2018.04.18 14:16|地域コミュニティー
夕飯を作っていると、真っ暗な中我が家の裏口ドアがガチャンと開いて、当時6歳の近所の女の子が懐中電灯を持って入ってきました。
「ハロー、エリカ。あのね、今ダディーがディナー作ってるんだけど、卵が足りないの。1個もらってもいい?」

「もちろんよ!ほら!1個でいいの?」

「うん。ありがとうー。バーイ」

ときどき、こんなことがあるのです。
ほかにも「小麦粉1カップちょうだい!」とか「2時間だけ子ども見ててもらえる?」など、ご近所さんならではのお願いがときどきあります。

迷惑とも失礼とも思いません。それどころか、気安くこうしたことを頼める関係を嬉しく思います。
困った時には私も彼らに頼めるという安心感もあります。いいこと尽くしです。
持ちつ持たれつ、お互いさま。

こんな時、アイルランドではもらった卵のお金を現金で払うなんて粗相をしてはいけません。
いちいち細かくお金の計算をしたり、些細な額のお金で人の親切を解決しようするのはまったくのタブー!ここはどんぶり勘定、大らかに寛容に、でも借りは忘れない、というのがアイルランド流です。

明らかに相手に負担を強いる無理なお願いをしたり、何度も一方的に頼んだり・・ということは絶対にないのですね。この判断は社会人であれば見当がつきますし、相手との距離をお互い把握していればトラブルになることもありません。

信頼関係があってこそ。
この人たちなら大丈夫。彼らは身勝手な行動をしたり私たちを都合のいい時だけ利用したりしない。
口に出さなくてもいい信頼がお互いあってこそ成り立つのが人間関係、近所づきあい、フレンドシップではないかなと思います。

Glendree Garden Party 2015 (5)

先日ある午後の時間に近所の奥さんからメッセージが来て、「今夜二人(夫婦)で外出することになったんだけど、ベビーシッターが見つからなくて困ってるの。エリカのところで二人の子どもお泊まりさせてもらうことはできる?」と頼まれました。
常日頃から我が家を出入りしている子どもたちだし、お泊まりも何度もしたことがある。特に何も用事のない夜だし「全然大丈夫だよ」と快諾すると「あ~、ほんっとに助かる!ありがとう!」と感謝されました。
数日後にこのお母さんが我が家にやって来て「これは先日のお礼。突然のお願いだったのにありがとう」と言っておいしいワインを1本届けてくれました。「こんなことしてくれなくても全然いいのに」と言うと「気持ちだから」とのこと。

卵一個もらっただけで「お礼に」とワインをあげてしまうと、今度は相手が私にお願いをする時に同じレベルのギフトを要求しているようにも思われてしまう。だからこそ些細なお願いは大らかに寛容に、がいいのですね。

日本では社会のモラルとして「人さまに迷惑のかからないように」ということを大切にしますね。
でも、もしこんなことを迷惑と呼ぶのだとしたら、私はお互いに少し迷惑をかけ合いながら生きていく方が好きです。そうした中で横のつながりができていくし、社会の一員としてどう振る舞うべきかを学んでいける気がするのです。
「そんなことで私たちに頼って来ないで下さいよ!卵なんて車でひとっ走りして自分で買ってきてください!」というのはあまりに冷たく貧しく、さびしい近所関係ではありませんか。

お互いさま。

失いたくない精神です。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.04.13 00:29|アイルランドの自然
子どもの頃、水の中にカエルの卵を見つけて嬉しくなった思い出が皆さんにはありませんか?
カエルの種類によって卵の形も違いますが、日本だとチューブ状のものもあったりして楽しいですよね。

私の暮らす東クレア地方は水はけの悪い貧しい土地が多く、雨が降るとぬかるんで仕方ありません。
数年前にこの土質を利用してパットさんがショベルで穴を掘って、小さな池を敷地のあちこちに作りました。
すると、今度はここにカエルがやって来て卵を産むようになったのです。

カエルの卵

しばらくするとそれが羽化しておたまじゃくしになります。
音符のような形の真っ黒のおたまじゃくしが、懸命に尻尾を動かして四方八方に泳ぐ様子は大変微笑ましく、いつまでも眺めていたくなります。

春を告げるもの、というのはいろいろありますね。
クロッカスや水仙の開花、ツバメの到来、カッコウの鳴き声、ミツバチの羽音。日本ではもちろん何より桜が春の代名詞でしょうか。
おたまじゃくしの動画を作ってみました。アイルランド田舎生活2本目のYouTube動画です。



どこに住んでいてもどんなに忙しくても、ふと立ち止まって辺りを見回せば必ず見つかる、春を告げるもの。
私にとっては子どもの頃の自分と再会する瞬間でもあります。
皆さんの近くには、もう春が来ていますか?

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.04.04 21:45|アイルランド人
先日とある人気トーク番組を観ていたら、元アイルランド代表のラグビー選手ドナカ・オカラハン(Donncha O'Callaghan)がゲストで出てきました。ユーモアたっぷり、子ども番組も担当するアイルランドの人気者です。



トークの中でとても面白いエピソードを紹介しており、思わず笑ってしまいました。

「イングランドで仕事をしていると、やっぱりアイルランドが恋しくなりますね。イングランドの人たちはいい人たちなんだけど・・・なんというか、どうもユーモアに欠けるんですよ」
「先日、(イングランド人の)同僚がホームパーティーをすると言うので呼ばれて行ったんですね。彼の奥さんがおいしそうなケーキ焼いてて、すごくいい匂いでね」
「で、僕のところにもケーキを持った奥さんがやって来て『おひとついかが?』って言うわけです」
「でもさ、アイルランド人だったら普通そういう場面で何て答えます?・・・『No thanks, I'm fine (いえ、結構です、ありがとう)』でしょう?!」
「そしたら、その奥さんどうしたと思う?ケーキ下げてとっとと行っちゃったんですよ!!!もう一回訊いてよ!って感じですよねえ!」

「ほんと、イングランドの人たちって僕たちとは全然違う人種の人たちですよね」とドナカ。

ケーキを誰かに勧めて「いえ結構です」と言われたら。それは「そうか、この人はケーキ要らないんだな」と言葉通りに受け止めればむろんそうなります。
しかし何ともやっかいなことに、アイルランドではそう簡単にはいきません。
じゃあどうすればいいの?どんな風に対応すればいいの?
こんな場面で一度断られたら、「そんなこと言わずに、ほら、どうぞ!」と強く押さなければいけません!更に言うと、アイルランド人はあなたのこの「プッシュ」を待っているのです。

何が起こっているのかというと、最初の「ノー」は遠慮の「ノー」なんですね。アイルランド人特有の控えめであること、礼儀正しくあることを良しとする国民性の表れなのです。
ドナカの例のように相手(=同僚の奥さん)がほとんど面識のない人である場合、これはよく見られるアイルランド人の態度です。
だんだんに親しくなってくればリラックスして本音も出るようになり、同じような場面で「本当は食べたいけど遠慮する」という演技も少なくなってきます。

No thanksはYes?2

YesかNoかはっきりしてよ!と思わず叫びたくなってしまう、このアイルランド人の曲折した返答。
彼らのカルチャーを知らない人は、このイングランド人の奥さんのようにケーキを下げてしまうことでしょう。そして、本当は食べたいと思っていたケーキをもらえなかったかわいそうなアイルランド人を置き去りにしていることにも気づきません・・・!
こればかりはこの国でアイルランド人と暮らしながら習得、トレーニングしていくしか手立てがなさそうです。

でも一番大事なのは、今相手と私との間にどのくらいの距離があるかということを見極めること。
アイルランド人は、これに大変長けています。

相手と私はどのような関係なのか、今どのような場面なのか、誰がホストで誰がお客なのか、貸し借りはないか、私は相手のことをどれくらい知っているのか、相手は私と友だちだと思ってくれているのか、回りに誰がいるのか・・・。

こうして自分の今ある立場をあらゆる角度から点検し、その場に最もふさわしい態度をとる。アイルランド人たちは無意識に行っているのでしょうが、これは実は非常に高いスキルを要する行為です。

アイルランド人のあまりにきめ細やかな神経の使い方には、日本人の私も時に唖然とします。
私の目に映るアイルランド人は、そういう意味で非常に社会性のある人たちです。自分の立場をわきまえている人たち、控えめで、相手との距離を常に慎重に測り、見極め、相手を困らせないよう細心の注意を払う人たち。

どこまで見習えるのかは未知ですが、人として、社会人として今でも学ぶことの多い日々です。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.03.29 08:26|アイルランドの音楽
我が家にはアコーディオンが一台あります。
ボタンアコーディオンと呼ばれるタイプで、高さが30センチ弱ほどの小型のものです。

エリカのアコーディオン (1)

フィンガーボードが割れて壊れていたり、音の出にくいボタンがあったりして弾ける状態ではなかったのを、去年の夏に思い切って直しました。親しい友人でアコーディオンの修理を手がけるチャーリーに頼むと「そんなに価値の高い楽器ではないけれど、なかなかの音が出るんじゃないかな」と快諾してくれて、日本から戻ると生まれ変わったアコーディオンがソファにきちんと座っていたのでした。
おまけに新品のストラップまでついてる!まさに優待サービスです。

このアコーディオンはホーナーというドイツのメーカーで、その名も「ERICA エリカ」と言います。

エリカのアコーディオン (2)

その昔パットさんが村のある知人から譲り受けたもので、結婚して私が引っ越してきた時にはもう家にありました。

今でもホーナーはこのエリカのモデルのアコーディオンを作っていますが、すべて中国製とのこと。
チャーリー曰く「でもこのエリカはまだドイツで生産されていた時代の楽器だね」。

私たちはパットさんも私も子どもたち二人もフィドルを弾く家族で、アコーディオン奏者はいません。
が、ときどき誰かが手に取って音を出してみたり曲を弾いたりしています。

エリカのアコーディオン2017 (2)

運命というものがあるのかどうか、私には分かりません。偶然は必然とも言います。
自分と同じ名前のアコーディオンを持っていた人と一緒になったのも、何かとても自然なことのように感じます。

このアコーディオン、キーがアイルランド音楽で使われるものとやや違うため、パブのセッションなどには持っていくことができません。
そうでなくとも、私はフィドルとフルートで手一杯でとてもじゃないけどアコーディオンを練習する気力はない!
それに、エリカがエリカを弾いてるってちょっと滑稽・・ではありませんか?

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.03.23 09:28|地域コミュニティー
エニスの町の出身の夫パットさんが、ある日こんなことを言います。
「肉屋のドンなんだけどさ、このところ商売があがったりみたいなんだよ。テスコの中に新しい肉屋ができて、そっちにお客を取られてるっていう噂でさ。ドンのところは僕のママも昔からひいきにしてる肉屋だし、だからサポートしてあげないといけない」

果物や野菜も扱うお肉屋さん。いつの間にかエニスに行くたびにドンのお店で買い物をするようになりました。

子どもたちの新学期になると、科目ごとにノートを用意しなければいけません。この時期には大手のスーパーでお得にまとめ買いができるようにパッケージされたノートが売られています。つい「あら、安いじゃない」と手に取ってしまいます。

すると、パットさんに注意されました。「ノートを買うんだったらスクエアのケイシーズに行って。あの家族は昔から文具の商売をしているし、家族経営のローカルビジネスを僕たちは支えてあげなくちゃいけないんだから」と念を押されます。

この姿勢。この精神。

パットさんだけでなく、この「地元の商店を支える」「地域のお店で買い物する」という精神は、アイルランドに暮らしていると肌で感じます。

地元で買い物をしよう (3)

安ければ安いほど、私のお財布にはやさしい。同じ商品を買うのに、わざわざ高いお店で買うなんて愚かだわ。と、自己を中心に買い物をしていた自分が、アイルランドに住み始めて変わってきました。
私たち消費者にとって、ものの値段は大切かもしれません。
でも、安いもの、安い店だけを追っていたら大型店の言いなりです。消費社会の大波に飲まれてしまう。
なじみの顔に会える商店街は当然姿を消していく。

お肉屋さんのお肉はおいしいです。スーパーの棚に並ぶパッキングされたお肉よりも、ずっとおいしいです。
八百屋さんの野菜はおいしいです。大型店の野菜よりもずっと新鮮で、オランダ産でもなくスペイン産でもない、地元の野菜です。

文房具屋ケイシーズに入ると、お店のお父さんがいつものように店番をしていました。お店の奥には80歳を過ぎた彼のお父さんの姿もあります。「やあやあどうも」というあいさつのあと「子どもの新学期に合わせてノートやら文具やらを一式揃えたいんだけど」と学校から配布されたリストを見ながら話すと「どれどれ」とお父さんが一緒にリストを見てくれます。それから、
「10分ぐらい時間をもらえれば、これ全部用意しておくよ」
「本当に?そしたらほかの買い物を済ませてからまた立ち寄れるけど」
「任せてよ」と頼りになる返事をもらい、持っていたリストをお父さんに託しました。
そして再びお店を訪れると、娘の分、息子の分とちゃんと袋で分けられた文房具が待っていたのです。

これをパットさんに話すと
「ね?個人経営のお店で買い物する価値は十分にあるでしょう?スーパーでは絶対にあり得ないサービスだよ!」と得意げに説くパットさん。でも本当に、その通り。

地域の個人商店を支えることは、巡り巡って町づくりに貢献し、回り回って地域コミュニティーを支えます。
安いものを求めるよりも、大切なことがある。自分のお財布から少し余分に出してでも、守りたい地域社会がある。この価値観は財産だなあと思うのです。

アクションを起こすのは私たち。
さあ、地元のお店でお買い物。今日からはじめませんか。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links