FC2ブログ
2019.06.12 14:02|アイルランドで子育て
私は神奈川県横浜市北部の団地で育ちました。緑のあふれる住宅地で、子どもの頃は近所の子たちや同級生らと一緒に、自転車に乗っていろいろなところに行ったものです。親が付き添うなんていうことはもちろんなく、むしろ私たちがどこにいるかを知っている親は、当時いなかったのではないでしょうか。
小学校の後ろにあった、マムシの出る「裏山」。ナマズのいる池がいくつもある早野、竹林に入ってたけのこを見つけたり、おたまじゃくしやフナなどを川でたくさん取ってきて母に「これを一体どうするつもりなの」と怒られたり。秋には林の中に一本だけあった栗の木の下に栗がたくさん落ちていて、靴を履いた両足で器用にイガを外して持ち帰りました。

寺家町2012 (1)
(日本に帰省中、実家からほど近い寺家町にて)

私の世代は、初めて電子ゲームが登場した時代とも重なります。
ハドソン、ファミコン、スーパーファミコン、スーパーマリオにテトリス、ドラゴンクエスト。

そんなのも、親の許す限りの時間、やっていました。
でも不思議。今、こうして大人になってから自らの子ども時代を振り返ると、あんなに夢中になってやっていたゲームの内容はほとんど覚えていないのです。

それよりも、鮮明な記憶として刻み込まれているのは、外遊び。
それも、私にとっては自然の中で遊んだ思い出が、最もビビッドによみがえります。
きんもくせいの花の匂いやヤマモモの味、ぬめっとしたおたまじゃくしをつかんだ時の感触、カマキリの卵のふわふわ感、すすきの葉で作った切り傷が痛かったこと。
それほど活発な子どもではなく、むしろ家の中で遊ぶことが多かった私なのに、どういうわけでしょう。

hsuckle20105.jpg
(ハニーサックルの脇に座りこむ、幼き我が子たち)

今思えば、私の両親は弟と私に自然と触れる機会を実にたくさん与えてくれました。国内旅行先での海水浴や磯遊び、登山にキャンプ。小学校の夏休みには、毎年ほぼ欠かさず母の故郷である福島県の農村に遊びに行き、いとこたちと走り回っていました。

そんな子ども時代の思い出は、10代になり、学校が変わり、やがて成人する頃にはすっかり過去の記憶となっていたのです。
アイルランドに住みたいという欲も希望もまったくなかった私が、運命か、はたまた必然か、今こうしてこの地に巡り合い、私なりに根を張り、国は違えども大自然に囲まれた田舎で生活を送っています。

竹船遊び (1)
(パットさんがショベルで掘って作った池で、日本の母に教えてもらった竹舟を作って遊ぶ)

ここに暮らしていると、子ども時代の記憶がよみがえってきます。それはまるで、子どもの頃の一つ一つの経験が、今の私とつながっていくかのような感覚。時にはすっかり忘れていたようなこと、例えば福島のおばあちゃんが副業で蚕(かいこ)さんを飼っていて、離れの納屋でまゆから絹を取る作業をしていたことなどを、糸を紡いでいる時に思い出すのです。
畑の野菜を見ていてもそう、近所の農家の家畜の世話や、植物を観察していてもそう(英語から日本語にする作業は伴いますが)。

自分を作るもの。
私の栄養となり、糧となったものって、こういうことだったのかな、と思います。
私は親として、我が子どもたちに同じような栄養をあげられているかな。
そんなことを考えながら、子育てはまだまだ続きそうです。

望月えりか 初の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店で販売中
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.06.07 07:33|毛糸と私
今年の3月にようやっと仕上がった、アイスランドのセーター、ロピ。その後もお気に入りの一枚として大活躍しています。編み込みが胸元にあるからなのか、とにかくあたたかいセーターで、着こめば着こむほど私の体型になじんでくる気がします。

編みかけのこのセーターが、我が家に来ていた友人の目にたまたま留まったそうなのです。普段は連絡などし合わない彼女から突然電話をもらい、早口で「エリカの紡いだ毛糸でセーターを編んでほしい。料金はいくらかかっても構わない。エリカのセーターと同じような、胸元に色模様のあるスタイルのセーターがいい」という注文。

私にとって、家族以外の人のために編む、それもお金をいただいて編む、初めてのセーター。

そんな技量が今の私にあるのかしら?
迷いはしたものの、相手は気心の知れた友人。もしかするとこんな形でスタートするのが一番いいのかもしれない。この縁が、これから進むべき道を示してくれているのかもしれない。
彼女の希望を聞いて、色を決めて、寸法を取って、と初めてのことだらけで緊張しましたが、数週間かかってどうにか一枚のセーターを仕上げることができました。

ロピ2枚目 (1)

赤い毛糸以外、すべて私のご近所さんからいただいた羊毛を紡いで作った毛糸です。
羊の色のみで編んでもよかったのですが、彼女の顔や表情を見ていて「ここに赤がほんの少し入ったらいいのかも」と思い、去年のクリスマス前に近くにあるスタイナースクールのフェアで購入した深紅色のウールを紡ぎました。

ロピ2枚目 (3)

自然な色合いの手紡ぎ糸に、ビビッドな赤が効いている。よし、私の勘は間違ってなかったぞ!
ああ、このセーター、私がほしいくらいかわいい!

ロピ2枚目 (2)

編みかけの状態で何度か彼女を訪ねて試着してもらい、微調整を経て完成したセーター。完成後も、一度「襟元をもう少し広く」ということで手直ししました。これも、近くに住む友人だからできること。
オーダーメイド、というのでしょうかね。

お店で販売されている毛糸を使った編み物も楽しい。でも、自分で紡いだ毛糸で一度編み始めてしまうと、未だかつて感じたことのない充足感があります。満たされたこの気持ちは、まぎれもなく、幸せという気持ち。

当の友人には大変喜んでもらい、私にとっては貴重でやりがいのある手仕事となりました。
セーターを編むのはやっぱり楽しいな。

6月はアイルランドの初夏にあたります。畑仕事も忙しくなってきたこの季節、今年はまだまだ編み物プロジェクトが山積みです。
そして、糸を紡ぐ時間も、実は近頃増えているのです。あれ?今までは冬の作業だったのに?
紡ぎを取り巻く私の環境が、ここ数か月で少し変わってきたからでしょうか。次回また、そんなこともお知らせできればと思います。

望月えりか 初の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店で販売中
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.05.18 00:43|地域コミュニティー
隣人が数週間前に転んで足を骨折してしまいました。地域看護師さんがシャワーを手伝いに来てくれたりしているようですが、一人暮らしなのでちょっとしたことにも難儀するようです。私たちもひんぱんに彼女の家を出入りしては、手を貸しています。

「数日前からひどい頭痛なのよ」という隣人、「行きつけのお医者さんに薬を出してもらったのだけど、それを車で取りに行くなんてこと、エリカに頼んでもいい?」と電話があり、今朝ひとっ走りして隣町のスカリフまで行ってきました。

スカリフまでは車で20分ほど。
お医者さんに行くと受付の女性がすぐに小窓を開けて対応してくれました。
「あの、私の隣人のために来たんです。今朝ドクターに電話をして薬を処方してもらったそうなんですが、本人は取りに来られなくて」と事情を話すと「ああそうなのね、いいですよ。彼女の名前は?」
受付の女性も私の隣人の名前がすぐに分かって、「ああ彼女ね、はいはい、これが処方箋。ご苦労さま!」

アイルランドの公園 (8)
(スカリフに流れる川沿い)

処方箋を手に持って、歩いて数分の薬局へ。週末前だからでしょうか、今日はいつもより混んでいます。しばらくして順番がまわってくると、対応してくれたのはお互い顔見知りの薬剤師さん。彼女の娘さんはアイルランドの伝統的なステップダンスが上手で、数年前までよく村のパブにお披露目に来ていたのです。「こちらの薬、お願いします」「OK、ちょっと待っててね」

「娘さんは元気?」なんていう会話をしてもよかったのだけど、今日は時間がないので薬を受け取ってサインをし、「ありがとうございます」「ありがとう」とあいさつをしてから早々に店を出ました。さて、スカリフに来たついでにいつも通っているオーガニックショップへちらっと寄ろう。今日はあたたかいしお天気も良いせいか、お店のドアは全開。足を踏み入れると、リサがカウンターで働いています。今朝入ってきたらしい焼きたてのサワーブレッドを並べているところでした。「ハイ、リサ」「ハイ、エリカ」
彼女は私のご近所さんの妹さんで、よく遊びに来ています。彼女の子どもと我が子どもたちもよく遊び、仲がいいのです。「いいお天気よね」「本当に。気持ちがいいよね」こちらも、時間があればもっとおしゃべりしたかったけれど、今日は隣人に早く薬を届けたいし、また今度。
野菜を販売するコーナーを少し覗くと、ここにもお店のスタッフさんが在庫の整理をして働いていました。名前も知らない人ですが、「お元気?」「ええありがとう、そちらは?」「元気です」とあいさつ。
一人で買い物をしていても、口を開かずにできる買い物はありません。

買った商品を袋に入れないお店も多いアイルランド。近隣で手作りされているオーガニックの固形石鹸3個と、パットさんがいつも作っているムーズリに入れるオーガニックのスペルト麦のポップを片手で抱えるように持って、駐車した場所まで歩きます。地元の人らしき女性が、薬局の前で立ち話をしています。道路を渡ると路上に一時停止した車の窓が開いていて、そこに男性がよりかかるようにして運転手の男性とおしゃべりしています。それを歩道でのんびり眺める男性が、道すがら「Good morning」とあいさつをしてきたので、私もすかさず「お元気ですか」と返します。あいさつは、知らない人にもするのが当たり前。すれ違ったり、たまたま目があったりした時には「どうも」とお互い声をかけ合うのが、アイルランドの田舎の常識です。

隣人の家を軽くノックしてから、ガチャッと勝手にドアを開けます。名前を呼ぶと奥から声がして「エリカー?今バスルームにいるの、入ってて」
大事な薬を渡し、ついでに洗ったばかりのパジャマを外に干し、きれいなグラスをキッチンから持ってきて水を入れてあげます。おしゃべり好きの隣人なので、いつも去るタイミングを逃す私。そのうち、カッコーはちゃんと鳴いてるの?からはじまり、鳥の話を延々しました。「隣のアレックスにも訊いたんだけどね、『さあ、分かんないなあ。意識して聞いてないから』って言われてね。エリカとパットだったら絶対分かると思ったの」
「もう2週間以上前から鳴いてるよ。毎日聞こえるし、特に夕方はよく鳴くよね」

それから、隣人の納屋に巣を作ろうと入ってきているのはツバメだけではなく、種類の違う鳥も出入りしていて、ときどき外でけんかをしているのだそう。「あの鳥の名前なんて言うんだったっけ」と言って、彼女の箪笥の上に置いてあった野鳥の一覧表を二人で眺めました。「ああ、この鳥だわ、胸元が黄色いの。シジュウカラね」

地域に暮らすって、こういうことなんだよね。ただ家を借りたり買ったりして、そこに間借りしているわけじゃない。同じ土地に住む人とあいさつを交わし顔なじみになって、少しずつお互いを知るようになり、いつの間にか自然にゆるくつながっていく。
お互い困ったことになったら、できる範囲で手を差し伸べる。一人暮らしでも独りじゃない。こんなに静かで、人口も少なく家が点在するような場所でも、いつもみんなの息遣いは聞こえる。何かあったら駆けつけてくれる人たちがいる。

夕刻時になったら、カーテンを閉めにまた隣人の家に行きます。

望月えりか 初の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店で販売中
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.05.09 06:27|ワイルドフード
いつか、誰かから「アイルランドのゼンマイも食べることができる」と聞いたことがありました。
私は日本の住宅地で育ったのでいわゆる「山菜」というものが身近になく、テレビのニュースで山菜狩りを旬の行事として眺める程度でした。ですから、「ゼンマイ」という食べ物も聞いたことはあったし、大人になってからはそれがシダ植物の新芽らしいことも理解はしていたのです。アイルランドは雨量が多く、年間を通して湿度が高いせいか、じめじめとした土地を好んで自生するシダがとっても元気です。我が家の敷地内にも、垣根に沿った日陰や木の根元など、それこそそこらじゅうにシダが生い茂っています。

ゼンマイの収穫2018 (8)

シダ植物は最古の陸上植物として知られており、世界中にいろいろな種類のシダがあるそうです。我が家の周りでは、毎年同じ場所の同じ株から芽が出てきます。

ゼンマイの収穫2018 (5)

ぐるぐる。ぐるぐる。
まるでアート作品のようだと思いませんか。

ゼンマイの収穫2018 (10)

このらせん状のゼンマイは、英語で「Fiddleheads」と呼ばれます。フィドル=ヴァイオリンの頭、つまりヴァイオリンのスクロールに似ていることから来ているのですね。確かにそっくり。

ゼンマイの収穫2018 (6)

どんな種類のシダでも食べられるそうですが・・・この毛むくじゃらくんを摘むの・・・?
日本のゼンマイとは明らかに種類が違うようです。周囲の知人に訊いてみると「そうよ!茶色い毛を取るのがやっかいだけど、頑張って」と言ってくれたので、自信を持って収穫です。

ゼンマイの収穫2018 (4)

台所で作業する私をちらりと見るパットさん、しばし沈黙。
「・・・あまり食欲をそそる光景ではないね」

指先を上下させてこするようにするときれいに毛が取れ、つるつるの肌が見えてきました。時間のかかる作業です。ひいひい。
さあ、このあとは重曹とお湯を使ってあく抜き処理をします。

お湯がみるみる赤みを帯びてきます。しばらく浸けておいてから水を捨て、きれいな水に取り替えます。何度か繰り返し、1~2日すると水が濁らなくなるので、これであく抜きの完了。

ゼンマイの収穫2018 (2)

あ、食べられそうな姿になってきましたよ!

今回は初めての収穫だったので欲張らず、量は少なめ。友人から教えてもらったレシピにならって、日本人らしくしょうゆ漬けを作ってみました。

ゼンマイの収穫2018 (1)

ご飯に少し載せて食べてもおいしいとのこと。まさに和のお味!
残ったゼンマイは、パスタの具としてもいただきました。淡白だけど独特の風味でおいしかったです。不審がっていたパットさんも満足満足。

ブラックベリー、きのこ、木の実、イラクサ・・・アイルランド不定期便のブログでは、今までさまざまな自然の恵み、ワイルドフードをご紹介しています。無料(ただ)で食べ物が手に入るんだからお得よね、というコメントも聞いたことがありますが、私の中にこの価値観はありません。それよりも、ワイルドフードの収穫は自分の暮らす土地を自分の足で歩く機会を与えてくれます。自分の暮らす土地を知ることで育まれる愛着心。きれいな空気をたくさん吸って、いろいろな種類の野鳥のさえずりから鳥の名前をおぼえ、ご近所さんと道端であいさつ。自然と自分の接点を再確認させてくれる時間は、私の暮らしの基礎を作ってくれるのです。

それにしても、今回は下処理がちと大変でしたね。アイルランドのゼンマイ・・・また収穫するかな~。どうかな~・・・。

望月えりか 初の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店で販売中
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.04.12 21:02|アイルランドで畑仕事
今年もツバメが帰ってきました。畑で仕事をしていたら、初めてカッコーを聞きました。長い冬が終わりを告げ、アイルランドに春がやってきました。

この冬、我が家は初めて野菜を買わず、初めて自分たちの畑の野菜だけで乗り切ることができました・・・!
私たちにとって、これはとても意味のあることです。それも、我慢をして辛抱して乗り越えたというより、あっさりとできてしまったのです。長年この土を耕し、肥やし、つながってきた末に得ることのできた、小さな幸せ。でも、とてもとても大きなこと。

4月の畑2019 (1)

食費が浮いたとか、節約、という価値観ではありません。自分の時間を使って仕事をし、その収入で見知らぬ野菜を購入する代わりに、自分の時間を使って、自分たちの土地で自分たちが食べるだけの野菜を育てることのできる幸せ。この時間の使い方を、大事にしたいと思います。

4月の畑2019 (10)

種を蒔くのが遅すぎたキャベツはまだ丸まってきてもいませんが、新しい葉は柔らかくおいしいので外側の大きな葉からもぎ取って、食べてしまっています。

4月の畑2019 (15)

去年の夏に種を直播きして、間引きもせずそのまま放置のにんじん。2メートル四方あるかないかの小さなスペースなのに、4月に入った今もまだまだ在庫が豊富です。大きいにんじんを見極めて、必要な時に必要な数だけ抜き取って使っています。

4月の畑2019 (13)

冬には頭部の葉が枯れていましたが、気温の上昇とともに新しい葉がどんどん出てきました。スープなどに入れてもおいしい。

4月の畑2019 (11)

去年の10月に植えたニンニクも、ぐんぐん葉を伸ばしています。キッチンには去年収穫したニンニクがまだまだあるから、収穫期を迎える夏まで十分に待てるのです。

4月の畑2019 (9)

おやおや、こちらは菜花?ケールがとう立ちして花が咲いてしまいました。野菜のとう立ちというとマイナスのイメージがあるかもしれませんが、私はわざととう立ちさせて花を咲かせます。花の近くまで寄っていくと、ありとあらゆる虫たちが、忙しそうに花の蜜を求めて集まってきています。中でも元気なのがミツバチ。養蜂をはじめてから、我が家の畑にやってくるミツバチの数が明らかに増えました。

4月の畑2019 (7)

虫たちのおかげで、野菜の花は結実し、やがて種ができます。このケールは私がわざわざ種を採取しなくとも、種が畑にこぼれて、しばらくするとあちこちで発芽してくれるのです。花が咲く前のものを摘み取って、おひたしにしたりそのままサラダにするとこれまたおいしい。春ならではの味がします。

4月の畑2019 (4)

花が咲く前と言えば、こちらもこのところずっと食べている野菜です。スプラウティングブロッコリーと言います。普通のブロッコリーと違い、こんな小さな蕾が放射状にできるので、これを摘んで食べます。子どもたちなどは、手でぽきっと折ってそのまま生で。摘めば摘むほど、どんどん出てくる嬉しい野菜です。

4月の畑2019 (3)

ビニールハウスの中ではいろいろな種類のレタスが元気。ルッコラやわさび菜、春菊なども。こちらも、こぼれ種で勝手に出てきたものが多いです。

4月の畑2019 (2)

アスパラガスは年々株が大きくなり、収穫量が増えてきました。この時期だけに食べられるごちそう。

じゃがいもと玉ねぎは去年収穫したものがまだまだある。
春は、イラクサなどのワイルドフードも収穫できます。
今年の畑に向けて、3月に蒔いたトマトやきゅうり、豆類などの種が次々と発芽し、サンルームの窓際を賑わせています。また楽しい季節がやってきました。

望月えりか 初の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店で販売中
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links