2018.02.14 02:21|レシピ
マヨネーズが好きです。
甘くて酸っぱくて何とでも相性が良くて、こんなに抜群の調味料もないわよね、と思います。

マヨネーズは、何も考えずスーパーで買ってしまうものですよね。
メーカーさんによって色も味も少しずつ違って、皆さんお好みのマヨネーズがあるのではないかなと思います。

我が家はいつもマヨネーズ業界の定番ヘルマンズ。子どもたちのランチに、ディナーのサラダにと活躍する場の多いマヨネーズは、切らしてはいけない台所の必需品です。

そんなマヨネーズが、実は自宅で簡単に、それも数分でできてしまうことをご存知ですか?

それも、市販のマヨネーズとは比べものにならないほど美味なマヨネーズができるんです。
これは試さない手はありません。
私のようにマヨネーズをよく使う、マヨネーズなしには生きられない!という方は、どんなに忙しい生活をされていても、わずか数分でできるこの自家製マヨネーズをぜひ暮らしの中に。

レシピです。

******自家製マヨネーズ 材料******
卵黄 2個分
サラダ油 200cc
マスタード 小さじ山盛り1
白ワインヴィネガー 大さじ1
塩 ひとつまみ

自家製マヨネーズ (1)

①室温の卵をボウルに割り、泡立て器を使ってよく溶きます。

自家製マヨネーズ (8)

マヨネーズ作りは卵が命。なるべくオーガニックの新鮮な卵を使いましょう。
我が家の卵はもちろん庭のニワトリたちが生んでくれた卵です。

自家製マヨネーズ (9)

②塩を投入します。塩加減は少なめにして、最後に味見をする時に調整しましょう。塩投入後もしっかり溶き続けます。

自家製マヨネーズ (6)

③サラダ油を足します。少しずつ流し入れるか、心配な方は数滴ずつ入れていってください。一気に投入すると分離してしまうことがあるので、焦らないことが肝心です。泡立て器で溶き続けることを忘れずに!しばらくこれを繰り返していくと、だんだん重くなってマヨネーズらしいクリーム状になってくるのが分かるはずです。この段階になれば足すサラダ油の量を多くしていっても大丈夫です。

自家製マヨネーズ (4)

④マスタードとヴィネガーを入れてしっかり混ぜ合わせます。すりおろしたニンニクやミックスハーブ、アンチョビのオイルを少し入れてもおいしいそうです。

⑤冷蔵庫で冷やしてできあがり!

自家製マヨネーズ (2)

今回のこのレシピでジャム瓶いっぱいのマヨネーズができました。
ヘルマンズのマヨネーズよりもずっと黄色い、コクがあっておいしいマヨネーズです。

自家製マヨネーズは市販のものほど日持ちがしません。
私が見ていたページでは少なくとも1週間は大丈夫、と書いてありました。

この量を1週間で使い切るのは大変かも・・という方は卵を1個にして、ほかの材料も半分にして作ってみるとちょうどよいかもしれませんね。
そうでなければ、週末にお友だちを呼んでディナーというのはいかがでしょう。同量のマヨネーズを作ってディップとして出せば、ちょっと贅沢なトッピングになりますよ。

マヨネーズのレシピはインターネットで調べるとたくさん出てきます。ぜひいろいろと試してお好みの自家製マヨネーズを見つけてみてくださいね。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.02.08 00:44|アイルランド人
前回の「夫は生粋のエニス人」という記事に思いのほか反響があったようです。
今は冬だし畑仕事も少ない季節。もう少し、この国の人々について書いてみたいと思います。

クレア州の州都エニスの町の出身である夫のパットさん。ここから車で30分ほど行ったフィークルという村に暮らして云十年です。
付き合いのある私たちの友人は当然クレア州の人が多く、とりわけフィークル周辺、東クレア地域の人たちが中心です。
昔からパットと大変親しく、私にとっては親友の一人でもあるフィークル村出身のある女友だちがいます。彼女とパットはなんでも言い合える仲、時にはマナーの域を越えた発言もあったりと気安く付き合える友人です。

数年前のある夏のこと、パットが冬場に備えてポニーたちに食べさせるための干し草を作っていました。干し草作りというのはなんのことはない、芝草を刈って乾燥させるだけのことですが、刈ってから数日そのままにしておき、乾いてきたらフォークで一束ずつひっくり返して今度は反対側を乾かし、今度はそれを積んで干し草の山を作り・・と知恵と経験のいるスキルです。
すると彼女がにんまり笑って「パット、干し草なんて作れるの?やり方知ってる?」とからかいます。パットは「失礼な。昔ケリーの叔父たちのファームで散々手伝わされたし、何の苦労もないよ!」と切り返します。

すると彼女は冗談たっぷりに「本当~~?パットはタウニーなのに~!」と言うのです。

このタウニー(Townie)という言葉は一般的な英単語で、「町の人」「都会人」という意味です。
パットはエニスの出身なので、(田舎の男性たちのようには)農業のことなんて知らない、釘も打てなければチェーンソーも握れないでしょう!とこの友人はからかっていたのでした。

都会人がタウニーならば、田舎の人々は何と呼ばれるのでしょう?
アイルランドにはこれに対応した呼び名がちゃんとあって、カルチー(Culchie)と言います。
カルチーはアイルランド語が起源の言葉で、地方に住む人々のことを指します。

以前「ダブリンきらい?」という記事でも触れましたが、ダブリンの都市部の人たちのことは「イングランド人の回し者」という意味でジャキーン(Jackeen)と呼びますね。

これらの呼び名はいずれも他者を侮蔑的に表現した言葉です。

Killinaskully.jpg
(ティペラリー出身のコメディアン/俳優のパット・ショートによるアイルランド西部のカルチーたちを描いたコメディー「Killinaskully」)

カルチーは、実際のアイルランド人たちにとっては「田舎者」、「ゲーリックフットボールの選手やサポーター」、「保守的で洗練されていない人たち」、「アイルランド音楽などを聴いている人たち」、「ハーリング好きの人たち」、「ダブリンを除くアイルランド人たち」というイメージで使われているそうです。

一方でタウニーは「町の人たち」ですから、ダブリンやコークなどの都市部はもちろん、エニスのような小規模の町で生まれ育った人たちに対しても使われます。(但しダブリン市民にとってはエニスの町の人たちもカルチーなんでしょうね・・)
私たちの友人のように「DIYのできない、手を汚す仕事のできない人たち」という皮肉を込めて使われたりします。

さて、クレア州の地方に暮らす人々にとっては、とりわけエニス出身のタウニーたちに対してコンプレックスがあるとも言われます。
「ダブリン人とかよりエニス人の方が風当りが強いんじゃない?なにしろ自分の州にある町だからね・・」

タウニーはつらいわね。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.02.03 02:36|アイルランド人
夫のパットさんはエニスという町の出身です。エニス(Ennis)はアイルランド西部のクレア州(County Clare)にあって、この州の中では最も大きいいわゆる州都と言われる町です。といっても都市(City)ではなく大きな町(Town)ですね。バスや電車など主要な交通機関は通っているけれど、ショッピングセンターもなければデパートもありません。エスカレーターのある建物は町に一つ。一日あれば歩いて全部回れてしまう、ちょうどいい大きさの町です。

私たちはこのエニスの町から車で30分ほど東に出たところにある村に暮らしています。エニスの町はパットさんの実家もあるし、パットさんの働くミュージックショップも町中にあるので、毎週往復している最も身近な町です。

エニスの町

パットと一緒に町を歩くと、庶民の町としてのエニスの表情が見えてきます。パットは生まれも育ちもエニス、生粋のエニス人なのでまず知り合いに会わないことがありません。歩いているとすれ違う人すれ違う人と「Hello」、「How's it going」と声をかけ合います。「今のはマイケル。学校が一緒だったから」「さっきのはセリーン。昔同じ職場で働いてたんだよ」という具合ですね。

新しいお店の数々が並ぶストリートも、どのブロックを誰が所有してるとか、どの家族が誰に売った、ここは昔仕立て屋だった、このブティックのオーナーの弟はアメリカで教授になっててコンサーティーナを弾く、こことここのオーナーは昔こういうことがあって仲が悪い、などなど、町の隅々までを知り尽くしています。
エニスの実家ではパットの母、弟たち、甥っ子などが出入りするたびにローカル情報が飛び交います。
エニスの町の冠婚葬祭情報はもちろんのこと、町の変化、人や家族の噂話などタウンに関するあらゆる情報を網羅しているようです。
「フェアグリーンのフォックス家のお母さん、今入院してるんだってよ」「あ、聞いた、オーストラリアに住んでる息子が今それで帰ってきてるでしょ」とか、「マリオンアヴェニューのマーク・ライアン覚えてる?ずっとアルコール中毒だったけど今リムリックの施設で療養してるんだって」「そうなの~、でもあれは父親の影響だよ、覚えてる?ドミニク。昔は荒れ放題だったからねえ」

町中のパブは観光客向けに商売をしているところが多いですが、一方で地元の人しか行かない、ローカル色の強いパブもしっかり残っています。その一つのパブに最近顔を出すようになったパットさん。
「ギネスが格別においしいんだよ。町の中でナンバーワンかも・・」と目を輝かせるパットさん。
でもこのパブに足しげく通う理由はもう一つあるようです。
「このパブに行くとさ、みんなエニスの連中なんだよ。僕も彼らがどこの誰か知ってるし、彼らも僕のこと、僕の家族のこと、みーんな知ってるんだよね。やっぱりエニスは僕の町だからさ、なんかこう・・妙に落ち着くんだよね」

普段は保守的なことをめったに言わないパットさんですが、ホームタウンとはそういうものなのでしょう。
例え大人になってから同じ場所に20年、30年住んでも同じ結果は決して得られません。それどころかいつまでたってもよそ者なんですね。同じ州の出身であっても、同じアイルランド人であっても、その地元の人たちの目に見えない輪の中に入れてもらえることはありません。「地元の人」というのはそういうものなのですね。

もう長いことダブリンに暮らすマイクという名のパットの友人がいます。この人もまた生まれも育ちもエニスの人、パットとは小学校時代の同級生です。
マイクが遊びに来ると、二人のエニス人は町のことをずっとしゃべっています。あの人がどうした、この店がどうなる、昔はこうだったといったことを、いつまでも。何時間でもしゃべっています。

まあ、マイクが寝る時しか口が止まらないほどのおしゃべりということもあるのでしょうが、同じ町で生まれ育った切っても切れない絆というのか、強い仲間意識があるのですね。

これこそ真の町の人。生粋のエニス人。

エニスの町を歩いているとさまざまな言語が聞こえてきます。
イングランド人、アメリカ人、アフリカ系移民の人たち、ポーランドなど東ヨーロッパの人たち。はたまたダブリン人、北アイルランド人、リムリックやティペラリーといった隣州の人たち。アイルランドの同じ規模かそれ以上の町はどこもそうかと思いますが、とてもコスモポリタンです。

でも、どんな町にも村にも本当の「地元の人たち」がいる。マイクとパットの会話を傍らで聞いていると、この町はエニスの町の人たちが所有しているような錯覚に陥ります。この人たちの存在なくして勝手にこの町を語れないというような、よそ者の想像を超える彼らのホームへの愛着を感じるのです。

地元意識の強いことで知られるアイルランド人。
きっとこれが、アイデンティティーというものなのでしょうね。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.01.25 00:12|手作りのある暮らし
冬は私にとって編み物の季節、紡ぎの季節です。
今年の冬は、近所で有機農家を営む友人から新しく羊の原毛をもらい紡いでいるほか、現在進行形で3枚のセーターを手紡ぎ糸を使って編んでいるところです。
これに加えて、去年の冬に初挑戦してみたものがあります。
こちら。

こぎん刺し (3)

刺繍?
こぎん刺しと呼ばれる日本の伝統的な刺繍の一つで、青森県津軽に伝わる刺し子の技法のひとつです。
数年前に日本に帰省をした際、ハンドクラフトの大型店で目にし、購入を決めました。なじみのない刺繍なので、最初はこんなキットが試しやすいのではないかと思い、完成するとがま口のポーチになるというこちらの商品を選んだのでした。

こぎん刺し (2)

麻布の織り目を見ながら刺していくこぎん刺し。図案を確認しながら目を数え、一つずつ正確に刺していかないときれいな模様が浮かび上がりません。とても細かい作業です。
でも慣れてくると、出来上がっていく過程は遅くとも手元から見事な模様が少しずつあらわれていく感じが何とも言えない満足感を与えてくれます。
スピードが勝負ではありません。ゆっくり時間をかけていい。
その時間を楽しむことができれば、もの作りはどんどん楽しくなっていくのですから。

これを興味深げに見ていた当時11歳の娘が「私もやりたい、ちょっと貸して~」と言います。
刺繍はおろか針と糸さえ使った経験のほとんどない子に「こぎん刺しができるわけないじゃない」ととっさに思った私。
「これはねえ、リラには難しいよきっと。絶対間違えちゃいけないし、布に対して均等に刺していかないときれいに仕上がらないのよ」

ちょっとムッとした顔をした娘、それでも「やる」と言って聞きません。
仕方がないのでコツだけ簡単に教えて、図案のどこにいるのかを指示して、様子を見ることにしました。

子ども特有の集中した顔つきで、娘が布に向き合っています。
すると。

こぎん刺し (1)

きれいにできてる!
私が刺した部分と違いが分からないほどです。驚きました。

夕食後に少し時間ができると娘が刺して、そのあと私が刺して・・・二人で刺すこぎんはゆっくりゆっくり、でも確実に出来上がっていきます。
そのうちいつの間にか春が来て、夏、秋、そしてまた次の冬がやって来ました。
編み物のいろいろが入っているバスケットの底から、こぎん刺しがまた顔を出します。
今年は12歳になった娘と、こぎんを刺しています。

がま口ポーチができるのは、いつのことなのでしょうね。
ゆっくり。ゆっくり。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.01.19 22:13|アイルランドの音楽
毎年恒例、私が中心になって主催をしているフィークルキャンプ(Feakle Irish Music Camp)というものがあります。
現地集合解散型の少人数制ミュージックキャンプで、日本でアイルランド音楽を学ばれる方のためのプログラムを組み、数日間私の暮らすフィークル村に滞在してもらっています。

2nd day Workshop (34)
(村の中心にある宿泊先のロックナーンズ。朝食はリズが作ってくれます)

地元のミュージシャンたちをはじめ、地域の人々にさまざまな形でかかわってもらい、アットホームで密接な雰囲気づくりを大切にしているキャンプです。小さな規模でやっていますが、その分クオリティーのある企画で、「こんな少人数でこんないい思いをさせてもらっていいんですか?」と参加者さんから言われたこともあります。いいんです!
フィドル、フルート、コンサーティーナというアイルランド音楽で使われる3つの楽器を対象にしたワークショップが盛り込まれていますが、これ以外の楽器でも参加が可能です。去年はギター奏者の男性がいらっしゃいましたが、ワークショップをはしごされてとっても満足していただけたようです。

フィークルキャンプ2018フライヤー表

5回目となる今年は5月1日(火)~5日(土)開催予定。
毎年想像以上の反響をいただいている充実のプログラム&とっても楽しい数日間を保証します・・!
ご興味のある方は以下に詳細を掲載しましたのでぜひご拝読の上、Eメール(info@bbird-music.com)にて私の方までお申し込みくださいね。不定期便を読んでくださっている皆さんの中にも、アイルランド音楽をされる方が多くいらっしゃるようですので、こちらでも記事を書いてみました。皆さんのご参加をお待ちしています!ぜひ会いにいらしてください!

開 催 期 間 : 2018年5月1日(火)~5月5日(土)

開 催 場 所 : クレア州フィークル村(アイルランド)

参 加 費 : 48,000円

参 加 対 象 : フィドル/フルート/コンサーティーナのいず れかでアイルランド音楽を学ばれている方。
経験年数は問 いません。 上記の楽器以外でもご参加が可能です。その場合、3つ の楽器別ワークショップ中は聴講という形で自由にご受講 いただけます。

お申し込み方法 : ①お名前 ②参加楽器の2点をご明記のうえ、下記のアドレスにEメールにてお申し込みください。
参加費のお支払いをもって キャンプの正式なお申し込みとさせていただきます。
ユーロでのお支払いをご希望の方はご相談ください。 最少催行人数:10名

お申し込み先 : info@bbird-music.com(ブラックバードミュージック 望月)

お問い合わせも受け付けております。お気軽にご相談ください。

DSCF8393.jpg

☆宿泊について
フィークル村の中央に位置するロックナーンズ(男 女別相部屋)の予約代行(無料)を承ります。(1泊/ 20-25ユーロほど)

☆交通手段
クレア州の州都エニス⇔フィークル間のローカ ルバスの予約代行(無料)を承ります。
各空港からのルー ト等もご相談いただけます。

キャンプの内容
○現地集合現地解散型の少人数制ミュージックキャンプです。
○現地の音楽家たちから直接指導を受ける3日間の楽器別ワークショップは日本語通訳つき、レッスンの細部まで吸収していただけます。
○4夜連続で地元パブを訪れ、上質のセッションをご体験いただけます。
○キャンプのハイライト、ハウスコンサートは完全プライベート。東クレアの音楽家や歌い手たちを招き、手作りの食事と共にお送りします。
○セッションワークショップ/セットダンス体験クラス/自然の中を歩くミュージックウォーク/隣町Tullaの音楽施設訪問等多くのイベントをご用意しています。
○音楽家らを含めた地域の人々にさまざまな形でかかわってもらい、アットホームで密接な学びの場をご提供しています。

DSCF8522.jpg

更なる詳細はブラックバードミュージックのウェブサイトをご覧になってみてください。
ブラックバードミュージックWeb

ブラックバードミュージックBlog(イベントのご案内やアイルランド音楽に関する記事を書いています)

ブラックバードミュージックfacebook(キャンプの写真や動画を多数アップしています!)

フィークルキャンプ2018フライヤー裏

キャンプのプロモーション用ビデオはこちらです。


望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links