2017.06.18 01:42|アイルランドで畑仕事
日本に着いてみると、なんと我が母が家のバルコニーで野菜を育てていることが分かりました。彼女はもともと農家の娘ではあるけれど、70近い今でも予定をみっちり入れる人でいつも忙しくしています。青々と生い茂る野菜に水やりをする姿に驚きました。

きゅうり、チェリートマト、ナス、ピーマン、しそ、パセリ。朝顔、あじさい、ゼラニウム。私が置いていったテラコッタの鉢も再びお役目をもらって、無機質だったベランダのなんて瑞々しいこと。

今日、上に住むご近所さんに会って立ち話をしたら、母の野菜作りのことを「娘さんの影響受けたって私には話してくれたんですよ」ですって。そんなこと、肝心の娘は初耳ですよ。

帰省中はいつの間にか水やりも任されている私。数日後にはアイルランドへ帰国(?)だし、そろそろ我が家の畑が気になる頃です。

夫のパットさんは、日本に来るたび日本の畑を眺めるのが好きです。
今回は外出先でジャガイモを発見。

ふむ。

子どもの国2017 (1)

ふむふむ。

子どもの国2017 (2)

これは?何やら見ております。

「日本人もジャガイモ好きだよね」との発言の裏には「ジャガイモは本当は僕たちのもののはずなのに」というアイルランド人らしい考え方が・・・ある気がするのだけれど?
こちらの場所もそうですが、ジャガイモの隣に大豆が植わっていることが多く、日本らしい風景だなと思います。

6月という月は、アイルランドでは真夏なんですね。
3週間の生長は著しいものなので、我が家の畑はジャングルのようになっているのではないかしら。
土を触りたくなってきました。


Erika Moc O'Connor@Twitter
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.06.17 01:59|家 族 / 故 郷
日本に来ています。

横浜市の実家に滞在しながら、3週間の帰省です。日本に帰国する時には、ほぼ毎回アイルランド音楽のプロデュースを兼ねているので実は大変忙しく、今回はなぜか殊更に忙しく感じられます。

そんな中、本日やっとぽっかり一日空きました。
ゆっくり朝食をとって、アイルランドから持ってきたバリーズティーを夫と2カップずつ飲みました。子どもたちを起こして、留守にしていた間の話を一つずつ聞かせてもらいました。私の父と過ごした楽しい時間、母とのスイミング、上野の科学博物館で見たもの。今日はバスにも電車にも乗らず、地元で少し買い物をして、パソコンで少し雑務をして、それから空が暗くなってきました。
ああ、アイルランド不定期便を更新しよう。

3年ぶりの日本は、まったく素晴らしいです。我がニッポン。いい国だな、と感じます。
私がどこに住んでいても何をしていても、日本人であるという事実が変わることはありません。この国は、私が死ぬまで、そして私が死んだあとも、ずっとずっと私の母国です。自分の国に対して、常に自虐的でありたくはありません。
私は楽観主義とよく言われますが、何事も、特に何かを変えたいと思っている時は、そこに希望がなければいけないと思うのです。落胆して文句しか出てこないのでは、いい方向に舵を切ることが私にとってはとても難しい。

3年ぶりの日本に対して、失望も悲観もありません。家族に会って、家族の愛情を改めて感じました。アイルランド音楽を通して、多くの素敵な人たちに会いました。近所の道やお店で見知らぬ人と何気ない言葉を交わし、ホッとする瞬間がありました。希望のたくさん見える帰省です。

理屈抜きに愛せる国。それが母国かなと思います。

さて、田舎育ちの子どもたちは、アーバンライフも難なくこなし満喫しています。
地元のお店に向かう途中、熟れたヤマモモの実がたくさん地面に落ちていました。

ヤマモモ2017年6月 (2)

「ママが子どもの頃はこれよく食べたなあ」と言うと、「食べれるの?」とさっそくきれいな実を探し始める子どもたち。私もついでに拾ってみると、幼い頃の記憶が実の赤と同様鮮やかによみがえってきました。


Erika Moc O'Connor@Twitter
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.05.26 07:39|アイルランド的生活
私の住んでいる東クレア地方には海がありません。クレア州自体はアイルランド西部なので海岸があり、ここはもう大西洋なわけですが、私たちの家から海までは車で1時間ほどかかります。

それでも、カラッと晴れた夏日には子どもたちに水遊びをさせてあげたいなあと思います。子どもたちだけでなく、私たち大人も一緒になって泳ぎたいなあと思うのです。

そんな内陸に暮らすアイルランド人たちの選択肢は何かというと。
湖で泳ぐこと。です。
海は遠くても、湖なら大小いくつもあるのがアイルランドの風土の特徴です。

そんなわけで、近くのグレイニー湖にやってきました。

White sand Apr 2017 (17)

実はこの日はまだ4月下旬。気温は20℃以下でしかも曇り。
「ママは絶対泳がないからね、凍えて死んじゃうよ」
それでも水遊びをしたい子どもたちは、いそいそと水着に着替えて泳ぐ気満々です。タフだわね~。

White sand Apr 2017 (16)

近所の子どもも一緒に連れて行きました。水の冷たさにきゃあきゃあ言いながらも、どんどん水に入っていきます。

去年の夏に気温が25℃以上まで上がった時には、地域の友人らと誘い合わせて私も湖で何度も泳ぎました。
在アイルランドの日本人の友人とそんな話をしていたら、「エリカさんすごい!私はアイルランドのこの気候では寒くて絶対に泳げないわ!」と言います。確かに日本人の感覚だったら、この気温と水温で泳ぐのは気違い沙汰かもしれません。私が初めてアイルランドを訪れたのは7月のことでしたが、ダブリン郊外の浜辺で老夫婦がさっそうと水に入っていくのを見て愕然としたものです。私は皮のジャケットを着ていたから、決して暑い日ではなかったはず。

アイルランドに長年住んでいると、寒さに強くなるのでしょうかね。

White sand Apr 2017 (2)

このグレイニー湖は比較的大きな湖で、カヌーやボートを楽しむ人の姿もあります。
緑に囲まれた大変美しい湖です。

White sand Apr 2017 (3)

砂浜に寝転がって本を読みました。
なんて静かで平和な場所でしょうか。なんて贅沢な時間でしょうか。
4月も後半に入ったこの日、グレイニーの湖畔で今春初のカッコーを聞いたのでした。


Erika Moc O'Connor@Twitter
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.05.19 08:15|アイルランドの食生活
畑仕事が日増しに忙しくなる中、我が家の畑では目に見えてミツバチの数が増えています。去年我が家にやって来たミツバチ群だけでなく、この地域にはミツバチを養う人が何人もいるので、確実に増えているのでしょう。ミツバチの減少が危惧される世の中で、なんと明るいニュースでしょうか。

私たちの敷地内にある古い石垣で自生するクラブアップルの花が、今満開を迎えています。ここに集まるミツバチの羽音が実に見事です。
虫の羽音というのは、毎日聞いているといつの間にか虫の種類を聞き分けられるようになります。ミツバチの羽音にも特徴があって、今では視界には入らなくともすぐそばにミツバチがいることが分かります。

養蜂に詳しい友人のジョンと話していたら、「そろそろ巣箱を開けて中の様子を一度チェックした方がいい」とのこと。素人に近い私たち二人は言われるがままに「はいそうですか、じゃあそうしよう。」
数日後の夕方、ジョンが養蜂道具一式を携えて来てくれました。ミツバチのことに関しては基本的に私は一切関与せず、パットさんに一任しています。アイルランド人の男性2人は白い養蜂スーツを身にまとい、いざ出陣。いってらっしゃーい。

しばらくして戻ってきた二人のレポートによると、我が家のミツバチ群はいたって健康、活発そのもの。女王蜂もどんどん産卵しているらしく、巣箱の中はスペースが足りなくなって上部にハチの巣があふれ出ていたということでした。その六角形のハチの巣をナイフできれいに取り除き、新しい箱を追加し、本日の作業は終了したのだそうです。

取り除いたハチの巣には、ハチミツがたっぷり入っていました。

初めてのハチミツ (3)

巣箱の掃除で出たものではあるけれど、これはもしかして生まれて初めての自分たちのハチミツ?

初めてのハチミツ (2)

あんなに小さな虫たちが、巣箱の中でここまで正確な幾何学模様を作っている。自然が織りなすマジックです。

ハチの巣はもちろんこのまま食べることができます。ハチミツを自然の形のままいただく体験、贅沢ではありませんか。
ただ一点、最後にどうしても口の中にワックスが残ります。うーん、スムーズなハチミツも1瓶あるといいかもしれない。
我が家にはまだ攪拌機がないので、小さな茶こしで少しずつ抽出してみました。

初めてのハチミツ (1)

完成!飴色がきれいです。
そしてお味は・・・言うまでもありませんね。優しくて甘ーい、自然で素朴なハチミツの味でした。

これからどんどん忙しくなるミツバチ。
この夏、本格的なハチミツの収穫が実現しそうです。

Erika Moc O'Connor@Twitter
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.05.13 06:46|アイルランドの音楽
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、来月日本に行きます。3年ぶりの母国です。
毎度のことながら、ここアイルランドから音楽も一緒に連れて行きます。夫のパットさん(フィドル)と素晴らしいボタンアコーディオン奏者で親しい友人でもあるオーインさんが、アイルランド西部の伝統音楽をたっぷり聴かせてくれます。

二人は今回東京、名古屋、岡山、京都の4都市を回りますが、東京の2公演と前半の名古屋公演には私も同行していますので、お近くの皆さん、ぜひ会いにいらしてください!
6月13日(火)の午後にある宗次ホールでのコンサートでは、私がステージ上で進行役を務めます。緊張しないようにしないと・・。
コンサートはどれも席数に限りがありますので、ご予約をおすすめしています。
アイルランドの楽しく美しく悲しい伝統音楽の調べを、来月ぜひ日本でお楽しみください。

パット&オーイン日本ツアー2017フライヤー表完成
(クリックするとPDFで開きます)

PAT O'CONNOR & EOGHAN O'SULLIVAN JAPAN TOUR 2017
6月3日(土) Cafe MURIWUI ムリウイ
開場:18:30 開演:19:30 【料金】3,000円(ドリンク別)
【会場】MURIWUI 東京都世田谷区祖師谷4-1-22-3F 地図
【ご予約】ブラックバードミュージック 電話:090-1834-6007 Eメール:info@bbird-music.com

6月4日(日) Grain グレイン
開場:14:30 開演:15:00 【料金】前売 3,000円 / 当日 3,500円(ドリンク別)
【会場】Grain 東京都杉並区高円寺北3-22-4 U.Kビル2F 地図
【ご予約】グレイン 電話:03-6383-0440

6月13日(火) 宗次ホール スイーツタイムコンサート
開場:13:00 開演:13:30 【料金】2,000円 【共演】小松 大
【会場】宗次ホール 愛知県名古屋市中区栄4丁目5番14号 地図
【ご予約】宗次ホール 電話:052-265-1718

6月13日(火) 佛蘭堂
開場:19:00 開演:20:00 【料金】2,000円
【会場】佛蘭堂 愛知県名古屋市名東区一社4丁目91 一社司ビル 1F 地図
【ご予約】ブラックバードミュージック 電話:090-1834-6007 Eメール:info@bbird-music.com 佛蘭堂 電話:052-703-8650

6月16日(金) 喫茶壱番館
開場:19:00 開演:19:30 【料金】前売 2,500円 / 当日 3,000円(ドリンク別) 【オープニングアクト】LeapRick
【会場】喫茶壱番館 岡山県岡山市北区表町3丁目9-22 地図
【ご予約】桐山 電話:090-1017-5718 Eメール:leaprick@gmail.com

6月17日(土) Irish Pub Gnome ノーム
開場:19:00 開演:19:30 【料金】2,500円
【会場】Irish Pub Gnome ノーム 京都市中京区河原町二条下ル一之船入町375 SSSビルB1F 地図
【ご予約】ノーム 電話:075-212-2101

6月18日(日) トムの庭
開場:15:30 開演:16:00 【料金】大人 3,000円 / 子ども(4-12歳) 1,800円(フリードリンク付き)
【会場】Book Gallery トムの庭 愛知県名古屋市千種区東山通4-8 2F 地図
【ご予約】トムの庭 電話:052-734-8268 Eメール:tom.g@nifty.com

パット&オーイン日本ツアー2017フライヤー裏完成
(クリックするとPDFで開きます)

このほかにも、二人を囲んでアイルランド音楽を学ぶ1泊2日の長野キャンプ、パットとオーインによるワークショップ、個人レッスンなどが開催されます。二人のツアーの詳細はこちらにすべてアップしています。PAT O'CONNOR & EOGHAN O'SULLIVAN JAPAN TOUR 2017

どこかの会場で皆さまにお会いできますこと、楽しみにしています!

こちらもまだまだ参加者を募集中です、お申し込みをお待ちしています。
フィークルアイリッシュミュージックキャンプ2017
信州姫木平アイリッシュミュージックキャンプ2017


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎをしているほか、アイルランド伝統音楽の魅力を紹介するプロジェクト「ブラックバードミュージック」を運営しています。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

facebook

Twitter

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク