2013.12.16 22:13|アイルランド面白情報
ハロウィーン前からクリスマス商品が出始めるアイルランド。「ちょっと気が早いんじゃないの~?」と思っている間にも時は過ぎ、気がつけばもうクリスマスまであと10日を切っています。
今や町中はクリスマスのデコレーションで彩られ、多くの家はクリスマスリースや色とりどりのライトで飾られています。アイルランドの人々にとって、一年間で最も大切な日と言える12月25日が来るのを待っているのです。

今年のクリスマスに向けて、夫がどうしても作りたかったものがあります。
それは、クリスマスケーキ。

去年、このブログで「アイルランドのクリスマスディナー」という記事を書きましたが、その中にも登場したアイルランドの伝統的なクリスマスケーキです。
これを「今年は自分でも作る!」ということで、パンパカパーン。

クリスマスケーキ2013 (7)

初挑戦のクリスマスケーキがおいしく焼けて、ご満悦のパットさん。いよっ!

夫は母からケーキのレシピを教えてもらい、分量を半分にして(義母の作るクリスマスケーキはとにかく大きいので)作っていました。

私にとって、クリスマスケーキといえばなんと言っても日本の母が毎年作っていた「ブッシュ・ド・ノエル」が定番です。

でも、「アイルランドのクリスマスケーキ」とは、ドライフルーツのたっぷり入ったこちらのケーキ。
市販でも売られていますが、「クリスマスケーキは家で作る」というアイルランドの一般家庭は今でも多いのではないでしょうか。

クリスマスケーキ2013 (3)

この手のフルーツケーキは、ベーキングパウダーや重曹といったものを入れずに卵の力で膨らませます。
バター、砂糖(黒砂糖を使う)、卵、小麦粉の順に入れて、なめらかになるまでよく混ぜます。
ここに、レモンとオレンジの果汁と皮のすりおろしたものも加えます。

クリスマスケーキ2013 (2)

コツはいくつかあるようですが、ドライフルーツのたっぷり入ったクリスマスケーキはいつでもおいしいものです。
ケチらず、贅沢に!
フルーツは、レーズン、カレンツ、サルタナ、アプリコット、デーツなど。
夫はこのドライフルーツをボウルに入れて、ラム酒を十分にふって一晩漬け込んでいました。焼きあがったケーキを口にふくむとラム酒の香りが広がって、とてもおいしいです。

他にもチェリー(写真の中の赤いもの)、クルミ(ほかのナッツ類でも)、それにシナモン、ナツメグ、クローヴなどのスパイスパウダーを入れます。

クリスマスケーキ2013 (4)

フルーツ類を混ぜたところ。
まんべんなく混ぜることが大事ですが、一番肝心なのは生地の加減。生地が重すぎると膨らまないし、水っぽすぎるとフルーツが生地の中で沈んでしまい、底にたまる結果となります。

クリスマスケーキ2013 (5)

型にきれいに流し込んでいきます。
夫は自己流で軽く煎ったアーモンドをトッピングしていました。ケーキの真ん中を少しへこませると熱の通りが良くなります。
型用シートは敷くのが面倒なので、我が家はいつも使い終わったバターの包み紙を再利用しています。表面にはまだバターがついているのでケーキが焼けた時にきれいに剥がれる優れもの。このアイディアも、義母からの直伝です。

140度のオーブンで1時間半焼きます。かなり低温なので心配になりますが、じっくり時間をかけて焼くのもこのクリスマスケーキのコツです。ケーキのサイズが大きい場合は4時間以上焼く、と書いてあるレシピもあるようです。

そんなわけで見事完成したパットさんのクリスマスケーキは中までしっとり、フルーツやナッツ、すべての材料が一つのハーモニーになって、まさに絶品!

焼けた翌日から私たちは食べ始めてしまいましたが、普通アイルランドのクリスマスケーキはクリスマスの4~6週間前に作ります。スポンジケーキなどとは違い、焼きたてよりも時間をかけて熟成させたものがおいしいとされるのです。1週間に一度は室温のケーキを取り出して、ウィスキーやラム酒をふりかけます。これを数回行うことでケーキはよりしっとりして、アルコールとお砂糖のおかげで日持ちもし、クリスマスが来る頃には最高の味に仕上がっているのです。

更には、ケーキの表面にアーモンドアイシングとホワイトアイシングで二重のコーティングをするのがアイルランド流。

アイリーンのクリスマスケーキ2013-1
(義母が毎年作る特大のクリスマスケーキ)

甘みもしっかり、フルーツを惜しみなく使った、何とも贅沢なケーキです。
クリスマスよ、早く来い!

アイリーンのクリスマスケーキ2013-2

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

Twitter

facebook

カテゴリー一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク