FC2ブログ
2018.10.12 13:14|豊かな暮らしを考える
我が家では買い物をする時、なるべくオーガニック(有機)と名のつくものを求めるようにしています。オーガニックの野菜、オーガニックの牛乳、オーガニックの卵、オーガニックの小麦粉、オーガニックの食用油。
食物だけに限りません。オーガニックの石鹸、オーガニックのシャンプー、オーガニックの毛糸、オーガニックのコットン・・・いろいろありますよね。

オーガニック食品であれば小さな町の健康食品店でも手に入るほか、アイルランドでは大手のスーパーでも有機野菜やオーガニックの乳製品などが幅広く出回っています。

私の母は私たちが子どもの頃から生活協同組合の活動に取り組んでおり、この時代から自然食品、地域野菜や有機のものに慣れ親しんで育ちました。結婚してアイルランドに暮らし始めると、なんとパートナーのパットさんもまたオーガニック志向であることが判明。類は類を呼ぶというのか、無意識のうちに私たちは似たような人間の匂いを敏感に嗅ぎ分け、会うべく人に会っているのかなあという気がしてきます。

これは何年も前の話ですが、ある日亡き義父と話していると「オーガニックって何だ?」と大真面目に訊くのです。
「マーケット広場の露店で野菜を売ってるマイケルからにんじんを買ってるけど、あのにんじんはオーガニックじゃないのか?」
「毎日飲む紅茶に入れてる牛乳、あれもオーガニックじゃないのか?」

ある世代から上の人たちは、義父のようにオーガニックの定義の曖昧な人が多いようです。義父の時代には、おそらくほとんどのものがオーガニックだったからなのでしょうか。
義父のケリー州の生家では、自分の家の畑でじゃがいもやにんじん、キャベツを育て、自分の農場で飼育した豚をしめてベーコンを作り、牛の乳を搾り、家の回りに放し飼いにしてあるニワトリの卵を取って食べていました。それがごく普通の暮らしだったんですね。みんなオーガニックだったから、誰もわざわざ言及せずに暮らしていた時代です。
大変な労働が伴ったでしょうし決して楽な暮らしではなかったと思いますが、その分新鮮で手作り、安心。現代の私たちよりも何倍も品質のいいもの、それこそトップクラスのものを食べていたのではと思います。

1940年代のファーミング

どうして今になってオーガニック、有機という言葉が盛んに使われるようになったのでしょう。
いつの間にか、私たちの身の回り、特に食品群の大半がオーガニックでないものに取って代わるようになってから、この言葉が出てきたのかなと思います。つまり「オーガニック」と書いていないものは何かしらの理由でオーガニックではないということで、例えば野菜なら農薬が散布されていたり、化学肥料を使って栽培されているということを意味するようです。

オーガニックと書いてあるものなら何でもいいということでもありません。オーガニック商品の定義や認定方法にもグレイゾーンがありますし、内容物はオーガニックでもパッケージがプラスチックだったりすると個人的には「うーん。これは土にかえってくれないなあ」と悩んだりもします。

オーガニックであること。
人間も、本当はオーガニックな存在のはずなんだけどな。自然の一部のはずなんだけどな。
こんな自然の豊かな田舎に暮らしていると、そんな風に思えてきます。どこかで読んだ知識でなく、自然が教えてくれるというのでしょうか。

紅葉2016 (1)

オーガニックであるということ。
義父の時代を思い起こせば、決して新しい考え方でもライフスタイルでもないのかもしれません。

どんな食べものもあらゆる商品も、わざわざオーガニックといううたい文句を使わなくていい時代・・・羨ましいなと思います。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.08.25 08:53|豊かな暮らしを考える
もう何年も前から、カモを2羽飼っています。
野生の鴨が時を経て家禽化されたのがアヒルですから、本当はアヒルと呼ぶのが正解なのかもしれません。

我が家の回りはキツネが多く生息しているので、鳥を飼う場合は電気の通ったネット状のフェンスで囲ってやるのが普通です。囲うと言ってもフェンス内のスペースは広々、我が家の場合はパットさんがショベルで掘って作った池もこのスペース内にあります。

カモ2羽目 (2)

水鳥ですからね、泳げるほどの水があると嬉しそうです。

普段はこのフェンスの中にいるカモたちも、私たちが畑仕事をするために外に一日中出ているような時はガーデンに出してやります。カモはその滑らかなくちばしでナメクジなどの畑の害虫を器用に見つけては食べてくれるのです。まさにガーデナーの友なのですね。

1日3回、水と一緒にオーガニックの餌を持っていってやるとグワーグワーと鳴きながら喜んでついてきます。
朝は小屋の中に卵を見つけることもあります。この卵は黄身が大きく、焼き菓子づくりにはもってこいです。
夜行性のキツネたちから守るため、暗くなるとくフェンス内にあるカモ専用の小屋に追い込みしっかり錠をしてやります。きちんと世話をしてやれば、敵に襲われる危険も減らすことができます。

2015年ガーデンクラブ (2)

カモたちの様子を眺めていると、とても安らかな気持ちになります。
カモはお腹が空いたら食べて、緑の草の上を仲間と共に歩きながら食べ物(虫)があるとこれも食し、疲れたら木陰に座って昼寝をします。一日に何度も水に入っては羽の手入れをし、体をくちばしできれいに洗って乾かします。

毎日特に変化のない暮らし。穏やかで、何ら不足のない満たされた生活。
彼らには、人生の意味とかゴールなんていうものは存在しません。ただその日その日を生きている。生きるために食べ、食べるために生きている。
カモを見ていると、人生の生きがいや目的を探し見つけなければいけないと焦ることが、本当は不幸なことなのではないかとすら思えてきます。

カモのように生きることができたら。
幸せなんだろうなあ。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.06.01 14:35|豊かな暮らしを考える
自分たちで野菜を育てていると、畑仕事をしながら無意識に考えごとをしていることがよくあります。それはまるで、目の前で青々と育つ野菜たちが私に新しいことを気づかせてくれたり、教えてくれたりしているようです。
その一つが、日本でよく聞き慣れていた「特産野菜」についてです。

我が家の畑ではいろいろな野菜が育ちます。

ガーデン20176月 (2)

ジャガイモ、玉ねぎ、にんじん、ニンニク、セロリ、キャベツ、カブ、ネギ、レタス、グリンピースにそら豆。

私のスーパーマーケット2016 (1)

ビニールハウスの中ではトマト、ピーマン、きゅうり、ズッキーニ、枝豆、ブドウ、イチゴ・・・。

以前不定期便の記事でイチゴについて書いたことがありました(過去の記事→「いちご食べ放題・・!」)。アイルランドではいちごと言えばウェックスフォード州産のイチゴが有名です。でも自分のところでできるイチゴは市販のウェックスフォード産のイチゴよりもずっと新鮮でずっとおいしい!わざわざ買おうとは思いません。

いちご食べ放題20156月 (13)

ニンニクは青森、落花生は千葉、さつまいもは鹿児島、ゴーヤは沖縄・・。
でも、私の実家のある横浜市でもニンニクは育つし落花生もサツマイモもゴーヤも育つ。

自分の住む地域で育つ野菜や果物を、どうしてわざわざ遠くから取り寄せて食べるのでしょう?

日本に暮らしていた頃は考えたこともなかった素朴な疑問です。

こんなことを発言したら農協の皆さんに怒られてしまうのかもしれませんが、地元で育つ野菜なら、トラックや飛行機でわざわざ運送しないほうが環境にもよく、地域にも貢献できます。

我が家は自分たちで育てていますが、近所に農家さんがいる地域であればなるべく近くで栽培している野菜を買いたいものです。

地産地消。適地適作。
自分の暮らす地域で育つ野菜を食べる。
自分の地域に残る伝統食材を食べる。
自分の地域の農家さんを支える。
自分の地域を歩く。

トウモロコシの収穫2014 (2)

こんな野菜との関係は、自分の暮らす土地を知ることにつながっていきます。
自分が毎日口にしているものがどこから来て、誰がどんな風に育てているのかが分かります。
食に対する不安や不信。ないほうがいいですよね。
さあ、今日の夕飯には何の野菜を使おうかな。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.04.24 00:19|豊かな暮らしを考える
私の知っていた女性が突然亡くなりました。
日本に暮らしていた頃にアイルランド音楽を通して何度かお会いしましたが、友人と言えるような親しい間柄ではありませんでした。アイルランド不定期便をいつも熱心に読んでくださり、日本で知り合いだった頃よりもインターネットを通しての交流で彼女のことをより知るようになった気がします。
知らせを読んだ時には頭が真っ白になりました。
急死されたその日にも、私のところには彼女からのコメントが寄せられていました。人の死は時にこんなにも突然にやって来るものなのでしょうか。死を予期せず明日の予定もあっただろう彼女とパートナーの彼、そしてご家族の皆さんを思うと不憫でならず、今でもほろほろと涙があふれてしまうのです。
どうぞ安らかに。どうか安らかに。

今日は、愛の話をしたいと思います。

気が向くと、音楽セッションを楽しむために村のパブに行きます。マーティンは、このパブによくお酒を飲みに来ています。
飲み物を頼んでいる時にたまたま横にいたのをきっかけに、初めて言葉を交わしました。
私はマーティンを知らなかったけれどマーティンは私がどこの誰だかを知っていて、15年前に亡くなった共通の知人の話などをしていました。優しく穏やかな紳士です。
しばらくすると、マーティンがこんなことを言います。

「どうだろう、君は私の妻を知っていたかな。どうだろう。素晴らしい女性だったんだ。うん、おととし亡くなってね。癌だった。分かった時はもう遅くてね。私の知っている中で最も美しい女性だった。明るくてね。どうだろう。君は彼女に会ったことがあったのかな」

「さあ、どうでしょう。あなたのことも今知ったばかりだから」と答えると、

「うんうん。そうだよね、それもそうだ。でね、これが彼女なんだよ」と言ってマーティンはパンツのポケットから祈りのカードを一枚取り出し、そこに写った亡き奥さまの写真を見せてくれました。

アイルランドでは人が亡くなると、故人の写真が載った祈りのカードを葬儀に来てくれた人々に渡すのが風習です。

マーティンがカードをポケットから出した際の手の動きから、私と話している間もずっとポケットの中の写真をにぎりしめていたことがことが分かります。

桜の木2017 (4)

あとから親しい友人とマーティンの話をしていると「彼はね、いつも誰にでもそうなのよ」と言います。

新しい誰かに会うと、その人が奥さまを知っていたかどうかさり気なく訊ねるのだそうです。
まるで亡くなった奥さまの記憶を記録し直すかのように、2年経った今でも自分の知らない人と彼女とのコネクションを探し求めるマーティン。

「最期まで彼女の世話を自宅でして、看取ったのも彼だったのね。彼女への愛情がすごく深かったから、残されたマーティンはかわいそうでね。周りの人たちも辛くなるほどだったって」

「今年に入ってからだよ、マーティンが再びパブに出てくるようになったのは。少しずつ社交もし始めて、彼にとってもいいことよね」

泉から湧き出る水のように途絶えることのないマーティンの亡き奥さまへの愛は、誰も侵すことのできない神聖なものです。
愛する者を失ったら、人は時にこんなにも弱くなっていいし、周りはそんな弱い人をここまで優しく見守っていていい。
あたたかい社会だなと思いました。

我が家の庭にある日本の桜が今満開です。さまざまな思いを胸にまだ小ぶりなこの木の下に立ち、今日も花を見上げます。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.09.20 08:43|豊かな暮らしを考える
我が家の畑では、台所から出る生ごみもコンポストにしてときどき畑に撒いて使っています。
その結果、畑を耕している時に土の中に意外なものを発見することがあります。間違って混入したプラスチックの小さな蓋、分解されずに残ったシールやセロテープ。

ああ、土に返らなかったのだな。

見つけるたびにそう感じます。

一方で、私の周囲にある自然、植物や動物、鳥などを無意識に眺めていると、彼らは土に返らないものは何も残さないということにも気がつきます。当然のことに思えますが、論理で知るより体験で知るとその本当の意味が分かります。
彼らは地球のサイクルの中で、地球に負担をかけることなく生存している。まるで地球と共存する方法を心得ているかのようです。
土に返らないものを排出しているのは、人間だけなのですね。

歩む道に迷った時、言葉に詰まった時。私の心の師事の一人である環境活動家サティシュ・クマール氏の哲学を聴くようにしています。
彼がシンプルに紡ぎ出す言葉は、私たちの心に語り、問いかけ、いつまでも残ります。

サティシュ・クマール
(インドの平和/環境活動家、Satish Kumar)

クマール氏も「土」のことに触れています。
”私たち人間は、土に生き、土に返る。こんなに当たり前のことを、私たちは忘れていませんか。”
”自分たちのケアをするということは、地球をケアするということなのです。自然というものは遠く離れたところにあるものではなく、私たちそのものなのです。私たちもネイチャーなのです。自然を利用し痛めつけることは、実は私たち自身を傷つけていることになるのです。”

こぼれ種が嬉しい2016 (1)

土に全く触らない生活を送る人にとっては、ピンとこない話かもしれません。
人工的なものに囲まれた暮らしになればなるほど、土の存在は遠く感じられるものです。「土に触るなんて汚い」「手が汚れる」と感じる人も多いのかもしれません。でも、土から離れ、土に返らないプラスチックやいろいろの人工物に依存した暮らしが、実は地球を汚しています。

宮崎駿氏の映画の中に「土から離れては生きられないのよ」というセリフがありましたが、これはアニメ世界の話ではなく私たちのストーリーです。

「土」について考える時間。「土」に触れる時間。
今こそ必要なのかもしれません。

Erika Moc O'C @Twitter
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links