FC2ブログ
2019.09.18 20:44|毛糸と私
アイルランドには羊がたくさんいます。
その多くは食肉用で、羊農家さんが好んで飼育する羊の品種というのも、だいたい決まっているものです。残念ながら、これらの羊の毛は私たちが肌にまとうウール製品にはならないというのが一般的な認識です。アイルランドの食肉用羊の毛は短く、そもそも紡ぐのに不向きです。また、せっかく紡いで糸にしても肌触りはかたく場合によってはちくちくして、とてもじゃないけれどマフラーや帽子としては使えない、ということらしいのです。このようなウールは、昔はカーペット作りなどに使われ、今では家の断熱材やフィリングになっていると言われます。

こんなにたくさん羊はいるのに、ウール素材として使えないというのは実にもったいない。本当にだめなのかな。

5月下旬から6月上旬の季節になると、アイルランドでは一斉に羊の毛刈り作業が始まります。それまでもこもこしていた羊たちは、毛刈りを終えるとまるで一回り小さくなったみたい。身軽に牧草地を駆け回ります。

ときどき遊びに行っている、村のパブの音楽セッションのホストを務めるマークは農夫さんです。専門は肉牛ですが、ここ数年は羊も飼い始めたとのこと。私が手紡ぎをすることを誰かから聞いたのか、ある時から「今度はうちの羊の毛を持ってきてあげるよ」というのがあいさつ代わりになりました。
「ちなみになんの品種を飼ってるの?」と訊くと「サフォーク(Suffolk)だよ、肉用だからね」

うーん、サフォークか~。

今年の6月のはじめ、パブセッションのある水曜日のある午後のこと。今度はマークからテキストメッセージが入り、「エリカ、今夜セッションに来るんなら例の羊毛持っていくけど」とのこと。

アイルランドの肉食用羊のウール。紡げるのかな?実際のところ、肌触りは果たしてどんな感じなんだろう?
これは実験のチャンス。事実確認のチャンス。

「Yeah I'll see you tonight, thanks Mark.」とテキストメッセージを返して、ありがたくオファーを受けることにしました。

夜、いつも通りの音楽仲間とあいさつを交わし、いつも通りの音楽を一緒に演奏して、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。セッションが終わると、マークは「よし、車の中にエリカへのプレゼントがあるから僕と一緒に来たまえ」と言って、「Come on」と促します。

「1匹分でいいって言ってたけど、2匹分あげる」
「バッグが大きいんだよね、車のトランクに入るかなあ」

「お、マークとエリカが闇取引してる」などと友人にからかわれながら、薄暗い街灯の下でマークの車から登場したのは超特大のプラスチックバッグ。私の小さな車のトランクに手でぎゅうぎゅうと詰めこみ、ほぼ無理やりふたを閉めて、どうにか搬入作業が完了。

「扱いやすいようにロール状に巻いておいたから」
「紡ぐのには毛が長い方がいいだろうと思ったから、なるべく長いのを選んでみたんだよ」

まあ、なんて優しい。

「本当にありがとう。どんなウールなのか私も楽しみだわ。毛糸になったら持ってくるから」
「いらないいらない!全部自分で楽しんでよ!」

帰宅したのは12時過ぎ。
夫のパットさんはとっくのとうに就寝、子どもたちももちろん夢の中です。トランクを開け、一人でバッグを取り出します。
2匹分の羊毛とは言え、お、お、重い~~~。

「ちょっと、神様、なんとかして」などと独り言を言いながら、ずっしりとしたバッグをやっとのことで家の中に引きずり入れました。これ、ミッドナイトにする仕事じゃないよね~。

そして翌日。待ち切れずに、昨夜運び入れたバッグの中身を覗いてみると・・・

マークの羊毛 (5)

わー!入ってる、入ってる!
そしてバッグを開けた途端に鼻をつく、この羊特有のにおい。でも待てよ。え~、よく見るとウールの感じも決して悪くないですよ。ラノリンという羊毛にもともとついている天然オイルも多すぎないし、ファイバーの細かさも部分的には上等に見えるではありませんか。

こ、これは、早く紡いで確かめたい!

それにしてもこのバッグ、マークも私もよくかつげたものだわ。
どーん。

マークの羊毛 (7)

ああ、やっぱり2匹分入ってる。ていねいに巻いてありました。

マークの羊毛 (6)

これだけの重さのウールをまとっていた羊たち。初夏の毛刈りはさぞかし爽快なことでしょう。
さあ、地元で、友人の手によって飼育されるサフォークの羊毛はいかに。

次回の記事で、紡ぎます!

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.06.07 07:33|毛糸と私
今年の3月にようやっと仕上がった、アイスランドのセーター、ロピ。その後もお気に入りの一枚として大活躍しています。編み込みが胸元にあるからなのか、とにかくあたたかいセーターで、着こめば着こむほど私の体型になじんでくる気がします。

編みかけのこのセーターが、我が家に来ていた友人の目にたまたま留まったそうなのです。普段は連絡などし合わない彼女から突然電話をもらい、早口で「エリカの紡いだ毛糸でセーターを編んでほしい。料金はいくらかかっても構わない。エリカのセーターと同じような、胸元に色模様のあるスタイルのセーターがいい」という注文。

私にとって、家族以外の人のために編む、それもお金をいただいて編む、初めてのセーター。

そんな技量が今の私にあるのかしら?
迷いはしたものの、相手は気心の知れた友人。もしかするとこんな形でスタートするのが一番いいのかもしれない。この縁が、これから進むべき道を示してくれているのかもしれない。
彼女の希望を聞いて、色を決めて、寸法を取って、と初めてのことだらけで緊張しましたが、数週間かかってどうにか一枚のセーターを仕上げることができました。

ロピ2枚目 (1)

赤い毛糸以外、すべて私のご近所さんからいただいた羊毛を紡いで作った毛糸です。
羊の色のみで編んでもよかったのですが、彼女の顔や表情を見ていて「ここに赤がほんの少し入ったらいいのかも」と思い、去年のクリスマス前に近くにあるスタイナースクールのフェアで購入した深紅色のウールを紡ぎました。

ロピ2枚目 (3)

自然な色合いの手紡ぎ糸に、ビビッドな赤が効いている。よし、私の勘は間違ってなかったぞ!
ああ、このセーター、私がほしいくらいかわいい!

ロピ2枚目 (2)

編みかけの状態で何度か彼女を訪ねて試着してもらい、微調整を経て完成したセーター。完成後も、一度「襟元をもう少し広く」ということで手直ししました。これも、近くに住む友人だからできること。
オーダーメイド、というのでしょうかね。

お店で販売されている毛糸を使った編み物も楽しい。でも、自分で紡いだ毛糸で一度編み始めてしまうと、未だかつて感じたことのない充足感があります。満たされたこの気持ちは、まぎれもなく、幸せという気持ち。

当の友人には大変喜んでもらい、私にとっては貴重でやりがいのある手仕事となりました。
セーターを編むのはやっぱり楽しいな。

6月はアイルランドの初夏にあたります。畑仕事も忙しくなってきたこの季節、今年はまだまだ編み物プロジェクトが山積みです。
そして、糸を紡ぐ時間も、実は近頃増えているのです。あれ?今までは冬の作業だったのに?
紡ぎを取り巻く私の環境が、ここ数か月で少し変わってきたからでしょうか。次回また、そんなこともお知らせできればと思います。

望月えりか 初の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店で販売中
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.03.22 16:08|毛糸と私
きれいな色模様の入ったヨークが特徴のアイスランドのセーター、ロピに初挑戦して編んだのが去年の冬のこと。時間をかけて編みこんだヨークの寸法に誤差があり、これではだぼだぼでとても着れないということが判明しました。リビングルームのカウチに放置されていたセーターを、ちくっ、ちくっと胸を刺す罪悪感にかられながらも知らんぷりをしていた私ですが、さすがに次の冬がやって来るとそろそろいい加減自分の怠惰な性格を呪い、自己に呆れるようになりました。ポンと時間が空いたのを見計らって、これこそ待っていた絶好の機会と自分に言い聞かせ、やっと奮起してこのセーターを「ほどく」作業にとりかかったのです。

やらなくてはいけないことなのに、どうしても気が進まないこと。
いざやり始めると、実は簡単で、あっという間に済んでしまうことだったりしますよね。
長すぎたヨークは、ものの数分できれいにほどけてなくなってしまいました。

着工したら、最後までやり通すしかありません。止まってはだめ!
合体していた胴体と袖部分を取り、短すぎた袖をそれぞれ編み足して長くします。もう一度合体させて少し編み進めてから、今度は棒針をすべて抜き取って編み目に余り糸を通し、何度も試着してみました。ヨーク部分を編み始める前に、サイズをしっかり確認しておくためです。同じ失敗はしないぞ・・・!

手間のかかる作業ですが、ここで間違えたら更に余計な時間がかかります。慎重に慎重に。
ヨークの模様を短いデザインに変更し、ここでやっと編み始めることができました。

ロピセーター2019 (6)

模様を編む途中でも、何度も余り糸に通して試着。ん、そろそろ目の数を減らそうかな?

ロピセーター2019 (11)

襟の部分は、それでも何度か編み直しました。首が通らないほどきつすぎてもいけないし、逆に浅すぎるとすうすう寒い気がします。
冬の寒い日でもしっかり防寒してくれるセーターにしたかったので、襟元はインナーが見えないほどまで編み上げることにします。

そして・・・
完成。

ロピセーター2019 (8)

できたー!!
途中何度も試着した甲斐あって、サイズはぴったりです。
欲張って入れた当初のヨーク模様よりもシンプルで、すっきりしました。

ロピセーター2019 (7)

セーターでも帽子でも、私は作品が完成すると必ず水通しと言って一度ぬるま湯に通します。毛糸というのは、編まれた直後はテンションが張ったように強ばっていたり表面に凹凸があったりしますが、一度濡らすと毛糸がリラックスして、乾いた頃にはなめらかな編地が現れるのです。

メインの色のライトブラウンは近所の羊さん。白は少し車で行ったところのトマスの羊さん。ブルーはドニゴールに行った際にウールショップのオーナーさんからプレゼントされたものを私が撚った糸(「ドニゴールからのいただきもの」)。そして、オレンジ色の毛糸は私の手紡ぎ糸を玉ねぎの皮で染めたもの(「初めての毛糸の染色」)。
どれも思い出のある私の手紡ぎ糸たちが、寄り集まって模様を描き、セーターという衣に生まれ変わりました。

ロピセーター2019

はははっ、これはセルフィーですね。
自分を自分で撮るという行為は私は普段全くしないのですが、撮ってくれる人がいなかったのと、セーターを着ているところを記録しておきたかったので。

ロピセーター2019 (2)

裏返すと、こんな風になっています。
ロピのように複数の色の毛糸が交差したセーターは、模様の部分に厚みが生まれ、それはそれはあたたかいものです。

曲線を描くようなヨーク模様のデザインは無限で、どんな色の毛糸を使文字色うかでも表情ががらりと変わります。
このセーターは面白い。
自分のセーターが仕上がってからは、さっそく友人に依頼された次なるロピセーターを編み始めています。これからヨークにとりかかる段階ですが、月曜日に彼女に一度会って袖を通してもらうのが先です。慎重に、慎重に。

望月えりか 初の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店で販売中
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)
2019.03.02 06:46|毛糸と私
ここ数年、冬になるとセーターを編んでいる私。一冬に一枚は作っているのかもしれません。
パットさんに編んだりもしますが、セーター編みの技術をもっと磨きたいと思っている私は、一にも二にも自分用のセーターばかりを編みます。まだ他人に編めるだけの経験が伴っていないと感じるのと、まずは自分で試着をし、着心地を確認したいからなのです。ちょうど快適と感じる袖の長さや首回り、胴の幅や脇、丈などは、日々着続けることでしか確認することができません。

実は、去年の冬に編み上がった自分用のセーターがもう1枚あります。こちらです。

ロピセーター2019 (5)

皆さんもどこかで見たことがあるのではないでしょうか。
北欧圏などによく見られる伝統的なセーターは、こんな風に胸元にきれいな色の模様が入っていますよね。このセーターは北欧のものとはまた違い、アイスランドという島国に伝わるセーターで「ロピ」などと呼ばれるのだそうです。以前から興味のあったスタイルのセーターで、2年前に日本に帰省した際に工芸店で編み方の載っている本を購入し、試しに編んでみたのです。

アイスランディックセーター2017 (1)

ロピを編むのなら、自分で紡いだ毛糸を使って編もう。
メインの色であるライトブラウン(ベージュかな)は、近所の農家で飼われる羊のナチュラルな色です。先日この農家を営む友人と会う機会があり、セーターを見せると「あ、このウールの持ち主、分かった気がする!ラッキーっていう名前のメスの羊なの。まだいるわよ」とのことでした。ラッキー!ウール、大切に紡いで大切に着ます・・・。
編み始めると、手紡ぎならではの素朴な風合いが編地いっぱいに広がりました。うわー、たまらなくかわいいぞ!

このスタイルのセーターの大きな特徴は、輪編みでできていることです。輪編みとは何かというと、4-5本の棒針を使って(もしくは輪編み用針を使って)ぐるぐると立体的に編んでいく編み方のことです。
皆さんが今着ているシャツやセーター、トレーナーを触ってみてください。両脇に縫い目がありませんか?つまり、普通の服は前身頃と後ろ身頃をそれぞれ作り、それを脇ではぎ合わせているのですね。これに対し、ロピのようなセーターは胴体部分を下から(上からの時も)輪状に編んでいくのです。袖もまた同様に。

胸元(ヨークと言う)の模様を編み始める直前は、こんな感じになります。

アイスランディックセーター2017 (2)

輪編みでそれぞれ編んできた両袖と胴部分の3つが、ヨークを編むことで合体するのです。
はぎ合わせる必要がないのでシンプルに編めるのと、ロピの特徴である弧を描いたようなヨークがきれいに現れ、見た目にも美しいセーターです。

ところが。

生まれて初めて編んでみたロピは、いざ着てみるとなんとヨーク部分が長すぎる!更には袖も若干短すぎることが分かりました。完全に私の誤算です。せっかく編み上がったとはいえ、これでは着ることができないセーターになってしまいます。ヨーク部分は色違いの毛糸が忙しく交差するので、最も時間の要する部分。これを、私はすべてほどいて編み直さなければならない・・・・・・。いやー!

ほどいて編み直すという作業は、編み物をする者にとっては避けては通れないプロセス。場合によっては何度もこれを繰り返すことで、ようやく納得のいく作品が完成します。

でもな~。苦労して編んだヨークをほどくのかあ・・・。ゆ、勇気が要るなあ。
やらねばならない作業はただ一つ。それ以外の選択肢はないわよ、えりか!といくら自分に言い聞かせても、いざ行動に移せるほど自己を奮い立たせることができません。「ああどうしよう」と思いとどまったまま、私はこの冬のプロジェクトをひそかに放棄してしまったのです。そのうち春がやってきて、夏が来て、秋が去る。この冬になっても、放置されたロピセーターはくたびれたように家のカウチに横たわったままでした。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.01.09 16:52|毛糸と私
この冬、アイルランドは暖冬です。霜の降りるような朝も11月までで、それからは日中13~14℃という気温。厳しい寒さとは無縁です。それどころか、木々や植物たちも困惑しているようで、ブラックベリーの花が咲いていたり、新芽の出ているメープルの木があったりします。このまま春がやって来るのでしょうか。

