FC2ブログ
2021.07.27 08:45|毛糸と私
皆さんこんにちは、お元気ですか。
久々の投稿となってしまいました、望月えりかです。アイルランドは数日前まで記録的な暑さで、なんと30度以上まで気温が上がりました。今日になってやっといつも通りの気候に戻り、雨が降り、20度前後まで気温も下がってくれました。ほっ。

6月のはじめに音楽仲間の友人マークから「Hi エリカ、2匹分の羊のウール用意してるからね!」というテキストメッセージをもらいました。内心、「ひえー、前回もらった原毛(フリース)、まだ全然紡ぎ終わってないな~」というのが正直なところだったのですが、せっかくのウールのオファーです。
それに、コロナウイルスによる規制がはじまってからパブでの音楽セッションがなくなってしまい、それ以来マークには一度も会っていません。すぐ近くの村に住むマークは肉牛農家ですが、数年前から羊も飼い始め、代々続く広い農場で自営農業をしています。

地元の羊のウールというのは、私にとって最も魅力的です。

いろいろな品種の羊の毛を紡いだり、豊富な知識と経験を持つ紡ぎの会のメンバーたちに教えてもらううちに、肉用の羊でも十分に良質なウールが得られることが分かってきました。
更には、同じウールでも紡ぎ方によって肌触りが違ったり、より柔らかな毛糸を紡ぐ方法を学んだりして、前よりも「紡ぐこと」への理解が深まったように感じています。

「ありがとう!そっちまで車で取りにも行けるけど?」
「次に会う時までキープしとくよ。いつかチューンできるといいよね」

という会話をした1か月後のこと。今夜村のパブで音楽をするから、もしよかったらウールを持っていくよ、という連絡をもらい、娘のリラを誘って母娘でペパーズという地元のパブに行ってきました。久し振りの夜の外出。久し振りのライブミュージックです。

霧雨が降ったりやんだりする涼しい夜、3人のミュージシャンたちはパブの外に設けられたパラソルの下でアイルランドの伝統音楽を演奏していました。
規制下で公な宣伝ができないということで、音楽の知らせをもらった人は一握り。音楽好きのよく知る顔ぶればかりで、まるでちょっと前までの日常が戻ってきたかのようでした。ギネスをグラスで2杯飲んで、シャノン空港で働いていた友人のロレッタとおしゃべりをしながら音楽を楽しみます。最高の音楽とお酒とおしゃべり。もうこれ以上何もいらないな~。
あ、でもウールはほしいんですよ。

ほろ酔い気分でいたところ、マークがフィドルを置いて「よし、そろそろ運送作業に入るか!」と立ち上がりました。音楽のために私を引き留めてしまっているのではと気にかけてくれたのです。いえ、早く帰りたいのに、なんて全然思ってもいませんのよ。

車から車へ、羊毛がパンパンに詰まったバッグを二つ運び入れます。
「マークの羊たちはサフォークだったよね」と確認すると、「今回のはね、サフォークとクランフォレストっていう品種の羊の交配なんだ」とのこと。クランフォレストという羊は、紡ぎの会のメンバーがつい最近話していた品種です。おお、これはちょっと楽しみ。

そんな宝物のような夜にもらってきた原毛のたっぷり入ったバッグのひとつがこちら。

マークのウール2021 (14)

これだけ見ても、ウールの良し悪しは分かりませんよね。紡げそうな部分を適当に見つけて、ウールをひと房取り出してみました。

マークのウール2021 (1)

触った感じはなかなかいい感じです!これは、予想以上にいいかも!
それに、このウールには何となく光沢がある。うーん、期待がさらに膨らみます。

今回は、毛の長さもちゃんと測ってみました。

マークのウール2021 (13)

5インチ強。決して長い毛ではないけど、ちょうど紡ぎやすい長さです。

この頃から好天が続いていたので、バッグから原毛を出し、広げてみました。

マークのウール2021 (12)

うわー!なんて大きなフリースでしょう!それに、藁や木の枝などの不純物もほとんど混入していない、きれいな状態の原毛です。マーク、偉すぎる!
羊にも個体差があって、フリース1枚のサイズは異なります。フリースのクオリティーも、その羊の性別や年齢、食糧、飼育環境や気候によって違ってくるのですね。

フリースをこうして広げてみると、羊の形になっているのが分かります。ここが首回り、肩、背中、後ろ足、しっぽという風に。これが分かると、これから始めるウールの分別作業(スカーティングSkirtingと言います)がとても楽になります。
1匹の羊のウールでも、部分によって質が違うのです。足の部分の毛は硬めだし、一般的には首や肩の毛は柔らかいそうです。

この特大フリースも、見て触ってみるとふわふわのところと明らかに毛が太いところがありました。
紡ぎの会のグループチャットで経過を報告しながらアドバイスをもらい、分別の仕事にとりかかります。
こんな風に原毛に本格的に向き合って仕分けをしていく作業は、私にとって初めての経験です。時間はかかっても、これも勉強のうち。

アイルランドのウールを使って、できるだけ柔らかい毛糸を紡ぎたい。

初めて紡ぎ車に触れたのは、2015年の冬の終わり。6年後の今、やっと私の目指したいものが見えてきた気がしています。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2021.07.02 08:31|毛糸と私
編み物好きが高じて、毛糸を自分の手で作ってみたい、紡いでみたいという夢が数年前に叶い、紡ぎ車を使っての糸紡ぎが私の日々の手仕事となりました。
私が紡ぐのは、いつも100%アイルランド産の羊やアルパカのウールです。食べ物と同じように、あらゆるものが地産地消であってほしいと思っています。

当然のことながら、動物の毛を刈ったものがウールですよね。羊やアルパカという動物は、一年に一度(品種やその国の気候によっては一年に二度)は毛を刈ってやらなければいけません。ときどき、オーストラリアやニュージーランドで群れからはぐれてしまった羊が数年ぶりに見つかったりしますが、どの羊も伸び放題のウールにおおわれ、時には命にかかわるコンディションで救出されます。

メリノ羊クリス
(オーストラリアで救出された、6年分のウールに埋もれたメリノ羊のクリス)

アイルランドでは毎年5月~6月が毛刈りの季節です。車を運転していると、もふもふのウールを刈られて一回り小さくなった羊たちが放牧されているのを見かけるようになります。
近所の有機農家を営む友人に、数年前から「毛刈りの日が決まったら教えてね。駆けつけるから」とお願いしていたのに、いつもタイミングが合わず見る機会がありませんでした。
それが!
今年、やっとやっと羊の毛刈りの様子を見学することができました!やったー!
モーナから電話をもらい、「もうね、今から始まるところだから、すぐに来て!」と言うことなので、赤ちゃんダロックくんをパットに任せてカメラ、電話をひっつかみ、小走りで牧草地を突っ切りました。

今日は20度を超えてきそうな、暑い日です。

たぶんこの納屋だよね~。
あ、みんないる!

羊の毛刈り2021 (25)

納屋の中に入ると、見学者は私だけではなく農家のお手伝いさんや近くに住む若い家族も来ています。
柵の中には老若男女の羊さんたちがぎゅうぎゅうに詰め込まれていました。

羊の毛刈り2021 (28)

そっか、さっき外から見たのはママたちを待つ子羊たちだったのね。

羊の毛刈り2021 (24)

これから刈られるふわっふわのウール。うーん、紡ぐ者としてはそそられる写真だな~。

今日羊を刈るのは、クルーニーという村から来たトニーさん。
一度水分補給をした以外は、休むことなく次から次へと専用のバリカンで毛を刈っていきます。わずか数分で完了、「Next!」

羊の毛刈り2021 (15)

これはかなりの肉体労働ですね。汗びっしょりのトニーさん。時には羊がパニックになって暴れることもあるので、しっかり動物を押さえながらの作業です。
リズムのようなものがあって、羊を傷つけることなく、二度刈りをすることもなくきれいに刈っていきます。二度刈りがないというのは、紡ぐ者にとってはとても意味のあることで、最もやわらかい羊の肌に近い部分の毛を使うことができます。毛刈りって、すごいスキル、手仕事だなあ。

刈られた毛は、一枚のラグのような状態。これをフリース(原毛)と言います。モーナが台の上にフリースを乗せてチェックします。
藁くずなどが多く混入しているものや、毛がフェルト化してしまっているものなどは使えないので、別の袋に分別。
「うーん、このフリースはどう思う?エリカもちょっと見てくれない?」と言うので、私も一緒にチェックしていきます。

「これは状態がいいんじゃない?」

「ちょっとつまんない色だけど、これも紡げる」

「わー、マット化してる!だめだめだめ!」

そんな私たちの会話を聞いていたお手伝いさんたちが、「良いフリースと悪いフリースって、どうやって分かるの?何が違うの?」と訊いてきます。一見同じように見えるフリースでも、状態がここまで違うこと、毛同士がひっついてしまったフリースは糸を紡いだりファイバー素材としては使えないことなどを説明すると、みんな興味津々。

羊の毛刈り2021 (14)

熱心に見ていると、突然トニーさんが「毛刈り、試してみたい?ほら、ここに来て、教えてあげるよ」

「えっ、私?」

まさか毛刈りを体験できるなんて思ってもいなかった私は、トニーさんに手とり足とり教えてもらいながら、小ぶりな羊をどうにか抱え込むことができました。

羊の毛刈り2021 (10)

へっぴり腰!うわー、バリカンを使うのも初めてかも!
思った通り、毛刈りはトニーさんのようにスムーズにはいかず、何度も同じところを刈ってしまったりとぎこちないものでした。

羊の毛刈り2021 (9)

「ほらほら、写真も撮ってあげたら」とトニーさん。なんてサービス精神旺盛な方でしょう。

トニーさんは、この地域では一番人気の毛刈りの名人ということで、羊農家さんはみんなトニーさんを雇っているとのことです。

羊の毛刈り2021 (13)

アイルランドには農業フェアのようなイベントが全国にあり、こうした場所でよく羊の毛刈りコンペティションが行われるのですが、トニーさんはチャンピオンになったこともあるのだそう。納得!

毛刈りが終わった羊たちは、やっと子どもたちに再会、元気にフィールドに走り出ていきました。すっきりして気持ちよさそうです。

羊の毛刈り2021 (3)

毛刈りの途中、外で待っている子羊の毛も2匹分ぐらい刈ってみようかという話になりました。これぞ、ラムズウールですね。
トニーさんによると、春に生まれたばかりの子羊の毛はまだ短くて、今刈るよりも8月ぐらいまで待つのがいいとのこと。「2~3か月待つだけで、ずいぶん伸びるものだからね」

羊の毛刈り2021 (2)

さあ、毛刈りが終わって一段落したら、今度はフリースの最終チェックといきたいところ。でも、20匹以上の羊のフリースを一枚一枚見ていくのは、とても時間のかかる作業です。「私にはその時間はない!」とモーナ。
帰り際に農家のお手伝いさんと立ち話をしていると、彼女はウールを使ってフェルティングをやってみたいのだそう。
「近いうちに、バッグに入ったフリースを2人で点検するというのはどう?」という話になりました。私が参加している紡ぎの会のメンバーの中に、購入希望の人たちがいるかもしれないし、何か手伝うことができるかもしれない。
また、楽しいことになってきました・・・!

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2021.05.27 07:50|毛糸と私
日頃から家で過ごすことの多い私ですが、去年の2020年は特に外出する機会が極端に減りました。同じような経験をされた方や、今でもそんな状況が続いている皆さんも多いことと思います。
特に厳しい規制がしかれたアイルランドのロックダウン。私はこの機会をポジティブにとらえて、自分にとっての創作の期間にしようと決めました。おかげで、今まで形にできなかったことや自分の中で中途半端だったことに集中して、編み物と紡ぎの手仕事にまた一歩踏み込むことができました。今でもダロックくんのお世話が中心の生活ですが、10分でも時間があれば編み針か紡ぎ車に向かっています。
自分だけの時間がなくなってしまったら、私はきっとすごくつらいんだろうなあ。

その延長で、前々からもっと知りたいな、掘り下げてみたいなと思っていた毛糸の染色を少しずつはじめています。私は羊の自然な毛の色がとても好きで、白やグレイや茶や黒というナチュラルな色だけで十分に幸せなのですが、家の周りで育つ植物を使った染めという手仕事も、やはりとっても楽しいんですね。

オンライントークの時に、私が手に持ってご紹介した染色糸がありました。反響をたくさんいただいたので、不定期便でもぜひご紹介したく思います。

私にとって初めての手紡ぎ毛糸の染色は、玉ねぎの皮を使ったものでした(「初めての毛糸の染色」)。とてもきれいなオレンジ色に染まったので、これはまたぜひやってみようとそれ以来玉ねぎの皮は捨てずに保存しています。
我が家の畑では、数は少ないのですが赤玉ねぎも育てていて、この皮も料理で使うたび捨てずに別の袋にとってありました。普通の玉ねぎの皮とはまた違う色になるらしいのです。
今回は、この赤玉ねぎの皮を使っての染色です。

参考にしたのは、今回もこちらの本。

染色の本

本には、こげ茶もしくは限りなく黒に近い茶色になるとありました。赤玉ねぎの色から、何となく想像のできる色ですよね。
皮の量は少ないので、染める毛糸も今回は少しだけにしました。

赤玉ねぎの染色 (1)

白い羊の毛糸と、ややベージュがかったアルパカの毛糸。いずれも私が紡いだ毛糸です。前日に焼きミョウバンを入れた水で媒染の処理をしてあります。

赤玉ねぎの染色 (2)

赤玉ねぎの皮はこれだけ。レギュラーの大きさの鍋で十分な量です。
皮を1時間ほどぐつぐつ煮て、色を出します。

赤玉ねぎの染色 (4)

こんな色になりました!
ここに毛糸を投入。再び火にかけて、コトコトまた1時間。火を止めてからは鍋に毛糸を入れたまま一晩放置します。
染色液の色からして、やはり本の通り、こげ茶になりそう。・・・と思いますよね・・・!

翌日、サンルームのフロアに置いておいた鍋のふたを開け、ドキドキしながら毛糸を取り出してみると・・・

赤玉ねぎの染色 (5)

えーーー?!
こ、こげ茶どころか、茶色でもないし黒でもない!
これは・・・何とも美しい黄緑色というのでしょうか、オリーブ色というのでしょうか。

赤玉ねぎの染色 (3)

左の濃い色のほうが羊、右がアルパカです。
アルパカファームの友人によると、アルパカのウールは羊毛に比べ色がやや褪せるそう。でも私、どちらも好きです!

草木染めでグリーン系の色を出すのは難しいと聞いたこともあります。
こんなきれいな色に染まることが分かっていたら、もっとたくさん毛糸を入れていたのになあ。

染色は、時に予測していなかった結果になることがあるそうです。媒染剤、使った鍋の材質や水質などの組み合わせで、発色は繊細に微妙に変わってくるのですね。思わぬ色に染め上がる、その意外さも楽しい!

赤玉ねぎの染色 (6)

わずかな量だからセーターは編めないけれど。セーターの編み込みに使えばアクセントになるかもしれない。どんな色と一緒に編もうかな。どんな模様にしようかしら。わくわくわくわく。
想像を膨らませながら、今でもうっとりとこの毛糸を眺めています。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2021.05.15 08:38|毛糸と私
先週土曜日に開催された、私の初オンライントークイベント、どうにか無事に終了しました。主催者の十時由紀子さん(出版舎ジグ)によると、当日は80名以上の皆さんがご参加くださったそうです。な、な、なんということでしょう!
嬉しいですね~。
皆さん、ありがとうございました!

イベントでは、新型コロナウイルス規制のもとで国としてどんなことが起こっているか、人々の暮らし、アイルランド音楽のシーンの今という話から、我がオコナー家の暮らしぶりと私の手仕事までをたくさんの写真を使ってご紹介させていただきました。
ちょっと欲張りすぎたかな~というほどの内容で、案の定時間が押してしまいましたが、パットの生演奏も楽しんでもらえたようだし、「アイルランドにいるような時間でした」とのコメントがとても嬉しく、下準備も当日も大変だったけれど、やってよかったな、またやってみたいなと思えるイベントでした。私一人だったらオンラインイベントをやろうなんて絶対に思いつかなかったはずです。こんな機会をくださった由紀子さんに、心から感謝しています。

トークイベント用に、糸紡ぎか編み物の動画を数分のものでいいので作れますか?と由紀子さんにご提案いただきました。せっかくだから、あまり見る機会がないかもしれない糸紡ぎの様子を動画にしたら面白いかもしれないと思い、事前に撮影したものをイベントの中で流しました。

こちらです。



せっかく動画を作ったので、YouTubeに載せてみようと思い、キャプションを追加したりとちょっと編集をしてみました。うーん、動画で見てもらうのも面白いんだなあ。
私はブログ記事を書くのにも何度も読み直し、書き直すので何時間もかかってしまうのですが、動画の作成はそれこそ何日もかかってしまいました。たった3分そこそこのビデオなのに、キャプションの位置や音楽の挿入、YouTube用のサムネイルやら何やらを、どうせならきれいにやってみようと思ったのが最後。こんな大変な作業になるとは・・・いつか慣れてくるものなのでしょうか。

トークイベント終了後に、遅めのランチを食べていったんパソコンから離れたものの、頭がパンク状態で興奮冷めやらぬ私。どこか違う次元の空間から急に舞い戻ったかのような浮遊感覚がどうしても抜けません。
当日はなるべく緊張しないように、準備もできることはしたのだし、こわがることは何もないわ、できることを大らかな気持ちでやればいいのよ、と自分に言い聞かせて臨んだイベントでしたが、やはり、よほど力が入っていたのでしょうね。

ダロックくんをボギーに乗せて、外の空気を吸うべくウォーキングに出かけることにしました。
例年よりやや涼しい5月でも、カッコーが鳴き、つがいになったツバメが屋根の上をひゅんひゅんと飛んでいきます。若葉がますます美しい。深呼吸をゆっくり、何度もしながら歩くと、いっぱいだった頭の中がしだいに落ち着いてきました。

おかげさまで、イベント終了後に私の本『見飽きるほどの虹』が購入してくださった方々がいらしたそうで、これも私にとってはとても嬉しいお知らせでした。どうもありがとうございます。全国の書店にてご注文できますが、出版舎ジグのサイトからもご購入が可能です。お友だちやご家族への贈り物にもぜひどうぞ。刊行書籍『見飽きるほどの虹』(出版舎ジグ)

トークイベントの翌日は私の誕生日だったので、家族に甘え、のんびり過ごしました。ダロックくんのお昼寝に合わせ、また少し糸を紡ぎます。

グレイロムニー

紡ぎ仲間のスーザンから買い取った、これまたロムニーという羊のライトグレイ色のウール。既に洗ってあったのでそのままでは紡ぐことができず、ドラムカーダーという道具を使って一度梳かしてから紡ぎます。
これまでにかなりの量を紡いだので、またセーターが一枚編めそうな予感。

YouTubeに動画も上がったことだし、しばらくはパソコン画面とにらめっこするのはやめて、ときおり太くなったり細くなったりする愛らしい毛糸の感触を楽しみたいと思います。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2021.03.11 08:34|毛糸と私
そういえば、このセーターのことを書こう書こうと思いながらいつの間にかほかの記事に埋もれてしまっていました。

アルパカセーター2020年 (2)

このセーターを編んだのは去年の冬のこと。

手紡ぎという手仕事は、没頭すると知らないうちに家の中が手紡ぎ糸でいっぱいになっているという悲劇(!)を招くことがあります。私は無計画にその日の気分で紡ぎたい原毛を選んでしまうので、中途半端な量の毛糸が転がっていたり、反対に同じような毛糸玉が大量に散乱しているのに気がつかなかったり。

ある日、意を決して「よし、手紡ぎ糸の整理をするぞ」と大きな箱型のバスケットのふたを開けてみると・・・
あるあるある。アルパカも結構紡いだんだなあ。あ、これもアルパカ。あれ、これも?
もしかして、これでアルパカのセーターが一枚編めるんじゃない?

数年前に村の農夫パットさんからアルパカの原毛をもらいました(「アルパカも、紡いでます」)。村の反対側で飼育されていたこのアルパカのウールを紡いだ糸で編んだ、初めてのセーターです。

アルパカセーター2020年 (3)

模様部分のグレイの毛糸も、同じファームから来たアルパカの原毛を紡いで編んだもの。
袖を通すと、羊毛とはまるで別もののような肌触りとテクスチャー。私にはちょっと柔らかすぎるくらいです。

私は編み図を見ないで編みます。自分の手紡ぎ糸と自分のサイズはよく分かっているので、棒針のサイズを変えたりセーターのスタイルを毎回少しずつ変えて楽しんでいるのです。
今回のセーターも、胴体と袖を輪編みでぐるぐる編んでいく私のお気に入り丸ヨーク。編み込み模様は自分で考えました。

アルパカセーター2020年 (4)

2015年にはじめた糸紡ぎは相変わらず楽しく、今年の冬も子育ての合間にちょこちょこと紡ぎ車に向かっては、欲張った結果ため込んでしまったいろいろな色や品種の羊毛とにらめっこしながら、少しずつ毛糸を紡いでいます。

ベッドルームにある箪笥やワードローブを開ければ、ほかにも服は持っているのですが、ここ数年は自分で編んだセーター以外は着なくなってしまったので、そんな服を整理してスリム化しているところです。

アルパカセーター2020年 (1)

一枚の衣ができるまでのプロセスとそこに込めた思いを大切にしたいし、そんな風に服とつき合っていけたらいいなと思います。
自分のために編むセーター。時間をかけて、また一枚編む予定です。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と5人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links