FC2ブログ
2020.06.29 23:57|環境 / エネルギーを考える
畑で一人、草を一心にむしっていると、突然今まで聞いたこともないような音が頭上を通過していきました。見上げると、真っ黒なムクドリの群れです。50羽ほどだったのでしょうか。
「ざざーーっ」という、風を穏やかに切るような爽快な音です。

コロナウイルス対策のロックダウンのおかげで、私たちの暮らすアイルランドの田舎でさえ交通量が減り、いつもよりも静かです。飛行機の音が聞こえない。車の音もほとんどしない。この世界は、こんなに静かな場所だったかしら。鳥のさえずりや木々のざわめき、自然界のあらゆる音がこんなにはっきりと耳に届くなんて、初めてのことかもしれません。

そんな変化に気づいているのは、私たちだけではないはずです。
生き物たちもまた、確実に感じ取っているはず。人間のたてる音が減り、空気が澄み、水がきれいになっていく。

星がいつもよりもずっとよく見える。
いつになく多くの鳥が鳴いている。
何年も見られなかった動物が戻ってきた。

The Burren with Frank 2015 (10)

環境問題や地球温暖化問題が年々深刻化していますが、コロナウイスルのおかげで私たちがやらなければいけないことは明白です。

経済活動を停止すること。
停止することは不可能としても、ゆるやかに減らしていくこと。また、環境に負担のかからない方向に転換していくこと。

でも、私たちの暮らす社会構造ではそれができない。だから、温暖化対策はいつまで経っても前進しないんですね。

経済社会とは、お金になることが最優先されるということです。天然ガスもオイルも森林も、お金になる価値のあるものならどんどん搾取されていくのは、経済社会では当たり前のこと。

でも自然って、私たちから切り離されたものではないはずです。私たちも自然の一部。自然と人間、という対峙は本来あり得ません。自然を破壊することは、私たちを破壊すること。大気を汚すことは、私たちの肺を汚すこと。汚染された水を川や海に垂れ流すことは、私たちの体に毒をもること。人間は愚かではないはずなのに、経済が優先されれば自然との調和は崩れ、自らを殺めるような気違い行為も平気でしてしまいます。

感染者数が減少してきた国々では、段階的に規制が緩和され、少しずつ元の暮らしが戻ってきたかのようです。ホッとする一方で、元に戻ってほしくない、元通りになってはいけないこともあるように感じます。私たちは、どんどん加速する経済活動を、そのスピードを、ゆっくりにしていくことができるでしょうか。

文頭のムクドリの群れですが、アイルランドではここ数年減少の傾向にあるそうです。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2020.06.11 05:06|アイルランドで子育て
アイルランドでは、プレゼントとカードを持った友人知人が赤ちゃんの生まれたお宅を訪ねる習慣があります。時間や日取りの決まっていない、突然の訪問客たち。娘のリラが生まれた時は第一子ということもあってかそれこそ連日、入れ代わり立ち代わりに地域に暮らす人々がお祝いをしに訪ねてきてくれました。新しい家族ができることは、その家族だけのプライベートなイベントではありません。地域にとってもまた、新たに加わるメンバーの誕生です。そして何より、家族を大切にするアイルランドの人々にとって、赤ちゃんの誕生は最も喜ばしい出来事。友人をはじめ地域の人々がこんなに歓迎してくれることに、当時の私はずいぶん驚いたものです。

3人目の私の赤ちゃんが生まれたのは、コロナウイルス対策の真っただ中。一緒に住んでいる家族以外の人を訪ねることが禁止されていたので、今回はとても静かなものでした。それでも郵便や宅配便でプレゼントが届いたり、家の外まで来てくれていたらしい友人や地域の人々が我が家のレターボックスに投函してくれたカードなどを受け取りました。気にかけてくれるその気持ちが嬉しいですね。

さて、病院から帰宅すると真っ先に目に入ってきたのがテーブルに置かれたこれ。

出産祝いの贈りもの (2)

なあに?誰かからのプレゼント?なんだかウェディングケーキみたい!

出産祝いの贈りもの (4)

よく見ると、なんとこれ、紙おむつでできた「なんちゃってショートケーキ」ではありませんか!
クラフトの得意なご近所さんはいつも一風変わったアイディアを持っていて、これは彼女からの出産祝いの贈りもの。

1パックの紙おむつは贈り物にならないかもしれませんが、彼女は紙おむつを一つ一つくるくると丸めて毛糸で結び、さらに段ごとにリボンで束ねてケーキの形に仕立てたのだそう。さすが!

そして、ケーキの上に載っているのは彼女がかぎ針で編んだタコのぬいぐるみ。

出産祝いの贈りもの (3)

これはあとから彼女に聞いた話ですが、タコのぬいぐるみを未熟児の赤ちゃんにあげる習慣がヨーロッパにはあるそうなんですね。デンマークが発祥で、タコの足がへその緒を連想させることから、ママのお腹の中にいる時のような安らかな気持ちにさせてくれるという思いをこめているのだそう。へえ、おもしろい。
ま、私の赤ちゃんは未熟児どころかずいぶん立派な体重で生まれてきましたけど・・。

数日後、今度はまた違う近所の家族が「本当は訪問しちゃいけないことは分かってるんだけど・・」と言って、赤ちゃんを見に来てくれました。大歓迎、大歓迎。

こちらの家族からいただいたのはなんとこれ。

出産の贈りもの (1)

「これね、うちの羊をイーヴィーがラグにしたもの。ふわふわで気持ちいいから使ってね」

なんて素敵な贈りものでしょう。動物から毛皮を作る技術はとても難しいですが、まだティーンエイジャーのイーヴィーは自分の家のヤギや羊から毛皮作りに挑戦しています。

出産の贈りもの (2)

羊さん、大切に使わせていただきます・・・。

この家族からは、「これは出産を頑張ったエリカに」と言って、とってもきれいなスキンケアセットまでいただいてしまいました。出産祝いはどうしても赤ちゃんが使うグッズになりがちですが、こんな風に出産を終えたママをいたわってくれる気持ちもまた嬉しい。

赤ちゃんのお世話をしていると時間が経つのがあっという間で、気づけばもう生後2か月。
あっという間に大きくなってしまう我が子を見ながら、「もう少しスローダウンしてね。もう少し小さいままの赤ちゃんを楽しませてね」と懇願する私です。

出産祝いの贈りもの

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2020.05.26 23:50|ワイルドフード
私と同じようにアイルランドに暮らす日本人の友人が数人います。一年に数回しか会う機会のない友人ばかりですが、気が合って、気持ちのいいつきあいができるありがたい友人たちです。リムリックに住む友人もその一人。

ある時、食べもの好きの彼女から嬉しいお誘いをいただきました。

「えりかさん、今度一緒にわらび採りに行きませんか?アイルランドでも春になるとわらびが収穫できるんですよ」

家の周りに生えるゼンマイを収穫して食べたことは去年の記事に書きましたが(これも食べちゃおう。ゼンマイ)、シダの一種であるわらびはなぜか私たちの土地には見当たりません。

わらびかあ!いいわねえ。
わらびは日本では山菜のひとつ。春に出てくる若い芽を摘んで食します。実は、横浜市で育った私はわらびやゼンマイが食卓にのぼった記憶がなく、わらびの味と言われてもピンと来ない。アイルランドで初めて食すわらびとなりそうです。

エニスの町で友人と待ち合わせをして、車で連れてきてもらったのはバレン高原。好天に恵まれました。

Burren with Lily 2014 (5)

葉っぱが生える前の新芽を摘むといいということで、友人に教えてもらいながらバレンで初めてのわらび狩りをしました。
わらびはこういう乾燥した場所が好きなんですね。

この日収穫したわらびは、自家製のお味噌と酢で和えてご飯と一緒にいただきました。淡白な味や食感がおいしいわらび。友人に感謝です。

一度収穫を経験すると、目が肥えるとでもいうのでしょうか。生えていそうな場所や形状が分かってくるので発見しやすくなります。今度行った時は一人でも分かるかも。
来年の春にまた収穫に行けたらな。この時は、そう思っていたのです。

さて。数日後、近所のファームに牛乳を買いに出た私。

ん?あれ?
いや待てよ。こんなことってあるの?

確かに私たちの土地には一本も生えていないわらびですが、歩いて5分ほどの道の脇に威勢よく伸びているこれは・・・まぎれもなくわらびではありませんか?!

わらび2019w (5)

灯台下暗しとはまさにこのこと。
なんと、ここにもあそこにも、収穫にもってこいのサイズのわらびが頭をもたげていたのです。

これは、摘むしかない!

わらび2019w (8)

片手では持ち切れないほどの束のわらびが、あっという間に採れました。どうして今の今まで気づかなかったんでしょう!

わらび2019w (1)

思わぬ豊作となった近所のわらびに大興奮の午後。今度は味噌和えだけでなくいろいろな調理法を調べ、試してみることにしました。炊き込みご飯、パスタ、サラダ、ナムルにしょうゆ漬け。

わらび2019w (16)

自然の恵みである山菜は、英語圏ではWild Food ワイルドフードと呼ばれる食材に属します。この季節だけに楽しめる、旬の味。せっかくだからもう少し摘んで、もう少し味わってしまおう。

数日後、今度は袋を持って反対側の道を歩いてみるとここにもわらびの群生を発見。やったー。
いそいそと摘んでいると、近くに住むファーマーのキティーが犬との散歩から戻ってきたようです。「何を摘んでるの?」

わらび2019w (7)

「これこれ、Bracken(わらび)。日本では食用にするのよ」と話すと案の定「へえ!食べられるなんて知らなかった」との反応。

「ま、私はどうせ食べないから取りたいだけ取っていってよ。この植物ね、子どもの頃父親に『牛が食べるといけないから、見つけたら引っこ抜くように』って言われたの覚えてるわよ」

そうなのです。わらびは生で食べると中毒を起こすことがあり、食用時には必ず重曹などを使ってあく抜きをしなくてはなりません。
そんな手間をも惜しまずにシダ植物を食す我々。これはアイルランドの食文化にはありません。道路脇にかがみこんで、せっせと摘んでいるのは日本人の私だけ。わらび摘み放題とはまさにこのことです。

4月の頭に生まれたおチビちゃんの世話と産後の回復中ということもあって、今年はあやうくわらびの収穫を逃すところでした。パットさんと息子のショーンに手伝ってもらい、おいしいわらびをたくさん摘んで、さっそく炊き込みご飯にしていただきました。残りはおしょうゆと白ワインにおろししょうがと唐辛子を少し入れた瓶に入れてしょう油漬けに。
あと少しだけ、春の味を楽しめそうです。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2020.05.17 23:53|豊かな暮らしを考える
世界中の国々で、私たちの生活基盤を揺るがす事態となっています。
経済活動や社会活動を制限するロックダウンという対策がアイルランドでは3月から始まり、託児所から大学まですべてが閉鎖。続けてパブ、カフェ、レストランをはじめ人の集まるスペースもすべて閉店を強いられ、開いているお店といえばスーパーマーケットなど食品を扱うお店と薬局、テイクアウェイ限定の飲食店がちらほら。更には70歳以上の人は外出禁止、若い人たちも食品調達など必要最低限の外出以外は自粛、ウォーキングなどは自宅から半径2キロ以内にとどめるなど、徹底しています。
多くのビジネスが停滞してしまったため、職を失った国民支援のために国が緊急に出した補助金制度を利用している人も多いようです。対策上、多くの人たちが家族と家で過ごす毎日。散歩中にご近所さんに会っても、2メートルの距離を取りつつの会話です。なんとも不思議な光景。

