FC2ブログ
2018.09.19 23:40|アイルランドの文化 / 歴史
さて、先週お届けしました記事「紡ぎの会におじゃまします!」に登場した、紡ぎの会の会場となったこちらの場所。実はとっても面白い場所なのです。

皆さん、イェイツ(W.B. Yeats)という詩人の名を聞いたことはありますか。
アイルランドを代表する詩人、劇作家の一人で、1923年にはノーベル文学賞をもらっている文学界の巨人です。アイルランド文芸復興に貢献し、通貨がユーロになる前のアイルランドの20ポンド紙幣に載っていた人でもあります。

我が家からは車で30分強ほどの距離にあるこの石造りの塔、実はイェイツ一家の別荘だったのです。

イエーツに会いに行く (16)

塔の歴史は古く、15世紀にアイルランド全国に普及したアイルランド系ノルマンの建築様式が使われています。王族や貴族によって所有されていたのを1916年にイェイツが購入し、夏の間だけ滞在できるように改修したのだそうです。

イエーツに会いに行く (17)

今では季節限定で一般公開されていて、入場料を払うと塔の中を上ることができるようになっています。
先週ご紹介した紡ぎの会をはじめ、音楽コンサートなど地域のイベント会場としても使われることのある施設です。

塔のぐるりには川が流れており、イェイツの妻ジョージはよく塔の窓から釣竿を垂らして釣りをしていたのだとか。

イエーツに会いに行く (2)

回りには何もありません。聞こえるのは鳥のさえずりと風の音だけ。

イエーツに会いに行く (15)

イェイツはこの塔で数多くの作品を書いているそうです。こんなに静かで平和な空間なら、執筆活動もさぞかしはかどったことでしょう。ダイニングルーム、ベッドルームなどはそのまま残されています。大きな暖炉も、覗き込んでみるとまだ使えそうでした。

イエーツに会いに行く (27)

それにしても、昔の石の家は相当寒かったでしょうね。断熱材も何もなく、ドアや窓からは隙間風が入ります。アイルランドの冬は雨が多いので古い建物の室内は常に湿度が高く、壁や天井にもカビが生えるのです。

イエーツに会いに行く (25)

建物としてはとてもきれいなんですけどね。

イエーツに会いに行く (29)

らせん状の狭く暗い階段をぐるぐると上っていくのはスリル満点で楽しいものです。最後には屋上、つまり塔のてっぺんまで行くことができます。塔の回りは辺り一面緑の木々に覆われています。豊かな水の穏やかに流れる様子を、石の塔から眺める贅沢。
別棟の建物の煙突から、煙が出ているのが見えますか。塔の見学を終えて階下に戻ると、小さな暖炉に泥炭がくべてあり、あたたかな炎を見つめながら紅茶と手作りのケーキをいただきました。入場料には紅茶かコーヒー、それにお茶菓子がついてくるというとてもホームリーなスタイルで運営されているのです。

イエーツに会いに行く (23)

イェイツなんて、学生時代にイギリスアイルランド文学の授業で学んだっきり。
別名「イェイツの塔」と呼ばれるこの施設は、我が家から車でほんの30分強の距離です。別世界に生きたイェイツのような歴史的人物が、気づけば私の暮らしのごく間近にいる。イェイツ死没後80年近くが経っていますが、彼が見ていた風景は今とあまり変わらないのではないかしら。
森の静寂の中にしばし佇んでいると、まるでイェイツに会いに来たような錯覚に陥ります。

せっかくなので、彼の詩をここでひとつ。

「黄昏の中へ」(Into the Twilight) ウィリアム・バトラー・イェイツ詩集「葦を吹き渡る風」より(壺齋散人訳)

  わずかの間に擦り切れてしまった心よ
  真偽の網を潜り抜けて蘇れ
  もう一度黄昏の中で笑え
  もう一度朝露にため息をつけ

  お前の母なるエイレ(※)は老いを知らぬ
  とこしえに朝露が輝き 黄昏が広がる国だ
  たとえお前の希望や愛が崩れようとも
  いやさかる炎が燃え続ける国だ

  心よ 丘々が織りなすこの国に来い
  太陽と月 洞窟と森
  川とせせらぎとの
  神秘な友愛が栄える国に

  神は立ち上がって角笛を吹き
  時間と空間とがゆったりと広がり
  黄昏は愛よりもやさしく
  朝露は希望よりも高らかなこの国に

※アイルランド語でアイルランドのこと。エイラ(Éire)

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.09.12 23:22|毛糸と私
アイルランド不定期便の読者の皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
私は夏休みの後半に小旅行を終え、9月からは新学期ということで子どもたちの学校の準備に追われ、気づけば月も半ば、週に一度の更新を心がけている不定期便をご無沙汰してしまいました。

アイルランドは少しずつ気温が下がり、17度もないほどの気候です。木々は紅葉し落葉し、冷たい風の吹く短い秋がやってきました。
この季節になると、私は毎年毛糸の作業を再開します。
外の畑ではまだまだ収穫に追われる日もありますが、カウチに腰掛けて編み物をしたり、今年の冬に紡ぐ羊毛の糸のことを考える時間が少しずつ増えてくるのです。

ある日、エニスの町のはずれに暮らす友人から楽しそうなイベントを紹介してもらいました。
会場となる場所は、調べてみると我が家から車でわずか30分強。秋の柔らかな日差しが気持ちいい週末の午後、のらりくらりと田舎道を走らせ行ってきました。

会場に近づくにつれ、だんだん緑が濃くなっていきます。

イエーツに会いに行く (14)

まるで森の中のよう。
車を停めて歩いていくと、石造りの古い塔とそれにくっついた茅葺き屋根の建物が見えてきました。
ああ着いた着いた。

イエーツに会いに行く (12)

塔の回りには川が流れ、昔ながらのアイルランドの石の橋が美しく佇みます。

イエーツに会いに行く (22)

水量たっぷり、気持ちの良い眺めです。

開け放たれた木製のドアからは音楽が聞こえてきました。
建物の中に入ると地元の10代の子どもたちがチェロやヴァイオリン、フルートでクラシックの音楽を演奏しています。

しかし私の目的は、今日は音楽ではありません。

あ、いましたいました!

イエーツに会いに行く (21)

紡ぎの会の皆さんです。
私の友人はこの集まりに定期的に参加しているメンバーの一人で、今回この会場を借りて自分たちの紡ぎ車を持ち寄っての集いがあることを教えてくれたのでした。
私は自宅で紡ぐのが中心で、このような集まりに参加したことは今まで一度もありません。写真などで手紡ぎの毛糸を見る機会はあっても、こうして目の前で何人もの人々が異なる紡ぎ車で糸を紡ぐ様子を見たのは初めて。あまりの光景に感激してしまい、いつまでも心の躍るような時間でした。

写真を撮っても大丈夫ですか?と訊くと「全然構いませんよ」と快諾いただきました。

イエーツに会いに行く (19)

興味津々で見学させてもらっていると、皆さんフレンドリーに話しかけてくれます。
「私も紡ぎ車を持っていて、自宅で紡ぐんですよ」と話すと「どこに住んでるの?」「紡ぎ車のモデルは何?」「何を紡いでいるの?」とあちらも興味津々。話し込んでいくと共通の友だちがいたりして、話はさらに盛り上がっていきます。
こういう規模の小ささ、地域のサイズが人と人をつなげるのですね。

中には紡いだ毛糸や手紡ぎの毛糸で編んだ帽子を展示販売している人もいました。

イエーツに会いに行く (18)

化学染料は使わず、すべて植物で染めているのだそう。
なんて素敵なんでしょう!

紡ぐ女性たちとのおしゃべりは止まるところを知りません。
「名前はなんて言うの?エリカ?そうしたらねエリカ、今月にもう一つ定期的な紡ぎの集いがあるの。それにぜひいらっしゃい!紡ぎ車を今度は持ってきてね。楽しいわよ!」

会う人会う人が同じように次の集まりに来るよう誘ってくれます。
遅れてきた私の友人にも会え、「私も行くと思うし、ぜひ!」

紅茶とお菓子をいただいていると、この集まりのリーダーの一人らしき女性がたまたま隣のテーブルに座り、今度はアイルランドにおける紡ぎの歴史の話を延々楽しみました。自分の好きなことを、人と共有することができるってこんなに嬉しいことなのですね。
「あなたさっき少しだけあそこで紡いでいたでしょう?私、遠くから見ていたんだけどとっても上手だったわよ、糸も細くて均等だし!15日ね、きっと来てね!」

人里離れたこんな静かな森の中で出会った、笑顔の人々。
ちょっとした楽園のようでした。

次の集まりは今週の土曜日。
ちなみにこの日は「世界紡ぎの日」なんだそうですよ。行くしかないかな・・!

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.08.25 08:53|豊かな暮らしを考える
もう何年も前から、カモを2羽飼っています。
野生の鴨が時を経て家禽化されたのがアヒルですから、本当はアヒルと呼ぶのが正解なのかもしれません。

我が家の回りはキツネが多く生息しているので、鳥を飼う場合は電気の通ったネット状のフェンスで囲ってやるのが普通です。囲うと言ってもフェンス内のスペースは広々、我が家の場合はパットさんがショベルで掘って作った池もこのスペース内にあります。

カモ2羽目 (2)

水鳥ですからね、泳げるほどの水があると嬉しそうです。

普段はこのフェンスの中にいるカモたちも、私たちが畑仕事をするために外に一日中出ているような時はガーデンに出してやります。カモはその滑らかなくちばしでナメクジなどの畑の害虫を器用に見つけては食べてくれるのです。まさにガーデナーの友なのですね。

1日3回、水と一緒にオーガニックの餌を持っていってやるとグワーグワーと鳴きながら喜んでついてきます。
朝は小屋の中に卵を見つけることもあります。この卵は黄身が大きく、焼き菓子づくりにはもってこいです。
夜行性のキツネたちから守るため、暗くなるとくフェンス内にあるカモ専用の小屋に追い込みしっかり錠をしてやります。きちんと世話をしてやれば、敵に襲われる危険も減らすことができます。

2015年ガーデンクラブ (2)

カモたちの様子を眺めていると、とても安らかな気持ちになります。
カモはお腹が空いたら食べて、緑の草の上を仲間と共に歩きながら食べ物(虫)があるとこれも食し、疲れたら木陰に座って昼寝をします。一日に何度も水に入っては羽の手入れをし、体をくちばしできれいに洗って乾かします。

毎日特に変化のない暮らし。穏やかで、何ら不足のない満たされた生活。
彼らには、人生の意味とかゴールなんていうものは存在しません。ただその日その日を生きている。生きるために食べ、食べるために生きている。
カモを見ていると、人生の生きがいや目的を探し見つけなければいけないと焦ることが、本当は不幸なことなのではないかとすら思えてきます。

カモのように生きることができたら。
幸せなんだろうなあ。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.08.08 09:45|ワイルドフード
昔、私たちは村にほど近い場所にぽつんと建つ小さな古い家を借りて暮らしていました。
自分たちでデザインしたこの家に移り住んだのがちょうど10年前ですから、私がこの家にいたのは4年間。
この頃大変お世話になっていた大家さん一家の奥さんから、先日私のところにメッセージが届きました。
「うちの牧草地にフィールドマッシュルームがたくさん出てきたの。採りに来ない?」

まあ!

何と嬉しいお誘いでしょう。そして、何と嬉しい心遣い。
きちんとお礼をして、明日の午前中に伺っても大丈夫でしょうか?と返事をすると「もちろん」とのこと。
翌日、畑で穫れた野菜や今年作ったグースベリーのジャムを手土産に、久し振りに大家さん宅に向かいました。

変わらず気さくに迎えてくれる奥さんのマリアン。「いつも通り散らかってるけど、まあ座りなさいよ」とキッチンに通してくれます。当時はまだ小さかった大家さんの子どもたち6人はみんな成人しています。今誰がダブリンに住んでる、3男が結婚したなど家族の話に花が咲きました。

そこへ旦那さんで農夫のウィリアムが長靴姿で裏口から現れ、「みんな元気なのかい」と田舎の人らしい慎ましい笑顔であいさつ。
つばの破れたハンチング帽を脱ぐと、部屋の隅にある古いレンジの前に座ります。

ウィリアムはとっても変わった農夫です。
村の出身で農家育ちなのに除草剤なども使わないし、アナグマを殺したりもしません。その代わり、木や植物、鳥など身の回りの自然に非常に造詣の深い人で、その知識の豊富さには話すたび驚きます。まさに歩く辞書のような人なのです。

庭に60年以上あるリンゴの木や自分で植えた珍しい木の話などしたあと、フィールドマッシュルームのある場所に案内してくれました。

ブナの並木道を下り、農業用のゲートを開けると・・・あっ、すごい!!

フィールドマッシュルーム2018 (9)

フィールド一面、無数の白いマッシュルームがあっちにも、こっちにも!

フィールドマッシュルーム2018 (13)

ウィリアムと話していると
「ほら、毎年こんな風に出てくるわけではないんだよね。どのフィールドにも出てくるわけでもないし。肥沃なフィールドに、それも気温が上がって乾燥した夏を過ぎると出てくるようなんだ」

「まだここに私たちが住んでいた頃、一度だけフィールドマッシュルームが出てきた年がありましたよね。あれはいつだったか・・」

「うん、それはおそらく2006年。2006年の夏も暑くなったんだよ。こんなに一気にフィールドマッシュルームが出てきたのは、あの年以来かもしれない」

フィールドマッシュルーム2018 (11)

あまりかさの広がっていない、若くて丸みを帯びたものを収穫します。
きのこは、顔を出したかと思うとあっという間に大きくなり、わずか数日で姿を消してしまいます。

フィールドマッシュルーム2018 (12)

こちらは収穫するにはやや大きすぎるかな。それにしてもきのこって不思議な形をしていると思いませんか?

すると、ウィリアムがこんな話をしてくれました。

「ほんとにね、きのこっていうのは不思議な出で立ちで、何か魔法がかった姿をしているよね。だからなのかな、きのこは昔から妖精と共に語られることが多いようだ」

フィールドマッシュルーム2018 (1)

以下、ウィリアムが教えてくれたストーリーを訳してみました。

むかしむかし、ある農夫のフィールドにレプラコーン(妖精の一種)が住んでいた。
レプラコーンは、金の塊を秘密で隠し持っていた。
これを突き止めた農夫は、ある日レプラコーンを待ち伏せて捕まえた!
「金の塊はどこにある?教えないと逃がさないぞ!」
ますます強く締め付ける農夫にレプラコーンは降参し、
「分かった、分かった!金のありかを教えてやる!ほら、あのフィールドにマッシュルームが一つ見えるだろう。金の塊はあのマッシュルームの下に隠した。4フィート掘った地下に隠した」
金の塊のありかを知った農夫はレプラコーンを放してやると、さっそくショベルを取りに自分の家に戻っていった。
ショベルを持って長いレーンを延々歩き、やっとこさレプラコーンの指さしたフィールドに戻ってくると・・・
フィールドは無数のマッシュルームに覆われていたのだとさ。

フィールドマッシュルーム2018 (8)

さあ、持参した二つの袋はものの10分ほどでマッシュルームでいっぱいに。
更には彼らの庭から早熟のリンゴを何個もいただいて、ホクホクで帰宅した私たちです。

フィールドマッシュルーム2018 (5)

娘のリラはマッシュルームがあまり好きではありません。
ですからこの日のマッシュルーム狩りも意欲に欠け、「こんなにもらってどうするの?」とでも言いたげな表情。
さっそく夜のディナーで採りたてのマッシュルームをバターと塩、レモンジュースでソテーして出すと「・・・じゃあ少しだけ」。

「あ、でもね、自分でもちょっと意外なんだけど、このにおいは好き。・・・モグモグモグ・・・え~、不思議、これなら食べれる。これならおいしい!もっとないの?」

マッシュルームや山菜など自然の中で育つ食べ物のことを、英語ではWild Food(ワイルドフード)と呼びます。
こんな娘のコメントを聞いていると、自然の恵みってすごい力なのだなあと思うのです。

食べ物には旬というものがありますね。こんな暮らしをしていると、旬の野菜を食べることがいつの間にか私にとって自然なことになりました。それと同時に、旬でないものを食べることには抵抗を感じます。
そこに来て今回のフィールドマッシュルーム。
私たちにとって、12年ぶりの旬がやってきたのかもしれません。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.07.31 00:06|我が家の食卓
夫のパットさんはお肉を食べません。
鶏肉、豚肉、牛肉、ラム・・あらゆる動物のお肉を一切口にしないのです。
と言っても菜食主義者というほど厳密ではなくて、パットさんの場合乳製品も食べるし卵も食べる、魚やシーフードも好きです。ただ、動物の肉を食べないのですね。
チキンベースのブイヨンなどもできることなら避けるので、日本に行ってもラーメンなどはだめです。

冬になるとビーフやラムを使った温かいシチューを食べたくなります。子どもも好きだし今夜はシチューにしよう!と思っても、パットさんはむろん食べません。結局鍋を二つ用意して一つはお肉入りシチュー、もう一つはサーモン入りシチュー・・だったりします。

子どもたちには何でも食べさせているので、ベジタリアンなのはパットさんだけです。それでも我が家では毎日の食卓にお肉が上がることはなく、週に一度だけお肉をメインにしたディナーを作っています。

「夫がベジタリアンです」と言うと、日本の皆さんには「宗教的な理由ですか?」などと訊かれたりもします。
ベジタリアンになったきっかけを本人に訊いても「知らない」、「いつの間にか」というあいまいな答えばかり。
20代の頃にインドを数か月旅して、帰国したらお肉を食べたくなくなっていた、ということのようです。

そういえば、結婚をしてこの人がずっと一人暮らしをしていた家に移り住んだ時、彼の冷蔵庫にはほとんど何も入っていませんでしたっけ。
卵もなし、牛乳もなし、チーズもなし。入っていたのはバターと豆乳、それに野菜が少しだけ。
台所には自分で焼いていた(今でも焼いている)ソーダブレッドとこれまた自分で作っていたブラックベリーのジャム、バリーズの紅茶。玄米が少々。食べ物は、本当にそれきりでした。
あとは家の外にあった小さな菜園で一人で育てていた野菜を収穫し、ディナーに使ったりもしていました。

子どもがいない二人だけの頃は、ほとんどがベジタリアン用の食事でした。相手が食べないとなると、自分だけ食べる気にはどうしてもならないものです。お肉だけでなく、その頃は卵も魚も食べていませんでした。そういうものかと思えば、どうにでもなるんですね。

自分たちでデザインして建てた家に住み始めてから今年で10年目。
家の裏にある畑は当時の数倍、特に夏場は家族4人を十二分に養えるほどの野菜を提供してくれるほどになりました。
この家に住む一人がベジタリアンであっても、何ら問題のないサイズです。ベジタリアンが一人いるからこのサイズになった、とも言えるのかもしれません。

さて、今夜のディナーは完全ベジタリアンディナーにしようかな。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links