エルダー)の花(大きなヘッド) 5つ分
砂糖 500g
レモンジュース 1個分

ルバーブとエルダーフラワーのジャム (9)

①ルバーブはきれいに洗って1‐2センチの長さに切る。エルダーの花はなるべく花の部分だけを茎から取る。

②ボウルを用意して、ルバーブ、エルダーの花に砂糖を加えてまんべんなく混ぜる。

ルバーブとエルダーフラワーのジャム (5)

③ふきんや蓋などでボウルを覆い、暖かい場所に24時間置く。翌日、ボウルの中がシロップ状になっているはず。

④鍋に移し、レモンジュースを加え、ゆっくり加熱して砂糖を完全に溶かす。

⑤ルバーブに十分火が通り柔らかくなるまで弱火で調理する。30分ほど。

ルバーブとエルダーフラワーのジャム (6)

⑥一気に強火にし、ぐつぐつと沸騰させる。10分ほど。

⑦煮沸消毒した瓶に詰めて出来上がり!

ルバーブとエルダーフラワーのジャム2017 (3)

我が家は朝食がパンなので、毎朝数種類のジャムが並びます。ルバーブとエルダーフラワーのジャムは、我が家の夏の定番ジャムです。

ルバーブとエルダーフラワーのジャム2017 (1)

さて、これはエルダーの花が散ったあと。

エルダーフラワー2017 (2)

秋にはきれいな紫色の実をつけ、これもお料理に使います。


Erika Moc O'C @Twitter
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2016.01.31 00:01|レシピ
「今日の料理」の時間です。
雨の多いアイルランドの冬ですが、今年は例年に増して雨、雨、雨。
それに加えて強い風に吹かれると、体が芯から冷え切ってしまう。
そんなアイルランドの冬にぴったりな料理が、シチューです。

手軽に作れて、たくさんおかわりができて、体もポカポカになります。

中でも定番中の定番は、ギネスビールを使ったビーフシチュー。
レストランなどのメニューにもよく見かけるギネスシチューは、家庭でも簡単に作れるいわゆるコンフォートフードです。

このコンフォートフードという名称、英語ではComfort Foodと書きますが、心も体もほっと温まるシンプルな料理によく形容される言葉です。転じて、皆から愛される定番の料理や子どもの頃を思い出すような母の味にも例えられます。

さあ、アイルランドのコンフォートフード、作りましょう。

ギネスのシチューであったかディナー (24)

☆☆ビーフとギネスのシチュー 材料☆☆
牛肉(肩ロース) 400g
玉ねぎ 1個
にんじん 2本
セロリ 2本
にんにく 2個
バター 大さじ2
ビーフベースのスープストック 150ml
ギネス 1缶(500ml)
ベイリーフ 1枚
塩&こしょう 適宜
小麦粉(オプション) 30g

牛肉はやや小さめの一口大に切りました。調理時間の長いシチューなので、切り方を変えても火が通らないという心配はありません。この辺りはお好みで良いのではと思います。
玉ねぎとセロリは粗くみじん切り、にんじんはコロコロしているとおいしいので大きめの乱切りに。にんにくは薄くスライスします。
オプションの小麦粉は、シチューにとろみが足りない時に使います。シチューの水分をカップなどに必要分移し、小麦粉を溶かし入れます。鍋に戻し、全体に行き渡るよう混ぜます。私は結局使いませんでしたが。

ギネスのシチューであったかディナー (23)

手始めは牛肉。分量のバターの半分(大さじ1)を溶かした鍋に牛肉を投入、赤みがなくなるまで火を通します。

ギネスのシチューであったかディナー (20)

牛肉を一度鍋から別皿に移し、同じ鍋で今度は野菜をこれまたバター(残り=大さじ1)で軽く炒めます。

ギネスのシチューであったかディナー (18)

牛肉を鍋に戻します。ここでにんにくも一緒に投入します。

ギネスのシチューであったかディナー (17)

具がまんべんなく混ざったら、続けてスープストックを入れます。
さあ、そしていよいよギネスビールの登場です。とくとくとくとく。一気に全部流し込みます。ブラウンのクリーミーな泡がおいしいシチューを約束してくれているかのよう・・!
ベイリーフを入れて、軽く塩こしょうをします。

ギネスのシチューであったかディナー (12)

弱火で1時間半ほどしっかり煮込みます。
シチューなどの煮込み料理には、やはりキャストアイロン(鋳鉄)の鍋が活躍しますね。大きめのものが一つあるだけでとても便利です。

ギネスのシチューであったかディナー (5)

煮立てずにじっくり火を通していきますが、途中で必ず味見をしてください。もしギネスの苦みが後味に残るようなら、一度火を強くして数分ぐつぐつと煮立たせ、アルコール分をとばします。苦みが消え、すっきりした味になります。

ギネスのシチューであったかディナー (3)

水分がかなりとびました。もう一度味見をして、塩加減をお好みに調整すれば完成です。
今夜は自家製のソーダブレッドと一緒にいただきます。

ギネスのシチューであったかディナー (2)

ビールの入ったシチューですが、意外にも子どもたちには好評。ギネス独特のコクがしっかり効いた、とってもおいしいシチューです。皆さんも、この冬ぜひお試しあれ。

さて、こちらはおまけの写真。

ギネスのシチューであったかディナー (7)

ギネスビールは、缶で買うと中にこんなボールが入っていますね。クリーミーな泡を作るためということですが、シチューを作っている時に我が子どもたちはすぐに異音に気がつき「何か入ってる!見せて!」と騒ぎました。
開けてみると、こんなプラスチックのボールなんですね。初めてちゃんと見たかも。
ちなみに、ギネスは管理の行き届いた良質のパブで飲む樽のビールが一番おいしいですが、家庭で楽しむ場合は缶よりも瓶のほうがおいしいですよ・・!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村


アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2016.01.12 00:04|レシピ
パスタのトッピングやスープなど、何かと役立つドライパセリ。皆さんのご家庭にもありますでしょうか。
アイルランドでもいろいろなメーカーからこんな小瓶に入ったドライパセリが販売されています。

ドライパセリ

でも、よく考えてみるとドライパセリってパセリを乾燥させたものですよね?ええ、その通り。
それなら、もし大量の新鮮なパセリが自宅にあったら、これを乾燥させればいいのかな?ええ、まったくその通り。

パセリ2016 (1)

どうして良いやら分からないぐらい育ってしまったんですね、我が家のパセリ。
というわけで、乾燥させて保存してみることにしました。

ドライパセリ2015 (4)

低温のオーブンに入れて乾燥させる方法をよく聞きますが、我が家はちょうど薪ストーブを使う時期だったのでトレイの上にパセリを乗せて、ストーブの熱を利用することに。

少しでも水分が残っていると、瓶詰したあとにかびてしまいます。
気がついたら手でひっくり返して、まんべんなく、パセリがぱさぱさになるまでしっかり乾燥させます。
ドライパセリ作り、手間もかからず簡単でした。

パセリだけでなく、ローズマリーやバジル、オレガノ、タイム、セージなどハーブが一株でもあれば、葉っぱをとって乾燥させ保存ができます。
私は赤じそもやってみました。

ドライしそ2015 (3)

ご飯に混ぜたりドレッシングにしたりと、意外に便利なドライ赤じそ。
自家製のドライハーブは、お料理に使う時にもささやかな満足感を与えてくれます。こんな小さな幸せも、大切にしたいなと思います。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links