さて、私の冬の手仕事といえば糸紡ぎと編み物。
編み物は、おかげさまでiichiさんで出しているハンドメイドのお店を通してクリスマス前に多くのご注文をいただき、一時は編んでも編んでも追いつかないほどでした。ご注文いただいた皆さま、ありがとうございました!もう少し時間がとれるようになったら、新しい作品作りにも力を入れていきたいと思います。

さて、手紡ぎのほうはというと。
いつもよりも少ない冬の時間を縫うようにして、紡ぎ車の前に腰掛けては相も変わらず毛糸を紡いでいます。

毛糸は、当然紡げば紡ぐほど増えてきます。気がつくと、二つのバスケットが手紡ぎの毛糸でいっぱいになってしまいました。

手紡ぎ毛糸2019年1月 (1)

左のバスケットは私が自分で編んだ(まだ未完成の)もの(記事はこちら→「自分だけのかごがほしい」)、そして右にある大ぶりなハンドルのついたバスケットは、義母が昔使っていたものです。看護師だった義母は、このバスケットにランチを入れて自転車の後ろにくくりつけ、通勤していたのだそう。

私が紡ぐ羊の毛は、近所の有機農家さんからいただくものばかりです。
羊の毛を刈って、それがそのまま袋に入った状態でいただくので、広げてみると羊の形が分かります。ときどき枯葉や小枝が絡まっている、羊の色のまんまのウールが、紡いでいても編んでいても、私には一番しっくりくるのです。

手紡ぎ毛糸2019年1月 (6)

こちらは、左からベージュ、白、グレイ。あ、このグレイは羊ではなくアルパカかな。

手紡ぎ毛糸2019年1月 (5)

こちらも左から、ダークブラウン、真ん中はグレイと白のアルパカを双糸にした糸、そしてキャラメル色の羊と白い羊の毛をそれぞれ紡いで、これまた双糸にした糸です。
私の紡ぐ糸はたいてい単糸と単糸を一緒に撚った双糸と言われる毛糸なので、こんな遊びもできるのですね。

こんなにたまってしまった毛糸、どうしましょう。次は何を編もうかしら。
と思っているところへ、友人から思わぬ注文をもらってしまいました。
何の用事だろうと電話を受信すると、
「エリカ?あのね、お願いがあるの。エリカの紡いだ毛糸を100%使って、私のためにセーターを編んでくれない?紡ぐのにも編むのにも時間がかかるのは分かってるから、何百ユーロになっても構わないのよ。肝心なのは、エリカがちゃんと損をしないで請求できるっていうこと。いいわね?!」
彼女と話していると、いつも怒られているような気になってしまうのは私だけ?
「分かりました、そしたら私の時間ができ次第、あなたの家に遊びに行きますよ。そこで寸法をとったりどんなセーターがいいか話せればいいなと思うけど」と返事をすると
「決まりね!楽しみだわ!」

手紡ぎの毛糸はできるまでにとにかく時間がかかるので、どうしても値段が高くなってしまいます。でも手作りの価値をちゃんと理解している彼女のような人にとって、手紡ぎ毛糸で編みあがるセーターは生涯愛することのできる特別な1枚となることでしょう。
近いうちに、二つのバスケットを持参して彼女を訪ねる予定です。

手紡ぎ毛糸2019年1月 (2)

こちらは、上の写真にあるベージュの毛糸の編地。1匹の羊から刈った毛でも、体の部位によって濃淡がここまで違うこともあります。均一でないと言われればその通りですが、これはいかにも自然のなせる業ではありませんか。
さらには、手紡ぎの毛糸は時折太くなったり細くなったりするので、表情が非常に豊かです。この不均等さが出す風情こそが、手紡ぎ毛糸の一番の魅力ではないかなと私は思っています。

今週末にはエニスの町の施設で月例の紡ぎの会があります。
皆さんと一緒に紡ぎ車を並べて、楽しんで来ようと思います。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links