先のことを考え始めれば心配がつきませんが、我が家では先月新しく加わった家族の一員である赤ちゃんを愛でながら、一日一日を大切に過ごしています。
幸いにもアイルランドは最高の晴天。毎年畑仕事の忙しいこの時期ですから、願ってもないことです。
学校がなく、友だちにも会えずに時間を持て余す子どもたちには、この機会を大いに活用すべく家回りの仕事を積極的に頼むようにしています。畑を耕し、種を蒔き、ビニールハウスの水やりをお願いし。キッチンでは初めてのベーキングに挑戦したりパンを焼いたり、ナイフやトンカチを使って作業をする子どもたち。
「学校に通わせるより、家でずっとましな教育ができる」と確信に満ちた様子で繰り返すパットさん。

今までにない状況下にもかかわらず、我が家の暮らしが大きく変わったかといえば正直そうでもなく、めぐりゆく季節と共に日々の営みが淡々と続きます。
一歩外に出れば、木々は一斉に芽吹き、花のつぼみが膨らみ、鳥は高らかにさえずり子育てに忙しい。

2020年5月 (3)

アイルランドの田舎に暮らしていると、私たち人間の世界に起こっていることとはまったく無関係に流れる自然の循環を感じます。
木々や植物、野生動物や鳥たちは、WHOや政府のウイルス対策に従う必要もなく、ソーシャルメディアのニュースにおびえることもありません。
私たち人間が中心で回っているはずのないこの世界は、あまりにも大きい。ここは、生きるものすべてが織りなすハーモニーで充満しています。

2020年5月 (6)

ここにいると心がホッとする。
穏やかになります。

だいじょうぶ。だいじょうぶ。

アイルランドでは明日からロックダウン後初めての規制緩和がはじまります。
皆さんも、どうぞお元気でお過ごしくださいね。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2020.04.24 00:20|ごあいさつ / ご案内
不定期便読者の皆さん、お元気ですか。しばらくご無沙汰をしてしまいました、望月えりかです。

約3週間前の金曜日、パットさんと私は朝の6時過ぎに家を出発しました。
4月のアイルランドはこの時間になるとうっすらと明るく、早起きの鳥が歌いはじめます。小さな村や町をいくつも抜けるなじみの道が、今日は少し違って見えます。すれ違う車はほとんどありません。リムリックの病院に到着すると、予想通りパートナーは車中で待機するように言われ、私だけが院内に。コロナウイルスの影響で、アイルランドの病院はどこも規制が厳しいのです。看護師さんに助けてもらいながら落ち着いた気持ちで手術着に着替え、準備をしました。

それから2時間後。
パットさんと私が何ということのないおしゃべりをしているところへ、突然聞こえた産声。
「あっ、ちゃんと泣いてくれた!」

数分すると、助産師さんがブランケットにくるまれた生まれたての赤ちゃんを連れてきてくれました。私はまだ抱っこができない状態なので、パットさんの腕の中へ。
今回は妊娠中から性別を知っていたけれど。元気な男の子です。
無事に生まれてきてくれた、パーフェクトにビューティフルな私のベイビーが、今は泣きやみ、目さえ開けて私たちと同じ世界で呼吸をしている。
よかった。本当によかった。

2020年4月3日 (1)

世界中の人々がウイルスの脅威にさらされる一方で、日々誕生する新しい命。めぐる命。

経験済みの育児とはいえ、退院後は目まぐるしい毎日でパソコンを開ける時間がなかなか取れませんでした。
あ、ベイビーがまた泣いている!もう行かなくては。

ハローベイビー。こんにちは赤ちゃん。これからよろしくね。

2020年4月3日

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links