2017.09.20 08:43|豊かな暮らしを考える
我が家の畑では、台所から出る生ごみもコンポストにしてときどき畑に撒いて使っています。
その結果、畑を耕している時に土の中に意外なものを発見することがあります。間違って混入したプラスチックの小さな蓋、分解されずに残ったシールやセロテープ。

ああ、土に返らなかったのだな。

見つけるたびにそう感じます。

一方で、私の周囲にある自然、植物や動物、鳥などを無意識に眺めていると、彼らは土に返らないものは何も残さないということにも気がつきます。当然のことに思えますが、論理で知るより体験で知るとその本当の意味が分かります。
彼らは地球のサイクルの中で、地球に負担をかけることなく生存している。まるで地球と共存する方法を心得ているかのようです。
土に返らないものを排出しているのは、人間だけなのですね。

歩む道に迷った時、言葉に詰まった時。私の心の師事の一人である環境活動家サティシュ・クマール氏の哲学を聴くようにしています。
彼がシンプルに紡ぎ出す言葉は、私たちの心に語り、問いかけ、いつまでも残ります。

サティシュ・クマール
(インドの平和/環境活動家、Satish Kumar)

クマール氏も「土」のことに触れています。
”私たち人間は、土に生き、土に返る。こんなに当たり前のことを、私たちは忘れていませんか。”
”自分たちのケアをするということは、地球をケアするということなのです。自然というものは遠く離れたところにあるものではなく、私たちそのものなのです。私たちもネイチャーなのです。自然を利用し痛めつけることは、実は私たち自身を傷つけていることになるのです。”

こぼれ種が嬉しい2016 (1)

土に全く触らない生活を送る人にとっては、ピンとこない話かもしれません。
人工的なものに囲まれた暮らしになればなるほど、土の存在は遠く感じられるものです。「土に触るなんて汚い」「手が汚れる」と感じる人も多いのかもしれません。でも、土から離れ、土に返らないプラスチックやいろいろの人工物に依存した暮らしが、実は地球を汚しています。

宮崎駿氏の映画の中に「土から離れては生きられないのよ」というセリフがありましたが、これはアニメ世界の話ではなく私たちのストーリーです。

「土」について考える時間。「土」に触れる時間。
今こそ必要なのかもしれません。

Erika Moc O'C @Twitter
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.09.14 08:01|家 族 / 故 郷
リムリックに住む友人が遊びに来た際、ちょうど我が家の台所にあったクッキーをつまんで「このクッキーおいしいですね!」と言います。

ノンタンクッキー (3)

「クッキーのレシピ、見せてあげようか?」とにんまり答える私。
そしてじゃじゃーん、と取り出したのがこちらです。

ノンタンクッキー (11)

ノンタン。
絵本作家キヨノサチコさんの絵本シリーズ「ノンタン」と共に幼少時代を過ごした私ですが、「懐かしい!」と思われる方も多いのではないでしょうか。
「ノンタンのたんじょうび」は、ノンタンのお友だちがノンタンに内緒でお誕生日パーティーを開いてくれるというストーリーです。ノンタンをかたどったいろいろなクッキーを焼いてノンタンをびっくりさせてくれたうさぎさんやたぬきさん。そのストーリーに合わせて、本の見開き部分にクッキーのレシピが載っています。我が家では、私が子どもの頃からこのレシピを見て日本の母が型抜きクッキーを焼いてくれていたのでした。

ノンタンクッキー (9)

生地さえできてしまえば小さい子どもたちでも思い思いの型で楽しく作れる型抜きクッキー。アイルランドの我が家でも、ノンタンクッキーのレシピが大活躍しています。

ノンタンクッキー (4)

簡単でサクッと軽い、甘さ控えめのこのクッキーは、我が家の子どもたちだけでなく家に遊びに来る近所の子どもたちにも大人気。大人たちでさえ「どんどん食べちゃう!」というわけで、誰でも笑顔にしてくれる魔法のクッキーです。

ノンタンクッキー (10)

今やスマホやタブレットの画面を見ながら料理をする時代・・・なのかもしれませんが、こんな思い出いっぱいのレシピが一つでも手元にあると心がホッとするものです。ページにシミのついた、セロテープで何か所も修正のしてあるレシピ。
これからも大切にしたいと思います。

余談ですが、アイルランドではクッキーとは呼ばずビスケットと言いますね。クッキーはアメリカ英語でしょうか。
さっきから私も「クッキー」と呼んでいるけれど、日本語の時にはクッキーと呼んで、英語を話している時はビスケット、もしくは砕けてビッキーBickie(s)と呼んでいます。


Erika Moc O'C @Twitter
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.09.06 08:05|アイルランドの食生活
忙しかった先月に手をつけられなかった家事のいろいろをこなす9月。特に畑の収穫が思った以上に大変で、玉ねぎ、インゲン、トマト、ズッキーニにリンゴ、梨と嬉しい悲鳴をあげています。

太陽が顔をのぞかせ、風のない穏やかな午後のこと。私と同じく多忙にしていた夫が「ミツバチの巣箱見てみようかな」と言います。巣箱のチェックも、やらなくちゃと言いながら実現していなかったことの一つだったのです。
友人から借りている養蜂スーツを着込んで出ていったパットさんは、しばらくしてからハチミツのついたフレームを3枚持って帰ってきました!

9月のハチミツ2017 (1)

うほほーい。
ハチミツと蜜蝋の香りが漂います。
さあ、この後どうするの?ハチミツをフレームから収穫するなんて、私にとっては初めての体験です。

9月のハチミツ2017 (7)

まずは、白っぽく見えるキャップ(蓋、ですね)をナイフなどで取り除きます。キャップの下にハチミツがたまっているのが見えるかな?

9月のハチミツ2017 (4)

キャップを外したところ。ハチミツがあふれ出てきます!
あんなに小さなミツバチたちが、ここまで完璧で美しい六角形のハニカム(Honeycomb)を蜜蝋で形成している。まるで魔法のようだと思いませんか?自然は、時に私たちの想像をはるかに超えた驚きと感動を与えてくれます。すごい。

9月のハチミツ2017 (9)

ワックス(蜜蝋)を取り除いて、少しずつ濾して瓶詰めしていきます。

9月のハチミツ2017 (3)

全部で7瓶ほど!やった!

よくハチミツは健康食品であると言われます。美容にも効くし、薬用にもなります。
ただ、市場に出回っているハチミツと名のつくもののすべてにこの効用があるとは言えないそうです。
加熱処理をして脱色、脱臭された精製ハチミツ、水あめなどを人為的に加えた加糖ハチミツ。
これらとは別に、純粋ハチミツというものがあります。加工されていない、加熱もされていない、ミツバチの巣からそのままとれた天然のハチミツのことです。花粉が入っているのでやや不透明なことが多く、低温では結晶化するのが特徴です。

この純粋ハチミツこそが、私たちにとってパワフルな薬となるのです。

9月のハチミツ2017 (2)

うん、確かに不透明な色で、濾している間は酵素のおかげで小さな気泡が無数に出ていました。
正真正銘、純粋ハチミツ。アイルランド産。我が家産。
何にも代え難い贅沢なハチミツではありませんか。

パットさんが今回取ってきたのは3枚のフレームのみ。ハチミツはまだ巣箱の中にあったけれど、全部を取るようなことはしません。ハチミツは何よりミツバチの食糧ですから、勝手ながらおすそ分けをいただいた気分です。
9月はヒース(ヘザー)の花も満開だし、自然界にはまだまだ花が見られます。
今月も頑張ってね、ミツバチ。


Erika Moc O'C @Twitter
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.08.30 08:46|ワイルドフード
畑というのは私たち人間の手によって作られる、いわば人工的な空間です。私たちが育てたいもの、食べたいもの、鑑賞したいものを植えて、丹精込めて世話します。今年の夏も、我が家はお金を代価に野菜を手に入れることなく、自分たちの畑での労働を代価に新鮮な野菜を日々食しています。

