2017.03.09 00:20|アイルランドの歴史
本日は、アイルランドの歴史に触れるお話をご紹介させていただきます。
決して楽しい話ではありませんが、今日は「女性の日」であることと、この国の形を知るうえでとても大切な歴史の1ページですので、日本の皆さんにもお伝えしたいと思いました。

ここ数日アイルランドのメディアを騒がせている、悲しいニュースがあります。
アイルランド西部ゴールウェイ州にある町チューム(Tuam)のとある敷地に、未熟児から3歳児までの赤ちゃんの遺体が多数埋められていることが分かったのです。

チューム母子の家

一体、この場所で何があったのでしょうか?

チューム母子の家(St Mary's Mother and Baby Home)は、1925年から1961年にかけてカトリックの尼僧たちによって運営された施設です。

尼僧たちの中には看護師の資格のある者もおり、母子の家はいわゆる産院の役割も果たしていました。
しかし、ここは一般的な産院ではありません。
この時代、未婚の女性の妊娠はアイルランド社会において決して許されない恥辱の罪とされていました。
予期せず妊娠をした若い女性は罪人扱いされ、その多くが地域の神父や自らの家族によってチュームのような「母子の家」と呼ばれる施設に送り込まれ、世間から隔離されて出産していたのです。
今でも中絶を認めていないアイルランドでは、妊娠した女性は出産以外の選択肢がありませんでした。

母子の家
(聖メアリー母子の家)

今回発見された赤ちゃんの遺体は、ほぼすべて1950年代のものであることが分かっています。今から60年ほど前のことで、それほど大昔の出来事ではありません。
なぜこれほど多くの赤ちゃんが死に至ったのでしょうか。チューム出身で母子の家の歴史を長年調べ続けているキャサリン・コーレス(Catherine Corless)氏は「死因の多くが赤ちゃんの放置、ケアの放棄にあったのでは」と述べています。

悲しいことに、未婚女性が産んだ子どもたちは母親と同じく社会から拒絶され、忌まわしい存在として扱われました。施設の衛生状態も悲惨なものだったようです。
その結果、母子の家の赤ちゃんや幼児の死亡率は極めて高く、死亡した赤ちゃんは敬意をもって葬られることなく、敷地内に埋められていたのです。もちろん墓石はありません。

私はこの施設を丹念に調べ世に問うた地域の歴史家キャサリン・コーレスさんのドキュメンタリー番組も観ましたが、彼女の努力と誠意ある調査の成果なくしては、この事実が日の目を見ることはなかったでしょう。素晴らしい方です。
「最初は地域新聞に自分たちの土地の歴史の一つとして記事を書こうと調べ始めたわけですが、まさかこんな大規模なスキャンダルになるとは夢にも思っていませんでした」とのこと。

チューム母子の家 (3)
(チューム出身の歴史家、キャサリン・コーレス)

キャサリンさんの調査によると、施設内で死亡した記録のある赤ちゃんや幼児の数は800人近く。これらの遺体が一体どこに行ったのか。今回の遺体発見にともない、その多くが敷地内に埋められているのではないかという疑惑が現実となってきました。

生き延びた赤ちゃんはこの施設でしばらく孤児として暮らし、その後里親に引き取られていくのが常だったようですが、正規の養子縁組の手続きを取らない場合が多く、記録もあいまいです。
母子の家で出産を終えた女性の多くは家族から絶縁され、地域コミュニティーから見放され、赤ちゃんを育てる経済的境遇にも恵まれませんでした。施設に赤ちゃんを残し、イングランドなど遠く離れた地に一人旅立ったり、こうした社会的罪のある(とされた)女性が神に無償の奉仕をする施設に移っていくケースが多かったようです。

この施設こそが、問題作「マグダレンの祈り」(原題「The Magdalene Sisters」 2002年 アイルランド/イギリス合作)という映画に出てきたマグダレンランドリーです。

マグダレンの祈り

私はまだ日本に住んでいたので、東京の映画館で観たのを今でも憶えています。
「マグダレンの祈り」は、未婚で出産したローズ、いとこにレイプされ穢れたマーガレット、美しくふしだらな容姿で男たちをたぶらかしているとされたバーナデット、精神障害のある未婚の母クリスピーナというマグダレンに収容された4人の若き女性たちを描きながら、施設内の様子を鮮明に映し出しました。観たことのない方は、ぜひ。

マグダレンランドリーは、アイルランド全国に数か所ありました。
また、母子の家もゴールウェイのチュームに限らず20近くの施設があったそうです。

マグダレンランドリー
(マグダレンランドリーの様子。週に6日の無給労働で主に委託の洗濯とアイロンがけを行っていました)

これらの施設すべての記録を洗い出し、敷地内に埋められた遺体を調べ、最終的には敬意をもって埋葬することが正しい道ではないか。今、アイルランドはあってはならない過去の過ちに直面し、答えを模索しています

アイルランドの人々は、カトリック教会が犯したこれらの過ちに憤っています。教会という権力を使い、非人道的な行為が内部で密かに行われていたことに対し、今までずっと押し黙っていた人たちが声を上げ始めているのです。

また、それを周知で黙認してきたアイルランド社会を見直す動きも始まっています。臭いものには蓋をし、見て見ぬふりをしてきたアイルランド人たち。私たちは一体どんな社会に生きていたのか?これからどうあるべきなのか?自問自答の日々が続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2016.03.30 10:03|アイルランドの歴史
聖パトリックの日にちなんで、ロンドンに住む夫のいとこ家族にカードを出そうと郵便局で切手を買い求めました。

あ、イースター蜂起の記念切手。
こちらはアイルランドの独立活動家、ロジャー・ケースメント(Roger Casement)ですね。

イースター切手

イースター蜂起とは復活祭(イースター)の週にアイルランドで起きた武装蜂起で、イギリスの支配を終結させアイルランドを独立に導いた大変重要な歴史の一幕です。
イースター蜂起(ウィキペディア)

イースター蜂起が起きたのは、今からちょうど100年前の1916年。
アイルランドでは、去年の暮れ辺りからあらゆる分野でイースター蜂起にまつわる行事が行われています。国を挙げての追悼式典だけでなく、テレビやラジオといったメディアで数多くの特集が組まれ、子どもたちの学校でもイースター蜂起の歴史的背景を学ぶプロジェクトがありました。

武装蜂起はイースター月曜日に始まり7日間の戦闘ののちに鎮圧されましたが、それがちょうど100年前の今週にあたるわけです。

パトリック・ピアース(Patrick Pearse)やジェイムス・コノリー(James Connolly)といったイースター蜂起の指導者ら16名は処刑されました。

キルメイナム刑務所

処刑場となったキルメイナム刑務所は、現在博物館となって一般に公開されています。

じゃあ、これは?

1916?

息子のショーンが描いた絵ですが、「第一次世界大戦」とあって、イングランドとアイルランドの戦闘機が戦っています・・・。
幼心にも、この二者による対立であったことは理解しているようです。世界大戦は関係ないけどね。

蜂起から100年ということで、連日連夜あまりにメディアが騒ぐおかげで「1916」を聞かない日はありません。私の周りのアイルランド人たちは正直に「もううんざり!」と音を上げています。
今週が終わる頃には少し静かになっていると思いますが・・・もう少しの辛抱です・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村


アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2012.02.09 17:49|アイルランドの歴史
今年もラグビーの6 Nationsが始まりました。週末はテレビでゲーム観戦の日々です。今年のアイルランドはけがで出場できない選手が多く前途多難ですが、今日は試合前に歌われる国歌をいくつか紹介したいと思います。

フランスやイギリスの国歌はあまりにも有名で皆さんも聞き覚えがあるかと思いますが、あまりメジャーでないスコットランドとウェールズの国歌があまりにも美しいのでぜひ聞いてみてください。

まずはスコットランドの国歌。The Flower of Scotlandという名の歌です。



非常に音楽的です。

続けてウェールズの国歌です。歌詞はウェールズ語で、「わが父祖の土地」などと訳されるそうです。



こちらもとても美しく、個人的には一番好きな国歌かもしれません。

ついでにアイルランドの国歌も聞いてみましょう。「Amhrán na bhFiann」(兵士の歌)です。



アイルランド愛好家の人にとっては人気のある歌で、私も嫌いではありませんがアイルランド人の夫は「まあまあじゃない」と冷ややかなコメント。

実は、アイルランドはこの国歌のほかにもうひとつうたう歌があります。その名も「Ireland’s Call」。



サッカーなど他のスポーツでは「アイルランド」や「スコットランド」などと並んで「北アイルランド」という代表チームがあるのに、ラグビーでは北アイルランドのチームが存在しません。アイルランドラグビー協会が南北の分断以前から存在したことなどが理由ですが、アイルランド共和国の国歌だけでは北アイルランドの市民の士気を反映しないという理由から、1995年のラグビーワールドカップを機にこのIreland’s Callという新しい歌が南北双方を代表するアイルランドの歌としてうたわれるようになりました。
更に複雑なのは、アウェイの試合ではこの新しい歌のみが歌われ、ホーム試合では最初に共和国の国歌を歌ってからこのIreland’s Callを歌う、ということになっています。なんともややこしい。

イギリスに隣接するこれらの国々の歴史は実に悲しく複雑で、今でもやっかいな問題を抱えています。
スポーツの世界では、この国同士の歴史関係を抜きにしたフェアなプレーをぜひ見せてほしいものです。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎをしているほか、アイルランド伝統音楽の魅力を紹介するプロジェクト「ブラックバードミュージック」を運営しています。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

facebook

Twitter

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク