FC2ブログ
2021.06.18 07:09|アイルランドで子育て
もう一つ、ミルクの話をしましょう。
4月で1歳になった我が家の3児、ダロックくん。授乳の回数も自然と減ってきて、そろそろほかのミルク、牛乳などを飲ませはじめてもいい頃だなあと思っていました。

近所の有機農家さんから直接買っている生乳は、煮沸消毒をしていません。念のため、モーナに「赤ちゃんダロックにこの牛乳飲ませても大丈夫だよね?」と訊いてみました。

「Yes, もちろんよ!」

「でもね、ヤギのミルクのほうが消化しやすいよ」

おお!そうでした、そうでした。牛のミルクよりもヤギのミルクのほうがお腹にやさしく、特に赤ちゃんにあげるのに適しているという話は以前にも聞いたことがあったのです。実際に、4人の子どもを育てた私の義姉もヤギのミルクをスーパーで買って、子どもたちに飲ませていました。そう、アイルランドではヤギのミルクがちゃんと商品化されてスーパーの棚に並んでいるのですよ。

ゴーツミルク&ヨーグルト

ヤギのミルクでできたヨーグルト、子どもたちが小さかった頃はよくランチに持たせていましたっけ。

そんなわけで、牛乳を買いに行ったついでに、今度はヤギのミルクも一瓶購入してきました。牛乳とはだいぶ違うお味なので、ダロックくんどうかなあ。拒否されるかなあとも思っていたのですが、杞憂に終わりました。

ぐびぐびぐびぐび。

ヤギのミルクで子育て (1)

皆さんはヤギという動物のにおいをご存知でしょうか。数メートル先からにおう、人によっては鼻につくと感じる強烈なにおいです。ヤギのミルクにも、この独特の風味があります。ヤギのミルクで作ったチーズなども、好みの分かれる食品かもしれませんね。
ヤギのミルクと聞くと「ああ私は飲めない!匂いがダメ!」という反応をする人が多いのですが、私の近所の農家さんのヤギのミルクは、不思議とこのくさみがありません。ミルクが新鮮であればあるほど、この独特のにおいはマイルドなのです。
ちなみに、牛のミルクのほうが甘みがあるそうですよ。

これがミルクの提供者さんたち。

ヤギのミルクで子育て (2)

ありがとう~。
この農家では、朝と夕方にヤギのミルクを手搾りしています。そういえば、昔こんな記事も書きましたね→「ママ、ヤギの乳しぼりで遅くなるから」
私の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」でも触れています。

我が家は、幸いなことに夫パットも私も、また上の子どもたち二人も食物アレルギーがありません。ダロックくんも今のところ何の問題もなく何でも食べてくれる赤ちゃんで、ホッとしました。
食物アレルギーにならないように、小さい頃から何でも食べさせるといいのよ。特定の食品を与えないとか、ある食べ物や飲み物を過多にあげるのもよくないのよ。私の信頼する、自然食に詳しい友人からもらったアドバイスです。

これからしばらく、このヤギさんたちのお世話になりそうです。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2020.07.14 22:27|アイルランドで子育て
「赤ちゃん用のグッズをもう一度買い直さないといけなかったんじゃないの?」と、ときどき訊かれます。
でも実は私、バギーやカーシート、ベビーベッドだけでなく、ベビー服の1枚1枚まですべてとっておいたのです。
頭のどこかで、いつか必要になるかもしれないという思いがあったのかもしれません。

安定期に入ったある日、意を決して屋根裏にしまってあったこれらを引きずり出し、一斉に整理することにしました。まずは服を男の子と女の子に分別。さらに月齢別に分けて、分かりやすい場所に収納しました。どの服にも見覚えがあって、「ああこの服よく着せたなあ」などと懐かしくなり、そのたびに手が止まります。

赤ちゃんはどんどん大きくなるので、あっという間に服が小さくなり着れなくなりますね。数回しか着なかったような服も多く、状態のいい服ばかり。とっておいたベビー服のおかげで、4月に生まれた3人目の赤ちゃんには、服を1枚も買いませんでした。
そんなのかわいそう!と思われる方もいらっしゃるのでしょうか。

でも正直なところ、私にとっては新しい服を買い与えるよりもリラとショーンのおさがりを着せてあげることにずっと幸せを感じます。
インナーなどはリラが来ていた女の子用のものしかなかったりして、「ま、いいわね!」と大らかにこれも着せています。きっとショーンにもこのピンクのインナーを着せていたんだろうな・・。

おさがり (1)

リラが生まれた時に母が送ってくれた日本の育児雑誌の中に、忘れられない読者投稿がありました。「義母が、夫が子どもの頃に来ていた服を引っ張り出してきて迷惑。こんなの我が子に着せないって!」というものでした。
心に刺さるようなとげのある口調に読んだ私まで傷ついた気持ちになり、よく覚えているのです。この読者さんと姑さんとの関係は私には分かりませんが、私だったら泣いて感激するのになあ。息子が赤ちゃんの頃に来ていた服を捨てられずにとっておいたお母さんの気持ち。すごくあたたかくていいなあと思うのですが。

山ほどあるベビー服の中で私が買ったものはほんの少し。多くは出産のお祝いにもらったものです。そして、誰かからもらったおさがりの服もたくさん入っています。つまり、誰かのおさがりをリラやショーンが着て、それを今また着せているのです。パットさんのいとこの息子さんが着ていた服や、友人の友人からまわってきたおさがりのおさがり。これで十分だなあと思います。

おさがり (2)

これは新生児の頃によく着せたボディースーツ。シンプルな無地のパイル生地が、抱っこをしていても気持ちよくてお気に入りでした。誰からもらったのかな。もはや知る由もありません。

ベビー服は、これでいい。これがいい。
さあ、明日は何を着せましょう。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2020.06.11 05:06|アイルランドで子育て
アイルランドでは、プレゼントとカードを持った友人知人が赤ちゃんの生まれたお宅を訪ねる習慣があります。時間や日取りの決まっていない、突然の訪問客たち。娘のリラが生まれた時は第一子ということもあってかそれこそ連日、入れ代わり立ち代わりに地域に暮らす人々がお祝いをしに訪ねてきてくれました。新しい家族ができることは、その家族だけのプライベートなイベントではありません。地域にとってもまた、新たに加わるメンバーの誕生です。そして何より、家族を大切にするアイルランドの人々にとって、赤ちゃんの誕生は最も喜ばしい出来事。友人をはじめ地域の人々がこんなに歓迎してくれることに、当時の私はずいぶん驚いたものです。

3人目の私の赤ちゃんが生まれたのは、コロナウイルス対策の真っただ中。一緒に住んでいる家族以外の人を訪ねることが禁止されていたので、今回はとても静かなものでした。それでも郵便や宅配便でプレゼントが届いたり、家の外まで来てくれていたらしい友人や地域の人々が我が家のレターボックスに投函してくれたカードなどを受け取りました。気にかけてくれるその気持ちが嬉しいですね。

さて、病院から帰宅すると真っ先に目に入ってきたのがテーブルに置かれたこれ。

出産祝いの贈りもの (2)

なあに?誰かからのプレゼント?なんだかウェディングケーキみたい!

出産祝いの贈りもの (4)

よく見ると、なんとこれ、紙おむつでできた「なんちゃってショートケーキ」ではありませんか!
クラフトの得意なご近所さんはいつも一風変わったアイディアを持っていて、これは彼女からの出産祝いの贈りもの。

1パックの紙おむつは贈り物にならないかもしれませんが、彼女は紙おむつを一つ一つくるくると丸めて毛糸で結び、さらに段ごとにリボンで束ねてケーキの形に仕立てたのだそう。さすが!

そして、ケーキの上に載っているのは彼女がかぎ針で編んだタコのぬいぐるみ。

出産祝いの贈りもの (3)

これはあとから彼女に聞いた話ですが、タコのぬいぐるみを未熟児の赤ちゃんにあげる習慣がヨーロッパにはあるそうなんですね。デンマークが発祥で、タコの足がへその緒を連想させることから、ママのお腹の中にいる時のような安らかな気持ちにさせてくれるという思いをこめているのだそう。へえ、おもしろい。
ま、私の赤ちゃんは未熟児どころかずいぶん立派な体重で生まれてきましたけど・・。

数日後、今度はまた違う近所の家族が「本当は訪問しちゃいけないことは分かってるんだけど・・」と言って、赤ちゃんを見に来てくれました。大歓迎、大歓迎。

こちらの家族からいただいたのはなんとこれ。

出産の贈りもの (1)

「これね、うちの羊をイーヴィーがラグにしたもの。ふわふわで気持ちいいから使ってね」

なんて素敵な贈りものでしょう。動物から毛皮を作る技術はとても難しいですが、まだティーンエイジャーのイーヴィーは自分の家のヤギや羊から毛皮作りに挑戦しています。

出産の贈りもの (2)

羊さん、大切に使わせていただきます・・・。

この家族からは、「これは出産を頑張ったエリカに」と言って、とってもきれいなスキンケアセットまでいただいてしまいました。出産祝いはどうしても赤ちゃんが使うグッズになりがちですが、こんな風に出産を終えたママをいたわってくれる気持ちもまた嬉しい。

赤ちゃんのお世話をしていると時間が経つのがあっという間で、気づけばもう生後2か月。
あっという間に大きくなってしまう我が子を見ながら、「もう少しスローダウンしてね。もう少し小さいままの赤ちゃんを楽しませてね」と懇願する私です。

出産祝いの贈りもの

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.09.11 21:19|アイルランドで子育て
「ソフィー!馬が来るから下がって下がって。私と手をつなごう」

数年前から参加し、毎月活動をしているガーデンクラブに行ってきました。日本から来ていた母も「面白そう、行きたい」と言うので、今日はみんなでシェアをするランチを二人分持って出かけることにしました。フィークルの村の反対側に暮らす家族が経営する、大農園での作業です。
普段はホストが希望する作業内容に合わせて、持参する園芸用具をあらかじめ言い渡されるのですが、そういえば今回は何も指示がない。手ぶらで行くのも落ち着かないので、念のため木製のハンドルがついた大きなフォークを車の後部座席に放り入れて家を出ました。

着いてみると、これからの3時間の労働に備え、ホストであるカップルの友人は既に畑に出ています。
「今日の主な作業はじゃがいも掘りだから、よろしくね」とのこと。

やっぱりガーデン用フォークを持ってきてよかったと思っていたら、「掘るのは私たちじゃなくて、今日はハリーたちが農耕馬を1頭連れてきてくれるのよ。芋掘りは馬に任せましょう」

しばらくするとホースボックスをけん引したハリーたちの車が到着、真っ黒の美しい馬トリッシャが優々と現れました。
まずは手作業でジャガイモの茎をすべて取り去ります。土の中に眠るじゃがいもを馬を使ってどうやって掘り起こすのか。この日参加したガーデンクラブのメンバーたちも興味津々。
私にはとても説明できないような馬具がいくつか取り付けられ、馬の後ろにはフレームのような大きな金具が引きずられています。トリッシャはただ歩くだけ。するとこの金具が土と擦れて表面を掘り起こすという仕組みです。
さほど大きくないじゃがいも畑を、馬とモーナが何度も往復します。そのたびに、土の中からはごろごろとじゃがいもが顔を出すのです。私たちは馬のあとに続いてこのじゃがいもを拾っていくだけ。なんと静かで優雅な芋掘りでしょう!

さて、私たちのガーデンクラブはすべて大人たちで構成されていますが、その子どもたちもときどき一緒にやってきては作業を手伝います。我が子どもたちも小さかった頃はよく一緒に来てくれたのに最近はすっかりご無沙汰で、ほかのメンバーの子どもたちもまた然り。10代になってくると日曜日の朝からの労働には付き合ってくれなくなるようです。仕方ないか。
ホストのカップルには4歳になる女の子がいて、この日はこの子が唯一の子どもメンバーでした。作業を手伝うというよりは私たちの周りをうろうろ、じゃがいもを入れるためのバケツに入りこんだり、誰かに話しかけたりして、そのチャーミングな笑顔を振りまいていました。

2015年ガーデンクラブ (3)

馬が前方からゆっくり近づいてくると、「ソフィー、ソフィー、ほら、私たちと一緒にこっちに来ててちょうだい」とみんなから声がかかります。「手をつなごう」と言われてもはにかんで体をくねくねさせるソフィー。すると、なぜか私の手はつないでくれました。そのあとも手を離さず、「あれを見に行こう」とか「ここに座って」などと言ってすっかり遊び相手だと思われているようです。
しまいにはお父さんに「ソフィー、今日はみんな仕事をしに来てくれてるんだから邪魔をしちゃだめだよ」とやんわり諭される始末。

私はソフィーが生まれる前からこのカップルと親しくしています。ほかのメンバーも同様で、ソフィーは誰もがよく知っている小さな女の子なのです。
ソフィーは女性メンバーに抱っこされて一緒に歌をうたったり、ハリーのところへ走っていって何か質問をしたり、今日初めて会ったであろう大人たちとも何やらおしゃべりしては一緒に笑い転げます。
一緒に行った私の母などは「ん?どの人が彼女のお母さんなの?」と最初は判別できなかったほど。
そんな光景を見ていて、「ああ、これはいいなあ」とつくづく感じました。これって、最も理想的で自然な子育ての環境ではないかしら。

もちろん、ソフィーにとっての教育者は両親。学校や親戚や近所の人ではなく、彼女を育てるのは彼女のお父さんとお母さんです。
でも、こんな風に子どもたちの周りにたくさんの大人がいればいるほど、子どもの世界は豊かになっていく気がします。
お母さんと一対一の子どもではかわいそうだし、お母さんも辛いはず。
世の中にはいろいろな人間がいる。いろいろな姿かたちの、いろいろな心を持った人たちがいることを、小さい時に肌で感じて知っている子どもたちは、強く柔軟です。
両親、祖父母や叔父叔母、いとこ、そのほかの親戚。それに両親の親しい友人たちや近所の人たち、学校のお友だちの親たちや地域コミュニティーの人々。そんな多くの大人たちが、それぞれの立場から子どもの成長をそれとなく見守っている、とでも言うのでしょうか。
目に見えない、緩すぎずきつすぎずのこうした人の輪は、子育てにも絶好の環境を作ってくれているようです。

力仕事のあとはお待ちかねの持ち寄りランチ。いつも通り、すべてベジタリアンの手作り料理が並びます。かぼちゃのカレーに玄米、グリーンサラダ、ズッキーニの塩もみ、新鮮なトマトと玉ねぎのサラダにモーナの自家製チーズ。
ソフィーも水でぐちゃぐちゃになった粘土をこねまわしては「どろんこスコーン食べる人~?」と盛んに私たちを誘ってくれたのでした。

望月えりか 初の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店で販売中
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.06.12 14:02|アイルランドで子育て
私は神奈川県横浜市北部の団地で育ちました。緑のあふれる住宅地で、子どもの頃は近所の子たちや同級生らと一緒に、自転車に乗っていろいろなところに行ったものです。親が付き添うなんていうことはもちろんなく、むしろ私たちがどこにいるかを知っている親は、当時いなかったのではないでしょうか。
小学校の後ろにあった、マムシの出る「裏山」。ナマズのいる池がいくつもある早野、竹林に入ってたけのこを見つけたり、おたまじゃくしやフナなどを川でたくさん取ってきて母に「これを一体どうするつもりなの」と怒られたり。秋には林の中に一本だけあった栗の木の下に栗がたくさん落ちていて、靴を履いた両足で器用にイガを外して持ち帰りました。

寺家町2012 (1)
(日本に帰省中、実家からほど近い寺家町にて)

私の世代は、初めて電子ゲームが登場した時代とも重なります。
ハドソン、ファミコン、スーパーファミコン、スーパーマリオにテトリス、ドラゴンクエスト。

そんなのも、親の許す限りの時間、やっていました。
でも不思議。今、こうして大人になってから自らの子ども時代を振り返ると、あんなに夢中になってやっていたゲームの内容はほとんど覚えていないのです。

それよりも、鮮明な記憶として刻み込まれているのは、外遊び。
それも、私にとっては自然の中で遊んだ思い出が、最もビビッドによみがえります。
きんもくせいの花の匂いやヤマモモの味、ぬめっとしたおたまじゃくしをつかんだ時の感触、カマキリの卵のふわふわ感、すすきの葉で作った切り傷が痛かったこと。
それほど活発な子どもではなく、むしろ家の中で遊ぶことが多かった私なのに、どういうわけでしょう。

hsuckle20105.jpg
(ハニーサックルの脇に座りこむ、幼き我が子たち)

今思えば、私の両親は弟と私に自然と触れる機会を実にたくさん与えてくれました。国内旅行先での海水浴や磯遊び、登山にキャンプ。小学校の夏休みには、毎年ほぼ欠かさず母の故郷である福島県の農村に遊びに行き、いとこたちと走り回っていました。

そんな子ども時代の思い出は、10代になり、学校が変わり、やがて成人する頃にはすっかり過去の記憶となっていたのです。
アイルランドに住みたいという欲も希望もまったくなかった私が、運命か、はたまた必然か、今こうしてこの地に巡り合い、私なりに根を張り、国は違えども大自然に囲まれた田舎で生活を送っています。

竹船遊び (1)
(パットさんがショベルで掘って作った池で、日本の母に教えてもらった竹舟を作って遊ぶ)

ここに暮らしていると、子ども時代の記憶がよみがえってきます。それはまるで、子どもの頃の一つ一つの経験が、今の私とつながっていくかのような感覚。時にはすっかり忘れていたようなこと、例えば福島のおばあちゃんが副業で蚕(かいこ)さんを飼っていて、離れの納屋でまゆから絹を取る作業をしていたことなどを、糸を紡いでいる時に思い出すのです。
畑の野菜を見ていてもそう、近所の農家の家畜の世話や、植物を観察していてもそう(英語から日本語にする作業は伴いますが)。

自分を作るもの。
私の栄養となり、糧となったものって、こういうことだったのかな、と思います。
私は親として、我が子どもたちに同じような栄養をあげられているかな。
そんなことを考えながら、子育てはまだまだ続きそうです。

望月えりか 初の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店で販売中
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と5人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links