FC2ブログ
2018.09.12 23:22|毛糸と私
アイルランド不定期便の読者の皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
私は夏休みの後半に小旅行を終え、9月からは新学期ということで子どもたちの学校の準備に追われ、気づけば月も半ば、週に一度の更新を心がけている不定期便をご無沙汰してしまいました。

アイルランドは少しずつ気温が下がり、17度もないほどの気候です。木々は紅葉し落葉し、冷たい風の吹く短い秋がやってきました。
この季節になると、私は毎年毛糸の作業を再開します。
外の畑ではまだまだ収穫に追われる日もありますが、カウチに腰掛けて編み物をしたり、今年の冬に紡ぐ羊毛の糸のことを考える時間が少しずつ増えてくるのです。

ある日、エニスの町のはずれに暮らす友人から楽しそうなイベントを紹介してもらいました。
会場となる場所は、調べてみると我が家から車でわずか30分強。秋の柔らかな日差しが気持ちいい週末の午後、のらりくらりと田舎道を走らせ行ってきました。

会場に近づくにつれ、だんだん緑が濃くなっていきます。

イエーツに会いに行く (14)

まるで森の中のよう。
車を停めて歩いていくと、石造りの古い塔とそれにくっついた茅葺き屋根の建物が見えてきました。
ああ着いた着いた。

イエーツに会いに行く (12)

塔の回りには川が流れ、昔ながらのアイルランドの石の橋が美しく佇みます。

イエーツに会いに行く (22)

水量たっぷり、気持ちの良い眺めです。

開け放たれた木製のドアからは音楽が聞こえてきました。
建物の中に入ると地元の10代の子どもたちがチェロやヴァイオリン、フルートでクラシックの音楽を演奏しています。

しかし私の目的は、今日は音楽ではありません。

あ、いましたいました!

イエーツに会いに行く (21)

紡ぎの会の皆さんです。
私の友人はこの集まりに定期的に参加しているメンバーの一人で、今回この会場を借りて自分たちの紡ぎ車を持ち寄っての集いがあることを教えてくれたのでした。
私は自宅で紡ぐのが中心で、このような集まりに参加したことは今まで一度もありません。写真などで手紡ぎの毛糸を見る機会はあっても、こうして目の前で何人もの人々が異なる紡ぎ車で糸を紡ぐ様子を見たのは初めて。あまりの光景に感激してしまい、いつまでも心の躍るような時間でした。

写真を撮っても大丈夫ですか?と訊くと「全然構いませんよ」と快諾いただきました。

イエーツに会いに行く (19)

興味津々で見学させてもらっていると、皆さんフレンドリーに話しかけてくれます。
「私も紡ぎ車を持っていて、自宅で紡ぐんですよ」と話すと「どこに住んでるの?」「紡ぎ車のモデルは何?」「何を紡いでいるの?」とあちらも興味津々。話し込んでいくと共通の友だちがいたりして、話はさらに盛り上がっていきます。
こういう規模の小ささ、地域のサイズが人と人をつなげるのですね。

中には紡いだ毛糸や手紡ぎの毛糸で編んだ帽子を展示販売している人もいました。

イエーツに会いに行く (18)

化学染料は使わず、すべて植物で染めているのだそう。
なんて素敵なんでしょう!

紡ぐ女性たちとのおしゃべりは止まるところを知りません。
「名前はなんて言うの?エリカ?そうしたらねエリカ、今月にもう一つ定期的な紡ぎの集いがあるの。それにぜひいらっしゃい!紡ぎ車を今度は持ってきてね。楽しいわよ!」

会う人会う人が同じように次の集まりに来るよう誘ってくれます。
遅れてきた私の友人にも会え、「私も行くと思うし、ぜひ!」

紅茶とお菓子をいただいていると、この集まりのリーダーの一人らしき女性がたまたま隣のテーブルに座り、今度はアイルランドにおける紡ぎの歴史の話を延々楽しみました。自分の好きなことを、人と共有することができるってこんなに嬉しいことなのですね。
「あなたさっき少しだけあそこで紡いでいたでしょう?私、遠くから見ていたんだけどとっても上手だったわよ、糸も細くて均等だし!15日ね、きっと来てね!」

人里離れたこんな静かな森の中で出会った、笑顔の人々。
ちょっとした楽園のようでした。

次の集まりは今週の土曜日。
ちなみにこの日は「世界紡ぎの日」なんだそうですよ。行くしかないかな・・!

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.03.13 01:26|毛糸と私
先日、ちょっと嬉しいことがあったのです。

皆さん、この帽子を覚えていますか?

パットさんの帽子 (1)

アルパカも、紡いでいます」というタイトルの記事に載せた写真です。

この帽子は、私にアルパカの原毛をくれたフィークル村出身の農夫パットさんのために、私が編んだものです。パットさんからもらったグレイのアルパカ、そしてパットさん自らが飼育する黒い羊の毛の2種類をそれぞれ紡ぎ車にかけて紡ぎ、それらを一緒に撚った毛糸で編みました。
3本撚りの毛糸なので、極太に近い太さです。パットさんは農夫だから、冬でも風を通さないかっちりした帽子がいいんではないかしら。それもなるべくシンプルで、折り返して被るかもしれないからリブの部分は長めがいいんではないかしら。そんなことを考えながら何度か編み直して作った帽子です。
原毛をくれたお礼に作ったこの帽子は、村の郵便局のブライアンが「パットに渡しておいてあげる」と言ってくれたのでそのままブライアンに預けました。

それが2年前のこと。

あの帽子がパットさんに手渡されたのか、包みを開けて見てくれたのか、かぶってくれたのか。何も分からないままでした。
たまたま顔を合わせてもパットさんは何も言わないし、そうすると私も何も言いません。
少なくとも気持ちは伝わっただろうから、もういいわね。

そう思っていたのです。

我が子どもたちが通う音楽スクールの企画で、アイルランド音楽を学ぶロンドンの子どもたちとの交流会があり、娘と連れ立って行ってきました。翌日はフィークルの村のパブで音楽のセッション。パブは音楽を学ぶ子どもたち、その親、地元の音楽好きの人々で賑わっています。

そこへ、ふらっとパットさんが入ってきました。

夜の10時を回る時間なのに、パットさんはまだ農作業用の長靴に泥だらけのジャケットという出で立ち。
パットさんの姿をとらえた瞬間、気づきました。

私の帽子をかぶってる・・・!

するとパットさんは自分の頭を指さして「You saved my life」(君に救われたよ)

「それ、私があげた帽子?」と訊くと、ゆっくり頷いてまた「...You saved my life」。
パットさ~ん!!

思わず「ああ嬉しい!ちゃんと使ってくれてるんだ!」と言ってパットさんの頭に乗った帽子に触ると、干し草やら泥やらで明らかに汚れているのが分かります。
私が思っていた通り、農作業用に使ってくれている。

そして、リブは私が思っていた通り、折り返してかぶっている。

何とも言えない幸せな気持ちになりました。

パットさんの帽子 (2)

お酒の飲み過ぎでパブのカウンターでそのまま寝てしまったり、突然起きて歌い出したりすることもあるパットさん。
彼を取り巻く環境は決して優しくはないかもしれませんが、せめて頭だけはしっかり防寒できているみたい。

パブでは次々にアイルランドの古い曲が繰り出されます。たくさんの軽快なリールとジグ。
アイルランド語の歌を座ったまま誰かが歌い、小さな男の子や女の子たちが出てきてセットダンスを披露します。
明日の朝は学校よ!なんてナンセンスは誰も口にしない田舎のパブで、娘と弾くアイルランド音楽は日付が変わるまで続きました。
音楽とパットさんの帽子のおかげで、心が躍るような夜となったことは言うまでもありません。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)キャンベルズ詰め替え用 (5)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpgDSCF8798.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (1)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.03.09 00:49|毛糸と私
学生時代に渋谷の町のどこかで買ったセーターを、未だに持っていました。
パターンなど何もないシンプルなセーターで、桃色の控えめなグラデーションがきれいです。これは私の色だな!とピンと来て迷わず購入したことを今でも覚えています。

ほどいて編み直す (5)

このセーターは大きめに作ってあって、がばっと着れます。そのためほぼ部屋着の感覚で愛用していました。
自分の持っている服の素材が何であるか、以前よりも敏感になってからはこのセーターが羊毛100%であることにも気づきました。洗濯方法などの表示はなく、メーカーの名前もありません。唯一のラベルには、ただ「WOOL 100% MADE IN NEPAL」とあります。ネパールで作られたのかあ。

素材も色も好き。
でもただ一つ気になる点が。どうも形がよろしくないのです。
カジュアルに羽織れるのは嬉しいのですが、もう少し私の体に馴染んでくれる形であったならもっと愛せるのにな。もったいないな。どうにかならないかな。

悩んだ末、思い切って一度セーターをほどき、自分で編み直してみることにしました。

ほどき始めると、思った通り良い毛糸です。
メリノウールのようななめらかさはなく、しっかりとした羊毛本来のらしさを備えた私好みの毛糸です。
これはほどいて編み直す価値がある。

ほどいて編み直す (4)

上に向かって薄くなっていく淡いグラデーションがそのまま残るように編みました。袖を元のものより心持ち長めにしてみると、袖口が手の甲をてろっと半分覆ってくれ、これが誠に気持ち良いのです。だぼだぼだった袖が消え、シェイプのなかった胴部分もすっきり。
着心地は、抜群です。

編み終わると、毛糸がだいぶ余ったようです。
この分軽くなったということなのでしょうね。

ほどいて編み直す

メーカー名のないネパールで作られたセーター。もしかして手編み?と期待したこともありましたが、自分の手編み部分と比較してみると機械編みであることが一目瞭然。残念!

今回の経験を通して、手編みの編地が一番良いなあとつくづく感じました。この風合いは機械編みには絶対に出せない。手触りさえ、ずっと柔らかな気がします。

ほどいて編み直す (2)

新しいセーターを買う必要はありません。
自分の手で作る力があれば、生きる力があれば、モノを丹念に使い込むことができ、形を少しずつ変えながらモノがよみがえっていく。この感覚が好きです。

生まれ変わった桃色のセーターは、袖を通すたびにホッと嬉しくなるお気に入りのアイテムになりました。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.11.11 00:35|毛糸と私
突然ですが、毛糸の販売を始めました。
私にとっては実は突然の出来事ではなくて、数年前から模索していたプロジェクトの一つです。地域で手売りをしているほか、日本向けにオンラインでも販売をスタートしましたのでご案内をさせてください。

販売しているのは、アイルランド北部ドニゴール州の小さな村で紡績されている「ドニゴールアランツイード(Donegal Aran Tweed)」と呼ばれる伝統的な毛糸です。

DSCF8798.jpg

今現在取り揃えている色は13色。

日本向けのオンラインショップはこちらです。
Wool Shop from IRELAND Hill Meadow

ドニゴールアランツイードは、ところどころ色の異なるネップがランダムにちりばめられたツイードヤーンと呼ばれるスタイルの毛糸です。ネップの入った毛糸はときどき見かけますが、ドニゴールの毛糸はネップの色バランスが天下一品、絶妙です。去年工場を訪れた時にマネージャーさんから聞いた話では、一色一色の毛糸にどの色のネップを何種類入れるかという作業を専門にするデザイナーさんがいらっしゃるそう。試作品をチームで吟味し、合格したものが新しい色として世の中に出ていくんですよ、とのことでした。

その名のとおり、この毛糸は昔からツイード織りにも使われています。ツイードのジャケットや帽子なども、アイルランドを代表する工芸品ですね。
今ではアイルランドの大手の織物メーカーさんも、この毛糸を使ったブランケットやセーターを出しています。

私は長年この毛糸でもの作りをしているので、ギフトショップなどに行くとこの毛糸を使って編まれたアイルランド産のセーターなどにもすぐ気がついてしまいます。
並太なので、アランセーター作りに最適な毛糸です。

DSCF8878.jpg
スカーレット。冬の暮らしに欲しくなるきれいな朱色。

この毛糸のもう一つの大好きなところは、ずばり「色」です。
一つ一つの毛糸の色が、私が普段親しんでいるアイルランドの自然の中にある色そのものなんですね。空の色。花の色。木の実の色。秋の落ち葉の色。なーんて美しい毛糸かしらん!

DSCF8816.jpg
ミルキーブルー。どこまでも優しい色。

一見単糸に見えるこの毛糸、ところどころ太くなったり細くなったりと不均等な糸の太さも魅力的です。ちょっと手紡ぎのような素朴さがあって、見ているだけでうっとりしてしまいます。

DSCF8819.jpg
アザミ。大好きな色の一つです。

この毛糸、私が少し調べた限りでは日本国内では販売されていないようです。
羊毛100%。
アランセーターは編めなくとも、マフラーや帽子ならできるかも・・そんな皆さんに。この冬、アイルランドの毛糸をぜひどうぞ。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.10.23 08:23|毛糸と私
9月とか10月という月はたいていお天気が安定しているものですが、今年はちょっと違います。
とにかく雨が多く、ほぼ毎日降っているのではないかしら。雨が降っているのが普通だから、1日でも雨粒の落ちない日があると驚いたりします。

外でできる作業が限られてきたら、家の中で糸紡ぎ。
今月も、午前中の時間は紡ぎ車に向かうことの多い私です。

スピニング2017年10月 (5)

去年紡いで中途半端に残っていたピンク、茶、ブルーの単糸を見つけました。もともとフェルト用の羊毛玉であったのを紡いでみたものです。
近所の有機農家さんから買ったベージュ色の羊の原毛を別に紡いで、カラフルなこれらの単糸と一緒に撚るPlyingという作業を終えると、双糸と呼ばれる毛糸が完成します。

スピニング2017年10月 (1)

何に使うかは未定だけど、なかなかいい感じ。
普段、私の紡ぎは原毛のみです。染め、という作業はまた違う分野で、興味はあるのですが今のところ羊のナチュラルな色の毛を紡ぐだけで十分幸せ、手一杯です。

スピニング2017年10月 (4)

でも、色のある糸は楽しいものですね。

お湯できれいに洗って、干して、巻いて。するとやっと毛糸玉ができて、編むことができるようになります。
初めて買ったワインダーを使って、自分の毛糸を巻いてみました。

スピニング2017年10月 (8)

紡いでばかりいると当然のことながら毛糸だけが増えていき収拾がつかなくなるので、編んでいかねばなりません。
次回はそんな写真もご紹介したいと思っています。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links