FC2ブログ
2019.01.09 16:52|毛糸と私
この冬、アイルランドは暖冬です。霜の降りるような朝も11月までで、それからは日中13~14℃という気温。厳しい寒さとは無縁です。それどころか、木々や植物たちも困惑しているようで、ブラックベリーの花が咲いていたり、新芽の出ているメープルの木があったりします。このまま春がやって来るのでしょうか。

さて、私の冬の手仕事といえば糸紡ぎと編み物。
編み物は、おかげさまでiichiさんで出しているハンドメイドのお店を通してクリスマス前に多くのご注文をいただき、一時は編んでも編んでも追いつかないほどでした。ご注文いただいた皆さま、ありがとうございました!もう少し時間がとれるようになったら、新しい作品作りにも力を入れていきたいと思います。

さて、手紡ぎのほうはというと。
いつもよりも少ない冬の時間を縫うようにして、紡ぎ車の前に腰掛けては相も変わらず毛糸を紡いでいます。

毛糸は、当然紡げば紡ぐほど増えてきます。気がつくと、二つのバスケットが手紡ぎの毛糸でいっぱいになってしまいました。

手紡ぎ毛糸2019年1月 (1)

左のバスケットは私が自分で編んだ(まだ未完成の)もの(記事はこちら→「自分だけのかごがほしい」)、そして右にある大ぶりなハンドルのついたバスケットは、義母が昔使っていたものです。看護師だった義母は、このバスケットにランチを入れて自転車の後ろにくくりつけ、通勤していたのだそう。

私が紡ぐ羊の毛は、近所の有機農家さんからいただくものばかりです。
羊の毛を刈って、それがそのまま袋に入った状態でいただくので、広げてみると羊の形が分かります。ときどき枯葉や小枝が絡まっている、羊の色のまんまのウールが、紡いでいても編んでいても、私には一番しっくりくるのです。

手紡ぎ毛糸2019年1月 (6)

こちらは、左からベージュ、白、グレイ。あ、このグレイは羊ではなくアルパカかな。

手紡ぎ毛糸2019年1月 (5)

こちらも左から、ダークブラウン、真ん中はグレイと白のアルパカを双糸にした糸、そしてキャラメル色の羊と白い羊の毛をそれぞれ紡いで、これまた双糸にした糸です。
私の紡ぐ糸はたいてい単糸と単糸を一緒に撚った双糸と言われる毛糸なので、こんな遊びもできるのですね。

こんなにたまってしまった毛糸、どうしましょう。次は何を編もうかしら。
と思っているところへ、友人から思わぬ注文をもらってしまいました。
何の用事だろうと電話を受信すると、
「エリカ?あのね、お願いがあるの。エリカの紡いだ毛糸を100%使って、私のためにセーターを編んでくれない?紡ぐのにも編むのにも時間がかかるのは分かってるから、何百ユーロになっても構わないのよ。肝心なのは、エリカがちゃんと損をしないで請求できるっていうこと。いいわね?!」
彼女と話していると、いつも怒られているような気になってしまうのは私だけ?
「分かりました、そしたら私の時間ができ次第、あなたの家に遊びに行きますよ。そこで寸法をとったりどんなセーターがいいか話せればいいなと思うけど」と返事をすると
「決まりね!楽しみだわ!」

手紡ぎの毛糸はできるまでにとにかく時間がかかるので、どうしても値段が高くなってしまいます。でも手作りの価値をちゃんと理解している彼女のような人にとって、手紡ぎ毛糸で編みあがるセーターは生涯愛することのできる特別な1枚となることでしょう。
近いうちに、二つのバスケットを持参して彼女を訪ねる予定です。

手紡ぎ毛糸2019年1月 (2)

こちらは、上の写真にあるベージュの毛糸の編地。1匹の羊から刈った毛でも、体の部位によって濃淡がここまで違うこともあります。均一でないと言われればその通りですが、これはいかにも自然のなせる業ではありませんか。
さらには、手紡ぎの毛糸は時折太くなったり細くなったりするので、表情が非常に豊かです。この不均等さが出す風情こそが、手紡ぎ毛糸の一番の魅力ではないかなと私は思っています。

今週末にはエニスの町の施設で月例の紡ぎの会があります。
皆さんと一緒に紡ぎ車を並べて、楽しんで来ようと思います。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.01.02 06:14|ごあいさつ / ご案内
あけましておめでとうございます。
アイルランド不定期便読者の皆さま、お元気でいらっしゃいますか。

先月先々月と多忙であったり不安定な時期で、こんなに不定期便をお休みしてしまったのは初めてかもしれません。さっきページの確認をしたら、1ヶ月以上更新されていないとのことで広告が出ている始末。すっかり寂れた格好となってしまいました。

元旦の夜にこの記事を書いていますが、新年に向けての抱負などがまったくない私。目標も心構えもあったものではありません。
ただできるだけていねいに自分の暮らしを積み重ね、楽しんでいけたらいいなあと淡く願うばかりです。

これはむろん毎日できることではありません。一日一日コツコツ、ということができない私は、たまにはうんと怠けたり、いけないなあと分かっていながら急ぎ足で、一日中走り回っているような日もやはりあります。

さて、アイルランドに暮らしていてよく聞く言葉に「Humble」というものがあります。
形容詞で、「慎ましい」とか「質素な」、「謙虚な」、「控えめな」という意味の言葉です。
アイルランドでは、ひたむきに生きる人々、自己を抑えて他人を気遣える人々に対し大変な敬意を表します。まるで、Humbleであることが彼らの道徳のようです。

Humbleに生きる。
回りの人たちをどれだけ気遣い、自分の欲に翻弄されず穏やかでいられるか。

ん。これ、今年の目標かな?よーし。

今年は何をしようかな。
家族の食卓を支える野菜作りにも時間をかけたいし、友と音楽も楽しみたい。毛糸を使って新しい作品も作りたいし、糸紡ぎの世界にももっともっと踏み込んでみたい。入居して10年になるこの家を少しずつ完成に近づけていきたいし、発酵食品のことももっと知りたい。やりたいことはたくさんあります。
そしてそんなことを、皆さんとも共有できたら嬉しく思います。

ゆっくり、Humbleに。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
アイルランド田舎生活 望月えりか

オコナー家遠景2018年12月

家から少し歩いた丘から、冬の午後に撮りました。左に見えるのが我が家です。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.11.28 23:40|動物と暮らす
リラの乗馬のためにポニーを飼い始めたのは2015年のこと。もうあれから3年も経つんですね~、あっという間です。
ポニーを迎える準備の一つとして、冬場に雨風をしのぐ馬小屋があるといいのではないかということで、パットさんが冬の冷たい空気の中せっせと作業していたのを思い出しました。

セメントを買ってきて水と混ぜてコンクリートを流し込み、骨組みを立てて屋根をつけて・・というもろもろの作業をすべて一人でこなすパットさん。家に大工さんがいるというのは本当にありがたいことです。

骨組みを作るのに、丸太が何本もいるなあということになりました。馬小屋だし、形の整った材木を買う必要はありません。思案の末、村の農夫デニスさんにかけ合ってみることにしました。デニスさんは肉牛の農家さんですが、何エーカーもある土地に植林をしており、そこで取れる木を薪として販売しています。まっすぐで運びやすいサイズの杉の木を持っているかもしれない。

パットさんがさっそく電話をしてみると・・
「杉?いっぱいあるよ!何本いるの?それだけ?だったらね、いつでもいいから取りに来たらいいよ、干し草を収納してる納屋の裏に転がってるんだ。家には誰もいないかもしれないけど、勝手に来てもらっていいから!」
信頼関係があれば、物事はなんとスムーズに進むことでしょう。
エニス郊外に住む弟からトレイラーを借りて、これを車でけん引して後日丸太を取りに行きました。ありがとう、デニスさん。

そんなわけで、デニスさんから譲ってもらった木で骨組みができました。わーい。

pony stable (3)

お次は屋根。屋根の材料やそのほかの木材、ねじや釘などはすべて隣町タラのお店で買えます。

pony stable (2)

小さな家でも建ててしまいそうなパットさん。屋根はほんの少し傾斜を作って雨水がうまく流れるようになっています。

pony stable (7)

壁材(?!)には近所に住む友人からこちらも安く譲り受けた木材を使用。いかにも手作りの風合い満点の建物ですが、ま、馬小屋だし、細かいところは気にしない、気にしない。

Pony Stable (12)

完成!
ところどころいびつで愛嬌のある小屋ですが、骨組みがしっかりしているので頑丈です。たとえポニーが体をぐいぐい擦りつけても倒れることはまずありません。

Pony Stable (13)

そんな一大プロジェクトから早3年。
今年も暗くて長いアイルランドの冬がやってきました。ポニーは馬小屋に無事入っているかな~。

Pony Stable (8)

あれ!!入ってません!
同じ敷地内にはいるものの、冬用のコートを着たポニーたちは雨風もなんのその、相変わらず外で残った芝草を食んでいます。

そして、もう一つ意外な展開が。

Pony Stable (11)

あれ!!馬小屋の中に何やら薪がいっぱい・・・。

Pony Stable (9)

我が家のポニーをこの馬小屋に入れて、ここで干し草を与えて冬越えするというのが当初の計画でした。それが、いつの頃からかご近所さんのポニーも一緒に世話することになり、更には冬が来るとフルタイムの農家であるこのご近所さんが干し草のたっぷりある特大の納屋で、我が家のポニーもろとも世話をしてくれることになったのです。ということは、冬場のほとんどはポニーがここにいない・・。

それと同時に、パットさんが建てた馬小屋は我が家の林がある敷地内。ここ数年というもの、剪定で出た木を薪として使えるようになってきました。切った直後の木は燃料としてはまだ若すぎて燃やせないので、しばらく納屋などの乾燥した場所で乾かします。
あれ?今、納屋って言った?

本末転倒の結末となったパットさんの馬小屋計画。
せっかく作ったのに、残念がっていない?と心配しましたが、本人は涼しい顔で「薪貯蔵にちょうどよかった~。ポニーが入ってきて糞でもされたら困る!」なんて言う始末。あの労働は無駄にはならなかったようです。ふう。

Pony Stable (4)

さて、これはおまけの写真。
屋根の取り付け作業中のパットさん、何か工具でも持ってる?と思ってよ~く見直してみたら。全然違うものを抱えてますね・・!

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.11.06 23:32|ワイルドフード
2週間ほど前、風邪をひき久し振りに寝込みました。39度近くの高熱とのどの痛み。
これだけ熱が出ると、日常生活というものをまともに送れなくなります。家事ですらままならず、パットさんに普段以上に頑張ってもらって何とか数日を乗り切ることができました。

私が病に伏せていることを聞いた友人が、電話をくれました。
熱があってね、辛いのよねと話していると「エリカ、エルダーフラワーのお茶はあるの?」と言います。

乾燥させたエルダー(ニワトコ)の花は、おいしいハーブティーになります。解熱作用のあるお茶だから今から持っていってあげる、という間もなく、ティーを配達してくれました。なんて優しいの・・!

茶色の紙袋に入ったお茶がこちら。

エルダーフラワーのお茶 (5)

初夏に摘んだエルダーの花をシンプルにそのまま乾燥させたもの。

エルダーフラワーは不定期便に何度も登場していますが、こんなお花ですね。

エルダーフラワー2017 (1)

ニワトコという木の花です。

ふらふらした足取りで電気ケトルをスイッチオン、ハーブティー用のポットでさっそくお茶を作りました。

エルダーフラワーのお茶 (10)

花をたっぷり入れると、夏の香りが一気によみがえってくるようです。

エルダーフラワーのお茶 (14)

エルダーフラワーのティーは、苦味のない優しい味。いかにも体に良さそうです。これなら普段からハーブティーとしても飲めそう。

たくさんもらってしまったので、残った花はガラス瓶に入れて保存。瓶に詰めていると花粉がたくさん落ちてきて嬉しくなりました。

ティーを持ってきてくれた友人とは、こんな会話もしました。

「ハチミツはあるの?」
「うん」
「ちゃんとローカルのハチミツ?」
「そうねえ、アイリッシュのハチミツだけど」
「なら大丈夫、そのハチミツを大さじ一杯、レモンを半分絞ってお湯に混ぜて飲んでね」
「それと、もし喉が炎症を起こしていたらぬるま湯に塩を溶かしてうがいをするといいわよ」

エルダーフラワーのお茶 (9)

友人が摘んで乾燥させたエルダーの花のお茶とアイルランド産のハチミツで治す風邪。
市販の薬ではなくて、身の回りに生きるものや自然の力を使った治癒の知恵。
急がない、焦らない。
私の風邪はゆっくり治っていきました。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.10.25 16:48|食文化/食事情
アイルランド料理といえば何といってもジャガイモ。

アイルランド不定期便でも、ジャガイモに関する記事を過去にいろいろ書いています。
アイルランドのソウルフード、ジャガイモの話
ジャガイモとアイルランド人
アイルランドの大飢饉の原因、ブライト
今年は豊作のジャガイモ
シンプルでおいしい、ジャガイモと西洋ねぎのスープ
ジャガイモはおかずにならない?
毎年恒例、ジャガイモの収穫

うわー、ジャガイモだらけの不定期便・・・!

ジャガイモの国アイルランドには「National Potato Day じゃがいもの日」なるものがあり、今年も10月5日にさまざまなキャンペーンが行われていました。祝日ではありません・・念のため。

これにちなんで、メディアではじゃがいも掘りに挑戦した小学校の子どもたちを取り上げたり、家庭でできる世界のじゃがいもレシピを紹介したりしています。

potato-day.jpg

ある新聞を読んでいたら、じゃがいもの日にちなんで「あなたはどんなじゃがいも調理法が好きですか?」という読者アンケートを取ったのだそう。じゃがいもは日本でも幅広く使われる野菜の代表格ですね。さて、アイルランド人の一番好きなじゃがいもの調理法、結果やいかに?

「ま、驚くまでもない結果ですがね」という前置きと共に堂々の一位は・・・

マッシュドポテト!!!

マッシュポテト

日本語だと片仮名でマッシュポテトなんていう風に表記するのでしょうか。アイルランド人、本当にこのマッシュポテトが好きですね~。しかしこのマッシュポテト、ただじゃがいもを茹でて潰せばいいというものではないんですよ。
決して水っぽくならない程度にバターとミルクをたっぷり入れて、空気を取り込むようにマッシュしていくとふんわりとしたコクのあるマッシュポテトができます。
我が家でもときどきパットさんがディナーに作りますが、こだわりがあるようで私はまったくノータッチ。じゃがいも料理に関してはあんまり信用されてないなあ~。
アイルランドのレストランでも家庭でも、まさに定番のマッシュポテトですね。

アンケートの結果はご覧のとおり。

1位 マッシュ 27%
2位 ロースト 22%
3位 茹でる 20%
4位 揚げる(フライドポテト) 11%
5位 蒸す 10%

2位に入ってきたローストポテト、これもアイルランド人に出せば間違いなく喜ばれる料理の一つですね。

ローストポテト

各家庭に必ずオーブンがあるアイルランドならではのロースト料理は、じゃがいもだけでなく肉、魚、野菜などにもよく使われます。

面白いのはわずか1%と最下位だったじゃがいも調理法。一体何だと思います?

ポテトサラダ。です。

アイルランド人たちは「当然の結果だよね~」と苦笑い。
「家族の誕生日パーティーとかでも最後に絶対残りものになってるのが・・・ポテトサラダ!」ということで、悲しいほどに人気なし!

ポテトサラダは日本にも浸透していますが、アイルランド人にはおもてなししない方がいいかも・・しれません。

どんな風にじゃがいもを調理するにせよ、おいしいじゃがいもを使うのが一番です。
今年の夏は雨が極端に少なく、市場に出回るじゃがいもの高騰が続いているアイルランド。それに比べて、小規模農家さんや家庭菜園では例年以上の豊作でした。我が家も食べきれないほどのじゃがいもを収穫しました。
何事も、小さくやるのがいいみたいです。

うーん、ジャガイモのことを書いていたらお腹が空いてきたな~。よし、今夜はローストポテトにしよう!

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links