これとは別に、今月はちょっと嬉しいボーナスがありました。

マッシュルーム2017 (3)

きのこ。
このきのこは、毎年私たちの土地の決まった場所にひょこっと顔を出します。
英語ではセップ(Cep)、別名ポルチーニです。そう、イタリアン料理などで使われる、あのポルチーニです。

セップは、アイルランドでは夏の終わりから初秋にかけて出てくる野生のマッシュルームです。
野生なので畑などでは栽培できず、山菜などと並んでワイルドフードと呼ばれる食物の一種です。

きのこ狩りになじみのない友人からは「野生のきのこを食べるなんて危ないんじゃない?」とよく言われます。きのこは確かに何百もの種類があり、有毒のきのこも多いものです。私も詳しいわけではありませんが、このセップに限っては一目瞭然であることと、何より毎年現れるスポットが決まっているので間違いがなく、安心して食べています。

セップは、私たちの土地では樺の木の下に必ず生えてきます。
トネリコやオークの木の下にはありません。いつも、いつでも樺の木の下。

マッシュルーム2017 (2)

ある朝セップを一つ見つけると、我が家の土地にある樺の木の周辺をすべて回ってみた私。すると・・・あるあるある!
あっという間にいくつものセップを収穫できました。

マッシュルーム2017 (1)

きのこなのでどんな調理法にも合いますが、自然の風味を新鮮なうちに味わうためにも、我が家はバターやオリーブオイルで火を通し、レモンジュースを少し絞ってシンプルにいただきました。フェスティバルの期間中は友人らも我が家に泊まっていたので、朝食にも出してみんなで「おいしいおいしい」と言って食べました。
自然の恵み。自然の味。豊かな自然に感謝です。


Erika Moc O'C @Twitter
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.08.22 08:25|アイルランドの音楽
毎年8月には我が村でアイルランド伝統音楽祭が盛大に開かれます。今年は想定していた補助金が下りなかったりで経営的に苦戦していた実行委員ですが、最終的には立派にこのフェスティバルを全うし、世界中から集まったお客さんたちをあたたかく迎えていて感心しました。規模はずっと小さいけれど、私も似たようなことをしているのでその大変さは痛いほど分かるのです。

フェスティバル中はいつも一枚の写真も動画も撮らず、レコーディングもしません。ガジェットをいじっている時間がもったいなく、大切な瞬間を逃しているように感じてなりません。ガジェットに記録しないと!という束縛から一切解放されて、フェスティバルの一瞬一瞬を心から楽しみます。
だからここに載せる写真も、一枚もありません。

ところで、気になる日本語の表現に「大人の旅」とか「大人な味」というものがあります。この言葉を使っているのは大人なのにどうして?と聞くたびに違和感を覚えます。まるでいつもの私たちは子どもで、特別な時だけ大人になるかのよう。もしそうだとしたら何とも情けない話ではありませんか。

一方で、大人が子どものように振る舞うと「年甲斐もなく」などと言われます。
でも私は、大の大人がはしゃいで思いっきり遊べる社会って素晴らしいなと思うのです。

大人だって遊びたい!羽目を外して大騒ぎしたい!子どものことは二の次よ!こんなに自由で健康的なことはありません。
フィークル村の音楽祭は、私にとっていつもそんな場所です。
寝る間も惜しんで遊んだ週末。疲れてぐったり、それでもまだ遊び足りない!毎日、毎晩、仲の良い友人らと冗談を言い合いながら音楽に陶酔する夢のような数日間です。

ああ、今年も楽しかった。

私にとってはスケジュール的に多忙な8月ですが、今夜久し振りに文章を書く時間ができてホッとしました。書くことで、頭も心も次第に整理されていく気がします。

書くことは、自分自身を耕すこと。

9月に読もうと思っている、ある本の冒頭にある言葉です。
静かに読書を楽しめそうな来月を楽しみにしています。


Erika Moc O'C @Twitter
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

Twitter

facebook

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク