2017.03.24 23:46|アイルランドで子育て
我が家の暖房設備は薪ストーブが要です。
(ブログ記事→「できることから始めよう ストーブとお湯の暖房」

ちょっと寒くなってきたな、と思ったら古い新聞紙を何枚か丸めてストーブに投入、その上に小枝などをうまくアレンジして載せ、マッチを擦って火をつけます。燃えてきたらすかさず大きめの薪をいくつか投入していきますが、これもコツのようなものがあってうまくやらないと途中で火が消えてしまうこともあります。

ボタンひとつで家が温かくなるのと比べると、これはちょっとした家事です。手は汚れるし、手間もかかる。

そこで、この冬から私が忙しい時には9歳の息子と11歳の娘にストーブをつけてもらうことにしました。

第一の関門はマッチを擦ることです。
細いマッチはすぐに燃えて、指をやけどするのではとこわがる子どもたち。
「絶対できない!」と抵抗する子どもたちに、「ほら」と何度かマッチを目の前で擦ってあげて、突然火がつくわけではないこと、しばらく持っていてもまったく熱くないことを教えてあげると、やっと挑戦する気になってくれました。

お次は肝心のストーブ。
しかしこちらは、夫や私がやっているのを日々見ているせいか意外に手際よく薪を入れていきます。

火をつける練習2017 (4)

上手上手。
ストーブに火をつけることができるようになると、「今夜は私がつける!」と言って喜んでやってくれるようになりました。助かる!

こんな小さな子どもたちに火のつけ方を教えるなんて、危険じゃない?という声が今にも聞こえてきそうです。
しかし、私も同じ部屋にいるし少しでも危なっかしいことをしていれば(一度もありませんが)すぐに気がつきます。
「火をつけて暖をとる」という行為は昔から人間の知恵であったわけですし、生きる力であると考えているのでむしろ当たり前に子どもに教えたいと思います。

勝手にやらせたりはもちろんしませんが、少しは失敗ややけどもしながら火との程よい距離を学んでいってもらえたらと思っています。

「危ないからやらせない」の一辺倒だと、子どもたちの可能性や好奇心の一部も一緒に奪っている気がしてなりません。リスクのない世界は神話の中だけ。リスクは承知で上手く付き合っていくスキルが大事なのかな、と思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.03.16 03:02|毛糸と私
明日は3月17日、聖パトリックの日ですね。アイルランドではこの日は祝日で子どもたちの学校もお休みとなります。
地域の各町村ではパレードが催されるので、私にとっては子どもたちを連れて慌ただしく移動する日でもあります。

この日に向けて、毎年毛糸を使ってある小物を作っています。

かぎ針シャムロック作り (7)

聖パトリックの日には胸元に本物のシャムロックの植物を束ねてつけますが、そう簡単に手に入るわけではありません。
そこでこれに似たものをウールで作れないかなと思い、かぎ針で作り始めたのがこちら。シャムロックをかたどったブローチです。ぷっくりと立体感のあるシャムロックの裏にブローチピンがついているので、胸元だけでなく帽子やバッグにつける方もいらっしゃるようです。

私のオンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」さんにて販売しているほか、夫の働くエニスのミュージックショップ「カスティーズ(Custy's)」の店頭、昨年からは私の住む村の郵便局でも販売してもらっています。

小さなお店の商品が届くまで (5)

郵便局のブライアンにそれとなく尋ねてみると「いいね、窓口で販売してあげるよ。聖パトリックの日の3週間前ぐらいに持ってきてよ」と快諾してくれたのです。いつもお世話になっている信頼度抜群の誇るべき郵便局員ブライアン。この人なしには私は迷子になってしまう。ありがとう。

というわけで、2月も下旬になるとこのシャムロックブローチを何十個も作ります。最後にラベルをつけますが、子どもたちが「やりたい!」というので手伝ってもらうことにしました。

かぎ針シャムロック作り (11)

家族経営のビジネス?

かぎ針シャムロック作り (9)

おかげさまでフィークル村の郵便局では私のシャムロックブローチが地元の人たちに大変好評で、ブライアン曰く「今年は販売しないのかって、既に問い合わせがあったよ」とのこと。今年も30個近く売れているそうです。
「これ一体誰が作っているの?」と知りたがる村の人たちなので、私の名前はラベルに明記していないのに多くの方から「ブライアンから聞いたよ!」、「エリカのブローチ3個も買っちゃった!イングランドの息子夫婦に送ったんだよ」など嬉しい声をかけてもらっています。去年の聖パトリックの日には私のブローチをつけている人たちを村のパレードで何度か見かけ、嬉しい気持ちになりました。

かぎ針シャムロック作り (10)

カスティーズのお店では年間を通してカウンターに置いてあります。シャムロックはアイルランドのシンボルの一つでもあるので、聖パトリックの日に限らずお土産として重宝するのだそうです。

かぎ針シャムロック作り (8)

アイルランドの工場で紡がれる羊毛100%の毛糸を使ったシャムロック型のブローチ。
そろそろ毛糸が少なくなってきたので、また注文をしないと・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.03.09 00:20|アイルランドの歴史
本日は、アイルランドの歴史に触れるお話をご紹介させていただきます。
決して楽しい話ではありませんが、今日は「女性の日」であることと、この国の形を知るうえでとても大切な歴史の1ページですので、日本の皆さんにもお伝えしたいと思いました。

ここ数日アイルランドのメディアを騒がせている、悲しいニュースがあります。
アイルランド西部ゴールウェイ州にある町チューム(Tuam)のとある敷地に、未熟児から3歳児までの赤ちゃんの遺体が多数埋められていることが分かったのです。

チューム母子の家

一体、この場所で何があったのでしょうか?

チューム母子の家(St Mary's Mother and Baby Home)は、1925年から1961年にかけてカトリックの尼僧たちによって運営された施設です。

尼僧たちの中には看護師の資格のある者もおり、母子の家はいわゆる産院の役割も果たしていました。
しかし、ここは一般的な産院ではありません。
この時代、未婚の女性の妊娠はアイルランド社会において決して許されない恥辱の罪とされていました。
予期せず妊娠をした若い女性は罪人扱いされ、その多くが地域の神父や自らの家族によってチュームのような「母子の家」と呼ばれる施設に送り込まれ、世間から隔離されて出産していたのです。
今でも中絶を認めていないアイルランドでは、妊娠した女性は出産以外の選択肢がありませんでした。

母子の家
(聖メアリー母子の家)

今回発見された赤ちゃんの遺体は、ほぼすべて1950年代のものであることが分かっています。今から60年ほど前のことで、それほど大昔の出来事ではありません。
なぜこれほど多くの赤ちゃんが死に至ったのでしょうか。チューム出身で母子の家の歴史を長年調べ続けているキャサリン・コーレス(Catherine Corless)氏は「死因の多くが赤ちゃんの放置、ケアの放棄にあったのでは」と述べています。

悲しいことに、未婚女性が産んだ子どもたちは母親と同じく社会から拒絶され、忌まわしい存在として扱われました。施設の衛生状態も悲惨なものだったようです。
その結果、母子の家の赤ちゃんや幼児の死亡率は極めて高く、死亡した赤ちゃんは敬意をもって葬られることなく、敷地内に埋められていたのです。もちろん墓石はありません。

私はこの施設を丹念に調べ世に問うた地域の歴史家キャサリン・コーレスさんのドキュメンタリー番組も観ましたが、彼女の努力と誠意ある調査の成果なくしては、この事実が日の目を見ることはなかったでしょう。素晴らしい方です。
「最初は地域新聞に自分たちの土地の歴史の一つとして記事を書こうと調べ始めたわけですが、まさかこんな大規模なスキャンダルになるとは夢にも思っていませんでした」とのこと。

チューム母子の家 (3)
(チューム出身の歴史家、キャサリン・コーレス)

キャサリンさんの調査によると、施設内で死亡した記録のある赤ちゃんや幼児の数は800人近く。これらの遺体が一体どこに行ったのか。今回の遺体発見にともない、その多くが敷地内に埋められているのではないかという疑惑が現実となってきました。

生き延びた赤ちゃんはこの施設でしばらく孤児として暮らし、その後里親に引き取られていくのが常だったようですが、正規の養子縁組の手続きを取らない場合が多く、記録もあいまいです。
母子の家で出産を終えた女性の多くは家族から絶縁され、地域コミュニティーから見放され、赤ちゃんを育てる経済的境遇にも恵まれませんでした。施設に赤ちゃんを残し、イングランドなど遠く離れた地に一人旅立ったり、こうした社会的罪のある(とされた)女性が神に無償の奉仕をする施設に移っていくケースが多かったようです。

この施設こそが、問題作「マグダレンの祈り」(原題「The Magdalene Sisters」 2002年 アイルランド/イギリス合作)という映画に出てきたマグダレンランドリーです。

マグダレンの祈り

私はまだ日本に住んでいたので、東京の映画館で観たのを今でも憶えています。
「マグダレンの祈り」は、未婚で出産したローズ、いとこにレイプされ穢れたマーガレット、美しくふしだらな容姿で男たちをたぶらかしているとされたバーナデット、精神障害のある未婚の母クリスピーナというマグダレンに収容された4人の若き女性たちを描きながら、施設内の様子を鮮明に映し出しました。観たことのない方は、ぜひ。

マグダレンランドリーは、アイルランド全国に数か所ありました。
また、母子の家もゴールウェイのチュームに限らず20近くの施設があったそうです。

マグダレンランドリー
(マグダレンランドリーの様子。週に6日の無給労働で主に委託の洗濯とアイロンがけを行っていました)

これらの施設すべての記録を洗い出し、敷地内に埋められた遺体を調べ、最終的には敬意をもって埋葬することが正しい道ではないか。今、アイルランドはあってはならない過去の過ちに直面し、答えを模索しています

アイルランドの人々は、カトリック教会が犯したこれらの過ちに憤っています。教会という権力を使い、非人道的な行為が内部で密かに行われていたことに対し、今までずっと押し黙っていた人たちが声を上げ始めているのです。

また、それを周知で黙認してきたアイルランド社会を見直す動きも始まっています。臭いものには蓋をし、見て見ぬふりをしてきたアイルランド人たち。私たちは一体どんな社会に生きていたのか?これからどうあるべきなのか?自問自答の日々が続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.03.03 23:30|豊かな暮らしを考える
冬になると、週に一度決まった日に近所に住む女性の家を訪ねます。
一人暮らしの彼女はおしゃべり相手が来るのをいつも楽しみにしていて、午前中の2時間ほどを共に過ごします。

洋裁や編み物の得意な彼女は、いつでも何か作っています。彼女の家を訪ねる時は、私も今自分が編んでいるセーターや手袋などを手提げかばんに入れて持っていき、お互い手を動かしながらおしゃべりをするのです。

彼女はお茶を飲みません。もっぱらコーヒー派の人で、私が行くといつでも「コーヒー作るわよ。エリカはお砂糖とミルク入れるのよね」と言って愛用のコーヒーメーカーでおいしいコーヒーを入れてくれます。

ミルクはたいてい私が彼女の冷蔵庫から出します。
彼女はコーヒーに何も入れない人なので、ミルクを使うのは私だけだからです。私が冷蔵庫を開けても、彼女は全然気にしません。それだけ気兼ねのない付き合いをしているのです。

彼女は、私よりも30歳年上です。
私の両親と同世代の人です。
いつの間にか親しくなって、近所に住んでいることもあり散歩の途中に彼女が我が家に立ち寄ったり、外でばったり会って数分立ち話をしたり。すっかりおなじみの顔となっています。

ある日彼女から電話がかかってきて、「今からバリナーの町に頼んでた老眼鏡を取りに行くんだけど、天気もいいしドライブがてらエリカも一緒に来ない?」とのこと。
急ではあるけれど、たまにはそんなことをしてみてもいいかもしれない。

「OK、じゃあ支度してそちらに歩いて向かうわよ」

昔手首を骨折して以来、彼女はオートマチックの車を運転するようになったそうです。マニュアル車が主流のアイルランドでは珍しいオートマ車。「マニュアルはギアを変換するのに手首に負担がかかって辛いのよ。オートマ車を探すのに苦労したけど、運転できるだけでも感謝しないと」
フィークルの村を出て、田舎町を一つ通過するとまもなくダーグ湖が丘の向こうに見えてきます。
晴れ渡った清々しいお昼の時間、湖畔の道路をゆっくりドライブしていきます。湖には風を受けて走るヨットの姿も見えます。道路の反対側は急こう配の丘が続き、太陽の光を浴びた濃い緑が眩しいほどです。なんて気持ちのよい風景でしょうか。

駐車場に車を停め、彼女の犬リンゴを車内に残して眼鏡屋さんに付き添います。店のステップを上がる時は、足腰のあまり良くない彼女の手をとって一緒に入店します。「私ったら老婆みたいよね!まったくいやになっちゃう」

それから、彼女の親友が働いている健康食品のお店に立ち寄ると、クラフトのコーナーでフェルトづくり用のきれいなウールを見つけました。
「羊毛100%だし、どれも色がきれいでお買い得だわよ!」
くすんだアザミ色や抹茶の色の羊毛の玉をたくさん買い込んで、自分のバッグに詰め込みます。

フェルト用ウール2016 (1)

ショッピングが終わると、お店の女性に教わった小さなカフェを何とか見つけ、ここでやっと一休み。
ミルクがたっぷりのラテとさくさくのペイストリーのお菓子をいただいて、バッグからこぼれ落ちそうな羊毛の玉をもう一度出して眺めては、「何を作ろうかしらね」と二人でアイディアを出し合います。

お店の人たちに、私たち二人がどう映ったのかは知りません。
風貌や話すアクセントからして母娘ではないだろうし。

世代が違えば考え方や受け取り方が違うこともあって、家族観や今起こっている社会問題などの話をしている時に「えっ、そんな風に思うの?」と顔を見合わせることもあります。
世代を越えて、実はお互い多くのことを学んでいるのかもしれません。

年がこんなに違っても、「フレンド」とお互い呼べることを嬉しく思います。
私にとって、友だちでも人生の伴侶でも、年の差というのは人間関係を作る中で障害にはなりません。むしろ、年の差など考えもせずにその人とまっすぐに向き合えることを、大事にしたいと思っているのです。

さて、バリナーの町で彼女とお茶をした数日後のこと。
「エリカ、すごいこと発見したの!」と彼女が興奮気味で言います。
「エリカと二人で外出したあの日ね、偶然にも『女性の日(International Women’s Day)』だったことが分かったのよ!」
そう言って、彼女は私に抱きつき大喜びをしたのでした。

今年の「女性の日」にも、またバリナーに行ってカフェでお茶をしましょうよ。
というのが、彼女と私のプランです。
女性の日は3月8日です。
国際女性デー(ウィキペディア)


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.02.15 22:53|アイルランドの食生活
瓶の中のこれ。一見何だか分からないですよね?

ジョカニのハチミツ2017 (1)

実は、ハチミツなんです。
よく遊びに行く村のパブ、ここでボタンアコーディオンを演奏する親しい友人からもらいました。彼は趣味で養蜂をやっていて、養蜂ビギナーズの私たちの良きアドバイザーとなっています。
(過去の記事→「ようこそミツバチ!」)
パブで一緒に音楽を楽しませてもらった夜、「帰るから、じゃあね」と声をかけると「あ、エリカ、ちょっと待って。僕も一緒に外に行く。車の中に渡したいものがあるから」と言って、くれたのがこのハチミツです。

ジョカニのハチミツ2017 (3)

「ワックスもそのまま入ってるから好きかどうか分からないけど。前に話してたアイヴィーハニーだよ」

アイヴィーハニー(Ivy Honey)とは、文字通りツタのハチミツ。
アイビー(ツタ)は、アイルランドの田舎でそこら中に自生するつる性の植物で、よく木の幹などに絡まっていますね。秋になると白い地味な花を咲かせますが、ミツバチにとってはこれが冬支度前の貴重な資源と言われています。
夏に収穫するハチミツとは違い、アイヴィーの花をもとに作られるハチミツは色も香りも味も独特で、昔から薬として使われてきた歴史があるそうです。

ジョンからもらったアイヴィーハニーは、とろりとしたいつものハチミツとは違い六角形の形のまま結晶化しています。
パンなどには塗れないけれど、スプーンで少しずつ砕いて口にすると・・・

なんておいしいハチミツでしょう!!!

夫も「これはすごい」と大絶賛、娘のリラも「今まで食べたハチミツで一番おいしい!」と言って週末の朝食時には必ず一口、二口・・。甘いだけではない、口に含んだ途端そのパワフルな味に圧倒されます。

ジョカニのハチミツ2017 (2)

我が家のミツバチたちは、冬の今も穏やかな日は忙しそうに巣箱を出入りしています。
アイルランドでは、2月がミツバチにとって最も過酷な月と言われています。でも今年は暖冬で厳しい寒さがないのと、数週間前からはハリエニシダの黄色い花も咲きはじめました。
ミツバチがいるだけで、こんな風に私たちも自然の変化に敏感になっていきます。また少し成長させてもらったような、嬉しい気持ちです。

今月を乗り切れば、ゆっくり春がやって来る。
我が家のミツバチたちからハチミツのおすそ分けをいただく日も、ゆっくりやって来そうです。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながら、オーガニックな野菜作りと食生活、地域の農家さんからいただく羊毛を使った糸紡ぎをしています。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

フェイスブックのページ

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

アフィリエイト

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク