FC2ブログ
2021.02.06 01:04|アイルランド的生活
こんな辺鄙な場所に暮らしていても、今やいよいよ必要不可欠となってきたのがインターネットです。

去年から子どもたちの学校の宿題がすべてオンラインによる提出となり、リラもショーンも宿題を終えるとそのページを自分たちのスマートフォンで撮影、それぞれの科目の先生に送信します。
それが、我が家のブロードバンドはときどきとてつもなくスピードが遅く、何分待っても送れない時があると子どもたちが文句を言うのです。確かに動画を観ていても途中で止まってしまったり、日本の両親とのビデオチャットの画像が粗く、こちらもプチンと途切れてしまうことがしばしば。

オンラインによる作業が増える一方の最近の生活に、とうとう限界がやってきたのでしょうか。

とは言え、我が家はフィークルの村からもタラの町からも車で10分という中途半端な立地で、電話回線を使ったブロードバンドは使い物にならないことが分かっています。現在の我が家のブロードバンドは携帯電話会社が提供する無線のものですが、こちらも不安定でいつもドキドキしながら使っていたのです。

何人かのご近所さんに相談してみると、どうやら私たちの暮らすこの地域で唯一、優秀なサービスを提供してくれるプロバイダーがあることが分かってきました。
BBネットという会社で、なんとここクレア州に拠点のあるローカルビジネスです。

携帯電話会社のブロードバンドを使っていた時に、カスタマーサービスに電話をしたらインドのどこかにあるコールセンターにつながり、インド訛りの英語を聞き取るのに難儀し、こちらの言っていることも理解してもらえているのか分からず、これのどこがサービスなのかと憤慨した経験がありますが、BBネットに電話するとシャノンにあるオフィスの女性と話すことができました。それもクレア訛り。これはとても嬉しい。

電話口の女性によると、まずはエンジニアの人が来てくれて、シグナルを受信できる立地かどうかをチェックしてくれるとのこと。
「このところ新規のお客さんがすごく多くて忙しいので、2週間ほどお時間いただきます」

新しいブロードバンドを待ちわびる子どもたちは2週間と聞いて不満そうでしたが、まあ急ぐこともないでしょう。

すると、それからわずか数日後にBBネットのエンジニアさんから電話が。

「ちょうど東クレアにいるからお宅に伺おうかと思ってるんですけど」

「午後はずっと家にいますよ。僕たちの家はね、グランドゥリーにあるんだけど。ラウドン家、分かる?」

「ああ分かりますよ、あの家にもブロードバンド入れたからね」

「彼らの家の横を入っていく道路に面してるんだよ」

「ああ、あの道ね、知ってるよ。じゃああとで」

このエンジニアさんはダレンさんという方で、話してみると西クレアの海沿いの村に住んでいるのだとか。
エンジニアと言ってもコンピューターだけに通じているわけではなく、ダレンさんのバンにははしごが乗っかっています。

「このエリアをカバーしているシグナルは、あの山の近くから来てるんですよ。ほら、マッカーシーの家、分かります?その近く。お宅は丘の上に建っているしこの方角の見晴らしもいいから、ちょっと屋根の上に登らせてもらって確認させてください」

ダレンさんは大きなスチール製のはしごをバンの屋根から取り外し、我が家の屋根を登り、あっという間に煙突横に到達。

「うん、やっぱり肉眼で見えますね。シグナルは相当いいはずですよ」

やったー!

「ただね、ほらそこ、その樺の木かな、枝が少しじゃまだなあ。右から3番目の樺の木の、蔦が絡まったように見える枝が2~3本あるでしょう。あれを切ってくれれば、更にいいシグナルが期待できますよ」

え、ブロードバンドのために、木の枝切るの?

夫のパットさんもひょうひょうと「分かった、じゃああの木の枝切り終わったら連絡しますよ。ありがとう!」

翌日。今度は我が家のはしごを担いでパットが登る番です。樺の木に立てかけ、ダレンさんに言われた枝をのこぎりでぎこぎこぎこぎこ。

ブロードバンド

シャノンのオフィスに電話をして、ダレンさんに言われた木の枝を切ったことを報告。すると後日ダレンさんがまた来てくれて、木の枝がなくなっていることを確認後、我が家の煙突に特別なアンテナを設置、リビングルームにルーターを接続してくれて無事契約完了となりました。

スピードのデータも見せてくれて、「もう今オンになってますから、すぐ接続して使えますよ」

やったー!

で、肝心のスピードは・・・

アプリをインストールするのに数分かかっていたのが、BBネットにしてからはわずか数秒で完了。
市内の回線に比べたら劣るのかもしれませんが、私たちにとっては夢でも見ているかのようなスピードです。

は、速い~!

クリスマス休暇後、アイルランドの学校は結局再開がかなわず、授業はすべてオンライン。子どもたちのフィドルのレッスンもオンライン。年内にBBネットに切り替えておいて正解だったようです。

それにしても、ブロードバンドというテクノロジーのために顧客が木の枝を切るとはいかにもアイルランドの田舎らしい。思わずふふっと笑ってしまうエピソードでした。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.11.06 22:53|アイルランド的生活
12歳になる息子のショーンは、2年ほど前から床屋さんに行くようになりました。それまでは自宅でパットさんがショーンのヘアカットを担当していたのですが、「ほかの子たちと違う」だの「長すぎる」だのと不平を言うようになり、髪を切る日になると必ずと言っていいほど親子でけんかモードです。

仕方なく、親しくしているママ友さんに「ねえ、近くでおすすめの理髪店があったら教えてくれない?」と訊いてみると、「エニスに行けば、腕のいいバーバーがいくつかあるわよ」ということで、2軒ほど名前を教えてもらいました。

images.jpg

そのうちの一つはどうやらエニスの町に入っていく途中にあるらしい。それなら便利だわという理由でここに入店して以来、ショーンも気に入り、ずっと通い続けています。
町中から少し離れた住宅街の近くにあるこの床屋さん、その名もハウス・オブ・ハンサム(House of Handsome ハンサムくんの家)。

ここは美容院ではありません。男性向けの小ぢんまりとした理髪店で、私たちが行く土曜日にはたいてい2人の若い男性スタッフが働いています。日曜日と月曜日はお休み。シャンプー台はなく、あくまで髪の毛(と、成人男性の場合はひげ)を切るのが彼らの仕事。良い意味で、シンプル極まりないビジネスです。
事前予約は一切なく、入店した順番で切ってくれるのもいたって合理的。

ショーンのヘアカットを担当してくれるのは、両腕に大きなタトゥーの入ったこわもての大柄な男性です。ぱつんぱつんのTシャツにスキニージーンズ、一見ぶっきらぼうですが、初めて入った時にはショーンと一緒に私のことも呼んでくれ、「頭のぐるりはこのぐらいの短さかなと思うんだけど、いいですか。てっぺんの髪の毛はこうやって切って、前髪は横に流す感じを考えてますけど」と、とてもていねいに説明をしてくれました。

ものの15分ほどで見事にヘアカットを仕上げると、ドライヤーとワックスを使ってきれいに髪を整えてくれます。さすがプロ!これで10ユーロなり。支払いを済ませると、「ロリポップ(小ぶりの棒付きキャンディー)ほしい?ほら、そこに座ってる君の姉ちゃんにも1個」と言って透明の大きなコンテナから手渡してくれるのがお決まりです。

最初の頃は会話なし。ショーンは黙りこくり、理髪師くんは黙々と散髪に専念。しかし何度か通ううちに「今日はどこの学校に行ってるのか訊かれた」「ハーリングはするのか、って訊かれた」など少しずつ話すようになってきたようです。
今では顔をおぼえてくれているので、相変わらず笑顔はありませんが、あごをしゃくって「ほら、君の番だよ、こっちに来いよ」サインをよこすようになりました。それに従い、しなしなと理髪師くんのもとへ歩いていくショーンの後ろ姿。まだまだかわいいなあ。

ある時などは理髪師くんのお友だちと思しきメンバーが2~3人ぞろぞろと店に入ってきたかと思うと、コカ・コーラのペットボトルなどを飲みながら窓際に腰かけて仕事中の理髪師くんとおしゃべり。エニスのサッカークラブの話、昨夜みんなでディスコに飲みに行って誰がどうした、などという話を楽しそうにしています。髪を切られているお客さんももう一人の男性スタッフも、気にかける風はありません。節操のあるお友だちは長居せず、しばらくすると「じゃーねー」と去っていきました。
お堅いことは言いっこなし。誰に迷惑をかけているでもなし、何より仕事はきちんとこなすので誰も文句は言わないのですね。

床に散乱した髪の毛は、ヘアドライヤーで適当にぶぅんぶぅんと店の隅っこに飛ばしたり、足で蹴って脇にまとめ、あとで処分する様子。お店全体は明るく清潔だし、大ざっぱだけどこれもよし。

ハウス・オブ・ハンサムには、お母さんに手を引かれた2歳か3歳ぐらいの小さな男の子から年輩の男性まで、あらゆる年齢層が髪を切ってもらいにやってきます。ほとんどみんな常連客らしく、親しげにずっとおしゃべりをしていることも。客足が途絶える様子はありません。繁盛しているのです。

サービスを受ける時というのは、改まった接客をされればされるほど私などは身構えてしまいがち。かえってこの放ったらかし加減がとても開放的で快適に感じます。シンプルによい仕事をしてくれれば、お客さんも気持ちがいいもの。マニュアル第一のごとく、歯の浮くような会話を強要されるほど苦痛なことはありません。

好きだなあ、この自然なスタイル。

世の中には、無駄なサービス、なくなったほうがいいサービスがきっとたくさんあるんだろうな・・。それに費やすお金と時間と労力。

効率よくいい仕事をするって、どういうことなんだろう。

理髪師くんたちの仕事ぶりを何気なく眺めながら、そんなことを考えてしまうのでした。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.05.26 07:39|アイルランド的生活
私の住んでいる東クレア地方には海がありません。クレア州自体はアイルランド西部なので海岸があり、ここはもう大西洋なわけですが、私たちの家から海までは車で1時間ほどかかります。

それでも、カラッと晴れた夏日には子どもたちに水遊びをさせてあげたいなあと思います。子どもたちだけでなく、私たち大人も一緒になって泳ぎたいなあと思うのです。

そんな内陸に暮らすアイルランド人たちの選択肢は何かというと。
湖で泳ぐこと。です。
海は遠くても、湖なら大小いくつもあるのがアイルランドの風土の特徴です。

そんなわけで、近くのグレイニー湖にやってきました。

White sand Apr 2017 (17)

実はこの日はまだ4月下旬。気温は20℃以下でしかも曇り。
「ママは絶対泳がないからね、凍えて死んじゃうよ」
それでも水遊びをしたい子どもたちは、いそいそと水着に着替えて泳ぐ気満々です。タフだわね~。

White sand Apr 2017 (16)

近所の子どもも一緒に連れて行きました。水の冷たさにきゃあきゃあ言いながらも、どんどん水に入っていきます。

去年の夏に気温が25℃以上まで上がった時には、地域の友人らと誘い合わせて私も湖で何度も泳ぎました。
在アイルランドの日本人の友人とそんな話をしていたら、「エリカさんすごい!私はアイルランドのこの気候では寒くて絶対に泳げないわ!」と言います。確かに日本人の感覚だったら、この気温と水温で泳ぐのは気違い沙汰かもしれません。私が初めてアイルランドを訪れたのは7月のことでしたが、ダブリン郊外の浜辺で老夫婦がさっそうと水に入っていくのを見て愕然としたものです。私は皮のジャケットを着ていたから、決して暑い日ではなかったはず。

アイルランドに長年住んでいると、寒さに強くなるのでしょうかね。

White sand Apr 2017 (2)

このグレイニー湖は比較的大きな湖で、カヌーやボートを楽しむ人の姿もあります。
緑に囲まれた大変美しい湖です。

White sand Apr 2017 (3)

砂浜に寝転がって本を読みました。
なんて静かで平和な場所でしょうか。なんて贅沢な時間でしょうか。
4月も後半に入ったこの日、グレイニーの湖畔で今春初のカッコーを聞いたのでした。


Erika Moc O'Connor@Twitter
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2015.04.01 08:37|アイルランド的生活
アイルランドのジュエリーと言えば「クラダリング(Claddagh Ring)」が有名ですね。
クラダリングとはアイルランドの伝統的な工芸品の一つで、その愛らしいデザインから世界中にファンを持つ指輪です。
クラダリング
クラダリングの歴史は古く、由来にはいくつかの説がありはっきりしていませんが、アイルランド西部のゴールウェイが発祥の地で、今でもゴールウェイに行くとクラダリングの専門店があったりします。
クラダ(Claddagh)はアイルランドに古くからあった漁村の名前で、今ではゴールウェイ市に統合され都心の一部となっています。

アメリカ人の中年女性の観光客が「昨日ギフトショップで買いました!」というようなコテコテのアランセーターなどを着て歩いていたりすると、私はなぜかちょっと恥ずかしくなってしまうんですが、クラダリングも同じような危うさをはらんだアイルランドのお土産品の一つです。
なかなか着こなせないというのでしょうか、さまにならないんですね。

しかし。
クラダリングをごく自然でさり気なく身につけられる人たちが、アイルランドにはちゃんといます。

私の義母も、その一人です。
亡くなった義父からもらったクラダリングをいつもしています。
何を主張するでもなく、ただ彼女の指にはまっているクラダリング。言われなければ気づかないほど、当たり前にそこにある。そんなクラダリングです。

さて、こうしたアイルランド人のクラダリングは、シルバーではいけません。
クラダリングと言えば、当然ゴールドでしょう。

クラダリングに限らず、アイルランドのジュエリーは基本的にゴールドです。ネックレスもピアスも指輪も、ゴールドのものが圧倒的に多いです。アイルランド人の肌色にも、シルバーよりゴールドが合うように思います。

また、クラダリングにはいろいろなデザインがあり、ハートの部分に天然石の入った華やかなものもあります。しかし、アイルランド人がしているクラダリングは、これとは裏腹にいたってシンプルなものが多いです。
クラダリングゴールド
こういうのですね。

飾り気のないクラダリングをさり気なくしているアイルランドの人々は、概して上の世代の人が多いです。
あまりに普通の人々がしている指輪なので、「クラダリングはおしゃれ」という印象を正直まったく受けません。
むしろ、クラダリングをしているアイルランド人はオールドファッションな人が多いです。

さて、私が個人的に一番クラダリングが似合うと思っている人たち。
それは、アイルランドの男性たちです。

先日も、一人見つけてしまいました、クラダリングの似合う男(ひと)。

年は50代中盤。ゴールウェイ出身。
アイルランド語が堪能で、熱心なカトリック教徒。アイルランドの伝統音楽をバンジョーで演奏します。

そんな彼の指に、ゴールドのハートがやたら大きい平べったい作りのクラダリングを発見。

・・・か、かっこいいわね~。

私は、ちょっと古風で本当の意味で最も典型的なアイルランドの男性がしているクラダリングが、一番好きです。
彼らをのぞいて、クラダリングのこんなに似合う人たちはほかにいません。

さて、クラダリングはつけかたによって意味が変わるとはアイルランド好きの方のよく知るところかもしれません。
王冠を下に向けてはめると「独身」または「恋人募集中」という意味になるということで、「あら面白い」とつい試したくなりますが、実際にこの向きでクラダリングをつけているアイルランド人に、私は会ったことがありません。逆さにつけているのはほぼ100%外国人というのは、クラダリングにまつわる話が一人歩きしてしまった結果なのでしょうか。

アイルランドでクラダリングをさり気なく身につける。こんな難しいことって、なかなかありません。



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2015.03.06 09:14|アイルランド的生活
車で10分ほどの町タラ(Tulla)にある小さなスーパーマーケット。ここにある掲示板を何気なく見ていたら、こんな貼り紙が。

田舎 (1)

あらまあ大変、牛が3頭盗まれたようです。誰か見てませんか~、この3頭。

町の中心には、ほかにもお店が数軒あります。

田舎 (2)

昔からある建物を、つぶさずに修復しながら使っています。

レジの近くにはこんなものも。

田舎 (3)

昔はこの秤とおもりで商品を量って売っていたのでしょうね。
お店はいずれも農機具や工具を扱っています。こんな田舎だと、それぐらいしか商売になるものがないのです。あとはパブでしょうか。

こんな田舎って、どんな田舎?こんな田舎です。

田舎道 (2)

数日前に少し雪が降りました。近所に住む女性に相談ごとがあったので、雪道を一人で歩きます。

農家のマクナマラ家のポーチで、農夫のジェイピーとマイケルがおしゃべりしています。私に気がついて手を振るお二人。おはようございます。

田舎道 (10)

牧草地に放たれたジェイピーの牛は、ちょっと寒そうですね。まだ草は生えてきていないので、干し草がディナー代わり。でも、風よけにしてるわね。

反対側の牧草地にも、遠くに2頭の牛の姿が。歩く私の姿を見て「誰だろう?」と首をかしげています。

田舎道 (6)

用事も済んだし、家に帰ろう。この道に入ればもう数分で我が家です。

田舎道 (1)

この村に暮らし始めて、12年目の春を迎えています。



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と5人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links