FC2ブログ
2019.03.14 09:24|アイルランドの自然
本の編集の仕事で缶詰めになることが多かった1月が、過ぎていきました。
慣れない作業にもかかわらず、少しもストレスを感じることなく、むしろ楽しんで本作りを進めることができました。これはひとえに理解ある編集者さんのおかげです。本を読んでくださった皆さんから、少しずつ感想が届いています。これがとても嬉しく、私の日々の糧になっています。何という幸運に恵まれたことでしょう。ありがとうございます。

ホッと一息つくことのできた2月のある週末に、気の合う女友だちと山登りをしてきました。
「明日ね、ちょっと山に登ってくる。Moylussa(モイロッサ)っていう山」と夫に話すと「えっ、モイロッサに登るの?大丈夫?モイロッサはクレア州で一番高い山だよ」

あら、そうなの?そういえば、我が家の裏庭から遠くに見える山のひとつが、そんな名前でしたっけ。冬になると頂上付近がよく雪で真っ白になっている、あの山かな。クレアで一番高い山は、ここ東クレアにあるのです。

誘ってくれた友人は特別な装備など口にしていなかったし、もしも大変だったら途中で下山してくればいいか。

登山当日は、見事な快晴です。サンドイッチを作って、小ぶりなリュックサックに詰めました。ビニールハウスの中で育つルッコラの葉っぱをたくさん摘んで、サンドイッチに入れました。それから、近所の農家で作られたチーズと我が家のニワトリの卵をゆでて自家製マヨネーズと一緒につぶしたものも。パンは私が焼いている自家製酵母の白パンです。

友人宅は村の反対側、山へ行く途上にあるので、ここで待ち合わせをして私の車はここに置かせてもらうことにしました。彼女の車に乗り込み、お互いの子どもの話をしたりしながら20分も行くと、山の入り口に到着です。
舗装の行き届いた道路から入るその脇道は、一方通行のまさに山道。左手に見えるダーグ湖の湖畔にはゆったりとした駐車場がありますが、友人は

「本当はここに車を停めて山のふもとから登るのがいいんだろうけどね、今日はちょっとずるをして山の中腹まで車で行っちゃおうと思うのよ、いい?」

ふふふ。私は初めて来た場所だし、何度か登ったことがあるという友人について行くことにします。「なーんでもいいよ、おまかせコースで!」

最後はあぜ道のようになってきた道路をしばらく走り、道の脇にあるスペースに駐車して、いよいよウォーキングの始まりです。
植林らしいエリアをしばらく行くと、いたるところから水が小川のように流れ落ちています。水のたまったところにはカエルの卵がたくさん産みつけられていました。

夫は「上級者向けの山なんじゃないか」なんて言ってたけど、大したことないじゃない?

と思っていたのはここまで。
ふと前方を眺めやると、とてつもない傾斜の坂道が目の前に迫っていました。

Moylussaハイキング2019 (2)

こ、これを登るの?
こんなに急こう配の坂は、私は初めて見たかもしれません。バランスを崩せば後ろにひっくり返ってしまいそうな角度の上り坂!息を切らしながら一気に登り切ると、お互いおしゃべりをする余裕もないほどです。

「急勾配はここだけじゃないよ、これからしばらく続くからね~」

よーし、ここまで来たら何としてでも頂上まで行こう!覚悟を決めて歩を進めます。
そんなに高くまで来た気はしないのに、眼下には息を呑むようなパノラマが広がっていました。

Moylussaハイキング2019 (15)

ダーグ湖はシャノン川に直結する細長い湖で、アイルランド島で3番目に大きいのだそうです。
息を深く吸い込むと、森の空気が体の中まで浄化してくれるよう。

Moylussaハイキング2019 (8)

こんなハードなウォーキングにもかかわらず、途中同じように頂上を目指す人々にずいぶん会いました。皆さん軽装です。犬を連れて歩く人、ジョギングをしながら下山してくる女性など、地元の人々にとってはお決まりのコースなのでしょう。私はふくらはぎがどうにかなってしまいそうです。ひいひい。

アイルランドの山は泥炭地であることが多いもの。ここもまた然りです。

Moylussaハイキング2019 (14)

思わず、少し掘り起こして持って帰ろうかしら?と考えてしまうほど。乾かせば最高のストーブ用燃料になります。

砂利道のコースはここまで。ここから頂上までの数百ヤードは木のデッキの上を歩きます。

Moylussaハイキング2019 (9)

それにしてもこのデッキ、幅が狭いな~。
辺りは濃い霧が立ち込め、私たちは完全に雲の中。視界が悪く、さっきまで見えていた下界の景色はどこへやら。

Moylussaハイキング2019 (10)

その上、ここまで来ると風が強く、細いデッキを注意して歩くのさえ大変なのに、強風にあおられ足を踏み外してしまいそうです。
泥炭地はぬかるんでいるので、足をつっ込みたくないなあ。疲労困憊の友人は「エリカ、私ここで待ってるから頂上まで行ってきなよ」と言うので、ここからは一人。気温もぐんと下がって寒い!ときどき小さな悲鳴をあげながら、なんとか無事に頂上までたどり着くことができました。

Moylussaハイキング2019 (12)

頂上にはそこら辺から転がしてきたような石が一つ、どーんと鎮座していました。お粗末なものでも、何かあるとそれなりの達成感がありますね。木のデッキもここで終わりです。

よく見ると、石に金属のプレートがついていました。

Moylussaハイキング2019 (11)

「Moylussa 1,748 ft」とあります。
頂上の標高は1748フィート。え、532メートルしかないの?

そう、いくらここがクレア州で最も標高の高い地点とは言え、ここはアイルランド。日本のような山や山脈は地形として存在しない国なのですね。それにしても532メートルって・・・ちょっと拍子抜けしてしまう高さです。

Moylussaハイキング2019 (6)

雲がだんだん下りてきたので見えにくいですが、クレア州とティペラリー州の間を流れるシャノン川にかかる、いつもの橋が遠くにうっすら見えました。うわー、きれい。

下山はさらに困難を極め、おかげで翌日は案の定ひどい筋肉痛に見舞われました。
私たちの暮らすエリアは木こそ多いものの丘陵地。山特有のしっとりとした空気の中、ふと立ち止まれば聞こえてくるのは風の音と鳥の鳴き声のみ。

心から深呼吸したい時に、また訪れたい場所です。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.03.06 09:10|ごあいさつ / ご案内
はい。
タイトルの通りでございます。
なんと。
突然のお知らせとなりますが、このたび私にとって初の著書が刊行されることになりました。

見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし 望月えりか著 (出版舎ジグ)

jig-01_帯付き_RGB

出版してくださったのは、生まれたばかりの出版舎ジグさん。
編集者の女性からお話をいただいてから本の刊行に至るまで、実に膨大な作業を一つ一つこなしながらの長い道のりでした。本の出版は、私にとって初めて足を踏み入れる新世界。いつも数歩先を行く編集者さんに「こっちこっち」と道案内をしてもらい、ここまで来られた思いでいます。

本の詳細は、ジグさんのウェブサイトをご覧ください。(↓クリック!)
出版舎ジグ 刊行書籍 見飽きるほどの虹

本の刊行に合わせて、寄稿文を書かせていただきました。こちらもご興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。
(クリック!→)「虹を撮る」望月えりか

アマゾンホント(honto)楽天ヤフーといったオンラインのサイトでも購入できます。
でも、地域の本屋さんを支えたい、応援したい皆さんは、ぜひお近くの本屋さんに足を運んでいただけましたら、全国どこの書店からでも取り寄せができるそうです。

15年前、アイルランドではじまった私の新しい暮らし。
異なる土地、異なる人々、異なる風習文化に揉まれ、つまずき、間違いも犯しながら右往左往。
それでも、アイルランドという美しい国の自然や伝統文化に囲まれた生活の中で、家族をはじめ周りの多くの人々に寛大に見守ってもらいながら、私なりの場所を見つけることができました。
そんな暮らしのかけらのような一粒一粒が、この本の中にきれいに閉じこめられています。

書きたいことはほかにも山ほどあれど、書き出したらきりがない!
続きは本の中で、お会いしましょう。ありがとうございました。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.03.02 06:46|毛糸と私
ここ数年、冬になるとセーターを編んでいる私。一冬に一枚は作っているのかもしれません。
パットさんに編んだりもしますが、セーター編みの技術をもっと磨きたいと思っている私は、一にも二にも自分用のセーターばかりを編みます。まだ他人に編めるだけの経験が伴っていないと感じるのと、まずは自分で試着をし、着心地を確認したいからなのです。ちょうど快適と感じる袖の長さや首回り、胴の幅や脇、丈などは、日々着続けることでしか確認することができません。

実は、去年の冬に編み上がった自分用のセーターがもう1枚あります。こちらです。

ロピセーター2019 (5)

皆さんもどこかで見たことがあるのではないでしょうか。
北欧圏などによく見られる伝統的なセーターは、こんな風に胸元にきれいな色の模様が入っていますよね。このセーターは北欧のものとはまた違い、アイスランドという島国に伝わるセーターで「ロピ」などと呼ばれるのだそうです。以前から興味のあったスタイルのセーターで、2年前に日本に帰省した際に工芸店で編み方の載っている本を購入し、試しに編んでみたのです。

アイスランディックセーター2017 (1)

ロピを編むのなら、自分で紡いだ毛糸を使って編もう。
メインの色であるライトブラウン(ベージュかな)は、近所の農家で飼われる羊のナチュラルな色です。先日この農家を営む友人と会う機会があり、セーターを見せると「あ、このウールの持ち主、分かった気がする!ラッキーっていう名前のメスの羊なの。まだいるわよ」とのことでした。ラッキー!ウール、大切に紡いで大切に着ます・・・。
編み始めると、手紡ぎならではの素朴な風合いが編地いっぱいに広がりました。うわー、たまらなくかわいいぞ!

このスタイルのセーターの大きな特徴は、輪編みでできていることです。輪編みとは何かというと、4-5本の棒針を使って(もしくは輪編み用針を使って)ぐるぐると立体的に編んでいく編み方のことです。
皆さんが今着ているシャツやセーター、トレーナーを触ってみてください。両脇に縫い目がありませんか?つまり、普通の服は前身頃と後ろ身頃をそれぞれ作り、それを脇ではぎ合わせているのですね。これに対し、ロピのようなセーターは胴体部分を下から(上からの時も)輪状に編んでいくのです。袖もまた同様に。

胸元(ヨークと言う)の模様を編み始める直前は、こんな感じになります。

アイスランディックセーター2017 (2)

輪編みでそれぞれ編んできた両袖と胴部分の3つが、ヨークを編むことで合体するのです。
はぎ合わせる必要がないのでシンプルに編めるのと、ロピの特徴である弧を描いたようなヨークがきれいに現れ、見た目にも美しいセーターです。

ところが。

生まれて初めて編んでみたロピは、いざ着てみるとなんとヨーク部分が長すぎる!更には袖も若干短すぎることが分かりました。完全に私の誤算です。せっかく編み上がったとはいえ、これでは着ることができないセーターになってしまいます。ヨーク部分は色違いの毛糸が忙しく交差するので、最も時間の要する部分。これを、私はすべてほどいて編み直さなければならない・・・・・・。いやー!

ほどいて編み直すという作業は、編み物をする者にとっては避けては通れないプロセス。場合によっては何度もこれを繰り返すことで、ようやく納得のいく作品が完成します。

でもな~。苦労して編んだヨークをほどくのかあ・・・。ゆ、勇気が要るなあ。
やらねばならない作業はただ一つ。それ以外の選択肢はないわよ、えりか!といくら自分に言い聞かせても、いざ行動に移せるほど自己を奮い立たせることができません。「ああどうしよう」と思いとどまったまま、私はこの冬のプロジェクトをひそかに放棄してしまったのです。そのうち春がやってきて、夏が来て、秋が去る。この冬になっても、放置されたロピセーターはくたびれたように家のカウチに横たわったままでした。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.02.23 09:54|ワイルドフード
アイルランドは、ご存知の通り日本と同じく島国です。大西洋に浮かぶアイルランドは豊かな海に恵まれ、海岸沿いの地域ではシーフードを使った料理が多いものです。

魚や貝だけでなく、アイルランドではここ数年で海藻もまた注目されるようになってきました。食用だけでなく、化粧品の原材料などとしても使われているようです。
ずいぶん昔、ある友人が海藻狩りに連れて行ってくれたことがありました(「いざ、西クレアへ海藻狩りに」)。記事を見てみると、もう8年も前になるのですね。

その同じ友人と最近定期的に会う予定があり、彼女の自宅でお茶を飲んでいると「はい、これが今日のスナックね」と言って出してくれたのが、のり。はい、海苔です。

「ときどき北クレアの海に行って採ってくるのよ」

日本人にとって、のりと言えばパッケージに入ったシート状のものを想像しますが、この日彼女の家でいただいたのは、しわくちゃの形で乾燥させた海藻らしい容貌ののり。
「乾燥させてから、私は砕いて粉状にしたりもするの。調味料としても使えるのよ」と彼女。
ぱりぱりに乾燥したのりを指でつまんで食べてみると、これがなんと絶品で驚きました。のりって、こんなに深い味がするんだったっけ?かめばかむほどおいしい天然ののりです。

感激して食べていると「気に入ってもらえてよかった。それ、わずかだけど袋ごとあげるわよ」

のりは英語でも「Nori」と日本語表記で呼ばれるほどで、日本の食材として入ってきた様子がうかがえます。
アイルランドの海岸沿いでのりが採れることは以前から知っていましたが、こんなにおいしいのりだったとは!養殖と天然の違いなのかもしれません。
家に持ち帰ると、夫のパットさんは一口食べて「うわあ、なにこれ?こんなにおいしいのり、初めてかも!」と言ったあとは手が止まりません。子どもたちもほんのり塩気のあるこのスナックが大好きになってしまい、小さな袋に入ったのりはものの数分でなくなってしまいました。食いしん坊のオコナー家です。

それから数週間後、近所に暮らす友人の誕生日ディナーにお呼ばれして行ってみると、海藻狩りの彼女にまたここでも会いました。すると、彼女が小声で

「エリカ、今日ね、のりを採ってきたのよ。私の車の中に採れたてののりがあるから、持って帰って自分で処理してみてちょうだい」

なんて嬉しい心配りでしょう。たくさんお礼を言って、気持ちをちゃんと伝えて、のりのおすそ分けをありがたくいただきました。

ローズマリーののり2019 (1)

こんなにたくさん。
袋を覗きこむと、磯のいい香りがします。
よく見ると、のりは砂だらけです。「何度か水ですすいで砂を取ってから乾かすのよ」という彼女のアドバイスに従い、まずはボウルに水をはります。

ローズマリーののり2019 (7)

うわー。のりも、こうして見ると海藻なんですね。

ローズマリーののり2019 (6)

のりについていた砂がどんどん取れて、ボウルの底に沈んでいきます。

ローズマリーののり2019 (5)

ずいぶんついてたみたい。

ローズマリーののり2019 (4)

持ちあげてみると、こんなに長い!昆布のような厚みはなく、指で引っ張るとちぎれてしまいます。
4回はすすいだのでしょうか。さて、お次は乾燥!

ローズマリーののり2019 (2)

「しっかり乾燥させないと保存ができないから、最後は薪ストーブの上で乾かせば完璧よ」

彼女に言われた通り、この記事を書いている今まさに我が家のストーブには黒っぽいのりが大量に乗っかっています。
子どもたちの大好物であるおにぎりは包めないけれど、あのおいしいぱりぱりスナックにありつけるまで、もう少しです!

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2019.02.14 00:14|食文化/食事情
アイルランド島には32の州があります。「県」と訳されることもあるので、都道府県のようなものと考えてよいでしょう。さらにはこれらを地域別に分ける呼称があり、これは関東とか関西、東北、北陸、四国地方と似たような意味合いで使われています。
私たちの暮らす州はクレア州(County Clare)で、クレア州はアイルランド南西部のマンスター地方に入ります。
首都のあるダブリン州のある島の反対側、アイルランド東部はレンスター地方と呼ばれます。このレンスター地方にカーロウ州(County Carlow)というとても小さな州があり、ここにパットさんの弟の一人が住んでいます。

カーロウ州

地元の女性と結婚し、この小さな村の小学校で校長先生をしている義弟のダンが、週末我が家に泊まっていきました。
亡き義父に似て大きなダンはよく食べるし、食生活もトラディショナル。夕方の時間に到着するということだったので、夕飯にはまだまだたくさんある我が家のジャガイモをオーブンでローストし、ダンが食べ慣れているであろうニンジンやかぶなどアイルランドの定番野菜を蒸すことにしました。そして、アイルランドのディナーといえばお肉がなければいけません。我が家は週に一度お肉を食べるか食べないかという食事で、しかもパットさんはお肉を食べませんからいつもお肉屋さんでは一食分、3人分のお肉を買い求めるのみです。
でも、今日は特別。隣町のお肉屋さんのリアムからポークを買い、これでシンプルにポークジンジャーを作ることにしました。

やや遅い時間に着いたダンは、エニス郊外に住むもう一人の弟家族を訪ねていたらしく、最初は「そっちでご飯食べたから大丈夫」と言います。断られても「そう言わずに、ほら!」と押すのがアイルランド流の礼儀で、パットさんも一緒になって「Ah go on. うちのジャガイモもおいしいし、ポークも焼いたんだよ」と促すと「ああ、じゃあちょっとだけ」

実際にはポークを丸ごと1枚とジャガイモを3~4つ、野菜もたっぷり盛って出すときれいに食べてくれました。
すると、ダンが「このポークすごくおいしいね、どうやって作ったの?」
「あ、それ?簡単。ショウガをすりおろしてそのジュースをかけたの。あとは塩とコショウだけだよ」と答えると

「え、何?ジン?なんて言ったの?」
「ショウガ。ジンジャーね。Ginger」
「え?ジンジャー?何それ?どういう綴り?」

「!!!」

最初は、ひょっとすると私の発音が悪いのかと思ったのですが、どうやらそうではなさそうです。
ダンは、ショウガが何であるかを知らないんだ。

ひょえー!
まだ半ば信じられない思いで「ほら、ショウガってスーパーとかでも売ってるじゃない?根っこの部分を香味料として使うのよ」と説明すると、ダンは大真面目に「ふーん。どんな形してるの?へー、で、皮はむくの?OK、じゃあ今度探してみよう」

わーー!
翌日ダンが帰ってから、「ダン、ショウガ知らないんだね・・」と苦笑いしてパットさんに話すと、「まあね、驚きはしなかったけど。ショウガなんてすごく異国のものだし」
ヨーロッパにはショウガを使ったお菓子やら、人の形をしたジンジャークッキー(Gingerbread Man)なんていうものもあります。でも、ダンのようにジンジャーが何であるかを知らない人たちが、アイルランドにはごまんといそうです。それどころか、ショウガなんて見たことも買ったこともない人のほうが一般的なのかもしれません。

パットさんは若かりし頃インドやタイ、スリランカなどを放浪し、今でもスパイスたっぷりのインド風カレーなどを作ります。ですから、我が家のキッチンにはショウガはもちろんのこと、聞いたこともないような香辛料が多数常備されています。ショウガは私もしょっちゅう使いますから、ショウガを切らすと「大変!」となるほど定番中の定番。そんな我が家は、きっとアイルランドでは珍しい家庭なのでしょうね。

そういえば、義父も限られた野菜しか口にしなかったなあ。(記事はこちら→トウモロコシを知らない義父

クリスマスに会わなかったせいもあるのでしょうか、ダンは抱えきれないほどの手土産を持ってきてくれました。自分の畑で穫れたかぶやパースニップ、ニンジン。ジェイムソンのウィスキー、赤ワイン、子どもたちにはお菓子を一袋ずつ、それにダンの奥さんエトナが焼いたフルーツケーキ。
子どもたちが寝たあとは、エトナのケーキと紅茶をいただきながら、エニスの地元の人々の話題や音楽、家族のことなどをわいわいと話し、楽しい時間を過ごしました。

義母が好きだった西洋ヒイラギの木がほしいと話していたダンのために、ネイティブの木を販売する友人から何本か買っておいたパットさん。これを遅ればせながらのクリスマスプレゼントにして帰り際のダンにあげていました。
数年後にはカーロウのダンの庭で、赤い実をつけているかもしれません。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links