FC2ブログ
2018.04.04 21:45|アイルランド人
先日とある人気トーク番組を観ていたら、元アイルランド代表のラグビー選手ドナカ・オカラハン(Donncha O'Callaghan)がゲストで出てきました。ユーモアたっぷり、子ども番組も担当するアイルランドの人気者です。



トークの中でとても面白いエピソードを紹介しており、思わず笑ってしまいました。

「イングランドで仕事をしていると、やっぱりアイルランドが恋しくなりますね。イングランドの人たちはいい人たちなんだけど・・・なんというか、どうもユーモアに欠けるんですよ」
「先日、(イングランド人の)同僚がホームパーティーをすると言うので呼ばれて行ったんですね。彼の奥さんがおいしそうなケーキ焼いてて、すごくいい匂いでね」
「で、僕のところにもケーキを持った奥さんがやって来て『おひとついかが?』って言うわけです」
「でもさ、アイルランド人だったら普通そういう場面で何て答えます?・・・『No thanks, I'm fine (いえ、結構です、ありがとう)』でしょう?!」
「そしたら、その奥さんどうしたと思う?ケーキ下げてとっとと行っちゃったんですよ!!!もう一回訊いてよ!って感じですよねえ!」

「ほんと、イングランドの人たちって僕たちとは全然違う人種の人たちですよね」とドナカ。

ケーキを誰かに勧めて「いえ結構です」と言われたら。それは「そうか、この人はケーキ要らないんだな」と言葉通りに受け止めればむろんそうなります。
しかし何ともやっかいなことに、アイルランドではそう簡単にはいきません。
じゃあどうすればいいの?どんな風に対応すればいいの?
こんな場面で一度断られたら、「そんなこと言わずに、ほら、どうぞ!」と強く押さなければいけません!更に言うと、アイルランド人はあなたのこの「プッシュ」を待っているのです。

何が起こっているのかというと、最初の「ノー」は遠慮の「ノー」なんですね。アイルランド人特有の控えめであること、礼儀正しくあることを良しとする国民性の表れなのです。
ドナカの例のように相手(=同僚の奥さん)がほとんど面識のない人である場合、これはよく見られるアイルランド人の態度です。
だんだんに親しくなってくればリラックスして本音も出るようになり、同じような場面で「本当は食べたいけど遠慮する」という演技も少なくなってきます。

No thanksはYes?2

YesかNoかはっきりしてよ!と思わず叫びたくなってしまう、このアイルランド人の曲折した返答。
彼らのカルチャーを知らない人は、このイングランド人の奥さんのようにケーキを下げてしまうことでしょう。そして、本当は食べたいと思っていたケーキをもらえなかったかわいそうなアイルランド人を置き去りにしていることにも気づきません・・・!
こればかりはこの国でアイルランド人と暮らしながら習得、トレーニングしていくしか手立てがなさそうです。

でも一番大事なのは、今相手と私との間にどのくらいの距離があるかということを見極めること。
アイルランド人は、これに大変長けています。

相手と私はどのような関係なのか、今どのような場面なのか、誰がホストで誰がお客なのか、貸し借りはないか、私は相手のことをどれくらい知っているのか、相手は私と友だちだと思ってくれているのか、回りに誰がいるのか・・・。

こうして自分の今ある立場をあらゆる角度から点検し、その場に最もふさわしい態度をとる。アイルランド人たちは無意識に行っているのでしょうが、これは実は非常に高いスキルを要する行為です。

アイルランド人のあまりにきめ細やかな神経の使い方には、日本人の私も時に唖然とします。
私の目に映るアイルランド人は、そういう意味で非常に社会性のある人たちです。自分の立場をわきまえている人たち、控えめで、相手との距離を常に慎重に測り、見極め、相手を困らせないよう細心の注意を払う人たち。

どこまで見習えるのかは未知ですが、人として、社会人として今でも学ぶことの多い日々です。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.02.08 00:44|アイルランド人
前回の「夫は生粋のエニス人」という記事に思いのほか反響があったようです。
今は冬だし畑仕事も少ない季節。もう少し、この国の人々について書いてみたいと思います。

クレア州の州都エニスの町の出身である夫のパットさん。ここから車で30分ほど行ったフィークルという村に暮らして云十年です。
付き合いのある私たちの友人は当然クレア州の人が多く、とりわけフィークル周辺、東クレア地域の人たちが中心です。
昔からパットと大変親しく、私にとっては親友の一人でもあるフィークル村出身のある女友だちがいます。彼女とパットはなんでも言い合える仲、時にはマナーの域を越えた発言もあったりと気安く付き合える友人です。

数年前のある夏のこと、パットが冬場に備えてポニーたちに食べさせるための干し草を作っていました。干し草作りというのはなんのことはない、芝草を刈って乾燥させるだけのことですが、刈ってから数日そのままにしておき、乾いてきたらフォークで一束ずつひっくり返して今度は反対側を乾かし、今度はそれを積んで干し草の山を作り・・と知恵と経験のいるスキルです。
すると彼女がにんまり笑って「パット、干し草なんて作れるの?やり方知ってる?」とからかいます。パットは「失礼な。昔ケリーの叔父たちのファームで散々手伝わされたし、何の苦労もないよ!」と切り返します。

すると彼女は冗談たっぷりに「本当~~?パットはタウニーなのに~!」と言うのです。

このタウニー(Townie)という言葉は一般的な英単語で、「町の人」「都会人」という意味です。
パットはエニスの出身なので、(田舎の男性たちのようには)農業のことなんて知らない、釘も打てなければチェーンソーも握れないでしょう!とこの友人はからかっていたのでした。

都会人がタウニーならば、田舎の人々は何と呼ばれるのでしょう?
アイルランドにはこれに対応した呼び名がちゃんとあって、カルチー(Culchie)と言います。
カルチーはアイルランド語が起源の言葉で、地方に住む人々のことを指します。

以前「ダブリンきらい?」という記事でも触れましたが、ダブリンの都市部の人たちのことは「イングランド人の回し者」という意味でジャキーン(Jackeen)と呼びますね。

これらの呼び名はいずれも他者を侮蔑的に表現した言葉です。

Killinaskully.jpg
(ティペラリー出身のコメディアン/俳優のパット・ショートによるアイルランド西部のカルチーたちを描いたコメディー「Killinaskully」)

カルチーは、実際のアイルランド人たちにとっては「田舎者」、「ゲーリックフットボールの選手やサポーター」、「保守的で洗練されていない人たち」、「アイルランド音楽などを聴いている人たち」、「ハーリング好きの人たち」、「ダブリンを除くアイルランド人たち」というイメージで使われているそうです。

一方でタウニーは「町の人たち」ですから、ダブリンやコークなどの都市部はもちろん、エニスのような小規模の町で生まれ育った人たちに対しても使われます。(但しダブリン市民にとってはエニスの町の人たちもカルチーなんでしょうね・・)
私たちの友人のように「DIYのできない、手を汚す仕事のできない人たち」という皮肉を込めて使われたりします。

さて、クレア州の地方に暮らす人々にとっては、とりわけエニス出身のタウニーたちに対してコンプレックスがあるとも言われます。
「ダブリン人とかよりエニス人の方が風当りが強いんじゃない?なにしろ自分の州にある町だからね・・」

タウニーはつらいわね。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.02.03 02:36|アイルランド人
夫のパットさんはエニスという町の出身です。エニス(Ennis)はアイルランド西部のクレア州(County Clare)にあって、この州の中では最も大きいいわゆる州都と言われる町です。といっても都市(City)ではなく大きな町(Town)ですね。バスや電車など主要な交通機関は通っているけれど、ショッピングセンターもなければデパートもありません。エスカレーターのある建物は町に一つ。一日あれば歩いて全部回れてしまう、ちょうどいい大きさの町です。

私たちはこのエニスの町から車で30分ほど東に出たところにある村に暮らしています。エニスの町はパットさんの実家もあるし、パットさんの働くミュージックショップも町中にあるので、毎週往復している最も身近な町です。

エニスの町

パットと一緒に町を歩くと、庶民の町としてのエニスの表情が見えてきます。パットは生まれも育ちもエニス、生粋のエニス人なのでまず知り合いに会わないことがありません。歩いているとすれ違う人すれ違う人と「Hello」、「How's it going」と声をかけ合います。「今のはマイケル。学校が一緒だったから」「さっきのはセリーン。昔同じ職場で働いてたんだよ」という具合ですね。

新しいお店の数々が並ぶストリートも、どのブロックを誰が所有してるとか、どの家族が誰に売った、ここは昔仕立て屋だった、このブティックのオーナーの弟はアメリカで教授になっててコンサーティーナを弾く、こことここのオーナーは昔こういうことがあって仲が悪い、などなど、町の隅々までを知り尽くしています。
エニスの実家ではパットの母、弟たち、甥っ子などが出入りするたびにローカル情報が飛び交います。
エニスの町の冠婚葬祭情報はもちろんのこと、町の変化、人や家族の噂話などタウンに関するあらゆる情報を網羅しているようです。
「フェアグリーンのフォックス家のお母さん、今入院してるんだってよ」「あ、聞いた、オーストラリアに住んでる息子が今それで帰ってきてるでしょ」とか、「マリオンアヴェニューのマーク・ライアン覚えてる?ずっとアルコール中毒だったけど今リムリックの施設で療養してるんだって」「そうなの~、でもあれは父親の影響だよ、覚えてる?ドミニク。昔は荒れ放題だったからねえ」

町中のパブは観光客向けに商売をしているところが多いですが、一方で地元の人しか行かない、ローカル色の強いパブもしっかり残っています。その一つのパブに最近顔を出すようになったパットさん。
「ギネスが格別においしいんだよ。町の中でナンバーワンかも・・」と目を輝かせるパットさん。
でもこのパブに足しげく通う理由はもう一つあるようです。
「このパブに行くとさ、みんなエニスの連中なんだよ。僕も彼らがどこの誰か知ってるし、彼らも僕のこと、僕の家族のこと、みーんな知ってるんだよね。やっぱりエニスは僕の町だからさ、なんかこう・・妙に落ち着くんだよね」

普段は保守的なことをめったに言わないパットさんですが、ホームタウンとはそういうものなのでしょう。
例え大人になってから同じ場所に20年、30年住んでも同じ結果は決して得られません。それどころかいつまでたってもよそ者なんですね。同じ州の出身であっても、同じアイルランド人であっても、その地元の人たちの目に見えない輪の中に入れてもらえることはありません。「地元の人」というのはそういうものなのですね。

もう長いことダブリンに暮らすマイクという名のパットの友人がいます。この人もまた生まれも育ちもエニスの人、パットとは小学校時代の同級生です。
マイクが遊びに来ると、二人のエニス人は町のことをずっとしゃべっています。あの人がどうした、この店がどうなる、昔はこうだったといったことを、いつまでも。何時間でもしゃべっています。

まあ、マイクが寝る時しか口が止まらないほどのおしゃべりということもあるのでしょうが、同じ町で生まれ育った切っても切れない絆というのか、強い仲間意識があるのですね。

これこそ真の町の人。生粋のエニス人。

エニスの町を歩いているとさまざまな言語が聞こえてきます。
イングランド人、アメリカ人、アフリカ系移民の人たち、ポーランドなど東ヨーロッパの人たち。はたまたダブリン人、北アイルランド人、リムリックやティペラリーといった隣州の人たち。アイルランドの同じ規模かそれ以上の町はどこもそうかと思いますが、とてもコスモポリタンです。

でも、どんな町にも村にも本当の「地元の人たち」がいる。マイクとパットの会話を傍らで聞いていると、この町はエニスの町の人たちが所有しているような錯覚に陥ります。この人たちの存在なくして勝手にこの町を語れないというような、よそ者の想像を超える彼らのホームへの愛着を感じるのです。

地元意識の強いことで知られるアイルランド人。
きっとこれが、アイデンティティーというものなのでしょうね。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.07.15 09:35|アイルランド人
娘の音楽イベントに付き添って、クレア州の北部にあるキルラッシュという町まで行ってきました。私が親しくしているフランス人の女友だちも一緒に行きたいということで、3人で車に乗りこみます。

帰り道のおしゃべりの中で「アイルランド人がするウィンク」の話でたいそう盛り上がりました。友人は「それってもしかしてあれ?ときどき男性にやられるんだけど!」

そうそう、それそれ。
後部座席の娘に向かって「リラはできるよね、アイリッシュウィンク」とうながすと「出来るよ」と言ってデモンストレーションをして見せてくれます。友人は「やっぱり!それよそれ!不思議だな~、何か意味があるのかな~って思ってたの!」とのこと。

彼女曰く「フランス人はやらないわ」。アイルランド人の夫に訊くと苦笑して「ん~、まああれはアイルランド人特有のものだろうね」。

アイリッシュウィンク

そんなわけで、私は勝手にこれをアイリッシュウィンクと呼んでいます。
ウィンクといえば相手に何らかのシグナルを送るために片目を一瞬閉じることを言いますね。西洋の皆さんはよくやります。
アイリッシュウィンクは片目を閉じるだけでなく、ウィンクをするのと同時に顔を一瞬横にひねるのが特徴です。

これはアイルランド人特有のサインの一つで、「やあこんにちは」というカジュアルなあいさつであることが多いですが、男性が女性に対してすると「君、かわいいね!」という好意的な表現となることもあります。

我が夫も「ハロー」と言いたい場で男性にも女性にもやっているのを見かけます。が、夫が私に向けてこのウィンクをしたことは一度もありません。
親しい間柄ではやらないというのか、知らない者同士だったり、たまたまその場がうるさかったりして言葉であいさつできない時、相手が忙しくて声をかけられない時、ちょっと遠くにいる相手にあいさつしたい時などにやることが多いようです。

男性が多いですが、姓を問わず女性でもやる人がときどきいますね。
テレビのキャスターやプレゼンターなどが視聴者に向けてやることもあります。
私の大好きな天気予報士、ジェラルド・フレミング(Gerald Fleming)氏は、ここ数年こそテレビには出てきませんが、昔はよくニュース番組のあとに天気予報を担当していました。彼はこのアイリッシュウィンクの達人(!)で、予報の終わりによくやってくれていました。
この動画でも、天気予報を言い終えたジェリーさんが「バイバイ」と言うのと同時にアイリッシュウィンクをしています。ほんの一瞬ですのでお見逃しなく!



私が村のよろず屋でパートの仕事をしていた頃は、よく男性のお客さんからこのウィンクをもらったものです。
そして今日。
タラの町の坂道を車で下っていたら、前方から電動車椅子に乗った老人が車道をのぼってきます。80歳前後の男性でしょうか。
すると、すれ違いざま首を軽く振って「ぱちっ」!

娘が「ああっ~、今の人ママにウィンクしたー!」

アイリッシュウィンクに年は関係ないもんね!
どんな場合でも好意的な気持ちを表すものなので、皆さんもアイルランドでぜひ発見してくださいね。


Erika Moc O'C @Twitter
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2016.10.03 19:49|アイルランド人
日曜日にゲーリックフットボールの決勝戦が行われ、今年もダブリンが優勝を果たしました。
決勝戦まで幾度となく這い上がるものの優勝を逃し続けているメイヨー(Co. Mayo)をまたしても破り、2年連続の優勝を遂げたダブリン。新聞などのメディアではもちろんトップニュースで報道され、ダブリン州の旗であるブルーがよく目立ちました。

ダブリンきらい?

さて、去年ダブリンがケリーを破って優勝した時もそうでしたが、アイルランドで「ダブリン vs ○○」という大きなゲームがあると必ず不思議な現象が起こります。例えば今年は「ダブリン vs メイヨー」だったのに、これがいつの間にか「ダブリン vs そのほかのアイルランド地域」になっているのです。あくまで国民感情としての話ですが。

ダブリンはアイルランドの首都、ということは誰しもご存知と思いますが、ダブリン市はダブリン州、County Dublinの州都でもあります。130万人以上の人口を抱えるダブリン州。アイルランド共和国の全人口のうち、ゆうに4分の1以上がダブリンに住んでいることになります。

政治や社会、音楽、アート、ファッションなどなど、最先端のものはすべてがダブリンを中心に回っているかのようなアイルランド。
ダブリンに暮らす人々には感じにくいかもしれませんが、地方の人間にとってダブリンはそんな風に映っているようです。

伯母が結婚してダブリンに住んでいるとか、息子がダブリンの大学に行っているとか、ダブリンは地方の人々にとっても重要な都市です。ダブリンに親戚のいないアイルランド人はいないのではないでしょうか。それなのに、ダブリン人と地方に暮らすアイルランド人の間には、途方もない距離感があるようなのです。

地方のアイルランド人たちがダブリン人をけなしていう呼び名があります。その名も「Jackeen(ジャキーン」。
これはJack(ジャック)という男性の名から来ている俗語で、スラングの一種ですね。ジャックはイングランド人の総称で、それに「小さな」という意味の「~een」をつけて「ミニチュア版イングリッシュ野郎」というような意味になります。ひどいですね~。
歴史的にも文化的にもダブリンはアイルランドで最もアングロ化(イギリス化)していることから来ている言葉のようです。ダブリンの人の様子を見ていてもこの傾向はうかがえて、これが地方の人々がダブリン人を「自分たちと違う人間」と意識する理由のようです。
実際私の身近にいるアイルランド人(地方人)がダブリン人たちのことを「あいつらはアイリッシュじゃないからな!半分ブリッツ(イングランド人をけなして言う呼び名・・)みたいなもんなんだから!」と言っているのを聞いたこともあります。うわー、大変大変。

「ダブリンに住んでるからってアイルランドを知ったような顔するなよ!本当のアイルランド精神はアイルランドのカントリー(地方、田舎)にあるんだからな!」と思っている地方のアイルランド人は多いはずです。まあまあ、おさえて!

そんなわけで、前述のダブリン対メイヨーのゲーリックフットボールの試合は、こんなアイルランドの地方人たちの感情を反映していたのですね。「ダブリンに勝たせてなるものか!メイヨー、俺らの分まで頑張っておくれよ!」と。
ちなみに、JackeenはダブリンのGAA(ハーリングやゲーリックフットボールなどの国技を統括する組織)の選手たちとそのサポーターを総称する際にも使われるそうです。悪意があるのかないのか・・・。

ダブリンきらい? (2)

ダブリンへのコンプレックス。一言では例えようのない複雑なものがあります。
アイルランドという国は小さいですが、一歩国の中に入りこむといろいろあるものです。くわばらくわばら。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links