FC2ブログ
2020.04.24 00:20|ごあいさつ / ご案内
不定期便読者の皆さん、お元気ですか。しばらくご無沙汰をしてしまいました、望月えりかです。

約3週間前の金曜日、パットさんと私は朝の6時過ぎに家を出発しました。
4月のアイルランドはこの時間になるとうっすらと明るく、早起きの鳥が歌いはじめます。小さな村や町をいくつも抜けるなじみの道が、今日は少し違って見えます。すれ違う車はほとんどありません。リムリックの病院に到着すると、予想通りパートナーは車中で待機するように言われ、私だけが院内に。コロナウイルスの影響で、アイルランドの病院はどこも規制が厳しいのです。看護師さんに助けてもらいながら落ち着いた気持ちで手術着に着替え、準備をしました。

それから2時間後。
パットさんと私が何ということのないおしゃべりをしているところへ、突然聞こえた産声。
「あっ、ちゃんと泣いてくれた!」

数分すると、助産師さんがブランケットにくるまれた生まれたての赤ちゃんを連れてきてくれました。私はまだ抱っこができない状態なので、パットさんの腕の中へ。
今回は妊娠中から性別を知っていたけれど。元気な男の子です。
無事に生まれてきてくれた、パーフェクトにビューティフルな私のベイビーが、今は泣きやみ、目さえ開けて私たちと同じ世界で呼吸をしている。
よかった。本当によかった。

2020年4月3日 (1)

世界中の人々がウイルスの脅威にさらされる一方で、日々誕生する新しい命。めぐる命。

経験済みの育児とはいえ、退院後は目まぐるしい毎日でパソコンを開ける時間がなかなか取れませんでした。
あ、ベイビーがまた泣いている!もう行かなくては。

ハローベイビー。こんにちは赤ちゃん。これからよろしくね。

2020年4月3日

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2020.01.22 16:38|ごあいさつ / ご案内
小学生の頃、テレビでアメリカの人気子ども番組「セサミストリート」をときどき観ていました。
その中で、子どもたちがでこぼこの山道のようなコースをマウンテンバイクで競争する、というものがありました。自転車競争というと普通は誰が一番速いかという勝負を連想しますが、この自転車競走は「誰が一番遅くゴールできるか」という逆の発想で、子ども心ながらに「へえー、おもしろい」と感心し、今でも鮮明にこのエピソードを覚えています。山道なので自転車を操るのも難しく、ゆっくり走っているつもりなのにどうしても次々にゴールしてしまう子どもたち。

ゆっくり行くことは、速く行くことよりも難しいのかもしれないな。

そんなことを思った、初めての瞬間でした。

ちょっと変わったこの自転車レースとは裏腹に、私たちの身の回りではあらゆる物事が加速しているようです。それはまるで、より速くなることが私たちの暮らしにとって当然の発展であるかのよう。

そんなに速くする必要はないんだよ、もっとゆっくりでいいよ、と教えてくれる場所は、なかなかないのかもしれません。

もっと早く。もっと効率的に。もっと快適に。もっと便利に。

でも私はこの「もっと」に、「ノー」と言いたい。

もうこれ以上、私たちを追い立てないでほしい。何のために生きているのか、分からなくなってきてしまう。
効率が悪くてもいい。少しぐらい不便でいいから、人間らしい生活をさせてほしい。

希望の持てる未来を私たちがもし作っていくことができるならば、スローダウン。
これからの道を前進していくためには、ゆっくり行くしかない。これ以上スピードアップしたら、さらにいろいろなものが壊れてきてしまう。
それよりも、私たちが急いでとりかからなければならないことは、ほかにある。

まずは自分のために。大切な家族のために。そして、限りある地球のために。

The Burren with Frank 2015 (40)

私たちを取り巻く環境の問題が、日に日に深刻化しています。身近なところから、そんなことも皆さんと一緒に考えていける年にしたいと思っています。
今年もどうぞよろしくお願いします。

アイルランド田舎生活 望月えりか

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.03.06 09:10|ごあいさつ / ご案内
はい。
タイトルの通りでございます。
なんと。
突然のお知らせとなりますが、このたび私にとって初の著書が刊行されることになりました。

見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし 望月えりか著 (出版舎ジグ)

jig-01_帯付き_RGB

出版してくださったのは、生まれたばかりの出版舎ジグさん。
編集者の女性からお話をいただいてから本の刊行に至るまで、実に膨大な作業を一つ一つこなしながらの長い道のりでした。本の出版は、私にとって初めて足を踏み入れる新世界。いつも数歩先を行く編集者さんに「こっちこっち」と道案内をしてもらい、ここまで来られた思いでいます。

本の詳細は、ジグさんのウェブサイトをご覧ください。(↓クリック!)
出版舎ジグ 刊行書籍 見飽きるほどの虹

本の刊行に合わせて、寄稿文を書かせていただきました。こちらもご興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。
(クリック!→)「虹を撮る」望月えりか

アマゾンホント(honto)楽天ヤフーといったオンラインのサイトでも購入できます。
でも、地域の本屋さんを支えたい、応援したい皆さんは、ぜひお近くの本屋さんに足を運んでいただけましたら、全国どこの書店からでも取り寄せができるそうです。

15年前、アイルランドではじまった私の新しい暮らし。
異なる土地、異なる人々、異なる風習文化に揉まれ、つまずき、間違いも犯しながら右往左往。
それでも、アイルランドという美しい国の自然や伝統文化に囲まれた生活の中で、家族をはじめ周りの多くの人々に寛大に見守ってもらいながら、私なりの場所を見つけることができました。
そんな暮らしのかけらのような一粒一粒が、この本の中にきれいに閉じこめられています。

書きたいことはほかにも山ほどあれど、書き出したらきりがない!
続きは本の中で、お会いしましょう。ありがとうございました。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.01.02 06:14|ごあいさつ / ご案内
あけましておめでとうございます。
アイルランド不定期便読者の皆さま、お元気でいらっしゃいますか。

先月先々月と多忙であったり不安定な時期で、こんなに不定期便をお休みしてしまったのは初めてかもしれません。さっきページの確認をしたら、1ヶ月以上更新されていないとのことで広告が出ている始末。すっかり寂れた格好となってしまいました。

元旦の夜にこの記事を書いていますが、新年に向けての抱負などがまったくない私。目標も心構えもあったものではありません。
ただできるだけていねいに自分の暮らしを積み重ね、楽しんでいけたらいいなあと淡く願うばかりです。

これはむろん毎日できることではありません。一日一日コツコツ、ということができない私は、たまにはうんと怠けたり、いけないなあと分かっていながら急ぎ足で、一日中走り回っているような日もやはりあります。

さて、アイルランドに暮らしていてよく聞く言葉に「Humble」というものがあります。
形容詞で、「慎ましい」とか「質素な」、「謙虚な」、「控えめな」という意味の言葉です。
アイルランドでは、ひたむきに生きる人々、自己を抑えて他人を気遣える人々に対し大変な敬意を表します。まるで、Humbleであることが彼らの道徳のようです。

Humbleに生きる。
回りの人たちをどれだけ気遣い、自分の欲に翻弄されず穏やかでいられるか。

ん。これ、今年の目標かな?よーし。

今年は何をしようかな。
家族の食卓を支える野菜作りにも時間をかけたいし、友と音楽も楽しみたい。毛糸を使って新しい作品も作りたいし、糸紡ぎの世界にももっともっと踏み込んでみたい。入居して10年になるこの家を少しずつ完成に近づけていきたいし、発酵食品のことももっと知りたい。やりたいことはたくさんあります。
そしてそんなことを、皆さんとも共有できたら嬉しく思います。

ゆっくり、Humbleに。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
アイルランド田舎生活 望月えりか

オコナー家遠景2018年12月

家から少し歩いた丘から、冬の午後に撮りました。左に見えるのが我が家です。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.07.14 00:26|ごあいさつ / ご案内
2週間ほど前に不定期便でご案内をさせていただきました、東京の台所の番外編「アイルランドの台所」@朝日新聞デジタル。
我が家の台所が取り上げられ、おかげさまで大変な反響をいただいているそうです。読んでくださった皆さん、ありがとうございました。
さて、隔週で更新される大平一枝さんの記事、我が家の台所の後編が今週水曜日、7月11日(水)付でデジタル掲載されました!
引き続き、ご拝読いただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願いします。

東京の台所 番外編:<アイルランドの台所 2>

台所、という言葉が好きです。
私はアイルランドという英語圏に暮らしているせいなのか、日本語で話す時でも無意識に「キッチン」と呼んでしまうことが多いのですが、最近は気づいたら「台所」という言葉を使うようにしています。
台所というのは、その人のなりや暮らしが反映される空間のようです。家の中にはリビングスペースやバスルーム、寝室などほかにも部屋がありますが、台所は最も生活の匂いのする場所ではないでしょうか。
どんな家族構成なのか、普段どんな料理をするのか、誰が食事を作るのか、どんな好みなのか、何を大切にしているのか。

大平さん写真

英語でよく「You are what you eat」というフレーズを聞きます。
あなたが食べているものがあなたという人そのものなのだ、食べ物があなた自身を作っている、というような意味ですね。転じて、自分を大切にしたいなら自分の食べているものに注意を払いなさい、という教訓でもあります。

最近は料理ができない人や忙しい人たちのためのサービスも多様化が進み、料理代行やらテイクアウト、出来合いのおかずなどがお金を出せばすぐに買えるそうですね。

失われつつあるが失ってはいけないもの。忘れられそうで忘れてはならないこと。

大平さんの記事を一つ一つゆっくり読んでいくと、そんなことが確信にも近い力で迫ってきます。
今後のご活躍に期待させていただくと同時に、今回このような形でお会いできましたことに心から感謝しています。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links