2017.03.03 23:30|豊かな暮らしを考える
冬になると、週に一度決まった日に近所に住む女性の家を訪ねます。
一人暮らしの彼女はおしゃべり相手が来るのをいつも楽しみにしていて、午前中の2時間ほどを共に過ごします。

洋裁や編み物の得意な彼女は、いつでも何か作っています。彼女の家を訪ねる時は、私も今自分が編んでいるセーターや手袋などを手提げかばんに入れて持っていき、お互い手を動かしながらおしゃべりをするのです。

彼女はお茶を飲みません。もっぱらコーヒー派の人で、私が行くといつでも「コーヒー作るわよ。エリカはお砂糖とミルク入れるのよね」と言って愛用のコーヒーメーカーでおいしいコーヒーを入れてくれます。

ミルクはたいてい私が彼女の冷蔵庫から出します。
彼女はコーヒーに何も入れない人なので、ミルクを使うのは私だけだからです。私が冷蔵庫を開けても、彼女は全然気にしません。それだけ気兼ねのない付き合いをしているのです。

彼女は、私よりも30歳年上です。
私の両親と同世代の人です。
いつの間にか親しくなって、近所に住んでいることもあり散歩の途中に彼女が我が家に立ち寄ったり、外でばったり会って数分立ち話をしたり。すっかりおなじみの顔となっています。

ある日彼女から電話がかかってきて、「今からバリナーの町に頼んでた老眼鏡を取りに行くんだけど、天気もいいしドライブがてらエリカも一緒に来ない?」とのこと。
急ではあるけれど、たまにはそんなことをしてみてもいいかもしれない。

「OK、じゃあ支度してそちらに歩いて向かうわよ」

昔手首を骨折して以来、彼女はオートマチックの車を運転するようになったそうです。マニュアル車が主流のアイルランドでは珍しいオートマ車。「マニュアルはギアを変換するのに手首に負担がかかって辛いのよ。オートマ車を探すのに苦労したけど、運転できるだけでも感謝しないと」
フィークルの村を出て、田舎町を一つ通過するとまもなくダーグ湖が丘の向こうに見えてきます。
晴れ渡った清々しいお昼の時間、湖畔の道路をゆっくりドライブしていきます。湖には風を受けて走るヨットの姿も見えます。道路の反対側は急こう配の丘が続き、太陽の光を浴びた濃い緑が眩しいほどです。なんて気持ちのよい風景でしょうか。

駐車場に車を停め、彼女の犬リンゴを車内に残して眼鏡屋さんに付き添います。店のステップを上がる時は、足腰のあまり良くない彼女の手をとって一緒に入店します。「私ったら老婆みたいよね!まったくいやになっちゃう」

それから、彼女の親友が働いている健康食品のお店に立ち寄ると、クラフトのコーナーでフェルトづくり用のきれいなウールを見つけました。
「羊毛100%だし、どれも色がきれいでお買い得だわよ!」
くすんだアザミ色や抹茶の色の羊毛の玉をたくさん買い込んで、自分のバッグに詰め込みます。

フェルト用ウール2016 (1)

ショッピングが終わると、お店の女性に教わった小さなカフェを何とか見つけ、ここでやっと一休み。
ミルクがたっぷりのラテとさくさくのペイストリーのお菓子をいただいて、バッグからこぼれ落ちそうな羊毛の玉をもう一度出して眺めては、「何を作ろうかしらね」と二人でアイディアを出し合います。

お店の人たちに、私たち二人がどう映ったのかは知りません。
風貌や話すアクセントからして母娘ではないだろうし。

世代が違えば考え方や受け取り方が違うこともあって、家族観や今起こっている社会問題などの話をしている時に「えっ、そんな風に思うの?」と顔を見合わせることもあります。
世代を越えて、実はお互い多くのことを学んでいるのかもしれません。

年がこんなに違っても、「フレンド」とお互い呼べることを嬉しく思います。
私にとって、友だちでも人生の伴侶でも、年の差というのは人間関係を作る中で障害にはなりません。むしろ、年の差など考えもせずにその人とまっすぐに向き合えることを、大事にしたいと思っているのです。

さて、バリナーの町で彼女とお茶をした数日後のこと。
「エリカ、すごいこと発見したの!」と彼女が興奮気味で言います。
「エリカと二人で外出したあの日ね、偶然にも『女性の日(International Women’s Day)』だったことが分かったのよ!」
そう言って、彼女は私に抱きつき大喜びをしたのでした。

今年の「女性の日」にも、またバリナーに行ってカフェでお茶をしましょうよ。
というのが、彼女と私のプランです。
女性の日は3月8日です。
国際女性デー(ウィキペディア)


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2016.07.26 07:49|豊かな暮らしを考える
洋裁や編み物の得意な友人がいます。一緒にフィドルを弾こうと彼女の家を訪れたところ、手元をライトで照らして何やら手作業をしているのです。

「これね、オーニャ(友人)のセーターなんだけど、袖のところがほつれたから直してほしいって頼まれてるの」

見ると、着古したクリーム色のセーターの袖部分の毛糸がところどころ切れて、大きな穴ができています。
「ちょうど似た色の毛糸が手元にあったから、まずは切れた糸にうまくつなげて、編んで、どうにか穴を繕えるかなと思ってね」

服を直して着るという行為は、私の世代では既に消えていました。
戦後の日本や50年代のアイルランドなどでは、つぎはぎを縫い付けては服を着回していました。貧しかった時代を経験したが故でしょうか、今のアイルランド人たちは古着というものに過剰な拒絶反応があり、服は新品でないといけないと思い込んでいる人が多いようです。
そんな新世代にあって、くたくたに着古されたセーターの穴を繕うアイルランド人の友人の姿が新鮮でした。

衣類が貴重だった昔は、食べていくために必死で生地も買えなかったと言います。苦しい時代であったことは確かですが、今の私たちが忘れてしまった価値観がそこにはあったのではとも思えてきます。
つぎはぎだらけの服は決してエレガントな装いではなかったかもしれません。その代わり、何年もその家で着回される衣類はさぞかし丁寧に大事にされていたことでしょう。

着古した服というのは、いつの間にか自分の体形にぴったりになっていること、ありませんか?他人のようだった新品の服が、何度も袖を通すたびに自分の体になじんでくる、自分の肌になじんでくるというのでしょうか。
そんな愛着のある服を一枚でも所持していることは、私にとってはとても幸せなことのように思えます。

いとへんのついた「繕う(つくろう)」という言葉を辞書で調べてみると、「破れたり、壊れたりしたところを直す」とあります。本来の意味としてのこの言葉は、私たちの日常生活ではほとんど聞かれなくなりました。

買っては捨てる。ちょっと着ては捨てる。
そんな衣類との付き合い方しかできなくなってしまうと、愛着も何もありません。その服がどこで作られているのか、誰が作ってくれたのか、そしてどんな素材でできているのかさえ、無頓着になるのではないでしょうか。
汚れたり破れたりしたら、その服はもうごみ箱行きです。

「断捨離」という言葉を初めて耳にした時は漢字が思い浮かばず、意味も分かりませんでした。ものの少ない質素な生活には私も憧れますが、「買っては捨てる」という行為を繰り返すだけでは解決になりません。

最初から買わない。
なるべく上質なものだけを取り入れて使い込んでいくことができたら、生活はとても美しいものになっていく気がします。
そしてそんな生活の中には、必ず「繕う」という美徳があるような気がするのです。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2015.10.30 15:49|豊かな暮らしを考える
私の暮らす農村は、家々が点在するとても静かなエリアです。
我が家から最も近いご近所さんの家までは、歩いて2分ほどでしょうか。「隣の家」というのはなくて、牧草地や林のある土地の合間に、個人の家がぽつぽつと建っています。

我が家 (2)
(遠くに見える我が家)

歩いて数分のところに住む70歳に近い女性とは、手芸という共通の趣味もあってときどきお互いの家にひょこっと顔を出しては、一緒にコーヒーを飲む仲です。「最近何を作っているか」という手芸の話題から家族の話、ガーデンの話など他愛のないおしゃべりを楽しみます。

同い年の子どものいるご近所さんとも親しくしています。子どもたちが頻繁に行き来しているので、お互いの子どもを公園に連れていったり、「1時間だけ見ててくれない?」なんていうお願いも気軽にできるいい関係です。

近所に住む人たちとは、道で会えばあいさつを交わしたり数分でも立ち話をしたりします。
話し上手な人や社交的な人もいれば、シャイで寡黙、人付き合いの得意でない人ももちろんいます。
それでも、黙って素通りしたりあいさつをしないなんていう人は、一人もいません。
近所の人に会ったらあいさつをする。そりゃあそうだわね。

ここに暮らしていると、こんな自然体の近所づきあいが気持ちよく、とてもありがたく感じます。
「私は近所づきあいはしない主義なんです」なんていう発言は、誰もしません。むしろ、そんな選択肢があることすら誰も考えていない様子。そんな周囲の人々とのかかわりの中で、「近所づきあいをしない自由」というのは、自由のはき違えなのでは・・」とさえ思えてきます。

地域の人とのこうしたつながりは、地域コミュニティーの原点です。

何か困ったことがあった時。地域で災害が起きた時。急に外出しなければならず、子どもを誰かに預けたい時。
助けてくれるのは、車で30分離れたところに住む両親でもなければ、電車を乗り継いだところに暮らす親友でもありません。助け合えるのは、近所の人たち。あなたの地域の人たちなんですね。

同じエリアに住んでいる人たちが顔を合わせるのは当たり前のこと。お互いが気持ちよく暮らしていくためには、こんな身構えない近所づきあいがちょうどいいように感じます。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村


アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2015.06.12 08:03|豊かな暮らしを考える
古い新聞を拾い読みしていたら、ちょっと面白い記事が目にとまりました。

「Quality of Life in Europe(ヨーロッパにおける生活の質)」というタイトルのもので、2013年にEU加盟国別に集計された生活の満足度をまとめた記事です。
集計したのは欧州委員会の資料、統計を担当する部局ユーロスタットで、EU加盟国の16歳以上の国民が回答した複数の項目に基づいています。

アイルランドの生活全般の満足度の項目では、アイルランドは10点満点中7.4点というスコア。
これはデンマーク、フィンランド、スウェーデンに次いで4位という記録です。

新聞記事の中では、EU加盟国の平均人口密集率が17.3パーセントなのに対し、アイルランドはわずか2.8パーセント。
他にも緑地の多い国、空気汚染が少ない自然環境があり暮らしやすい国として、アイルランドはEU圏の中でもトップクラスにランクインしています。

そして「人間関係」の項目では、アイルランドがなんとトップに・・!
10点満点中7.8点がEU加盟国の平均スコアのところを、アイルランドは8.6点と大きく上回っています。このブログでも過去にお話をしたことのある「人と人とのつながり」がしっかり根づき、また家族をとりわけ大切にするアイルランド社会を反映した結果ではないでしょうか。
この項目の詳細では、アイルランドの96.9%の人が「何か困ったことが起きた時に、頼れる人がいる」と回答したとあります。

アイルランド人

面白いのは、「経済状況」の項目です。
不況にあえぐアイルランド。経済状況の満足度は5.5点というEU加盟国の中でも最低のスコアでした。

経済状況は最悪なのに、人生の満足度はトップクラス。

このコントラストは、私たちに何を物語っているのでしょう?

私たちを本当に幸せにしてくれるものは何なのか。人は、何をもとに幸福だと感じるのか。
アイルランド人に限らず、私たちも一緒に考えてみたいテーマです。



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2015.03.21 09:08|豊かな暮らしを考える
アイルランドに暮らしはじめて間もない頃、ある些細な出来事に驚いたことがありました。
スーパーのレジでのひとコマです。

私がレジで並んでいると、私の前にいた女性が振り向いて「お先にどうぞ」と言うのです。
意味が分からずにいると、「だってあなた、それしか買わないんでしょう?」と私が手に持っていた商品を指さします。

こちらの人は、驚くほど大量の食品を一気に買うことが多いのですが、私はその日わずか2つか3つのものを買うために並んでいました。
女性は、「(大量の食品のために)時間のかかる私を待つより、あなたは短時間で済むんだから先に行ったら」と言っていたのでした。

このやりとりは、アイルランドのスーパーのレジで今でもよく目にします。

なんて気持ちのよい心遣いでしょう。
私はこの感覚がとても好きです。

みんな並んでいる。みんな平等に並んでいるのだから、平等に待つのが当たり前じゃないの。
・・ということではないんですね。

「みんな同じ」「みんな平等」というのはとてもフェアに聞こえますが、時には「抜け駆けは許さないわよ」というような冷たい側面もあるように思います。

レジで前後に並んでいる人たちは、赤の他人です。でも、みんなお互い知らんぷりをしているのとは違います。助けの必要な人がいれば誰かがいつも気がついて、自然に手を差し伸べている。そんなほとんど気がつかない程度のところで、この国の人たちは他人を気遣う社会性を当たり前に持っている気がします。
そうでなければ、自分の後ろに並んでいる人の商品の数をチェックするなんてことはできませんね。

「他人にまったく無関心」という姿勢では、私たちの社会は住みにくくなります。
バスや電車の中で、スーパーやレストランで。私たちは例えわずかな時間でも、たまたま居合わせた「他人」と呼ばれる人々と空間を共有しています。そこには、私たちが持ち合わせていたいほんの少しの心遣いがあるといいなと思います。

アイルランドの人々から、今でも多くのことを学ばせてもらっています。



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎをしているほか、アイルランド伝統音楽の魅力を紹介するプロジェクト「ブラックバードミュージック」を運営しています。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

facebook

Twitter

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク